量は質を凌駕する

 ~ アウトドアと読書の日記

今日からタイトルバックの写真を変更してみたYoshi-Tです。前編はこちら

さて、1日目が終り眠りに着いたのですが、多分3時ごろだったか、激しい雨音で目を覚まします。嫁様も目を覚まして何か話しかけてきますが、なんと言っているか聞き取れないほどの雨音です。例えて言うなら、電車のガード下くらいの感じです。テントがでかいことも影響しているかもしれません。

ティエラの耐水性は定評があるのですが、今回はヘキサタープを張っているのでそちらが気になります。もしかしたらタープに雨が溜まって崩壊してるかもしれませんので、とりあえず恐る恐る外に出て見ます。この雨足だと、崩壊する時は一気でしょう。そういえばテントの後ろに立てたタープの支柱のペグが若干緩かった気もします。外に出てみると…





すごい勢いで、タープの下の端のガイロープから水が滴り落ちています。確かめると、幸いタープには水は溜まっていませんでした。現地報告で書いたとおり、片方だけを長いポールにして片流れにしていたのが良かったのかもしれません。ペグを確認したいのですが、なんとレインウェアは車の中!
やむなくずぶ濡れになりながら、とりあえず見える範囲のガイロープだけ締め直します。キャンパーズコレクションのナイロンのガイロープはやはりイマイチでした。ちょっと考えなければ。

目が覚めてしまったので、ブログを更新したり本を読んだりしながら時間を潰します。さすがに水捌けのよい芝生とはいえ、スカートの下から水も滲みてきています。でもしばらくすると眠くなったので、気にせずまた寝床へ。次に目覚めたのは6時前くらいでしょうか。今度こそ意を決して車の中からレインウェアをとってきます。そしてタープの形を片流れから切り妻型へ変更です。かっこよくて雨にも強いですが、天井は低いです(笑



トイレに行くついでに、昨晩のスノーピーカーの会場を覗いてみます。あたりにはチリひとつ落ちていません( ̄O ̄;)
そして点々と焚き火台が。多分スノーピークですね‼︎ って、当たり前か。



辺りは凄い霧です。こんな風景を眺めつつコーヒーを沸かします。富士山は見えず。前日、雨が強くなってきた段階で、燃えかけの焚き火に蓋をして消してたので、再着火です。デュアルグリルはこういうときに便利(^^)



7時を過ぎてコースケも起きてきたので、トイレに一緒に行くついでに、スノーピーカーの皆さんの駐車スペースを探検。こちらも整然と並んでます。おそるべし、スノーピーカーズ!ここまで徹底しているのは、メンバーの人たちの意識が高いのもあるでしょうが、幹事役の方の仕切りもいいんだろうと推測します。




依然雨は降り続いている状況で、どうも昼前まで上がる気配はなさそうです。しかもその後もまた降る予報になっています。帰りの東名高速は、予測では30km渋滞との噂も( ;´Д`)
いろんな条件がありますが、色々と予想を巡らせつつ撤退準備に掛かります。朝飯は昨日のちゃんこ鍋の汁でウドン。これが最高に美味かった!



ちょっとづつ片付けて、ついにテントのフライシートとタープを残すのみとなりました。インナーテントを外してみると、フライシートの下だったグランドシートにも水が滲みてましたね。

一応昼飯の材料もあるのでこのまま待機することも可能です。さて…



結局、帰るなら早く!ということで、雨中の撤収と相成りました。雨の中で、ティエラのフライシートを畳み、ビショビショのままキャリーバッグに押し込みます。また近いうちに何処かの公園に乾かしに行かなければ…

そんな事を思いつつ帰路に付いたのが11時。自宅には13時には到着していました。ここから後片付けが始まります。まずはグランドシート。現地ではきれいにするのは難しいので、最近はいつもこうやって二つ折りにしてベランダに広げてから水をたっぷりかけます。



そして棒付たわしでゴシゴシ。あとはベランダで干すだけ。他のものはともかく、直接土が付着する部分なので、土壌の質によっては痛みが早いような気がしてまめに洗っています。ということは、ティエラのスカート部分も本当はきれいにしないといけないんですけど、撤収するときしか普通はチャンスがありませんからね。


