量は質を凌駕する

 ~ アウトドアと読書の日記

1497年7月、約170人の男たちを乗せた四隻の帆船が、一路インドをめざしてリスボンを出航した。この船団を率いていたのが、ポルトガルのマヌエル一世に抜擢された若き航海士ヴァスコ・ダ・ガマだ。
「新大陸発見」のコロンブスの陰に隠れて歴史上あまり目立たない存在だが、東方との交易ルートを探るという当初の目的を達成したのはガマだった。著者によると、ガマをはじめ、船団や密偵を東方めざして送り出したキリスト教君主国の目的は、香辛料や絹などの交易だけではなかった。当時、紅海を舞台にアジアとヨーロッパとの交易を仕切っていたムスリム商人を排除し、伝説のキリスト教徒プレスター・ジョンの王国を発見して、イスラーム勢力を挟撃するという使命も帯びていたという。
本書は、このアフリカ周りの「インド航路発見」にいたる過程を中心にガマの三度に及ぶ航海の足跡をたどり、イスラームの発祥から、小国ポルトガルが世界の覇権国へと変貌し、やがて衰退していく様子を、残された航海日誌や旅行者の記録などを引用しながら壮大なスケールで描いた歴史書である。本書は、優れた歴史ノンフィクションに与えられるヘッセル=ティルトマン賞の最終候補となるなど、英米で高く評価された。

ヴァスコ・ダ・ガマの「聖戦」: 宗教対立の潮目を変えた大航海ヴァスコ・ダ・ガマの「聖戦」: 宗教対立の潮目を変えた大航海
(2013/07/24)
ナイジェル クリフ

商品詳細を見る





コロンブスやマゼランに比べると日本ではあまり知られていないヴァスコダガマの物語。しかし上の解説ににあるように、西洋の歴史に与えた影響は相当大きかったようだ。

そもそもヴァスコ・ダ・ガマがインドを目指したのは、香辛料がイスラム圏経由で輸入されるために高価なものになっており、産地と直接交易するためだった。その戦いの中で、特にインドのカルカッタとの間で激しい戦闘が起きるのだが、ヴェネチアは西洋の国にもかかわらず、ポルトガルが直接交易をはじめると利権を失うことから、インドに加担する。さらにはこの戦いは、香辛料をめぐる経済的戦争から、十字軍が耐えて久しい聖地奪回、宗教的戦争へと発展していく。

エネルギーと宗教で人は戦うというテーマが普遍的であると言いたかったようなのだが、イスラム対キリスト教という側面にとらわれすぎているように思える。本書ではあまり言及されていないが、小国であったポルトガルがこれだけがんばって勢力圏を広げた背景には、当時のヨーロッパの不安定な国際情勢があったはずなのだ。ローマ、神聖ローマ帝国、カスティーリア、ヴェネツィアなどなど。それらの国々の間での勢力争いの一環が東方での利権獲得であったはずで、そこを強引に十字軍だけにつなげるのは無理がないか。しかもインドはムスリムだけではなくヒンドゥー教の国でもあったわけだし。ムスリムの描き方にも著者のイスラム教徒への偏見が少しだけ見え隠れするような気もする。

ヴァスコ・ダ・ガマに注目すると、ポルトガルという小国に現れた稀有な英雄(でも虐殺王)は、歳を取るにつれてその行動がどんどん極端になっていく。最初の航海ではインド発見の野心に燃える若き冒険者。二回目の航海では母国の名誉のために現地で虐殺を繰り返す戦争マシーン。そして最後の航海では、インドの権益を守ることが自分のこれまでの秘跡を守ることにつながる老醜の提督。

最後にコロンブスとの比較を。本書においてはコロンブスは、簡単な仕事を要領よくやっつけただけで、過大な評価をものにした男として取り扱われている。以下の一文がその差をよくあらわしているので引用したい。

>コロンブスが西へ順風を受けて出港し、三十六日で陸に達したのに比べ、ガマは大西洋を周回し、アフリカの東海岸を伝い、インドへと横断し、あらゆる不利な条件を克服して帰還した。コロンブスが数人の原住民と話し合いをしたのに対し、ガマは敵対的なスルタンたちをかわし、強大な王たちと交渉し、香辛料、手紙、人質を持ち帰ってそれを証明した。コロンブスが発見したものがなんであれーーそれはまだ少しも明らかになっていなかったーー、ガマは東洋への航路を開き、イスラーム世界を迂回する道を示した。

面白いのだが、若干の偏りを感じる本。先日読んだ「炭素文明論」の方が、よりフェアな歴史認識に基づいているように思う。☆☆。

こちらもポチっとお願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

「社会が高齢化するから日本は衰える」は誤っている! 原価0円からの経済再生、コミュニティ復活を果たし、安全保障と地域経済の自立をもたらす究極のバックアップシステムを、日本経済の新しい原理として示す!!

