量は質を凌駕する

 ~ アウトドアと読書の日記

Amazon prime day。Amazon夏の祭りだ。以前から開催されているのは知っていたが、今回ひょんなことから祭りに加わることになった。

みなさんのなかにもAmazon中毒、Amazon依存症にかかっている人は多いだろう。かく言う自分もその一人。購入履歴を見ると2003年の6月に利用開始している。最初に買った商品はコレ。


この小説と近い業界にいたので、登場人物がやたらと実在の人物に似た名前が出てきてビビった。出版された当時は生々しすぎて読めなくて、6年経ってからようやく読んだわけだ。その直後に引っ越しをしてなぜか新居にプラズマTVが入り、この年はDVDを買いまくっていた。

最初の年の購入件数は38件。そこからしばらくは30件以内に収まっていたが、2009年にさらに引っ越しをしてプラモデルを始めたので件数が60件に増えた。そして2012年にロードバイクを買い、2013年からキャンプを始めたことで、年間の件数がついに100件を超えた。

2009年に引っ越してから図書館を使うようになったので本の購入件数は激減したが、余計なものも随分買ったなあ。宅配業者が過剰労働になったりしてちょっと遠慮した時期もあったが、今はできるだけカートに溜めてから注文するようにしている。

そんなAmazonヘビーユーザーのオレだが、prime dayとは無縁でいた。



最近デスクトップパソコンを移動させたことで、自分の部屋で過ごす時間が長くなった。しかし今使っているPCの液晶ディスプレイは2003年に前の家に引っ越した時に買ったものなので、もうかれこれ15年も使っている。当時は液晶ディスプレイも高かったので、本体はそれから3回買い換えたが液晶ディスプレイはそのまま使っていた。

ちなみにPC本体は、20代のころはNEC98ノートだったが、30代になってゲートウェイを買い、ゲートウェイが日本撤退してからはずっとDELL。ゲームとか映像編集とかはやらないので、一般ビギナー用のマシンで間に合う。これなら30k円くらいなので気軽に買い換えられます。写真等はPCだけでなくLAN上のサーバーでもバックアップ。

でも最近職場でもノートパソコンに23インチの液晶ディスプレイを接続して、マルチディスプレイで使うようになってから作業がメチャクチャ楽になった。マルチなので複数のウィンドウを並べて表示させることで楽になったこともあるが、23インチという大きさの恩恵も大きい。

自宅のディスプレイはいわゆるワイド型ではなく、昔の4:3のサイズで17インチくらい。古過ぎてネットで検索しても出てこない(笑) 画面の高さが27㎝、横幅が33㎝くらい。今なら同じ高さだと16:9で横幅が46㎝くらいになる。インチ数で言うと21から22インチ。

Amazon primeビデオなども観ているが、全部ワイド画面で提供されるので、横幅の狭いディスプレイで見るとますます映像が小さくなる。字幕が読みにくい。ああ、それは老眼か(笑)

今の机の上に載せることを考えると21インチくらいか。ふと思いついて早速Amazonで検索してみた。そしたらこんなのが出てきた。
【Amazon.co.jp限定】Dell ディスプレイ モニター SE2216H 21.5インチ/フルHD/VA非光沢/12ms/VGA,HDMI/3年間保証
自分が長年愛用しているDELL純正のAmazon専用モデル。同じディスプレイをDELLのサイトで見たら16k円もするのが、Amazonだと11k円。これは買いでしょう。

ただ最近色々下らないものを買い過ぎてるのでちょっと躊躇した。自分が使っているクレジットカードの締め日は15日なので、できれば16日以降に買った方がいい。さらにprime dayも近づいて来ていて、もしかするともっと安いのがあるかもしれない。

そして今日正午。prime dayの始まりだ。早速ディスプレイをチェックしてみると、やはりこのDELLのモデルはかなり安いほう。19インチに落としたら10k円を切るものもあるが、そこで重大な事実が判明!このDELLもprime day対象になっていて、なんとレジで30%割引に!!つまり8.1k円で買えるのだ!!

