量は質を凌駕する

 ~ アウトドアと読書の日記

フランスの田舎道でパンクのため立ち往生したバスは、ドイツ軍の機銃掃射を受けて動けなくなった。これから先は歩くしかない。老イギリス人は、やむなくむずかる子供たちの手を引いた。故国を目差して! 戦火広がるフランスを、機知と人間の善意を頼りに、徒手空拳の身でひたすらイギリス目差して進む老人と子供たち。感動の冒険小説。(Amazonより)

パイド・パイパー - 自由への越境 (創元推理文庫)パイド・パイパー - 自由への越境 (創元推理文庫)
(2002/02/22)
ネビル・シュート

商品詳細を見る





これまたゴロちゃんさんのブログで拝見し気になっていた作品。ネビル・シュートといえば「渚にて」のカタストロフィックなストーリーがあまりにも有名だが、こちらは英国老紳士による勇気あふれるさわやかな冒険譚。このお話は1942年に書かれており、その時代背景が生々しく描かれている。まずはこの小説の舞台となった当時のフランスの状況を振り返らねばなるまい。

1940年初夏に電撃戦と称してドイツ軍がベルギー、オランダ、そしてフランスへなだれ込み、一気に西ヨーロッパを占領するにいたった。第一次大戦以降20年間の惰眠をむさぼっていたフランスは政治が混乱し、目前の危機に挙国一致することなく降伏し、ドイツ占領下のヴィシー政権が立ち上がる。この政権は完全にドイツを向いている。
フランス国内もヴィシー政権に同調する人たちと、英国に逃れて亡命政府を樹立したドゴール将軍を支持する勢力に分かれる。ヴィシー政権を支持する人たちは連合国に対しては敵対意識を持っている。これには英国が当時のフランス海軍の軍船を撃沈したことなども作用している。

こんな複雑な国内情勢の中を、その敵国と目されている英国の老人が徒手空拳で、しかも子供連れでスイス国境からドーヴァー海峡を目指すのである。劇中の会話の中にもその微妙な国際情勢が表れていて、フランス市民によっていつドイツ軍に密告されるかという主人公の緊張感が伝わってくる。英語を話しているだけで英国のスパイと間違われかねないが、英語ネイティブの子供もいてこれがまた緊張感を高めてくれる。
英国人の婚約者を亡くしたフランスのお嬢さんもこの逃避行に途中から参加するのだが、英国人の彼を偲びながらフランスに暮らしている彼女にとっては、英国人の一行の脱出を手伝う行為が彼女にとっての正義なのである。

当時のイギリスで、フランス人がドイツ兵の目を盗んで英国人を助けるというストーリーが大いにうけたのは想像に固くない。老人が主人公なので派手なアクションは期待すべくもないが、脱出行には欠かせないいわゆる「最大のピンチ」のシーンもちゃんと設定されており期待を裏切らない。どうやって切り抜けるかは読んでのお楽しみである。小さな子供から見ると大人は周囲のすべてのことをコントロールしているように見えるが、どっこい大人だって命が磨り減るくらいにドキドキなのだ。

子供のころに見た映画「日本沈没」のラストに、故郷を失った主人公がブラジルの大地を鉄道で去っていくシーンがあり、もし自分がこんな目にあったらつらいだろうなと40年以上経った今でも思い出すと切なくなるのだが、今度からはこんな大人が一緒にいてくれることを想像することにしよう(笑 ☆☆☆。

被害を拡大させた政府・東電・自治体の判断の誤りとは?メディアの誤解とは何か?   いまなお続く避難・除染の本当の悲劇とは? 畑村委員長はじめ、政府事故調の中心メンバーだった3人の著者が、膨大な調査報告書をベースに、報告書に書けなかった独自の視点も入れ、事故の核心に迫る!! 原発再稼働、進まない除染の問題にも一石を投じる書。

福島原発事故はなぜ起こったか 政府事故調核心解説福島原発事故はなぜ起こったか 政府事故調核心解説
(2013/04/19)
畑村 洋太郎、安部 誠治 他

商品詳細を見る





昨日は私の母親の誕生日だったのだが、妻と息子でプレゼントをアレンジしてくれたようだ。四歳児、頑張って書きました(^^)



そんな息子のマイブームはオバケ。この顔がオバケらしい。紙に書いたオバケをベッドの回りに貼って結界作ってます。逆にうなされないか?



