量は質を凌駕する

 ~ アウトドアと読書の日記

今年の夏はけっこう頑張ってるな~と思って去年の距離を見た。
去年。
201708
1週目:56.6km、2週目:80.3km、3週目:77.7km。計:214.6km。

今年。
201808
1週目:69.4km、2週目:40.8km、3週目:79.3km。計:189.5km。
その差:25.1km。あと2日で25㎞走れるか?

去年も相当頑張ってたな~。ついいつも今年がいちばん頑張っていると思ってしまう(笑)。でも今年の方が1回1回をまとまって走れている気がする。去年8月19日の「Yasashidocho」ていうのは千葉市昭和の森をぱっきーさん、うっちーさん、ガンプ君と走った時だ。懐かしい。

今年はその日曜日はmotoさん、ぬまっちさんと稲毛海浜公園を走る予定。一人で走った長い夏休みの終わりに誰かと一緒に走るのも去年と同じ展開(笑)。でも去年は8月の終わりから9月の初めにかけて故障した。そこはマネしない様にしよう。



それはさておき、去年と比較しようがしまいが今週はすでに80km弱走っていてかなりお疲れモードだ。しかも昨日はマイキャッスル(自分の部屋のこと)でDVDを見ていたら(映画「ライフイズビューティフル」)突然トモコが乱入してきて、小さな21サイズのディスプレイで二人で最後まで一緒に観た。まるで大学生のころの下宿で彼女と映画を観ているみたいで興奮した。

もちろん自分が学生の時は液晶ディスプレイはおろかVHSのテープデッキすらなくて音楽を聴くくらいしかすることはなかったのだが。もちろん他にもすることはあったことはこの際割愛しておこう。

話がそれたが要するに寝たのが午前1時。夜半にグッと気温が下がってずいぶん過ごしやすくなったが、夜更かしした代償もあり今週80kmも走ってしまったこともあり、今日は昼飯のあと2時過ぎから6時前まで4時間も昼寝をしてしまった。トモコいわく「ものすごく気持ちよさそうに寝ていた」そうだ。

まあ気持ちよさそうだったらいいか。



夕方6時に這うようにして起きて這うようにしてジョギングに出かけ7時半くらいに戻ってきて風呂に入ったらもう8時前。今日は加古川マラソンのエントリー日なのだ。7時55分には万全の態勢でパソコンに向かう。
そして8時。一瞬アクセス混雑の表示が出たがすぐにアクセス出来てエントリーも完了。これで年内の参加大会が確定した。ポテトチップは異様にウマかった。

今週は最長でも20kmしか走っていないが、それを3本入れるとかなりカラダにこたえるということがよく分かった。週に3回も20km走を入れたのはこれが初めてかも。(多分嘘)

適当にカラダが悲鳴を上げる前に自分で自分にご褒美を上げるのは大事だ。これはいくら調整しようと思っても、カラダの地力次第で頑張れたり頑張れなかったりするんだろう。80kmまで頑張れた今週は自分としてはなかなかのものだったと思う。あと2日もカラダの声をよく聞いて頑張ろう。

本日の走行距離:9.0km
今月の走行距離:171.5km
本日の最低体重:60.5kg
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

今日は予報では34度くらい行くはずだったのに、昼頃になっても空が曇ったままだったので30度前後でとどまった。これで快適と感じてしまうのはまずいのだろうか。多少の温暖化ならOKだとなるのかもしれない。

そうは言っても温暖化って平均気温が例えば2度上がりましたってだけじゃない。気温が2度も上がればその分地球自身が持つ熱エネルギーも増加するし、分子運動が盛んになるので気圧も上がる。天気の変動性が高くなる。最近ゲリラ豪雨が多いのはそういうことだと理解している。

いや、でも30度は耐えられる気温だけど運動には適していない。文化活動ならできそうだが。



先日奈良に行く前に職場の人から「奈良はやっぱり興福寺ですよ。阿修羅見て来て下さい」って言われたんだけど、仏像ってつまんないじゃないですか。釈迦と弥勒の区別もつかないし。半迦思惟像とか百済観音みたいな特殊なものなら分かるけど。分かるというか、区別はつくけど。

