量は質を凌駕する

 ~ アウトドアと読書の日記

マジで流血だった。
20180718run
いつもは緑三の交差点から東雲方面を目指すのだが、今日はちょっと体力に自信がなかったのと、向かい風が強かったので街中を走るべく、靖国通り→千葉街道(京葉道路)で帰る事に。



蛇足なのだが、帰宅ランの際はできれば職場の人(上司とか)にひとこと言った方がいいような気がする。職場の人に認識されている方が、労災認定される確率(あくまで確率ね)が高まる気がします。

かつては労災(通勤途上災害)って申請経路をちょっとでも外れるとなかなか認定されなかったけど、他の用事で寄り道したりしてなければ最近は認定されるようになってきたようだ。もちろん帰宅ランの途中にランニングが原因で足を痛めたとかは多分ダメだが、交通事故に遭ったりしたときは保険よりは労災の方が断然心強い。

なお認められた場合でも通勤定期代の問題は残るし、労災はあくまでケースバイケースではありますが参考情報ということで。気になる人は「通勤ランニング 労災」などで検索してみて下さい。でも労災降りなくても、お前ら走るんだろ(笑)



さて、このルートが予想以上に走りやすかった。従来の靖国通り→三つ目通り→湾岸道路だと、緑三から木場あたりまでが歩道が非常に狭く走りにくかった。京葉道路も走りにくいのかと思ったら、そもそも靖国通りから歩道はずっと広い。かつそれが荒川まで続いている。

気温は秋葉原を出た時が31度。都心でもありさすがに息苦しい。でも墨田川を渡るあたりから徐々に気温は下がり、それほどつらくもない。途中でこんなところに寄ってみた。
20180718182241_p
横網公園に建てられた、東京慰霊堂。この場所自体が旧陸軍被覆省跡で、関東大震災の時にこの広場で大きな竜巻が起きて、ここに避難していた人たち数万人が亡くなったそうだ。慰霊堂は関東大震災と東京大空襲の犠牲者の霊を弔うために、戦後になって建立された。関東大震災にご興味のあるかたは、こちらもご参照。



そして船堀から南にそれて今井橋で旧江戸川を渡り市川から浦安へ。信号が多いのでちょっと時間はかかるが6時前に秋葉原を出て8時半には自宅に着いた。しかし市川から湾岸道路を横断して浦安に入る直前で、暗がりで路面が見えず転倒。転倒したのは昨年9月の皇居以来。いや、それでもこけすぎか。

記憶にある限りだと、2005年にいちど転倒したあとは2013年まで転倒したことはなかったのに、去年、今年と連続して転倒。救いは膝の擦り傷が大したことはなかったので、ズボンを気にしなくて済む。完治するまでは色々漏れだすので。

どっちにしても、特に重傷だった右ひじからは結構ダラダラ流血していて、すれ違った高校生が「うわ!」ってビビっていた。いや、オジさん堅気ですから。これで完治するまではまたキズパワーパッドのお世話になります。キズパワーパッド高いんだよな。労災降りないかな。無理だろうなあ…

つい先日「夜間ランは危険」って書いた端からみっともないねえ・・・



帰宅したらお待ちかねの新ディスプレイが届いていた。
DSC_0147
さっそく設定してみる。ちなみにHDMIで接続するためには、ディスプレイ側の設定ボタンで選択する必要あり。そしてお気に入りの「ブラックホークダウン」。右側は古いディスプレイをRGB接続。1つのパソコンに二つ同時につないでいます。
DSC_0146
もう最高!これで映画を観ながらブログが書ける!(笑)

以前はこれだったのだから雲泥の差だ。(丸数字は無視してください)
DSC_0074 (1)
さて、それで問題なのは椅子。以前、結婚10周年祝いでダイニングの椅子を新調したことを書いた。こんな奴。
DiNuvA5UEAAzIQo
予算の都合で3脚しか買えなかったのだが、これが実に居心地がいい。ソファよりも座り心地がいいので、夜リビングでくつろぐときも思わずこっちに座ってしまう。まるで日当たりのいい場所を探すネコのようだ。カラダがこの椅子を求めているのが分かる。

特に事務職だと、起きている間は椅子に座っている時間が一番長いわけだから、できれば自宅の椅子は選びたい。中途半端な椅子に座ると、大臀筋とか内転筋にも悪影響がある気がする。

ということで、自分の部屋用に1脚追加で注文してしまった!まさに清水の舞台から飛び降りるつもりで。職場が変わってタガが外れたのか最近買い物し過ぎなので、さすがにこれ以上は冬のボーナスに回そう。

本日の走行距離:18.0km
今月の走行距離:95.5km
本日の最低体重:60.0kg
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

もうすっかり夏で、夏休みのころに日本はいったいどうなっているのか。鈍足母さん、オレも介抱してあげてえ!!