里山資本主義  日本経済は「安心の原理」で動く (角川oneテーマ21)里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く (角川oneテーマ21)
(2013/07/10)
藻谷 浩介、NHK広島取材班 他

商品詳細を見る



自分は最近になってキャンプにはまっているのだが、当初のコンセプトは「移動式別荘」。それが妻を巻き込む口実でもあったのだが、いろんな人のblogを読んだり、アウトドアで本当はなにをしたいのか考えたりするうちに、自分のスタイルをもう少し明確にしたほうがいいのではないかというふうに思えてきた。この本を読んで、その方向性の手がかりが多少なりとも具体的に見えた気がする。

本書ではまずオーストリアの里山資本主義のお話が登場する。里山資本主義とは地元の山が自己再生する力を使って生活をしていこう、という考え方だ。小さな村であれば、森の間伐材を使えば燃料を買わなくても自給自足ができる。もう少し規模が大きくなれば、森の再生力の範囲内で木材を生産し輸出することで外貨を稼ぐ。里山という資本があることで可能になる、という意味で里山資本主義と呼ばれている。国内でも岡山県や高知県で積極的にこの取り組みがなされているようで、木材を燃料として加工した「木質ペレット」がナチュラムなどで販売されている。

最近気温が下がってきたこともあって、自分も遅ればせながらキャンプで暖をとるための焚き火に興味を覚えているのだが、キャンプ場のそばに山や林があれば落ちている枯れ枝を集めるだけで結構な焚き火が可能だ。なので、これはあの延長線上なのかな、とか思ったりして親近感が湧いた。

そして本書はさらに、地域における物々交換経済に言及していく。老人ばかりの村で、農作物も他に売るほどではないが自分で消費するには多すぎて腐っていく。そんな村で、デイケアセンターを中心に物々交換が復活し、村が活気を取り戻す。森だけでなく、畑や漁場など一次産業の資本を使いながら域内の経済を活性化させていこうという試みだ。自分が今まで知らなかっただけで、全国でいろんな取り組みがなされている。実家のすぐ近くの周防大島でも、かなり本格的な取り組みがなされているという。

自分がキャンプに行ったときの食材は可能な限り行った先のスーパーで買っているのだが、それは便利さの問題であって、その土地の作物を積極的に食べようという意識はなかった。でもこの箇所を読んで、せっかくキャンプに行ってその地域の自然の真っ只中にいるのに、その土地の作物を楽しまなかったら、単に野外で寝ているだけの観光旅行に過ぎなくなるのではないかという気がしてきた。

本書の内容に戻ると、共著者の藻谷浩介氏はこの現象を「貨幣経済万能主義によって荒廃した人の精神の豊かさを取り戻す運動」と言っている。なんでも金銭で計れるという発想に基づき、人生の目標や人のつながりまでがすべて通貨の価値で置き換えられてしまう現代では、勝者と敗者があまりにもはっきりし過ぎてしまう。人間の多様性を信じ、顔の見える範囲での経済活動を活発化させることで、人は輝きを取り戻せるのではないか。そういう内容だ。

会社での窓際生活が長い小生だけに(笑)、著者の言わんとすることはよくわかる。だからこそこの歳になってアウトドアの趣味にずぶずぶとはまりつつあるのだ。しかしその趣味へのかかわり方が従来の貨幣万能経済から抜け出せていないとすれば、結局同じむなしさを将来感じることになる。別に今の職を捨てて田舎に戻るつもりはないが、せっかくの余暇の時間を使っての趣味では、せめて少しでもこの里山資本主義に近づけないものか。(手放しで礼賛するつもりもないが)環境関連の本も結構読んでいるのだが、読むばかりでちっとも実践できていないので、せめてキャンプでなにか実践したい。

おそらく多くのキャンプ場が元農地であったものを活用しているようなので、キャンプ場を使うこと自体でも十分地域貢献できていると思うのだが、キャンプ生活の不便さをお金ですぐ解決しようとするのはもう少し慎重に考えたほうがいいのかもしれない。その点では、道具を自作しているキャンパーの皆さんは素晴らしい。それから現地で釣りをして食材を得ようとするのも素晴らしい。山に入って狩をする人はさすがに少ないと思うが。たぶん色々ヒントはあると思うので、ほかの人がどんなことをやっているのか、もっとよく見せてもらわなければと考えている。でももしキャンプにはまっていなかったらこんなチャンスはなかったはずなので、ほんとラッキーだよな。

少なくともキャンプ場の周辺をもっと歩き回ったほうがいいのかも。本としては藻谷氏のイデオロジカルな主張が少し強すぎる気がしたので☆☆☆。

こちらもポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

1949年。祖父が死に、愛する牧場が人手に渡ることを知った16歳のジョン・グレイディ・コールは、自分の人生を選びとるために親友ロリンズと愛馬とともにメキシコへ越境した。この荒々しい土地でなら、牧場で馬とともに生きていくことができると考えたのだ。途中で年下の少年を一人、道連れに加え、三人は予想だにしない運命の渦中へと踏みこんでいく。至高の恋と苛烈な暴力を鮮烈に描き出す永遠のアメリカ青春小説の傑作。

