量は質を凌駕する

 ~ アウトドアと読書の日記

今月はまた読んだページ数が目標5千ページの半分未満。英語の本を1冊読んだからですね。「Devotion」、Netflixで映画も見ました。物語のテーマが一人の兵士を救うために自分の命を投げ出す兵士というものでタイトルもそのように付いているのだが、そのシーン自体は全体の1割くらいで物語としては「朝鮮戦争航空戦」と呼んだ方がいいかも。

アメリカでは「忘れられた戦争」と呼ばれている朝鮮戦争ですが、戦った相手は北朝鮮兵だけでなく中国兵、あるいはソ連兵も含まれていたという話もあって、実際には第三次世界大戦に限りなく近い状況。それだけに内容も非常に厳しい戦況で、この本を読むとその状況が垣間見えます。その意味でも良い本だと思いました。



1月の読書メーター
読んだ本の数:6
読んだページ数:2488
ナイス数:110

機龍警察 狼眼殺手 (ハヤカワ・ミステリワールド)機龍警察 狼眼殺手 (ハヤカワ・ミステリワールド)感想
今回もどこまでも追ってくるアイルランドの刺客。それにしても今回は龍機兵すら登場しなかった。ただの刑事もの。しかもハード。これは要するに警察小説なんだな。☆☆☆☆☆
読了日:01月12日 著者:月村 了衛

機龍警察 白骨街道 (ハヤカワ・ミステリワールド)機龍警察 白骨街道 (ハヤカワ・ミステリワールド)感想
ビルマでの旧日本軍の戦いとストーリーを同機させているのが上手い。もはや警察小説ではなく極上のミリタリー小説。ロヒンギャの実情が生々しいです。次作はどういう展開になるのか。また国内で龍機兵として暴れて欲しい。☆☆☆☆☆。
読了日:01月15日 著者:月村 了衛

小説 すずめの戸締まり (角川文庫)小説 すずめの戸締まり (角川文庫)感想
息子が映画にはまってノベライズ本も買ったので借りて読んでみた。当たり前だがちょっと蛇とかが大げさすぎて文字ではちょっとくどい。やはり新海誠はポスト宮崎駿を狙ってるんだろうな。色んな神話・寓話を作りたいのかもしれない。狙いすぎるとすべるかも。☆☆☆。
読了日:01月15日 著者:新海 誠

Devotion: An Epic Story of Heroism, Brotherhood and SacrificeDevotion: An Epic Story of Heroism, Brotherhood and Sacrifice感想
映画でも小説でもあまり光の当たらない朝鮮戦争での英雄譚。その英雄的行動は最後の数10ページでそこまでは朝鮮戦争の厳しさが語られるのだがこれが面白い。旧国民党の中国兵とのエピソードやF8FからF4Uに乗り換える話とかバルジ作戦のように米軍が孤立させられる話とか。もう一回「コールでストウィンター」読もう。 やっぱり原文読むならこういうノンフィクションものが簡単で良いな。☆☆☆☆。
読了日:01月27日 著者:Adam Makos

コード・ブレーカー 上 生命科学革命と人類の未来コード・ブレーカー 上 生命科学革命と人類の未来感想
原爆か遺伝子かというくらいに遺伝子研究は人類の将来に与える影響が大きい。そのただ中に登場した女性研究者ダウドナの半生を追った記録。さすがアイザックソン、学術的な面もきっちり押さえている。たぶん2割くらいしか理解できないが。そういえばここ数年RNAって聞くことが増えたけどコロナワクチンですね。下巻へ。☆☆☆☆。
読了日:01月31日 著者:ウォルター・アイザックソン

コード・ブレーカー 下 生命科学革命と人類の未来コード・ブレーカー 下 生命科学革命と人類の未来感想
研究者同士の激しい戦いを経て、研究者たちはコロナ対策の義勇軍として参戦。ここでも遺伝子研究はど真ん中。RNA型のコロナワクチンって、人間の遺伝子を一部変えてしまうんですね。これは従来のワクチンによる抗体と同じなんだろうか。あるいはより効率的な伝達方法という事なのか。1回読んだだけでは分からなかった。そしてダウドナがノーベル賞受賞。コロナとの戦いも一部評価されているはず。そしてカリフォルニア州の感染が少なかったのはダウドナ率いるチームの役割が大きいはず。☆☆☆☆。
読了日:01月31日 著者:ウォルター・アイザックソン

