量は質を凌駕する

 ~ アウトドアと読書の日記

4月20日(土)、ついにこの日がやってきた。同期入社のMに誘われて、東京都民の森に自転車で上るのだ。千葉県在住の私から見れば、この規模の山は非常に新鮮で、かつ緊張感を伴う。自転車に乗り始めて5ヶ月、累積走行距離2,500kmで、本格的なヒルクライムについに挑戦だ。秋川駅から都民の森まで約35km、標高差800m。
当日は秋川駅前になんと5時集合。自宅からは80kmなので4時には家を出る必要がある。つまり3時半起き(!)。当然いつものようには朝食は期待できないので、前日帰り道のコンビニでパンなどを買って帰る。そして10時に寝る。目覚ましは、2個追加。これで万全だ。
そして翌朝、なんと目覚ましが鳴る前に目が覚める。相当気合が入っているのを自分でも感じる。そして食事を摂って早々に出かける。首都高速、中央道、圏央道と乗り継いで秋川に到着。えきまえのコインパーキングに車を駐めて自転車を下ろす。あー、盛り上がってきた!
MはスペシャライズドのS-WORKSターマックという超高級自転車。彼の先導で秋川駅前をスタートする。およそ25km~30kmくらいでしずしずと進む。多少のアップダウンを伴いつつ、道は檜原村役場前交差点へ。この辺りから道が登り調子になる。しかしまた下る。時々現れるきつめの坂で少しずつダメージが蓄積される気がする。
そして上川乗の信号を過ぎた辺りから道が明らかに登り始める。次第にMに離されていく。かなりきつい。時々ダンシングしてみるが、乳酸が溜まりまくっている感じがする。確かにアップダウンはあったものの、こんなんではとても最後まで行かない。
と、ふと気が付いてペダルをもっと上のほうで踏んでみる。いわゆる12時~3時の辺りで力を入れるようにすると、イメージはリカンベント(乗ったことは無いが多分こんな感じ)のように、前に向かってペダルを蹴る感じになって、スピードは出ないものの着実に登っていく。スピードは10~15km。段々坂がきつくなってくると、8kmくらいにまで落ちることもある。でも止まらず、そのまま登っていくことができる。
それにしても後何kmあるのか。と思っていたら「都民の森4km」の表示が。時速8kmだと30分かかることに。それが「残り3km」になり「残り1km」になる。ふと気が付くと、相当上まで登ってきている。そりゃあ1,000まで登るんだから高いよな。
そしてついに都民の森の入り口に。思わずMと握手!!まだ7時半なので、ここから先の奥多摩周遊道路は通行止めになっている。都民の森の入り口も閉まっている。しょうがないので、ゲートの上を自転車を持ち上げて中に入る。しばし呆然。秋川駅前を出発したのが5:15くらいだったはずなので、ちょうど2時間。檜原村役場前からだと多分1時間半くらいか。タイムはともかく、休まずにここまで登ってきたことで自分をほめてやりたい。
しばし休憩の後、帰路につく。いきなり後輪がロック。怖くなってここからあまりスピードが出せなくなる。マックス45kmくらいで、タラタラと降りていく。それにしても相当足に来ている。下りとはいえ時々現れる登り斜面では太ももが悲鳴を上げる。
そして秋川駅前に到着。距離はちょうど70km。初めてのヒルクライムとしては上出来だった。でも、坂にもっと強くならないと。しっかりクランクの上で回せるよう練習をつもう。

“地べたを這いずり回る一刑事”から「刑事の中の刑事」といわれる警視庁捜査第一課長まで登りつめた著者による、刑事魂と捜査力の伝承。
いかなる困難にぶつかり、どう乗り越えてきたか。自身が壁にぶつかった体験を取り上げ、1捜査力を支える“刑事魂”、2事案・捜査手法ごとに具体的な着眼点や考え方、を示し、一流(ホンモノ)の捜査官になるための道筋を伝授。
失敗談と教訓を豊富に盛り込み、時代の変化に耐えうる普遍的な「捜査の要諦」を伝承する。

君は一流の刑事になれ君は一流の刑事になれ
(2010/04/22)
久保正行

商品詳細を見る





冗談ではなく、本当にベテラン刑事が若手に向けて書いた本。現場検証の際に見落としがちなポイント、聞き込み捜査で手を抜いたことが後でばれた事例、単に罪を認めさせるだけでなく、量刑に応じた取調室でのやり取りのテクニックなど、捜査に必要な要素が本当に具体的に書いてある。

ビジネスでも役立ちそうなポイントが一杯。刑事小説を書いている人にも是非(笑
☆☆☆。

いつも読んでいただいてありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

本書は、人生をクリエイティブで面白く生きたいひとを応援する本です。

マイクロソフト元社長の著者の周囲の成功者には、我慢強い人物は見当たりません。逆に、やりたいことがまったく我慢できない、子供のような人が多いのです。しかし彼らは、仕事は好きで楽しくてやっているので、時間を忘れていくらでもがんばることができるし、新しいアイデアも湯水のように湧いてきます。我慢をしてイヤイヤ働いている人が、こういう人達にかなうはずがありません。

本書は、そんな人々に囲まれて暮らしている著者が、いかに大人げなく、クリエイティブで楽しい人生を送るかということについてまとめた一冊です。

暗い世相に負けそうになっているサラリーマン、これからの日本で自分は何をして生きていけばいいのかと考える若者など、多くのひとに読んでいただきたい本です。

大人げない大人になれ!大人げない大人になれ!
(2009/11/20)
成毛 眞

商品詳細を見る





私自身が大人げないので、耳が痛くなるのを覚悟して読んだが、著者の嫌味のない自慢話の本。
そして、もっと見も蓋もないことを言ってるのかと思いきや、意外とそうでもない。
タイトルとは違って、著者のキャリア形成記。☆☆☆。

いつも読んでいただいてありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