量は質を凌駕する

 ~ アウトドアと読書の日記

「なにも言わずに消える。それが俺には納得できなかった」自分の前から、突然消えた女を追いかけて、青年はこの街にやって来た。癌に冒された男との出会い。滅びゆく男に魅いられた女との再会。青年は、それから生きていくためのけじめを求めた。やがて死に向かった男の生命の炎が燃え尽きたとき、友の瞼には残照が焼き付けられる。喪失しつづけた男たちが辿り着く酒場を舞台に、己の掟に固執する男の姿を彫りおこす好評“ブラディ・ドール”シリーズの第7弾

残照 (角川文庫―ブラディ・ドール)残照 (角川文庫―ブラディ・ドール)
(1992/12)
北方 謙三

商品詳細を見る





やはり前第6作で核となる人物(藤木)が亡くなったために、この7作目は筋書き自体がかなり中だるみしている。本来このシリーズは、その作品の主人公となる人が一人称で語っていく形式になっていたのだが(いま思えば街の中心人物である川中も今思えば第1作では一人称で語っていた)、前作では本来一人称で語るべき藤木の心の葛藤を周囲が見守る、という形式であったため、代わりの語り手を用意したのだが、やはり藤木が主人公であることは覆いようもなかった。そこで物語はこれまでのセオリーを一つ踏み外している。

今回も主人公(つまり人生をかけて何かと闘う人物)が癌と闘う人という設定だったので、癌の人の心理を描くことに躊躇があったのか、別の人物を語り手に設定している。その語り手は作品の中で左手を失ってしまうのだが、その痛みと本来の主人公の痛みを対峙させることで、語り手に主人公の心境を疑似体験させている、といっては言い過ぎか。そのシーン。

>沖田の痛みは、終わることがない。ひと晩耐えればいいというものではないのだ。生きていることそのものが、痛みのようなものだろう。

>「痛いですか、先生?」沖田が首を振る。「モルヒネ、貰ってきましょうか」「私も、意地を張るところがあってね」「つまらないな。つまらないと思いはじめましたよ」「大事なことだ」「痛いって、言いませんか、二人で」「二人で?」「誰も、聞いちゃいない」沖田の表情が、一瞬和やかなものになった。

痛みを通じて二人は理解しあったということだろうか。しかしこの後、沖田は自ら死を選ぼうとするのだが、そこがちょっと。さすがにこれ以上のネタバレはまずいので書けないが、なんだか無理やりストーリーを終わらせようとしたように見える。恐らく、これまでの6編で同じような終わり方があまりに多いので違うことをしようとしてうまくいかなかったという感じがするのだ。

あくまで推測ではあるのだが、いずれにせよ7作目までの中でもっとも凡庸なのが本作だ。☆☆。

こちらもポチっとお願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

砂糖菓子のように崩れていく―。女はそう形容した。そんな男に魅かれるのだと…。手術に抜群の技量をもちながら、野心に背を向け、場末をさまよう流れの外科医。闇診療に手を染めたのも、港町の抗争に巻き込まれたのも、成り行きで意地を張ったのがきっかけだった。だが、酒場に集う男たちの固い絆が外科医の魂に火を点けた。死ぬために生きてきた男。死んでいった友との黙約。そして、女の激しい情熱につき動かされるようにして、外科医もまた闘いの渦に飛び込んでいく。“ブラディ・ドール”シリーズ、待望の第6弾。


黙約 (角川文庫―ブラディ・ドール)黙約 (角川文庫―ブラディ・ドール)
(1992/03)
北方 謙三

商品詳細を見る





もうシリーズも6作目。もう一つの挑戦シリーズと違って、こちらの方はまだマンネリにはなっていないのだが、今回は重要なメンバーが世を去る。藤木年男。もとヤクザで、親分・兄弟分を殺したことでずっと命を狙われてきたが、いずれも藤木の前に倒されていった。おそらく藤木は、自分よりも強い刺客が来るのを待っていた節があるが、ここまで生きながらえてしまった。ここで名場面をまたまた引用したい。

>「このライター、坂井にやることになってました。坂井は、これに私の墓碑銘を刻んで使うというんです。つまり、私は死ぬわけですが。墓碑銘は坂井が考えてね。」

もう墓も準備したというわけだ。この墓碑銘については続きがある。

>二杯目を私は空けた。三杯目は頼まなかった。「けだものの体、人間の心」「なんです?」「そのライターには、そういう墓碑銘でも刻むといい」坂井の目が真っ直ぐに私を見つめてきた。

