安ホテルでヤク中が殺された。傍らにチェス盤。後頭部に一発。プロか。時は2007年、アラスカ・シトカ特別区。流浪のユダヤ人が築いたその地は2ヶ月後に米国への返還を控え、警察もやる気がない。だが、酒浸りの日々を送る殺人課刑事ランツマンはチェス盤の謎に興味を引かれ、捜査を開始する―。ピューリッツァー賞受賞作家による刑事たちのハードボイルド・ワンダーランド、開幕。ヒューゴー賞、ネビュラ賞、ローカス賞三冠制覇。

ユダヤ警官同盟〈上〉 (新潮文庫)ユダヤ警官同盟〈上〉 (新潮文庫)
(2009/04/25)
マイケル シェイボン

商品詳細を見る





イスラエルが成立せず、アラスカ辺りにユダヤ人自治区ができているという前提からお話が始まる。こういうのを歴史改変SFというらしい。歴史を大きくいじってしまうと、どこかに無理が出るものだが、本作はその不自然さを逆に利用して、物語に香り付けをしている。

そもそもがユダヤ人という独特の民族性を持った人達が登場人物なのだ。そのディアスポラの歴史と、この自治区がもうじきアメリカに返還され、住んでいる人達は行き場がなくなるという、明日をも知れぬ不安感。なんか二日酔いの朝に「今立ち上がったら絶対吐く!」という感じに似ている。ん、分かりにくいですか?でもそんな状態のなかで、例えば今日は絶対に遅刻できない会議があるとしたらどうだろう。

主人公もアル中の設定なのでリアルな例えなのだが、そんな悪寒と戦いながら主人公は犯人に迫っていく。街の様子もどこかしらアジアを思わせる描写で、ブレードランナーの映像が頭に浮かぶ。映画化するならハリソン・フォード主役がいいかも。ペアを組む従兄弟でインディアン混血、身長2mの刑事はチューバッカだ。そうするとユダヤ極右派のボスはジャバ・ザ・ハット、殺されたその息子で救世主と呼ばれた男はルーク・スカイウォーカー、主人公の別れた妻はレイア姫、主人公をピンチから救う小人警視はヨーダ!

改変歴史SF+ハードボイルドクライムストーリー+純文学とうたっていますが、実は冒険活劇の要素もふんだんに含んでます。設定だけでも相当に興味深いですが、内容もかなり面白い。本作の日本語版、翻訳はコーマック・マッカーシーの作品を数多く手がけている黒原敏行氏。安心して読めます。☆☆☆。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村