ここで考えます。
「もしや浴室乾燥で乾かせるのでは?」とりあえずやってみます。かなり重たいですが、できた!浴室には物干しの棒が2本かかっているので、これにM字型にかけます。多少、いやかなりしわができますが、乾燥機のパワーを信じてとりあえずやってみます。



このあとジョギングに行って、また帰ってきてビックリ。完全に乾いているではないですか!
もちろん干す場所が狭いので 、シワになったところに水が溜まっているケースもありましたが、総じてよく乾いています。マンションに中庭に引っ張り出して、嫁様と二人で畳みます。うーん、良かった(^^)

さて、ついでにペグ、ミニペグ、ガイロープも綺麗にします。実は洗うのは初めてなので、結構泥が溜まっています。これをたわしでこすります。



ミニペグはユニフレームとコールマンです。最初は10本と12本あったはずですが、どちらも1本づつ無くなってますね(^^;



ついでティエラの純正ペグを洗います。
実はティエラのペグの袋、これも小川製なのですが、相当に頑丈です。底のところが3重くらいになっているので、ペグのとがったほうを下にして入れてもびくともしません。これは裏返し。



ペグそのものも、鉄の棒を折り曲げただけですが相当に丈夫です。しかし微妙に曲がってるやつもありますね。



こちらはエリッゼステーク。さすが鍛造だけあってまだ曲がっているものはありませんね。上にあるのがキャンパーズコレクションの純正ペグ。同じ用途の道具とは思えない(笑



ガイロープも、濡れてしまったものは乾してから収納します。濡れたままだと綿のものは確実に傷みそう。



今回はえらい目にあったと思う一方で、良い経験になったという気もします。風呂場でティエラを乾かせるのが分かったことは大きい!風呂場が煙臭くなるのが玉に瑕ですが(笑 それから道具はもっと大切に扱うこと、タープなど幕の張り方のバリエーションを増やすこと。特に雨対策。あとは準備のためのチェックリスト作成w
オープンタープのガイロープは、ロープを買ってきて自作した方がいいかもしれません。次回キャンプの時に現地で現物合せで作るのも一興か(^^)

こういうロジ回りのこともさることながら、やはり設営と撤収に時間が掛かりすぎだと思いました。ボーっとする時間が短すぎ。2泊とか、寒いときはいいけど1泊用にはテントが大きすぎる。暖かくなったら、3人用のテントを探したいと思います。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

3連休を利用して1泊2日のキャンプに、裾野市の大野路ファミリーキャンプ場に行ってまいりました。すでに一部投稿していますが、日曜日の夜から月曜日の朝にかけて大雨が降り、キャンプ8回目にして初めての雨撤収となりました。いやー、きつかった。いろんな誤算がありました。

誤算その1
せっかく買ったBOSE Soundlink miniを持っていくのを忘れた
誤算その2
せっかく買ったユニクロのチェックのシャツを持っていくのを忘れた
誤算その3
せっかく買ったサツマイモを焼き芋にしようとしてみたが炭化した
誤算その4
せっかく冠雪後初めての富士山を見ようと思ったが一瞬だった
誤算その5
せっかくACサイトを借りてオイルヒーターを持っていったのに寒くなかった
誤算その6
せっかくACサイトを借りたのに、電化製品はオイルヒーターしか持っていかなかった
誤算その7
大雨が降って雨中撤収となった

まあ誤算4,5,7は私のせいではないです。しょうがない。
しかし1,2,3,6は明らかに凡ミス。とにかく忘れ物が多かった。
いったん出発して高速に乗る直前にコースケの椅子を忘れたことに気がつき取りに戻りましたが、そのときも他の忘れ物に気がつかなかった。これは、キャンプ8回目で慣れが出たことによる油断としかいいようがありません。
特にショックだったのはBOSE。いったい何をやってるんでしょうか・・・
次回は12月流星キャンプを予定しておりますが、とにかくチェックリストを作らねば。

さて、最初にいっぱい反省しましたので、後は淡々と(笑

11月にまで家族をキャンプに連れ出すために、今回はACサイトを予約。オイルヒーターを持っていきます。電源さえあれば、火傷も一酸化炭素も心配要らない優れもの。左側の四角いのがそうです。