読書メーター

 
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

冬用ウェアとしてミズノのブレスサーモを愛用しているのですが、さらにその上の「ブレスサーモEX」のさらに上の「ブレスサーモEXプラス」という奴を購入。






ちなみにサイズは最近はLを購入しております。何せ胸囲が101cmですからね(ニヤリ)

実際着てみると異常に暖かい。普段からこれで過ごしたい。ランニングだと暑すぎるかも。この冬はモンベルのフリースとか色々ゴルフ用中心に調達してきたが、これで冬用装備は打ち止め。



今日は週末の浦安ベイシティマラソンに向けて思い切って1000×5に挑戦。
自分のピークは1000×5は5本を3分40秒台でそろえた記憶があるので、15秒遅れは嘘ですね。20秒遅れくらいだと思います。当時のハーフが88分台、キロ4分7秒くらいだったので、そこから20秒なら4分半くらいですか。10kmなら大丈夫だと思う。
スクリーンショット 2023-01-31 203122
400mのインターバルの時より歩幅が20cmくらい短い(笑)



そんなわけでこれで準備は完了。後は休養です。走っても短めかつ疲労抜きで。



本日の筋トレ:スクワット200回
本日の走行距離:8.3km
今週の走行距離:8.3km
今月の走行距離:153.9km
本日の最低体重:62.7g
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

今日は昨日のラウンドの疲労もあり風も強かったのでランオフ。その代わりスラムダンク2回目鑑賞行ってきた。いつもは豊洲のユナイテッドシネマに行くんだが、今回は市川妙典のイオンシネマ。距離的にはこっちの方が近い。

1回目を観て以来、あの最初の劇伴が流れる中で鉛筆画の湘北メンバーが動き出すシーンと、最後25秒からの心拍音のテンポダウンからテンポアップになるシーンに中毒になったようで、わずか中1日で観ずにはいられなくなってしまった。



そして2回目視聴の感想。

1回目よりもはるかに面白かったし興奮した!

1回目は作画の凄さとか音楽に圧倒されてそのまま最後まで持って行かれた感じだったが、今回は落ち着いて見ることができたせいかも。前回は山王戦後半20分の流れに感心したのみだったのが、今回は最初からの流れもしっかりと味わった。

1回目よりも泣いた・・・・



今回はストーリーに没入できていたこともあって、一番の感動ポイントは宮城が後半残り2分でゾーンプレスをドリブルで突破するシーン。ドリブルこそチビの生きる道。

ネットではこの映画は宮城の過去シーンが多すぎるというコメントもあるのだが、すべての回想シーンはここにつながっている。ここで母親もそれまで亡くなったソータへの遠慮からかリョータに対して露骨な愛情表現を避けていたのを、こっそり応援に行った試合会場で感情を爆発させていた。

今日の映画館は比較的高齢のお客さんが多かったこともあり、多分漫画からのファンが来ていたようで、この辺のシーンであちこちで鼻をすする音が・・・ 



実は今日の映画館は料金がなんと1,100円!全国がこの料金化と思ったらイオンシネマのスラムダンクだけでした。たぶん封切から時間が経つと安くなるのか、あるいは時間帯によるのかも。

そしてさらに確認を進めると、イオンシネマには「ハッピー55割」というものがあるようだ。なんと55歳以上なら無条件ですべての作品が1,100円で観られる。おう、該当者です(笑)

これがユナイテッドシネマだと60歳以上が1,200円。イオンシネマ素晴らしい。50歳以上のカップルでも同じ値段になるようです。自宅からも近いし館内は広いしクルマも停めやすいので今度からは妙典だな。



作者の井上雄彦氏は、実は今回の映画にはもともと別の題名があったのだが、いろいろ考えて「FIRST SLAM DUNK」にしたと言っていた。では元の題名は何だったのか。自分の想像は「RENEGADE(反逆者) SLAM DUNK」。

ニワカですが湘北の5人はそれぞれ何かに反逆しているように見える。そこがまた魅力的だし、その5人が勢ぞろいしたイラストとか見ると鳥肌が立つ。

宮城はバスケは体格勝負という風潮に対する反逆、花道は経験不足を笑う者への反逆、流川は自分より強い者への反逆、三井は過去の自分への反逆、そして赤木は高校No1の山王という権威への反逆。当然それぞれ負ける可能性は高いが、そこに立ち向かう5人の表情がこの作品を魅力的にしているというのが、マンガを全巻読みTVアニメを全部観て、映画も2回観た上での感想です。




本日の走行距離:0.0km
今週の走行距離:0.0km
今月の走行距離:145.6km
本日の最低体重:62.3kg
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

↑このページのトップヘ