これで即買い。ついでにHDMIケーブルも購入。

あ、もしかして古いほうをRGB、新しいほうをHDMIにつないだらデュアルディスプレイにできる?これが可能なら映画見ながら気になったことを検索したりできる。そうでなくてもいちいちウィンドウを切り替えなくていい。これはさらに快適度が増すな~。

完全にランに関係ないので番外編としてお送りしました~。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

というほどのものではない。タイトルに偽りあり(笑)

新しいノートPCには3Dペイントというツールがついている。体の動きを図で示すには2Dだと分かりにくいこともある。特に腰とかの使い方。ひねりがはいるとどうしても平面では表現しにくい。
タイトルなし
もうちょっと練習が必要ですな(笑)

昨日書いたことの繰り返しになるが、肩の線は腰の線と常に反対に回転する。これまでは腕を腕のチカラで振り回していたが、肩を振ることでそれについて腕も振られる感じ。肩と腕がつながっている関節を意識して肩を捻る。

捻るといってもこの絵はかなり誇張して捻っているが、そんなにおおげさに捻らなくても、気持ちクッと肩にチカラを入れるとそれをきっかけに腕は動く。そもそも肩を支点にして腕は常にブラブラしようとしているので、肩に少しだけ力を入れてやれば腕はビュンと回る。

これで10kmちょっと走ったところ、左の肩甲骨の下あたりが筋肉痛になった。これまでは腕のチカラで左右均等に腕振りをしようとしていたのが、背中の筋肉を使って振ることで左右が均等に振れるようになった。背中の筋肉自体も均等に使えるようになったということか。



これに先立って、去年の前半くらいから脚も腰の水平旋回をきっかけにして振り出すように気を付けている。これを脚自体の筋力で動かそうとすると、大腿四頭筋とかに負荷がかかって故障の原因になっている気がした。腰を中心にすることで脚への負担は大きく減る。

脚も腰の水平旋回をきっかけにして振り出すようにしているので、つまりは腕と脚がおなじように体幹の旋回をきっかけにそれぞれ動いているということになる。水平面での回転という視点で見れば、腕と逆の側の脚が振られることで、バランスが取れていることになる。



ちなみにこれは水平面での回転の話だが、垂直面内での腕の回転の効果は以前も書いたように、着地衝撃を吸収する動き。これも上に書いた腕振りの仕方でやることで、腕だけでなく肩甲骨から先全体で衝撃を吸収する感じが出せた。

以前はこの動きはできたりできなかったりで、そのために懸垂とか斜め懸垂とかやっていたのだが、それよりもこの肩の動きを取り入れた方が安定して腕が振れる。あとは、疲れてきたときに腕が前に出てくる癖を治したい。

でも今回の故障の原因の一つが腸腰筋の上の端の炎症だった気もするので、体幹のケアはまめにやらないといけない。主には股関節。開脚のストレッチだけでなく、捻ったり脚を組んで内転筋を伸ばしたり、腹筋や恥骨付近のマッサージも大事。



今日は午後から友達の家で家飲みなので、午前中にこれを書いている。朝起きた時からすでに室内の気温が30度を超えていたので躊躇なくエアコンを入れた。走りにもいかない。

世の中では暑熱馴化が大流行ですが、8月に大会がある人はともかく、暑い日のレースに慣れる必要がない人はやめときましょう。マジで。無理しないでケーブルカー乗ろう(笑) もういつかブロガーが事故るんじゃないかと心配。

走るなら日が落ちてからにしましょう。体感の暑さが全然違います。



夏のスタミナという観点では、自分は1月に体調不良になって以降、体重管理の観点から朝飯から白飯を抜いていた。体重増えちゃうと脚が治っても走れないからなのだが、急激に暑くなったことで白飯復活させた。体重が多少増えても夏バテするよりはよい。

本日の走行距離:0.0km
今月の走行距離:57.3km
本日の最低体重:59.9kg
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

昨日は例によてコースケと同衾する日(笑)

検索はしないけど「同衾」って一緒に寝るって意味以上じゃないよね? 検索を禁じることのデメリットは、表現でリスクを取れないところにある。

でもそれ以外では、ブログ書きながら検索するのをやめて、かなり書くことに集中できるようになった。書くことの中身に集中できるようになった。「オレはこの文章、こういう意味で書いてるんだよね」みたいな確認を書きながらちょくちょくやるようになった。

で、昨晩は22時に寝たので、朝は4時に目が覚めた。本当は24時に起きてタモリ倶楽部を見るつもりだったのに、朝まで寝た。

夜寝ている間に何度か目が覚めて、小臀筋の尾骨とのつなぎ目が痛んでいることに気が付いていて、ここに超音波を当てれば股関節の痛みが無くなるんじゃないかと思った。で、早起きして当ててみた。驚くほど痛みが無くなった。

時間が6時になっていたので、とりあえず涼しいうちに走りに行くことにした。最初はキロ6分半ほどだったが、そのうちにペースが上がってきてサブ4ペースになった。結果。
先週までの脚の状況を考えたら、こんなペースでこんな距離を走れていること自体がとんでもない。20km走ろうかとも思ったが、気温も上がってきたし、午後に急に股関節が痛くなっても嫌なのでやめておいた。

