4月に逝去した三國連太郎氏。プライベートで20年の親交がある著者が、稀代の俳優の知られざる素顔を綴るエッセイ集



別れの何が悲しいのですかと、三國連太郎は言った別れの何が悲しいのですかと、三國連太郎は言った
(2013/10/22)
宇都宮 直子

商品詳細を見る






はっきり言って、微妙な作品である。私は書評を書く時にできるだけ「微妙」という言葉は避けているつもりだ。本当は認めていないけどそうは言いませんよ、というズルさが滲むからである。しかしこの作品にはこの言葉を使うことを許して欲しい。

私は俳優の佐藤浩市が好きだ。それもかなり好きだ。なのでその父親である三國連太郎も相当関心がある。三國連太郎の若い頃の写真を見ると、いやいや佐藤浩市の方がかっこいいだろう、とか思っちゃうのだ。でも同時に三國連太郎のこともかっこいいと思ってる。そんなわけで三國連太郎の本は何冊か読んでいる。

三國連太郎は晩年の役柄からは想像がつかないくらい無頼の人だ。本作でも、そんな三國のどうしようもない暗さや、生に対する渇望が垣間見える。よくかけている本だとも思う。

しかし読み始めてからしまったと思った。この本は三國連太郎の本ではあるが、同時に宇津宮直子の本だ。宇津宮は、有名な太地喜和子と三國連太郎の関係について、こう書いている。

>だけど、ふたりは似ていると思う。ガソリンをぶっかけたような日々が「ほんもの」だったのもわかる気がする。

ここまではいい。しかし次が微妙だ。

>でも、私はだめだ。燃え尽きてしまう恋は、しない。おそらく、できない。

正直言って宇津宮直子がどんな人か知らないし、このタイトルで宇津宮直子の恋愛観を期待する人もいないだろう。三國連太郎の晩年は本作から存分に味わえるのだが、同時に宇津宮直子の感性、エッセイのセンスも堪能しないとならない。そしてそのセンスはかなり乙女チックだ。少なくとも三國連太郎を語るには「微妙」だ。三國連太郎についての描写は大いに興味をそそられるのだが、このセンスは… 間を取って☆☆☆。