実は本作では、兄弟分のたった一人の生き残りがトラブルを抱えて藤木の前に現れる。その兄弟分はトラブルが片付くまでは藤木に手を出そうとしない。藤木もそのトラブルを解決するために奔走する。坂井はトラブルが片付いた暁には二人が殺しあうことになるのを知っている。一方で敬愛する藤木に死んで欲しくないと強く思っている。だから本書で登場した医師のこのセリフに強く反応する。

>煙草をくわえると、坂井がマッチの火を出してくる。「ライターがいい。それもジッポの火だ。」「ライターは持っておりませんので」「この間は藤木のライターを持ってたじゃないか」坂井の表情は変わらなかった。

墓などないから藤木が死ぬはずはない、ということだ。そんな周囲の心配にも関わらず、男たちは最後の決着をつける。

>「やつは、刺しただけだ。抉りもせず、手、放しやがって」川中も私のそばにしゃがみこんだ。「俺は、抉って、撥ねあげた。浅ましいもんでさ」手の施しようはなかった。「だから抜いたのか。死ぬと分かってて」

ちなみに藤木の最期のセリフは「このドスをあいつに返してやってくれ」である。死ぬと分かって腹から抜いたのではなく、返すためだったというわけだ。6冊目まで読んで、初めて目がうるっとなった。 ☆☆☆☆。

こちらもポチっとお願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

気が付けば恋ヒル、朝霧ジャンボリーと2連続DNS(自転車用語で心が折れたという意味w)してしまい、季節が秋に移り変わってしまったYoshi-Tです。まあネタも無いのですが、先日書きかけたシュラフのレビューでも。

我が家は今のところ秋のキャンプ計画は以下の通りになっています。

9月21日~23日 勝浦チロリン村
10月12日~14日 印旛沼サンセットヒルズ
10月26日・27日 大野路

チロリン村は鴨川シーワールドに行くのが主目的です。印旛沼は、利根川川畔で枝豆狩りの予定です。去年は日帰りで行ったのですが、この時期の枝豆が一番美味しいですね。夏場とは豆の香りが違います。10月前半と10月後半でも味が変わります。だんだん歯応えが出てくる感じ。

大野路は実は職場の仲間とオヤジキャンプにしようと言っており、日程だけ押さえて場所は仮です。枝豆がまだ残っていれば、これも印旛沼になるかも。あ、枝豆は一畝分を予約しているので、期間中はいつ行ってもいいんです。一畝だと、とても我が家だけでは食べきれないので、ご近所や職場でおすそ分けしまくってます。

どっちにしても、千葉には20箇所以上のキャンプ場があって、夏は暑くて行けませんが、いよいよシーズン到来ということです。

で、場合によっては10月に入ると冬用シュラフの出番になりそうです。
WILD-1のオリジナルシュラフは、コンセプト1~5まであって、数字が大きい方が適応温度が低くなります。コンセプト5はマイナス8度まで対応しています。でもダウンではなく化繊なので、コンセプト5になると相当でかいです。ということで、我が家はコンセプト4にしました。表示上はマイナス5度までいけます。



でも一度ベランダで試して見る必要がありますね。もう少し寒くなったら一度やってみます。

ではまずコンプレッションバッグに入った状態。大きさのイメージはバスケットボールくらい。結構でかいです。まあ封筒型ほどではありませんが。



広げてみます。ちなみにコンセプト4は黒と赤の二色が選べます。我が家は赤と黒一つづつにしました。




ファスナーを開けてみます。肌触りはシャカシャカではなくて、綿のような肌触りなので不快感はありません。




お約束ですので中に入ってみます。




横になります。この方が脚を動かしやすい。最近は妻も面白がって撮ってくれます(笑




首(襟?)のところと顔を出すところを紐で調節できます。特に襟のところは、寒さに直結しそう。我が家では冬は羽毛の肩当てを着て寝ていますので、こういう仕掛けがないときつい。




またシュラフの内側に内ポケットが付いています。財布とか入れるんでしょうね。




さて、撮影が終わったのでコンプレッションバッグに入れてみます。半分くらい入れたところ。



このコンプレッションバッグには縦方向に圧縮ベルトがついているので、このくらい入れば後は楽勝です。



さて、全体的な感想ですが、収納時は結構大きいですね。中に入った感じは悪くありません。
何よりも、今回は2つ買っても諭吉でお釣りが(^^)
ただ肝心の防寒能力はさすがに今は判定できませんので、また試してご報告します。























なんかしまらないので、あれ、言っときます。






コンセプト4、これからよろしくな!



R'sパパさん、すいませーん!


こちらもポチッとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