量は質を凌駕する

 ~ アウトドアと読書の日記

座右の銘Tシャツホワイト受付、さきほど締め切らせて頂きました。
最終集計中ですが、約130名の方から約200枚の申込みを頂いた模様です。
なんというか、ほぼ狙い通りの人数と枚数。ちょっとホッとしてます。

アウトレットもおかげさまで、在庫のほぼ倍のお申し込みを頂いて完売。
ご希望に沿えなかったみなさま、申し訳ありません。
レッドもブラックも、年内のどこかで再頒布しますので、
その時に是非よろしくお願い致します。

意外だったのはレッドのご要望が多かったこと。
やはり大会での露出は今のところはレッドが多いせいでしょうか。
今回のデザインをレッドに応用すると、先代よりは少しスッキリするかも。
20170616背中中央
黒い枠線の方が目立ちそうですが、黒は汗をかくと埋没します。
ま、ホワイトを受付したばかりなので、ゆっくり考えましょう。

6/17 12:00追記 よく考えたらデザイン的にはこうなりますね。
20170616背中中央




☆☆


我が家の長男コースケは現在小学3年生。
今は市立の小学校に通っているが、中学校からの選択肢は色々ある。
自分が田舎の小学校だったので、選択肢があること自体驚きだ。

ご多分に漏れず、コースケもあんまり勉強は好きではない様子。
でも選択肢を増やすためには多少でも積極的になってもらう必要がある。
今週末に某進学塾の公開模試があるんだが、嫌がって受けないらしい。

こういう時はパパの出番。
選択肢の意味について、少しだけ話してみることにした。


キミ兄:
コースケ、今からまじめな話していい?

コースケ:
・・・・(こくり)

キミ兄:
コースケは将来何になりたいとかあるの?

コースケ:
・・・・・

キミ兄:
電車の運転士とか?

コースケ:
・・・いや。作るほうとか。

キミ兄:
電車作る仕事?

コースケ:
そう。

キミ兄:
電車作るにはどういう勉強すればいいか知ってる?

コースケ:
知らない。

キミ兄:
大学だったら工学部の電気工学科とか機械工学科とか。
車体とか台車作るんだったら冶金とか材料工学とかかも。

コースケ:
ふーん。(素っ気無いようだがコースケ的には最大級の関心を示している)

キミ兄:
でもさあ。同じ工学部でも、入るのが難しい大学の方が
むつかしい事教えてもらえるよ。

コースケ:
ふーん。

キミ兄:
面白い仕事をしようと思ったら、難しいことを勉強しておいた方がいいよ。
もしかしたら電車だけでなく飛行機とか作れるかもよ。

コースケ:
・・・・


以下、コースケの反応はずっと「ふーん」だったので、
自分の言ったことだけを要約すると、
・入るのが難しい大学の方が、入ってから難しいことを教えてもらえる。
(逆に入りやすい大学だと、それほど難しいことは教えてもらえない)
・難しい勉強をしておいた方が、将来色んなことができる可能性がある。
・選ぶ仕事の選択肢が多い方が、仕事を楽しくやれると思う。
・入るのが難しい大学に入るためには、入るのが難しい高校に入った方が良い。
・同様に、難しい高校に入るには、難しい中学の方がよい。
・だから今のうちから、勉強になれておいた方がよい。
・もちろん少ない選択肢の中から選んだとしても、仕事は大切。
 職業に貴賤は無い。どんな仕事も一生懸命やらなければならない。

仕事の選択肢が増える=人生の幸福ではないことは言うまでもないです。
その話は一緒にすると混乱するので、もう少し勉強に身が入ってきたら、
あるいは勉強に行き詰ってきたら、またじっくりと話をしてやろうかと。
でもそれって、今が幸せだと思ってくれてないと説明できないよね。

今回この話をして嬉しかったのは、幼いながらに、
物を作る仕事をしてみたいと思っている事がわかったこと。
やっぱりどんな人になりたいとか、幼いなりに考えてるんだなと。
もう一つは、話せばわかる奴だということが分かったこと。
理屈でものを考えられるんだ。

今回の話がどこまで効き目があったのかはわかりませんが、
少なくとも日曜日の模試は受けたい、と言ってくれました。
勉強ってやれって言われてやってもそんなに効果ないから、
できればこれからも自発的に勉強して欲しいんだけどな~。

その程度の話で勉強してくれたら苦労せんわ!
って方はポチッとお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村

昨日一昨日とランオフにした。
2日連続でランオフにするのは、今年まだ3回目。
なんだかんだでよく走っている。

それもこれも、1か月最低300kmというノルマを課しているお陰だと思う。
このおかげで昨シーズンは、特に変わったこともしていないのに、
3時間12分から3時間6分にタイムを伸ばせた。

しかし2日もランオフすると、脚は格段に元気だ。
先週まであれだけグダグダの状態だったのが嘘のよう。
今日は5kmフリー走行後、閾値走をやってみた。これで13週連続。
20170615lap
そういえば、オレが逐一練習内容をチェック(笑)しているあやたさんが
日曜日に今シーズン13回目の閾値走をやったらしい。
結果は20:23。平均4:04/km(切り捨てw)。