さて本題。政府事故調査委員会の委員長で「失敗学」の第一人者である畑村洋太郎他の委員会関係者が著した、事故調査の概要版。高校生にも分かるようにとの趣旨にたがわず非常に分かりやすい内容となっている。「原発行政が苛酷事故を想定してこなかったのは、各地での原発建設反対訴訟で不利になるから」と、政治的な側面への言及も手厳しい。

特に興味深いのは第2章「福島第一原発で起こったこと」。1号機から3号機の各々がいつ炉心溶融を起こしたのか、そこに至る経緯が推測できる範囲で克明に記されている。

恐らく、実際に放射能が福島県内に拡散するに至った直接の原因を、ここまで克明に再現している書物は他にないだろう。放射能が外に漏れたのはあくまでも圧力容器から燃料が外に漏れ出したせいであり、それは原子炉の冷却がうまくいかなかったためであり、それは格納容器の圧力コントロールに失敗したからである。読み進んでいくと、これらの原子炉の設計に非常時でも圧力をコントロールできるような思想がなかったことが伺える。

学者の書いたものなので当然なのだが、各々の事実がその確からしさとともに記されているので、読んでいて非常に信頼感が持てる。同時に政府の原子力安全委員会や保安院、電力会社などの当事者がどのような問題を抱えているのかも浮き彫りにされている。大げさでなく、今回の事故の実態を後世にも伝えていくために、一家に一冊は備え付けたほうがいいのではないか。

文句なく☆☆☆☆☆。

昨日に続いて生茶。今日は相方登場(笑)



昨日は帰宅ランだったのだが、その途上で交通事故現場に遭遇。私の住んでいるネズミー市にはいくつかネズミーランドのお客さんのためのホテルがあり、ネズミーランドとはシャトルバスで結ばれているのたが、そのバスが事故っていた。

実はネズミーランドからは見えないが、ネズミーランドのとなりは鉄鋼団地という工業団地で、市内を巨大な鉄材を積んだトレーラーがうろうろしている。夜だったこともあり、このバスは左前面をその鉄材にぶつけてしまった模様。

幸い怪我人は出なかったようだが、バスの事故が最近多いので、乗客の皆さんは肝を冷やしたことだろう。



さて、7月は我が家で第一次キャンプブームが勃発したこともあり、時間が掛かるバイク練習があまりできなかった。

バイク:122.9km
ラン:117.2km

バイクはキャンプに自転車を持っていったりもしたものの、かなり中途半端。一方でランは帰宅ランを取り入れたこともあり、もう10年ぶりの100km超え。帰宅ラン1回で18kmなので、週1回やってればほとんど100kmだ。でもたまにはスプリント練習も入れなければ…

蛇足ながら、シューズの調子が悪かったので、思い切って買い換えた。14年間アシックスしかはいたことがないので、今回も一応アディダスを試し履きしてはみたがしっくりこず、結局アシックスに。普通のターサーです。

日比谷のアートスポーツで買って、そのまま履いて走って帰ってきたのだが、靴擦れもなにもなく、極めて快適であった。さすがはアシックス。

黄色は初めてだが、夜でも目立つのでいいかも。通勤の時はちょっと目立ちすぎるか…



どっちにしても暑いので、ランもバイクもまとまった距離を走るなら、牛久のコースが良さそうである。来週はキャンプの合間にでも自転車持って行ってみるか。

ちなみに昨日の帰宅ランは18kmを5:45ペース。過去最高でした。

↑このページのトップヘ