すべての美しい馬 (ハヤカワepi文庫)すべての美しい馬 (ハヤカワepi文庫)
(2001/05)
コーマック マッカーシー

商品詳細を見る





あらすじを簡単にいうと、馬を育てることに情熱を燃やしメキシコに向かった少年が、そこに馬の楽園を見出だすが、やがてメキシコの古い家族の因習や社会制度に絡め取られ、自分の生きる場所はアメリカしかないとさとる、という物語である。



本筋と関係ないが、キャンパーとしては気になる描写が満載だ。カウボーイなので、基本的に移動は馬だ。しかも野宿。そのためにはシュラフやテントなどは使わず、馬の鞍にくくりつけた毛布にくるまって焚き火のそばで眠る。食べ物はアメリカにいるときは缶詰だったが、メキシコに入ってからは持っているライフルで獲った獲物を焼いて食べる。しかも焚き火の下の地面に埋めて蒸し焼きにしたりする。いたってシンプルだ。

自分はもちろんオートキャンプしかしないし、装備もずいぶん多くなって車に積むのも大変だが、思い切り軽装備で徒歩やら自転車で行けないかとも時々考える。馬は全部運べるからいいね! でもそうか、バイクなら同じことができるかも。

なーんて妄想をめぐらせながら読んでいたが、このお話はあえて例えるならば、浦島太郎の物語だ。第二次大戦を終え近代化が進むアメリカに比べれば、メキシコは楽園と呼べるのかもしれない。しかし愛してしまった女性が故郷を捨てられない、と嘆く場面で、主人公はメキシコが彼の理解を超えていることを知る。ここを境に、主人公は彼がメキシコで失ったものを全て取り返した上で故郷に帰ることを決意する。

>あなたのいうようにはできないわ、と彼女はいった。わたしはあなたを愛している。でもできないの。
>彼は自分の全生涯の意味がこの一瞬に凝縮されたのをはっきり見てとりこの先自分がどこへいくのかまったくわからないことを悟った。彼は何か魂を持たない冷たいものがもうひとつの人格のように自分のなかへはいってくるのを感じそいつがいつか出ていく保証はどこにもないと思った。

この大きなストーリーの流れの中で、馬や自然、子供たちの描写は一貫して美しく、マッカーシーの馬や自然に対する並々ならぬ愛情が窺われる。またマッカーシー特有の鍵括弧を廃した会話表現が、人間の存在を自然の中で浮き立たせず、人間の会話も含めすべてがあたかも同じ自然の営みであるように感じられる。この虚構の世界にひたせてくれることこそ文学の素晴らしさだ。特に馬の描写は秀逸である。

>ジョン・グレイディが両膝ではさむ肋骨の穹隆の内側では、暗い色の肉でできた心臓が誰の意志かでか鼓動し血液が脈打って流れ青みを帯びた複雑な内臓が誰の意志でか蠢き頑丈な大腿骨と膝と関節の処で伸びたり縮んだり伸びたり縮んだりする亜麻製の太い綱のような腱が全て誰の意志でか肉に包まれ保護されて、蹄は朝露の降りた地面に穴をうがち頭は左右に降りたてられピアノの鍵盤のような大きな歯の間からは涎が流れ熱い眼球のなかで世界が燃えていた。

そしてようやく故郷近くにたどり着いた主人公は、あることから裁判で旅の全てを語る機会を与えられる。罪の意識を吐露する主人公だが、判事は優しい言葉を掛ける。メキシコの世界に身を浸している読み手に対してもこの言葉は暖かく響く。

>なあきみ、と彼はいった。きみは少し自分に厳しすぎるようだ。君の話を聞いて思ったのはきみはじつによく頑張ってあの土地から無事に帰ってきたということだ。おそらくいちばんいいのはこのまま前に進んで後ろを振り返らないことだろう。

故郷に帰ってきた浦島太郎にふさわしい言葉ではないか。言い換えるならば、これが国境の南の世界に対するアメリカ人の認識なのだ。でも主人公にとってはどちらが幸せなのか。最後のシーンでは主人公が行き場を無くしてさまよっているように見える。しかしマッカーシーの初期の作品「チャイルド・オブ・ゴッド」の陰惨たる世界にくらべると、エンターテイメント性は増したものの、ストーリーの骨太さにその片鱗が残されている。

翻訳も素晴らしい。余りに面白かったので二回読んだ。今一番好きな作家かも。ちなみに題名の「すべての美しい馬」とは子守唄の歌詞らしい。マット・デイモン、ペネロペ・クルスで映画化もされてます。これも見たい!☆☆☆☆☆。

↑このページのトップヘ