ここで腕振りについて大きな発見。これはまた書くが、背筋と肩を腰からのチカラで回して、それについて腕が勝手に振られるようにすると、リズムがうまく取れた。これまでは腕の力で腕を振っていた。それって脚のチカラで脚を振り出すみたいなことで、四頭筋に負担がかかり過ぎたりとかいいことがない。脚も腕も体幹の動きで操り人形みたいに振り出すことで、うまく動くような気がする。

腕だけを自律的に動かすと脚や体幹と連動しにくくなる。本当は体幹起点で動くべきなのに、脚を自律的に動かして、それに合わせて意図して腕を振る人をたまに見かける。故障の原因だと思う。本当は体幹から腕も脚も振り出していくべきだと思う。



家に戻ったらなぜか受験勉強開始。去年の資格取得に味を占めて、今年も資格取得に燃えている。試験は11月中旬の予定。このくらいのほうが張り合いがあるんだよね~。ちなみにそれ自体でお金を取れるようなたいそうな資格ではない。

午前9時くらいから気温はぐんぐん上がりすぐに30度へ。今のところエアコンの必要性は感じない。扇風機で十分だ。しかし自分が中学生くらいの時は、気温が28度を越えたら光化学スモッグがどうのとか言っていたんだが。あの頃と比べると確かに日中の気温は高くなった。というか、高い日が増えた。

昼食は素麺。トモコは食欲がないらしい。ここ数日そういうことを言っていてちょっと心配。オレは朝ランから帰ってきたときの計量で59.3㎏という数か月ぶりの軽量を観測していたので、食べるのは積極的に食べた。

思えば去年とか一昨年とかは夏のこの時期はお腹がポッコリ出るくらいに食べていた。体重は62㎏近かった。今年は走らないので食事も抑えていたら、うまく60㎏前後にコントロールできてしまったが、それで走れなかったら意味がない。

午後もコースケとトモコが塾に出かけてしまい一人になったので、資格の勉強を継続、なんだかこの勉強は自分の性に合っているらしい。

気が付いたら3時間くらいたっていて、5時過ぎに走りに行くことにした。そういえば今日は上州の竜ちゃんが葛西臨海公園までわざわざハーフマラソンを走りに来るはず。なんなんだよ来たら応援に行かなきゃいけないじゃないか迷惑なんだよと思いながら、時間もなかったので電車で葛西臨海公園へ(笑)

で、ここで大事件。朝ランで小殿筋の腱がこれまでの股関節の痛みの原因だと思い込んでいたのに、なぜかまた股関節の引っかかりが! ああ、やっぱり小臀筋じゃなかったんだね他に原因があったんだねと思いながら電車に乗ってなんとなく腹部をさする。

数か月前から気になっていた、骨盤のすぐ上の脇腹の筋をさすると超痛気持ちいい。こういうこともあるだろうと思いながら新浦安から葛西臨海公園までの7分間を過ごす。電車の中で腹筋の筋をコリコリ言わせながら駅へ。

葛西臨海公園の駅で電車から降りてホームに一歩踏み出した途端「なんだこれは!」というくらいに感触が違う。もっと言おう。「なんじゃこりゃ~!」というくらいである。自分がなにかをやらかしたという確信はあったがまだわからない。でも駅のホームを走りながら(スタート時間まであと10分)、コリコリのスジをほぐすと左脚の痛みが劇的に消えていた。

「劇的に痛みが消える」という表現は当ブログでは何度も出てきているので読者諸君はもう飽き飽きしていると思うが、本当に劇的に消えたのである。そこからダッシュしてスタートにはぎりぎり間に合った!竜ちゃんには「何しに来たんですか」とか言われながら、竜ちゃんのスタートを見送って、そこから走って帰る。往路も含めてこれでちょうど15km。午前のランと合わせると丁度30km。

それにしても東京って死ぬほど暑いな。11月に出張に行くかもしれないパナマは年間を通して最高気温と最低気温が25度から30度の間。赤道のちょい上なんだけど。

結局午前より午後の方が平均ペースが速い結果となった。
脚の痛みに関しては、脚全体の疲れが引くにつれてどんどん表に出てきている感じ。映画「ルパン三世カリオストロの城」で水が引くと王国が現れる感じ? 「奴らはとんでもないものを盗んでいきました」「あなたの乳酸です」みたいな。腰のスジとか中殿筋の痛みとか、まさにそれだ。

腰の筋は腸腰筋か縫工筋の上の端ですね。これまで思いもしなかったな~。

とにかく葛西臨海公園から走って戻ってくる際には全く不安がなかった。このまま快方に向かいたい!

本日の走行距離:30.4km
今月の走行距離:57.3km
本日の最低体重:58.8kg
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

↑このページのトップヘ