ちなみにシニアなオレの夏休みは8月8日~19日という超大型。しかし久々にお盆の真ん中に宿とか取ろうとしたけど、全く無理でした。これまではお盆を避けて夏休みを取っていたけど、今年からはお盆週間の休暇取得は必須になってしまったので、つらい。その代わり前にくっつけて多めに取る。

そんな夏休みまでまだ4週間くらいあるのだが、気温もアホみたいに上がって気分はもう夏休み。過去の夏休みの色んな思い出が頭をよぎる。

夏休みといえば帰省。それも自分の帰省じゃなくて親の帰省についていく頃のヤツ。山口県岩国市から愛媛県新居浜市まで帰省するのだが、柳井市からフェリーに乗って松山に渡る。そこからはクルマで国道11号線で山越え。地元ではこの山越えを桜三里と呼ぶ。崖沿いの道で昔はよくクルマががけ下に転落した。

その途中に閉鎖されたドライブインがあって、なぜかその建物をみると胸がキューンとした。キュンじゃなくてキューン。痛い。あの廃墟感、そこで失われたものを想像するからだろうか。

オトナになって家族で旅行すると、たまに温泉街に行くことがある。けっこう何度か行っているのだが、その中のかなりの割合で温泉街には廃墟になった温泉宿が発見される。これを見かけた時にまたキューンってなった。

今やドライブインよりもずっとキューンとする。宿泊施設のほうがより失われた幸福感が感じられるからだろうか。そういう温泉街ってもはや手放しでは楽しめない。誰かまだ住んでそうな気がして・・・・

似た感覚で、海に潜るときに海中に横たわるテトラポットとか桟橋の橋脚とかも、かなりキューンとする。こちらはどっちかというと、緑の水の中に白っぽい巨大なものが横たわる不気味さだろう。夏といえばそんなキューンとくる感覚がよみがえる。



夏といえば一方で祭り!

小中学校の時の地元の盆踊り大会。これがけっこう盛り上がる。地元の小中学生はもとより、中学校OBのお兄さんお姉さんも来る。同じクラスのかわいいあの子も来る。大人も来る。

でも覚えているのは盆踊りそのものじゃなくて、中学2年生の時の盆踊り。もううろ覚えなんだが、確か甲子園大会が3回戦で、例の箕島vs.星稜の試合の日だった。あの試合を観るのを中断してまで盆踊りに参加する意義があった(笑)

家を出る時は同点だったか。いや、1回追い付いた後だったのか。盆踊り会場でも大人も子供もその話題で持ちきりで、みんなが興奮して口々にラジオで入ってくる試合の経過を語り合っていたのだけは覚えている。試合の結果とかもよく覚えてない。あれ、引き分けで翌日再試合だったんだっけ?

(ここで我慢できずにネットで検索)

うぉおおおおお!!
こんなすごい試合だったのか!
2回追い付いて逆転勝ち!!






いやー。盆踊りしてる場合じゃなかったわ。
世紀の一戦を見逃した(泣)

オレの中2の夏はこれでした。
オレと同い年、同じ生年月日の荒木大輔の登場まであと2年。

母親が「この子、キミちゃんと同じ生年月日じゃねえ」と何度も比べるようなことを言うので(うぜえな母ちゃん!)と心の中で毒づいていた。意外といい子だったオレ(笑)

34歳のときに荒木とは感動の対面を果たすのだが、その話はまだ今度。

本日の走行距離:10.0km
今月の走行距離:77.5km
本日の最低体重:60.7kg
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

どうも。

今週もコスト削減の折から、

放送作家抜きでお届けするぜ。



それにしてもクソ暑い。

こんなにクソFuckin’暑いのに昼間っから走っている奴!

いのちだいじに(笑)



マジでそのうち死人が出るぜ。

オレも自分より若い奴の葬式に出るのはいやだから、

みんな、頼むぜ。

え?道マラに出る?

じゃあしょうがないな。

でも、死ぬなよ。



あと夜練も知ってる道ならいいけど、

知らない道だと穴に落っこちて、

大腿骨骨折した人を知ってるぞ。

気をつけろ!