イタリアに出張したときもフィレンツェにはいろいろ有名な美術館があったのだが、自分は絵を見てもどうも何が良いのか分からない。音楽なら分かるんだけど。音楽といっても色々あるが、好きなのは主としてジャズとクラシック、そして一部の洋楽。

音楽の良し悪しは飽きが来るかどうかに尽きると思う。その究極がクラシック。数百年前の曲が今でも演奏されているってある意味凄い。いや、全ての意味で凄い。中世とか近代でも現代みたいに日々山のように音楽は作られていたんだろうけど、飽きられるものもたくさんあっただろう。そういうフルイを通り抜けて生き延びてきたのが今でも演奏されているクラシックミュージック。

ジャズやらポップスでもスタンダードという領域があるけど、あれですら100年も経っていない。さらに言えば、クラシックは曲自体は古くても演奏は新しかったりする。ていうか、曲自体と演奏自体がおのおの評価される。ポップスは極端な話、レコード(CD)がリリースされた時の演奏しか基本的にはない。みんなあんまりライブを除けば再録音ってやらないですよね。

クラシックやジャズはどの曲であるかも大事だけど、いつのだれの演奏であるかも重要。ベートーヴェンの全曲集は多くの指揮者が出しているし、「枯葉」なんかも演奏者はあまたいるし、同じ人が同じ曲をなんども録音していたりする。ジャズはまだ即興の要素が強いから当然と言えば当然だが、クラシックは解釈と楽器(オケ)の違いしかないのに聴くと各々全然違う。

まあ名曲というのは何度も演奏したくなるんだろうしこちらも名演なら同じ演奏を何度も聴きたくなるし色んな演奏を聞いてみたいとも思う。このミュージシャンがこの曲を演奏したらどうなるんだろう?みたいな。



曲にしてもクラシックにもとっつきやすい曲ととっつきにくい曲がある。分かりやすく聴いていて気持ちがいいメロディが入っているととっつきやすい。ドヴォルザークの「遠き山に日は落ちて」なんて代表的か。あと自分はチャイコフスキーがメロディが分かりやすくて好きだった。ピアノ協奏曲1番とかヴァイオリン協奏曲とか、旋律でカラダに電流が走ったりした。

でもメロディがはっきりしている旋律だと飽きやすい。そうすると複数の旋律が走り回っているような曲がだんだん好きになってくる。対位法とか呼ぶらしいですが。そして協和音じゃなくて不協和音を好むようになってくる。ここまでくると、最初聞きかじってた頃ならとてもじっと聴いていられなかったような楽曲も聴けるようになってくる。こんなのとか。
ストラヴィンスキー:春の祭典、ペトルーシュカ&花火(期間生産限定盤)

そうすると今度はまた旋律がシンプルなのに戻ったりして。最近好んで聴いているのはこれですかね。
ビゼー:アルルの女 第1組曲 第2組曲 カルメン組曲
クリュイタンス(アンドレ)
ワーナーミュージック・ジャパン
2016-05-25

この主旋律の大胆さ!線の太さ!ためらいのなさ!ビゼーは素晴らしい。このシンプルな旋律で長らく愛されているというのは凄いと思う。

ま、音楽はいいんですよ。何しろレコード(CD)という伝達手段がありますからね。細かいことをいうとキリが無いが、絵はなんだか本物でないと通じないんじゃないかという気がしてしょうがない。いや、分からないので憶測ですが。

絵って本物を見てもなぜかピンとこない。沢山みたからといって目が肥えてくるというわけでもなさそう。分からないという意味ではワインもそうですね。どれもおいしいと思うしどれも十分においしいとは思えない(笑) 音楽もオペラ(除く序曲)は何を楽しめばいいのか分からない。ミュージカルは好きなのに。



