量は質を凌駕する

 ~ アウトドアと読書の日記

一応自分もサブ4あたりから今の3時間10分前後までジリジリタイムを上げてきたので、各々のタイム域で何が大事かはなんとなく語ることができる。あ、最近本当に忙しくなってきたので、もしかしたら1回ごとを短くして全6回くらいのシリーズになるかもしれないです(笑)

人によって刻みは少しずつ違うと思うが、だいたいのランナーはサブ4、サブ3.5、サブ3くらいにタイム向上のステージが分かれるのではないかと思う。そして各々のタイムにおいて重視すべき要素が異なる。これは何度も書いているので聞き飽きたかもしれませんが。




以下の分類は性別や年齢によって当然個人差があります。

サブ4を達成するために必要なのは、ゴールまでたどり着く持久力。誤解を恐れずに言えば、歩きの延長線上にサブ4がある。とにかく4時間走り続けられる体力を付けることが大事。ただ、持久力重視なのでゴールしたときは結構悲惨だ。体中がとにかく痛い。たぶん最後の12㎞はちっとも楽しくない。とにかくゴールまで動き続けること。それができれば多分サブ4はできる。

しかしサブ4を達成した後のオレの場合、3時間30分台から40分台での足踏みが長く続いた。初めてのサブ4が2000年なので、実は15年越しでサブ3.5達成(笑)。振り返ってみると、サブ3.5達成のためにはゴールまで走り続けることが必要だった。つまり歩きの延長線上ではなく、フォームとしてはサブ4までとは不連続なフォームでなければならなかった。自分の場合はお尻と大腿の境目を強く使うことを意識することで乗り越えた。つまり地面を強く蹴るようにしたわけです。

そこから3時間1桁まではその延長線上で行けた。多少の違いはあるが基本的にはいかに地面を強くとらえるか。それでゴールまでたどり着ければOKだった。

そして昨年の古河はなもも、つまり先々シーズンのはなもも、これが自分のPBなのだが、先シーズンは残念ながら体調不良もありフルのPBを更新することはできなかった。そこから約半年、いろいろと今シーズンに考えを巡らせているのだが、今思っていること。

人間がフルマラソンを走るためには2種類の力があると思う。一つは推進力。前に進む力はマラソン完走の絶対条件だ。

もう一つは着地衝撃を吸収する力。サブ4くらいだとゴールまでの持久力の大半はこのチカラだ。走り込みで鍛えることによって最後まで走り切る。そのためには最後まで立ち続けられなければならない。

でもサブ3.5を狙うには、衝撃吸収力よりも推進力が必要になる。衝撃吸収力はサブ4レベルでも推進力を鍛えればサブ3.5はいける。




そしてサブ3の壁。もう一度思考を衝撃吸収力に戻してみる。

3時間1桁までくれば多分推進力は限界に近いだろう。そこで足踏みしているということは多分5000mも19分台(笑)。これは一朝一夕に速くなるものではない。でもしばらく見直していなかった衝撃吸収力にテコ入れできれば、推進力が変わらなくてもサブ3を狙うことが可能になるかも。



2017年のはなももの直後、実はこれなら着地衝撃がメッチャ吸収できるじゃん、ていう感覚を持ったことがあった。それがこちら→オレはこんな速度で皇居を走れたのか

この時に、気持ち悪いくらいにシューズが路面にぴったり貼り付く感じを味わった。キロ4切れているのに着地が柔らかくて着地衝撃をほとんど感じない感じ。この時のフィーリングを1年以上追い求めてきたのだが、ここにきてようやく再現できるようになった。



では次回以降、その「粘り付くようなステップ」について順を追って解説したい。走力のプラスは期待できないが、マイナスを小さくすることで走力を上げる作戦。こうご期待。





本日の走行距離:0.0km
今月の走行距離:194.0km
本日の最低体重:61.3kg
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

今日は天気が悪いな~と思いながら夕方17時半ごろからラン。できれば20㎞走ろうかと思ったが、5km過ぎたところで土砂降りになり、少し小降りになったと思ったら雷が鳴ってきたので10kmで退散。久々にパンツまでビショビショだった。

これで今月は194km。300kmは余裕で頑張れば350kmいけるかも。ただし次の週末は旅行なので今週の平日は頑張らないと。気温が下がって何がいいかって、自然に距離が伸びてきたこと。それは1回で走る距離が伸びたことによる。例えば今週火曜日からの1週間はこんな感じで90km。

9/11 18.0km
9/12 12.0km
9/13 5.0km
9/14 10.0km
9/15 20.1km
9/16 15.5km
9/17 10.2km

