量は質を凌駕する

 ~ アウトドアと読書の日記

世に大西洋の戦いという、第2次大戦下にアメリカからイギリスに物資を補給する大西洋横断の護衛船団と、その輸送を阻止しようとするドイツの艦艇との戦い。その苛酷さを描写し尽くし、人間の悲惨と偉大を静かに物語る。

非情の海〈上〉非情の海〈上〉
(1992/12)
ニコラス モンサラット

商品詳細を見る





昨日の晩のブエルタ・エスパーニャ。途中最大斜度30%という恐ろしい坂が登場しましたが、選手たちは何食わぬ顔で走り抜けていきましたね。自分なら多分10mでギブアップです。でも日本にも最大斜度37%(!)という恐ろしい坂道が東大阪にあるらしいです。そこは楽しいのか?! まあ楽しいんでしょうね(笑

これまでなりを潜めていたカンチェラーラがゴールスプリントで久々に映像に顔を出したのも嬉しかったです。この人スイス人で本当に男前です。今年は春先のツールドフランドールという1日のレースで、ゴールまでの最後の20km近くを悠々と独走して勝利したシーンが印象的でした。今回のブエルタでは、直後の世界選手権に向けて途中棄権も噂されていますが、ようやく見せ場を作ってくれました。



さて、今回は第二次大戦中の連合国とドイツ潜水艦隊の戦いを描いた「非情の海」です。

イギリスの小説らしく、あまりクライマックスに向けての盛り上がりとか、大どんでん返しとかがなく、とにかく退屈とも思える日常の描写と緊張感が高まる戦闘シーンの繰り返し。それがゆえに、戦争のむなしさがいっそう際立ちます。

実質主人公の副長は元々は普通の勤め人だったのですが、物語の最初に軍に入り、物語の進行につれて船長していく姿が描かれています。

これって「プライベート・ライアン」でトム・ハンクスが演じた元教師の小隊長みたいですよね。あの隊長も闘いのプロでしたが、こんな感じで育っていったんでしょうか。

戦争は実際にはこんな感じだった、という一冊ではないかと思います。☆☆☆☆。

いよいよブエルタ・エスパーニャが始まりましたね。このブエルタ・エスパーニャというのは、イタリアのジロ・デ・イタリア、フランスのツール・ド・フランスと並ぶ、3大グラン・ツールと呼ばれている、自転車のF1レースみたいな最高峰のレースです。各々、21のステージを3週間掛けて回ります。

どの大会も総走行距離は3,000kmを超える過酷なレースで、選手は体力の限界まで出し切ることを求められるので、ドーピングが後を絶たないこともまた事実です。最近では、ツール・ド・フランス7連覇のランス・アームストロングがその実績を抹消されたことも記憶に新しいですね。

それでもグラン・ツールをはじめとする自転車レースの人気は衰えを知りません。私もまだまだビギナーですが、ステージ優勝した時に選手が感情を爆発させる様や、苦しい局面での選手の必死な形相、エースのサポートに回る選手のひたむきさなど、単に速さや駆け引きだけではない自転車レース独特の人間模様の面白さがチラッと分かりかけてきたところです。(写真は第3ステージ、グランツール最年長の41歳でステージ優勝を果たしたホーナー。乗っている自転車は奇しくも私と同じTREK。値段は10倍くらいしますがw)

_VE_2013_0300_LIV02.jpg


昨日が第2ステージだったのですが、2日目にして本命の1人、ニーバリが総合トップに立ちました。ニーバリはジロでも優勝しており、これから周囲からのマークもきつくなってくると思うので、それをどうあしらっていくのかも見せ場の一つになってきましたね。ブエルタエスパーニャについてもっと詳しく知りたい方はこちら

さて、先日の「買って良かったキャンプ道具ベスト3 ~ 夫編」に引き続いて、今日は妻編をお送りします。

ちなみに夫編では①ラウンジテーブル&チェア、②グランドシート、③ケトルでした。
時間も無いので、まずは第3位










ジェントス LEDランタンです!


GENTOS(ジェントス) LEDランタン エクスプローラー プロフェッショナル 【明るさ280ルーメン/連続点灯72時間】 EX-777XPGENTOS(ジェントス) LEDランタン エクスプローラー プロフェッショナル 【明るさ280ルーメン/連続点灯72時間】 EX-777XP
()
GENTOS(ジェントス)

商品詳細を見る


このランタン、サブランタンとしてお世話になってる方も多いかと思います。我が家でもユニフレームのガスランタンをメインに使っており、ジェントスはあくまでもサブなのですが、妻曰く「普通に困らないくらい明るい。天井に吊るして下向きに照らせる。熱くならないので安心」と言っています。もう買ってから6泊してますが、電池もまだまだ大丈夫そうです。まああんまり褒めると、ユニフレームが拗ねそうなのでこのくらいにしておきます。


続いて第2位








コールマンのグランドシートです!


