気が付けばつくばマラソンまであと6週間。
今後の練習計画。

10/10 平日のジョグに坂ダッシュ5本を入れる。週末は30kmM再チャレンジ
10/17 週末がアクアラインだがあくまでロング走と位置付ける
10/24 アクアラインの疲労抜き。坂ダッシュは継続
10/31 できれば養老渓谷に行きたい(28㎞)
11/7  5㎞TT×数本で刺激入れ
11/14 本番

もう疲労を溜める時期ではないので、週走行距離は60km程度で。


☆☆

先日の箱根ランのアフターで、同学年のニッキーさんと坂ラン話で盛り上がった。
その後ニッキーさんがくろいわさんのBUペーサーを務めた際に、
ニッキーさん地元の坂ランコース(通称虎の穴)の話になったようで、
今日はその話に乗っかって、くろいわさんと坂練習ご一緒させていただいてきた。

ニッキーさん、今年の勝田でサブ3を狙ったものの無念の脚攣りで撃沈。
以来、攣らない脚をつくるために毎週坂練を継続しているとのこと。
サブ3ランナーを養成する練習っていうのがどんなものなのか、興味津々。

ニッキーさんとは箱根が初対面だったが、小涌園からの地獄のフォーメーションで
並みいるサブ3ランナーに楽々付いて行った後ろ姿がまだ目に焼き付いている。
あのスピード感がオレにもほしい!!
特に昨日の新横ぐるぐるで脚の弱さを実感しただけに、気合も入ろうというもの。
今のオレに足りないのは坂練だ! あ、あとBUも・・・

脚の筋肉に同じ負荷を掛ける場合、平地で受ける着地衝撃よりも
登坂の衝撃のほうが小さい。だから故障のリスクも少ない。
これが坂練がランナーに愛される理由。心肺にも刺激が入るし。



ニッキーさん、くろいわさんとは、虎の穴から5㎞ほど離れた駅で待ち合わせ。
駅のトイレで着替えた時、替えのパンツを忘れたことに気が付く。
そこから川沿いに3人でゆるゆるとジョギングで現地に向かう。

スタートして数十秒、くろいわさんから「ちょっと速くないですか?」と突っ込みが。
おお、これが噂の「セルフペーサーくろいわ」か!?(いま名付けた)
アタシの目はごまかせなくってよ、とばかりに(笑)

本当はくろいわさんとは今日がお初のはずだったのだが、
昨日の新横に予告なしの登場で村の住民たちの動揺を誘ってた。
ランの間も帰りの車の中でも「今日くろいわさんいたよね」って言われて
まさか明日も一緒だとも言えずオレも激しく動揺していた。高校生かよ。
アタシタチジツハ・・・・ ゴメン、チーバの二人(笑)

くろいわさんもオレを見て動揺したらしく、
「今日はカミさんご家族と一緒に娘ちゃんの面倒を見てもらえるので」
と聞いてもいない言い訳を早口でしていた。
いや、あれで普通だったのかもしれない。

川沿いのゆるジョグでは専ら地元の話とか家族の話とか。
「二日連続で外出して大丈夫なんですか?」とくろいわさんに聞かれて
「大丈夫、家族はオレのこと信じてるから☆」と笑顔で返す。
いや、内心動揺しながら「昨日速攻で帰って一緒に映画見たし・・・」と続ける。
ポイントの範囲には収まっているはずだ。いや、信じたい。




そしてニッキーさんご自宅近所の虎の穴に到着。
横浜市内なのでどこも坂は多いんだが、ここはなかなかだった。
全長950m、最大標高差33mを登って下る。
これを往復するので、全長1900m、獲得標高約60mの坂練コースが出来上がる。
ニッキーさんはこれを毎週5往復しているらしい・・・・
ちなみにコースPBは7分40秒ちょっととのこと。

さっそく3人でコースの下見をする。キロ7くらいでゆるゆる行く。
住宅地の中なので、基本歩道を走る。
けっこう路面が荒れている個所があるが、これも脚を鍛える要素とのこと。
深い。

折り返しからの登りは多分目測で8%くらい。
ランニングするにはかなりキツいレベル。
たぶんキロ8くらいしか出てないと思う。

さあ、いよいよ本番。激坂に立ち向かう3人。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村