量は質を凌駕する

 ~ アウトドアと読書の日記

今週月曜日に17km走って、「休暇が終わるまでに1日10kmペースに戻しておきたい」と書いた。
今月は300kmを目指します

そこから毎日20km以上を踏んで今週はここまで130km。よく頑張った。

20190817week
って、本人はそれほども思っておらず、ただ朝が来て、起きて、朝ランして、朝ごはん食べて、勉強して、昼飯食べて、勉強して、昼寝して、夕ランして、晩飯食って、酒飲んで、ブログ書いて、寝る。この繰り返し。

いわば合宿の1メニューとして日々同じことを何も考えずに繰り返していたらこうなった、って感じです。これだけ詰めて走ると、最初の2日くらいはよくても3日目くらいから脚が熱くなったり朝起きられなかったりするもんです。普通の季節でもそうですが、酷暑にも関わらずなぜかここまでは全然平気。その理由を色々と考えてみた。

①二部練にして1回の距離を抑える
火曜日にトチ狂って15km走ってしまったが、最初から1週間毎日20kmを続けるつもりならこんなに無理しなかった。それはさておき基本的には1回Max12km、最低10km。これで1日20kmを確保。

②途中で休む
特に朝はお腹が空っぽの状態で走り始めるので、自分の場合は5kmくらいで気持ちが折れそうになることがある。4.5kmの地点にファミマがあって、そこだと300mlのアクエリアスがあるので毎朝それを買って飲んでいました。そうすると10kmは最後まで走り切れます。たまに12kmとか距離を延ばす気にもなる。

③無駄に日焼けしない
朝も日の出前から走るのは自分には生活リズム的にかなり厳しいです。朝3時とか4時に何で起きれるんでしょうね(笑) 自分はどんなに早くても6時。5時台に起きると1日中体調が変です。ただ7時台に走り始めてもまだ太陽の角度が低いのでコースによってはずっと直射日光を浴びないで済みます。
真夏のランニングで一番気を付けるべきなのは体温の調整。特に直射日光で肌の温度が上がってしまうといくら体調が良くても体力はどんどん削がれていく。色々予防策はありますが、一番いいのは日陰を選んで走る事だと思います。

④ペースを落とす
そもそも普通にランニングできる気温よりも5度から10度近く高い気温で走るわけなので、ペースで欲張るのは禁物。自分は基本的にはキロ6分で走って、行けそうな時だけペースを上げるようにしていました。まあハイペースで突っ込んでもダメなら途中でDNFするだけです。ただそうなると、1週間連続して走るのは厳しくなりますけどね。それを考えると、とにかく1回のランで無理しないというのはとても大事。

⑤とにかく睡眠
二部練やって気が付きましたが、以前から苦手だと思っていた朝ランが夕練に比べると楽な時がありました。これって多分、睡眠がしっかりとれていたからだと思います。夕練の前に昼寝すると全然楽さ加減が違いました。やはり睡眠は重要。


まとめると、この季節なので、ペースよりも距離重視で走っている人がほとんどだと思います。二部練にするとコマ切れになるし、ペースも遅いし、コースも制限されるけど、一番の目標は一定期間に一定以上の距離を走ることだと考えれば、たぶんこういうメニューの作り方が近道だと思うんですよね。

まあ炎天下を一気に50km走るっていうやり方も否定はしませんが、翌日から走れなくなるリスク大。自分はこのアプローチで来年以降も真夏を乗り切る自信が付きました。あとは睡眠。

で、明日はさてどうするか。朝起きられたら週150kmにチャレンジですかね。

本日の走行距離:20.2km
今月の走行距離:192.7km
本日の最低体重:61.3kg
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

今日は朝は不覚にも目が覚めてしまったので朝ラン。
「不覚にも朝ラン」って我ながらいいな(笑)

昼からは映画を観に行って、夕方帰ってきて夕練。平均でキロ6分で10km。きつかったです。やっぱり昼寝しないとまったくスピードが出ない。これで何とか本日は22km。月初以来172km。明日はもっと暑くなるそうなのでさてどうするか。

今日観に行った映画はこちらです。
このカントクはウォーターボーイズやスイングガールズを撮った人なので必ずや面白いと思って公開初日に観に行った。以下、鑑賞記録。

本作は主人公が催眠術という天啓を得て、踊りまくりながら全国を行脚するロードムービー。まったく同じ構造の映画がかつてあったなとおもったら、ブルースブラザーズだった。あの映画もジョンベルーシ演じるジェイクが教会で天啓を得て全国を「バンド」で行脚するお話。教会での天啓に代わるのが催眠術。