自分でもよく走れてるなっていう最大の理由は、7日間のうち10km超が4回というところ。「超」っていっても2㎞以上くらいの「超」ね。日頃は1回の距離の標準が10kmになっているので、10km超を走るのは週にせいぜい3回まで。平均は2回くらいだろう。それが涼しくて1回のランの負荷が残らないので、その次の回も気持ちよく走れている。

ペースは相変わらずキロ5はなかなか越えられないが、距離が伸びていれば気分はよい。これでペースも上がってくれば。あと、30km走をいつやるか。ま、体調次第ですね。






最近コースケが「名探偵コナン」にはまっていて、先日の夏の旅行の時も車中でずっとDVDを観ていた。オレは運転していたのでもちろん内容は分からないが、なんとなくの筋は追いかけていた。そこで疑問。(ここからはコナン好きの人には「うっせえよ」って話だし、コナン知らない人は「何それ」なので適当に読み流してくださいね)



まずはコナンについて説明しよう。

名探偵コナンは見かけ上は小学1年生だが実は中身は高校3年生。毒薬の作用でカラダが小さくなってしまったのだ。本当は工藤新一という名前なのだが小学生になってからは「江戸川コナン」と名乗っている。そして新一の彼女で同級生、蘭はコナンと新一が同一人物とは気づいていない。色んな事件がコナンに降りかかるがそのたびにコナンは時に新一の名も騙りながら事件を解決していく。



こんな感じでいいでしょうか、プロのファンの方々(笑)



で、疑問点。

この作品がテレビで放映されるようになってからもう20年以上も経っているのだが、蘭はいまだに新一がいなくなったことに気が付いていなくて、せいぜい「約束をまた破られた」くらいにしか思っていない。普通こんなに会わなかったら、新一の身に何かあったと気付かないものだろうか。


オレの推理。

この作品は連載・放送開始からずいぶん時間が経過しているが、実は物語の中ではほとんど時間は進行していないのではないか。いや、もしかしたら同じ日に起きている事件とかもあるのではないか。だから時間の経過が不自然に感じるのでは。



この考えをコースケにしたところ、なんと「その話はジュニア空想科学読本に載ってるよ」とのこと。
ジュニア空想科学読本 (2) (角川つばさ文庫)
柳田 理科雄
KADOKAWA/メディアファクトリー
2014-06-13


確かにこの本には、作品でコナンが経過した日数は308日でしかないということが書かれている。そしてその間に遭遇した殺人事件は170件。2日に1回殺人事件に遭遇しているわけだ。しかもその大半は偶然遭遇しているとか。なんという不吉なオトコ!(笑)

特に旅行にはこの1年足らずで30回以上行っていて、たぶんそのたびに行った先で人が死んでいる(笑)



この空想科学読本は最初はシニア向けに出版されたが、途中から「ジュニア」になって最近はもっぱらジュニア向け。シニア向けは休止状態。この著者の柳田先生のトークライブがあるっていうんで、敬老の日の今日、家族で神保町まで出かけてきた。
IMG_2382
IMG_2383


最近は柳田先生もUtubeに進出しているらしく、会場で「キャプテン翼がゴールネットを破った件」の検証が放映されていた。なんでもゴールネットを破るためには、翼クンのシュートは「マッハ4」でなければならないらしく、その場合翼クンがシュート体勢に入った途端に敵チームも観客も避難を余儀なくされるため、翼クンは「ボールしか友達がいない」状態になるとのこと。

まああとはそんな調子で柳田先生が超ハイテンションで、アンパンマンの顔は普通のアンパン800個分だからこれを毎日焼いているジャムおじさんはすごいとか70kgくらいあるあの顔を投げる速度は時速140kmとか、サザエさんのエンディングでコテージにみんなが飛び込む速度の話とか、いろんな事象を科学でぶった切って終わった。あっというまの3時間だった。
IMG_2385
これが柳田先生です。

ゲストで来ていた吉本芸人の「タカタ先生」も結構面白かった。ていうか、芸人の人の芸を生で観るのはもしかすると生まれて初めてだったかも。
IMG_2384
真面目に授業を受けるコースケ。なおこのトークライブは写真撮影自由、かつSNSへの掲載もOKで、ライブ開始時に参加者にSNSに顔が出ても大丈夫かどうか確認していた。今は参加者がこうして拡散することも織り込んでいるんだ。まさに限界費用ゼロ社会!(笑)
IMG_2387
最後に柳田先生とタカタ先生のサインをもらって無事お開きとなりました。
IMG_2395
「理科雄」は芸名ではなく本名。ユーリ・ガガーリンの宇宙飛行に感動した父上が「これからは化学の時代だ!」ということでこの名前になったらしい。



で、相変わらず食ってます。この日もライブに入る前に神保町の小諸そばでヒレカツ丼セットを頂く。
食べる前の写真より食べた後の写真の方がナマナマしくていいと思いませんか?(笑)


こうして無理にでも食べることで、ランニングしなければという焦燥感が自らを駆り立てるのだ!!