翻ってオレは、20:24。平均4:05/km(切り上げw)。
うーん。平均ペースで1秒も負けたのはオレの謙虚さか(笑)
いや、競うものじゃないし。

しかし最初405で入れたのは5kmのウォームアップのおかげもあるか。
その後逆風でペースが落ちたものの、追い風になって一気に挽回。
実質ビルドアップみたいになった。

やはりここで思うのが、ランオフの効果。
閾値走の前の5kmも軽くキロ5を切って走れている。
やっぱりメリハリは大事なんではないか。




思えば、今年の1月から3月の練習では、
スピ練はほとんどやらず、キロ5で入ってキロ430から410くらいまでの
ビルドアップを中心に練習していた。その代り走るときは毎回BU走。

この4月からは、週央に閾値走を入れて、
金曜日にペース走15km~20km、
土日にキロ5以上でロング走トータル40kmという組み合わせ。
週末には疲れ果てていた。

たのくる師匠のように、平日は1日だけスピ練を入れて、
後は週末にロング走、ペース走を入れるというやり方もある。
ただ自分の場合は、それだと多分月間300kmに届かない。

一方で平日に3日くらい走ると、そのうち1日が閾値走、もう1日がペース走。
たぶんこのせいで、最近疲れが抜けていないんだと思う。
300kmをキープするなら、ペース走はやめてジョグにすべきかも。

要するに、ランオフを増やし総距離を減らしてスピ練をしっかり入れるか、
総距離は維持、スピ練を限定的にしかやらないか。
質を取るか量を取るか。



月間300kmに達するためには週70km必要だ。
量を確保するには閾値走の日の10km以外の60kmを515とかで
走るしかないんじゃないだろうか。

ウィークデイの1日を帰宅ランにすると必然的にジョグペースになる。
当面はこの繰り返しで行きますか。

【現状】
月 ジョグ10km
火 ランオフ
水 閾値走+ペース走10km
木 ランオフ
金 ペース走15km
土 ジョグ15km
日 ジョグ20km

【今後】
月 ランオフ
火 ランオフ
水 閾値走+ペース走10km
木 ランオフ
金 20km帰宅ラン(キロ5以上)
土 10kmジョグ
日 30kmロング(キロ5以上)

2連続ランオフを入れたところがミソ。
あとは、これまでは体調が良ければついペース走しちゃってたが、
それはぐっと我慢して水曜日以外はジョグに徹する。
ランオフと併せて疲労が回復できるのではないか。

梅雨なので走る日が限られるという問題もある。
今シーズンから市の体育館のジムを使える登録をしようかと。
これで雨の週末もトレミで走れるはず。
そしたら平日に無理して走らなくてもよくなる。

去年よりは真面目に、量が質を凌駕するよう考えております(笑)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村
受付終了まであと24時間。

座右の銘Tシャツホワイト。締め切りは16日!



☆☆

今日は一日中、人さまの幸せ話を聞く日だった。

一つ目は南海の黒豹、いや、南海の狂犬ことマーボーさんが、見事横浜マラソンに当選した。これまでランナー100万人削減計画などをぶち上げていたマーボーさん。横浜でもどんな毒を吐くのか楽しみだ。あと、性格の悪い美人奥様も応援に来られるなら是非お近づきになりたい。

それから、今日は大阪のサトさんが珍しく東京に来られる日だった。ご本人曰く、最近仕事の分野が変わったせいで、東京に来るチャンスができたとのこと。もちろん東京チームは歓迎委員会を組成して八重洲地下街にて迎え撃ちました!
2017061401
motoさんやうーパパさんの奇襲攻撃にもびっくりしたけど、一昨年の別大以来お会いしたサトさんと色々お話しできたのが良かった。えむさんとの出会いはまた聞くとして(笑)、なぜ今の住まいにしたのかとか、ブログを書く順番とか(「明日の分、もう書けてる?」って聞かれるってのはツボでしたw)、もうすぐ結婚20年を迎えるのに新鮮だなあって思ったです。今の職場に仮眠室とかシャワー室がなぜできたかも爆笑(笑)。

サトさんって多分理系なんだと思うけど、周囲に対する愛情が半端ない。ふらっと東京に来たからといってこれだけの人が集まる理由はその人がらにある。翻ってオレが大阪に行ったからといって・・・・

昨年の新横ぐるぐる以来のマルさん旦那もお久しぶりだった。旦那さんはマルさんのブログにも書かれているが、目の問題で最近入院をされていたらしい。オレよりたぶん二つ年上? 人生に対する諦観を感じさせる言葉とか、奥様に対する深い愛情が偲ばれる一言とか、それから「これからは楽しんで走りたい」という一言とか。まさにマル夫さんのグリーングラス。

最後はいつもの京葉線コンビのmotoさん。今日は午前中健康診断だったのでこの会にサプライズ登場。motoさんをめぐるいろんなマラソン事情が、もうすっかり当たり前の事情に。だからいろいろぼやいていても、そりゃあそうですよねって感じ(笑) 明日はご夫婦のウン十年結婚記念日なんですって。まさにグリーングラス。

そんなオレも、家に帰ってグリーングラス。我が家は楽しいなあ。マジで。
(オレの好きなトモコの写真)
DSC_2206

これがオレのグリーングラスです。
自分にもグリーングラスあるよ!
って方はポチッと↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村

↑このページのトップヘ