ブルースブラザーズは既存のヒット曲をブルースブラザーズバンドがコピーするところがそもそものスタートになっていて、本作も既存のヒット曲を使っているのは同じ構造だ。エンディングの「タイムマシンにお願い」なんてブルースブラザーズの「監獄ロック」にそっくりだ。



この映画でもテーマになっているのが「なんでミュージカル映画って突然歌って踊り出すのか」という疑問。自分も確かにかつてはその違和感、というか不快感がミュージカル映画に対してあったが、演者の立場が高まる演出がされていればいきなり歌い出してもそんなに違和感はない。

例えば名作「Choras Line」だと名曲「Surprize」。あきらかに男女の直接的な交わりを歌った曲なんだけどあのダンサーのシャープな動きに、初めて見た大学3年生の時はとにかく痺れた。それまではミュージカルには変な先入観があったけど、この曲で吹き飛びました。

ああ、ミュージカルってロックじゃん!って。

これを見たおかげでブルースブラザーズにも抵抗感なく入れた。ブルースブラザーズ(以下BB)で同じポジションの曲と言えばこれですよね。

「ダンスウィズミー」のダンスシーンに物足りなさを感じる方も多いと思うが、それは「コーラスライン」ではなく「ブルースブラザーズ」を横においてみるのがふさわしいと思います。


しかしこれを書くためにChorus Lineを改めて見直しましたが、35年前の映画とは思えないキレの良さ。ダンスウィズミーがこれを狙ったとはやはり思えない。コーラスラインに始まって他のミュージカル映画も随分とみましたが、これに勝る作品は未だに無いな~。

最後にBBの「監獄ロック」の映像をサービスで。

今見ても、当時の大御所が順番に歌って行ってるパートとか、歌い始めて4カット目くらいで一斉に股をグラグラさせるところとかもう最高です。改めてですが気に入った方は是非DVDで!

せっかくなのであの名曲「One」も入れときます。暑気払い!

「ここしか居場所が無い」っていう登場人物たちの生き方、少なからず影響を受けています。30年前のアメリカはLGBTにずいぶんと寛容に見えたんですが。

本日の走行距離:22.0km
今月の走行距離:172.5km
本日の最低体重:61.5kg
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

鎌倉侵攻作戦が終わって以降、随分とストイックな生活をしております。毎日やっているのは、ランニング、試験勉強、読書、そして写経(笑)
ランニングと同じで字を書くのもその日の調子というものがあるようで、カラダがそこそこ元気でないと線がまっすぐに書けません。不思議なもので字が上手く書けるときは走る方もスムーズに走り始められますね。

昨日や一昨日のようにポイント練習をした翌日の朝ランはキツいですね。起きるには起きられますが、走り始めて3kmくらいまでは本当にキツい。あのカラダの重さ、大学のときの合宿の朝練を思い出します。3km過ぎるとカラダが動き始めますがポイント練習はとてもとても。朝からBU走とかインターバルとかできる人を本当に尊敬します。

昨日も書きましたが月曜日10km+7km=17km、火曜日15+9=24km、水曜日12+10=22kmて感じで朝ランで頑張ってましたが、やはり夕方の方が距離を踏みやすいので夕方に頑張るつもりで今朝は10km。日中に雨が結構降ったので夕方は気持ちだけ気温が下がって頑張って15km。
これで今月は150km。1日あたり10kmペースにキャッチアップ。オレ、やるな(笑)

これまでの経験では1週間連続は1日20kmが限度で週144kmが自己記録。これに対して今週は4日経過時点で88km。残り56kmなので無理な距離ではない。あと3日で60km走ったら・・・ いや、どこを目指しているのか(笑)

しかし今日はさすがに朝ランの後でちょっと気持ち悪くなって昼寝した。そのあとまた夕方にも昼寝してようやく15km。さすがにこの暑さでカラダがまいっているのだろうか。夕食の食欲も少し落ちてます。これも合宿みたいだ(笑)

明日起きた時に走る気になれるか。合宿ならいやおうなしですが(笑)

本日の走行距離:25.3km
今月の走行距離:150.3km
本日の最低体重:61,2kg
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

↑このページのトップヘ