土曜日の朝夕ダブルヘッダーで力を使い切ったオレ。

嬉しくなって飲み過ぎて日曜日は起きられず。

昼過ぎから友達の家で昼飲みすることになっていたので、

11時過ぎに家を出た。

友人の家はあざみ野だ。



友人といっても歳は4つ上。

むかし同じ職場で働いていた縁だ。

もう10年も前になるのか。

名前がアユムなので女性みたいだが、

れっきとしたオッサンだ。



もちろん二人で飲むわけではなく、

その時おなじ職場にいた女子2名も一緒だ。

名前はミヤコとノリコ。

なんか漫才コンビみたいだな(笑)

ああ、ミヤコは時々ここを見ているので、

言葉遣いには気を付けよう。




二人とはあざみ野駅前の東急ストアで待ち合わせ、

食材を買い込む。メインは餃子。あと枝豆。

あとはアユムの妻ハルミが色々準備してくれるようだ。

それにしてもクソ暑い。

買い物が終わったころにアユムが迎えに来てくれた。



クルマのところに向かうと、ハルミが運転手だった。

予想してなかったのでビビった。

ちなみにハルミはオレと同い年。

美人なのでちょっとドキドキする。



アユム宅に着いたらとりあえずビール。

そして枝豆。乾きもの。

腹がちょっと落ち着いたところで餃子に取り掛かる。



自宅では餃子は焼く係のオレ。

しかし今日は包まないといけない。

包むのは苦手なんだよな。

貴女の心を包むのは得意なんだが。



しかし今日オレは開眼した。

餃子を包む。あんなに苦手だった作業が、

本当にちょっとした事で嘘のように簡単に。



ミヤコはオレとどっこいどっこいなんだが、

ノリコは餃子を包むのが異様にうまい。

そして速い。

その動作をじっと見ていると、一つのことに気付く。



オレやミヤコは餃子の皮を下に置いて、

その皮の半分に餡を乗せ、

余った皮を上にかぶせる。

「余った皮」を「かぶせる」ってちょっとエロい。



そしてかぶせる時にしわを付けていく。

しわを付けるのもエロい。

とてもいい、この流れ。

つまり重なってる部分は横を向いている。

こんな感じ。「横を向いている」で爆発だ。

もう袋に入ったタマ金にしか見えない(笑)
餃子横


ノリコの場合は、餡を乗せるところまでは同じ。

しかし彼女はそこから皮を折ったあと、

餃子を立てる。こんな感じに。
餃子縦


立てるとなにがよいか。

まず餡がたくさん入る。

そりゃそうだ。餡は重力で下に集まる。

だから皮の袋の下に集まる。

きんちゃく袋みたいな感じだ。

横にしたら隙間ができる。



それに餃子は本来こういう形。

なんか上の横向きのような気がしたが、

実際焼くときは立てて焼く。

上から見るとこうなる。
10250

そして立てて包むと包むのが簡単で、

シワもキレイに着けやすい。

なにより包むのが楽しいぜ。

同じようにやれば同じようにできる。

Brother的には家庭的なのはアレだが、

美味しい物を作るのは楽しい。

なんて実用的なブログなんだ。



そして包んだ餃子はホットプレートで焼く。

これが旨かった!

酒も進んで楽しい会だったぜ。

会の終わりごろにアユムの息子と娘登場。

初めて会った時は中学生と小学生。

それが今では社会人と女子大生だ。

娘の方が渡辺美奈代似の超美人になっててビビった。



ちなみにあざみ野から新浦安は電車で1時間20分。

田園都市線→有楽町線→京葉線と乗り継ぐ。

ノリコとミヤコは途中で降りて、

オレは永田町で有楽町線へ。

気が付いたら新木場駅で車掌氏に起こされた。



終点がある有楽町線でよかった!!

家に着いたらそのままソファで死亡。

ツールドフランスもワールドカップも観られず。

無念。



今朝は二日酔いで動けず。

午後からコースケとプールへ。

クソ暑いので人がどんどん増えてくる。

1時間半で切り上げて帰宅。

コースケの今の課題はクロール。

特に腕の使い方。



見ていると、腕だけで水を掻いている。

肩が回っていない。

それにもっと肩甲骨全体で、

水を抱え込むように動かさないと。

大きな関節を動かして、

そこから先はできるだけチカラを抜く。

腕の重さだけで水を掻く。




ってはたと気づいた。

これってランニングの腰と脚の関係と同じじゃん。

そういえば以前も、クロールみたいに腰を動かすって

どこかで書いたような気がする。

そしてコースケも劇的にフォームが改善。



なんだかんだで、気づきの多い週末だった。

さて、現在午後6時。

三連休の締めのランニングに行ってくるわ。

よろしく哀愁。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ







で、ランニングから帰ってきた。

土曜日の竜ちゃん詣でがごりやくあったらしく、

もう股関節の違和感はほとんどない。

痛みを気にしないで走れる幸せ!



クロールで思い出した肩の動きをしっかり作って、

疲労抜きペースで10km。

やっぱり間をあけて走ると体が楽だ。

この感じでこの夏はやっていこう。



でもそういえば確か一昨年は、

7月はクソ暑かったが8月は天候不順だった。

天候不順は農作物に影響するので困るなあ。

世界の天候を心配するBrother Kimであった。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

↑このページのトップヘ