Coleman(コールマン) マルチグランドシート/300 170TA0083Coleman(コールマン) マルチグランドシート/300 170TA0083
(2012/03/08)
Coleman(コールマン)

商品詳細を見る


奇しくも夫の第2位と被りましたが、妻曰く「ティエラのリビングで靴が脱げるのがいい。オープンタープにも早変わり!」とのこと。ここで注目すべきは、妻がオープンタープをポジティブに評価してること。どうやら先日の大野路での即席タープが功を奏したようです。オープンタープ購入に一歩近づきました!
9月の3連休に向けて物欲が燃え上がります!



続いて第1位!







コールマンのインフレータブルマットです!

Coleman(コールマン) キャンパーインフレーターマット 2000010427Coleman(コールマン) キャンパーインフレーターマット 2000010427
(2012/03/08)
Coleman(コールマン)

商品詳細を見る


7月に初めてかずさオートキャンプ場に行った時、私も妻も夜中に背中が痛くなったのですが、妻はこのマットにした途端痛みがきれいにおさまったそうです。さすがはコールマン。あまりに普及しすぎているので見逃しがちですが、これだけ普及するということは、それだけ使いやすいということですよね。

このマット、今や積み下ろしも面倒なので、車に積みっぱなしになっています。どこか行ったときにササッと広げて寝転がったりできるかも。実は、コンフォートマスターのスリングチェアも積みっ放しなのですが(^^;
でも夫は実は未だに熟睡できなくて、枕を新たに買ったりしています(笑)




しかしこんな短期間でよくもこんなに色々と買い込んだものだと我ながら感心します。
実はキャンプ道具の総括は以前もやっているのですが、これって結局自分が買いあさった実績を振り返っているということで、「あー、こんなに買っちゃったのか・・・」という反省もあり、次なる物欲を抑制する効果があるようです。でもまた他の人のブログなど見てしまうと新たな物欲が・・・(笑



これからだんだん寒くなってきますので、テント内の暖房をそろそろ考えなくてはいけません。とりあえずは湯たんぽ、カセットガスヒーターなどを考えていますが、もう少し小さなテーブルを入手してテント内コタツにしてみたいとも考えています。あー、環境が変わると新たな物欲が。

こちらもポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

39歳独身の歩は突然会社を辞めるが、折しも趣味は映画とギャンブルという父が倒れ、多額の借金が発覚した。ある日、父が雑誌「映友」に歩の文章を投稿したのをきっかけに歩は編集部に採用され、ひょんなことから父の映画ブログをスタートさせることに。“映画の神様”が壊れかけた家族を救う、奇跡の物語。


キネマの神様 (文春文庫)キネマの神様 (文春文庫)
(2011/05/10)
原田 マハ

商品詳細を見る





このお話は映画をめぐってある男が人生を取り戻すお話です。というか、そう読めました。
主人公のゴウは、これほどに冴え渡る映画評論を書ける人ですから、さぞや知性に溢れた人なのでしょう。それが何かのきっかけでつまづいた。こんなはずじゃなかったのにと思いながら、ギャンブルに癒しを求める、借金がかさむ、さらに色んなものを失う、の繰り返し。自分を省みられる人ですから、どんどん虚しくなっていきます。

ギャンブルにはのめり込まなくとも、人生を虚しく感じている人はたくさんいると思います。
そんな老人が、ブログを通じて本当に心を通い合わせられる友人に出会った。
お互いに老い先短い2人はその出会いをかけがえのないものだと思い、全力でお互いにぶつかりあった。
そして2人は自分の人生を取り戻すのです。この二人のやり取りが実にいい。

そんなきっかけを与えてくれたキネマの神様も、二人のことを温かく見守っていることでしょう。
やっぱり、こういう喪失感を感じている人が何かを取り戻す話って、いいですね。
と言いながら、実は私、「ニューシネマパラダイス」観てません。でも観てなくても十分楽しめるお話でした。
もっと登場人物を減らしても良かったかも。☆☆☆☆。

↑このページのトップヘ