量は質を凌駕する

 ~ アウトドアと読書の日記

2007年春までに北半球から四分の一のハチが消えた。巣箱という巣箱を開けても働きバチはいない。残されたのは女王バチとそして大量のハチミツ。その謎の集団死は、やがて果実の受粉を移動養蜂にたよる農業に大打撃をあたえていく。携帯電話の電磁波?謎のウイルス?農薬?科学者たちの必死の原因追及のはてにみえてきたのは。

ハチはなぜ大量死したのかハチはなぜ大量死したのか
(2009/01/27)
ローワン・ジェイコブセン

商品詳細を見る





2006年にアメリカでミツバチが突然大量にいなくなるという事態が発生。ミツバチは巣箱に入れられ、全米でミツバチによる受粉を必要とする農家に貸出されており、ミツバチがいなくなることで収穫に大きな影響が出てしまう。

これに養蜂業者や大学の生物学者が立ち上がり、果てはDNA分析まで行って原因究明が行われるが、電磁波、ある種のダニ、農薬に耐性のあるウィルス、病原菌などいろんな原因が取りざたされるものの、これという原因に行き当たらない。

そんな中、一人の養蜂家が敢えて天敵のある種のダニを蜂に寄生させ、弱い蜂を死滅させ強い蜂のみを残すという手荒なやり方で強い蜂のコロニーを作ることに成功しする。そもそも蜂は一匹ごとの固体の強さもさることながら、女王蜂、ハタラキ蜂、幼蜂育成係、種付け係など、コロニーとして機能しコロニーとして知性を持っていることが知られている。

蜂の生活する自然環境が農薬や公害で侵され、商業的収穫のために受粉係として全国を連れまわされるうちに、コロニーとしての抵抗力が失われたのではないか、というのがこの養蜂家の仮説だった。
このことはすなわち、我々が日々口にしている農作物がいかに不自然な形で育っているかということも表している。

蜂が人工的なストレスでいなくなった後には、植物自体も大きく影響を受けるに違いない、というのが著者の主張である。実はこの本、邦題は「ハチはなぜ大量死したのか」ですが、原題は「実りなき秋(Fruitless fall)」なのだ。前半はまるで推理小説のように引き込まれていきますが、後半では自然環境のバランスの危うさを教えられて暗澹たる気持ちになる。詳しく書き込まれている蜂の生態も相当に興味深い。

種の自主性に復活を委ねる考え方はどこかで見たと思ったら、途上国の支援だった。マイクロファイナンスが大躍進した理由もこの辺りにある。☆☆☆☆☆。

こちらもポチっとお願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

今日は昼頃から雨が降るらしいので、午前中に帰宅すべく50kmじゃくで終了するつもりで出発。本当は家族で遠出するつもりだったが、直前に息子がごねたので中止。自転車は9時の出発になった。
一昨日、旧友のMと飲みに行った時、TIMEとスペシャライズドの最上級車を持ってる話とか、毎日ローラーに乗ってる話とかを聞いて、かなり刺激を受けた。ちょっと自分もスピードのレベルをあげる必要があると感じたので、今日は徹底的にケイデンスにこだわってまわしてみたい。
自宅から江戸川に向かう途中の357号線では、いきなり35kmキープ。自動車が起こす風の効果もあるとは思うがなかなかいいスタートである。そのまま江戸川CRに突入。インナーで目一杯回してみる。やればできるもので、多分90~100は出せていたと思う。平均速度もサイコンのグロス表示で24.7km/h。
しかし2時間これを続けるのはかなりキツい。やってるうちに、もっと長時間回せるようになるはず。当面この練習を続けるか。
帝釈天そばの桜は五分咲きでした。
1e328eff.jpg

コンピュータ、人工知能、医療、ナノテクノロジー、エネルギー、宇宙旅行…近未来(現在~2030年)、世紀の半ば(2030年~2070年)、遠い未来(2070年~2100年)の各段階で、現在のテクノロジーはどのように発展し、人々の日常生活はいかなる形になるのか。世界屈指の科学者300人以上の取材をもとに物理学者ミチオ・カクが私たちの「未来」を描きだす―。

2100年の科学ライフ2100年の科学ライフ
(2012/09/25)
ミチオ・カク

商品詳細を見る





著者はひも理論専攻の物理学者。それだけではなくディスカバリーチャネルのキャスターもやっているので、書かれている内容はかなり専門的な内容も含んでいるが、非常に分かりやすい。また、たとえば文明の度合いを示すのに消費エネルギーの量で分類するなど、科学者らしいアプローチで今後100年間に予想される技術の進歩を予想している。

たとえば、コンピュータが意識を持つには、人間が意識を持つようになった歴史と比較してもまだまだかかるとか、ロボットアームは感覚へのフィードバック機能を備えることで、まるで自分の手かのように感じるところまで進化しているとか、原子レベルで物質をコピーするリプリケーターの登場により何でも作れるようになると貧富の差が無くなるとか。

因みに貧富の差が無くなると、新たな秩序の確立に向けて革命が起きるらしい。宇宙旅行も、従来の重厚長大な宇宙ロケットではなく、ナノレベルの探査機を大量に他の惑星に送り込んで、そこから得られる大量のデータを調査に用いるという風に変えると、探検のありようもずいぶんと変わる。一家に一冊は備え付けて、孫の代に実現したかどうか確かめるのがよかろう。
☆☆☆☆☆。

こちらもポチっとお願いします。m( _ _ )m
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