本日の走行距離:10.0km
今月の走行距離:194.0km
本日の最低体重:60.7kg
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

悠木千帆が亡くなった。別名、樹木希林。
郷ひろみとお化けのロックを歌うまでは、寺内貫太郎一家のおばあちゃんという認識しかなかった。
あの絞り出すような身悶えする「ジュリ~」は名人芸だったな。でもあの時はまだ30代だったらしい。老婆にしか見えなかった。なんという・・・・ 
ご冥福をお祈り申し上げます。






我が家の一人っ子コースケは小学4年生。今年から塾に通っている。別に教育熱心とかそういうことではない。社会で色んな人を見てきたので、難関校に行けば将来が約束されるわけでもないことはよく分かっている。ただ選択の幅とか機会は広げておいてやりたいというだけ。

本人も勉強すること自体はそんなに嫌でもないようで、まあギャアギャア言いながらも予習復習もやってちゃんと通っている。えらいなあ。自分なんて本気で勉強したのは高3の夏から。小学校の時なんて、学校の宿題すらまともにやってなかった。

そういえば昨晩のツイッターのやりとりでメチャクチャ懐かしい本を思い出した。
0000-300x225
中学生の時だな。クラスの奴に借りて読んだ。ただの不良の本と言えばそうだけど、現在に対する絶望感とそこからどうやって抜け出そうかっていう焦燥感が手に取るように伝わってきた。これは名著だ。

メンタリティ的には当時の自分もそれほど変わらない。なにしろ田舎だし親戚もみんな田舎の人なので多少はクラスで勉強ができたからといってそれが何につながるのかなんで全くわからない。あの頃の自分に今の自分を想像しろって言っても100%不可能だ。こういう世界もあるんだなと思った。実際、中学を卒業するときにこのまま就職するのも選択肢だと思ってたし。

当時の我が家は経済的にはかなり崖っぷちで、もし息子がそのまま就職してくれたら家計的にはおおいに助かったはずだが、幸いに進学するように塩梅してもらった。いや、そのまま就職する選択肢が不幸だということではなく、選択肢がよく分かっていなかった。



そういえばこれもベストセラーだった。

こっちはも一つピンとこなかった(笑)



話は戻るがコースケは昔から大きな音が大の苦手。花火大会もずっとパスしている。そして塾には騒ぐ子供が一人いるらしい。これがコースケ的にはどうしても耐えられないようで、何度か塾側には静かにさせるようにお願いした。しかしなかなか改まらない。

このせいでコースケは塾に行くのが苦痛になっている様子。ちょっと被害妄想っぽい気がしなくもないが。トモコはコースケに「だったらパソコンで授業受ける手もあるけど、パパには自分で説明しな」と言っているらしい。

それを聞いて夫婦で相談して、コースケが申し出てきたら塾側と戦うか!って話になった。そう、もし言うことをきかないならその子に直接言うとか(笑)、あるいはその親に交渉するとか、オレも色々腹を括った。

先日コースケに夕食の時にこっちから「塾は楽しい?」って何食わぬ顔で水を向けてみた。そしたら帰ってきた答えが「うへぇ」。ニュアンスを伝えきれてないと思うが「うわあ、それ今聞く?」って感じ。



へえ。自分で解決する気があるんだ。とその時思った。オレはてっきりもう解決のしようも無くてオレに泣きついてくるんだと思っていた。ところが「うへぇ」ですよ。その話は今オヤジとはしたくない、ってことですよ。




気が付かない間に子供は成長してるんですねえ。具体的にどう解決するのか知らないけど、というかそんなのガマンしたら解決するんだけど(笑)、人に頼んで解決するしかないわけではなくなったわけだ。なんとも頼もしくなったもんだ。

と同時に、たぶんこれからはよっぽどじゃないとオレには何かを頼んでこないんだろうなと思った。少なくとも難しいお願い事は。まったく。ほんの8年前はこんなんだったのに。
PO20100506_0817
一人前に新聞を読んでいるが、よく見ると新聞が逆さま(笑)
この写真はオレのお気に入りの1枚でオフィスのデスクと書斎のデスクに飾っている。


あと数年もすればこんな写真の存在を嫌がるようになり、そこからさらに20年経てば懐かしんでくれるんだろう。今から20年後のコースケに聞きたいことが山ほどあるんだが(笑)




本日の走行距離:15.2km
今月の走行距離:183.8km
本日の最低体重:61.0kg
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

↑このページのトップヘ