そういう意味ではジャズも最初は入門みたいなのを聴いていた。
MANHATTAN JAZZ QUINTET
Manhattan Jazz Quintet
キングレコード
2015-05-27

これでサマータイムとかマイフェイヴァリットシングスとかを覚えて、他のミュージシャンの演奏を聴きに行った。そのうちに段々方向性がヤバくなってこんなのを夜中に泥酔して大音量で聴いたりとか。
ライブ・アット・スイート・ベイジル
ギル・エバンス&ザ・マンデイ・ナイト・オーケストラ
キングレコード
2014-12-10

メロディだけではなくサウンドとノリ。だから同じ演者、演目でも、違う演奏があるともっと凄いサウンド、もっと凄いノリを期待して聴きたくなる。そうすると某ブロガー氏の「オレの45」みたいに、「これ誰が興味あるの?」って自問自答するリストができてしまう(笑)

結局小手先のメロディの美しさではなく、その楽曲、演奏者が生み出す空気に浸っていたいかどうかってことなんでしょうか。小手先の文章がキレイなだけじゃなくて読めばその世界に入れる小説みたいな。




で、それって芸術じゃないのかって?

そんなもんじゃありません。ただのソウルです。

それなら分かる。





ああ、ジャズもクラシックも音量レベルの上げ下げが激しいのでランニング中に聴くにはむかないです(笑)





夕方になって気温も下がってきたので、20km走れそうに思えたので走ってみた。ハンガーノック寸前だった。これで休暇9日目で110km。月間も久々に10km/日に復帰。





本日の走行距離:20.0km
今月の走行距離:162.5km
本日の最低体重:60.0kg
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
明日はウラリク記録会だが加古川マラソンエントリーと時間帯が重なるので念のため回避。

昨日はトモコ実家でビールをしこたま飲んだ。そのせいか朝起きたら6時半。カラダは重いがなんとか走りに行かなければ。這うようにして外に出る。そして這うようにしてマイコースを走る。というか、這う。それにしても風が強い。たぶん風速10m超。普通にキロ6のつもりでジョグしていても追い風のお陰でキロ5が切れていた区間があった。強風はマイコースの唯一の弱点だ。

今日で7日連続で走っているのでさすがに疲れが溜まってきたか。ハードリカーはセーブしているのにカラダが重い。そろそろランオフのタイミングだろうか。しかも1週間で90km走っている。
20180815week
明日木曜日と土曜日に10km、金曜日と日曜日に20km走れば、今週は110kmだなあ。と空想だけ巡らせてみる。そうすれば1日10kmペースもちょっと超える。

朝ランが終わったらこんどはコースケの夏休みの宿題に付き合う。ホバークラフトを作りたいようだが、色々間違っている。即席焼きそばのカップを使うみたいだが、天井(底?)に空ける穴が大きすぎる。仕方ないので昔取った杵柄でプラ板で枠を作る。
DSC_0266
丸く切るためにオレの持っているコンパスカッターが役に立つ。仕上がりはこんな感じ。真ん中の穴はハトメで打ち抜いた。
DSC_0267
真ん中の穴にモーターがハマる。完成形はこちら。
DSC_0273
どこまで手伝うか、と、どこまで尊敬を得たいか、のせめぎ合い(笑)
少なくとも尊敬は得られた。

コースケが先日の奈良旅行の際に、東大寺戒壇堂でこんなものを買っていた。
DSC_0272
シブい、シブすぎる!小4とは思えん!(笑)
ちなみにワシは左上の広目天が好きじゃのう。


で、結局夕方にも10km走ってしまった。あと8kmで1日10kmペースに追い付く。疲れたので少なくとも明日の朝はランオフにしよう。ということで今日はハードリカーを飲みながらブログを書いている。なんだかんだで毎日充実していてありがたい。



本日の走行距離:20.1km
今月の走行距離:142.5km
本日の最低体重:60.6kg
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

↑このページのトップヘ