朝寝坊したため、結局出発は10時。御殿場ICも大渋滞だったので、裾野ICから行きます。ここでBOSEのSoundlink miniを忘れた事が発覚。普段のキャンプでは事前にイメージトレーニングをして、持っていくものをチェックするのですが、今回は前日のサイクルモードで浮き足だっていたこともあり、チェックが不十分でした・・・(;´Д`)


とりあえず直接キャンプ場へ。14時ちょっと前に到着、天気も微妙です。それでもちらりと見えた富士山。冠雪しているはずなのですが、肝心のてっぺんが雲で見えません(^^;



今回、キャンプを始めて初めての同じキャンプ場再訪となりました。これも油断した原因の一つですね。場所は管理棟のすぐそば、7番サイトの中の電源付きです。富士山は見えるものの、間に民家が入るので写真撮るには微妙。

つべこべ言いながら設営作業です。今回もティエラ+オープンタープの小川張り。コースケもなんかやってくれてます(笑)



設営は食事の準備ができる状態になるまで1時間掛かりました。買い出しに行って戻ってきたらもう4時。風呂にも入らないといけないのですが、前回は車で3分のヘルシーパーク裾野に行ったのですが、そうするとどうしても1時間掛かります。富士山の一番美味しい時間を見逃すことになるので、今回は大野路の露天風呂を利用しました。キャンプ客は200円割引で600円です。でも今回はACサイトだったから、ドライヤー持ってくればよかったんだよな~。

やっぱり色んな意味で、時間短縮は大事ですね。設営だけではなく、積込、撤収、帰ってからの片付け。

そうしている間に焚き火の準備です。手つきが危なっかしい(笑)



薪は普通のものが500円ですが、ちょっと心許ないので、端材一袋300円も追加です。これは結構燃やしやすい。



走るカメラマンw



焚き火でもチャコスタが活躍です。焚き火でも炭火でも、本当に簡単です。時々トーチで頑張ってるお父さんを見かけますが、貸してあげようかと思ってしまいます。




薪が長いとチャコスタから移すのがちょっとめんどうですが、焚き火開始です。



火がついたらとりあえず乾杯~!



しばし焚き火の前でまったり。至福の時間です。しつこいようだが、できればここでBOSEが欲しかった(TT)



実はこの時、焚き火のなかに焼き芋が入っていたのですが、加減が分からず気が付いたら完全に忘れてて炭化(°Д°)
お腹を空かせて待っていたコースケは、テント内で突っ伏して号泣です。なぜかいつも持っていくバナナも忘れ、とりあえず頑張って焼鳥を焼いて食べさせて落ち着きましたが、ちょっとパニックでした(^^;

大人の夕食はまずはこれ。御殿場は山崎精肉店の馬刺です。山崎精肉店では、これ以外にちゃんこ鍋用の豚バラと焼鳥(モモとハツ)を購入。美味でした。



食事は、少し冷えてきたのでテント内で。大きい幕はこういう時に便利です。



そう言えば大野路は本当に広いキャンプ場なのですが、この日は妙に混んでました。実はスノーピーカーの人達のイベントだったようです。200人くらいはいたでしょうか。でも22時には終了。マナーのいい人たちです♪ マナーの良さは翌朝も痛感しました。



気温は16℃なので、ヒーターが要るほどではありません。一応インナーテント内は暖めました。
ちょっと雨がぱらついてきたものの、大野路の夜は静かに更けていきます。まあ、嵐の前の静けさだったんですが…



後編に続きます。

御殿場周辺は夜半から豪雨。特にテントの中だと話し声も聞こえないくらいの雨音です。オープンタープの片方にポールを入れて片流れにしていたのですが、さすがに雨が溜まりそうなので急遽設定変更。両方に流れるようにしました。


こちらは雨が降る前の様子。



今日はスノーピーカーの皆さんの集会らしく、大野路は満杯。



さて、寝付けなくなったので、本でも読みます。大野路は芝生で水捌けも良いのですが、今夜はさすがにテントの中にも少し水が滲みてきて、監視も必要(笑)

↑このページのトップヘ