いやー、しかし正直全然本命じゃなかったつくばマラソンで
こんなに盛り上がるとは、我ながらビックリです。
やっぱ病後の復帰戦ということがあるのか。

村のoutポイントもかつてないレベル。
独りよがりだが、病後のオレの結果にみんな関心あったのか(笑
撃沈せずにすいませんでしたw

「松」にはあと少し届かなかったけど、とにかく走れてホッとしました。
これも現地やコメントで応援頂いたみなさまのおかげ。
早速前日の様子から順番に詳報をお届けします。
ちょっと長いけど、一気にゴール、アフターまで。

☆☆

木・金とそれぞれ8㎞、6㎞レースペースで走ってみたものの、
体の芯になんか重いものが残っていて、このままではヤバいと感じた。
正直、42㎞も走り切れる感じがしなかった。

しかし前日の土曜日に、まず経口補水液を1本飲んで、
まだ足りなかったのでポカリスエット2本飲んだら、
なんか体の中の重いものが消えていった。

要するにそういうことだったの?
点滴すれば治ってたってこと?
もっと早く飲んどけばよかった。

☆☆

当日の朝、いつもと同じ朝ごはんを食べて、
一発でう〇こも出て、気分よく6時8分の京葉線で会場へ。
南船橋で乗り換えたらmotoさんからツイートが。

兄さん 南船橋から同じ電車乗った。
1両後ろ。
2015/11/22 06:24:44


おお、なんか幸先いい!!
行ってみるとmotoさんとmakiさんが仲良く座ってた。
makiさんが体調不良でDNSなのが残念だったが、
応援には来られるって、さすがランナーの妻。

南流山でつくばエクスプレスに乗り換える。
ここでF-run夫妻とも合流。ひさしさんも風邪気味らしい。
正直この時は、ふうさんがこの日あんなことをやらかすとは
思いもせず。すいませんでした。

研究学園駅でジョギンガーさんとも合流し、
6人でシャトルバスに。15分くらい並んだか。
つくば駅から走ったほうが早かったかも。
会場についたらもう8時前だった。

☆☆

前日までは体調が微妙だったので陣地に行くかどうか迷っていたが、
体調が回復してきたので陣地へ向かう。
知った人がいるとリラックスできて良い。
なんか言ってることが矛盾しているが、
冴えない時はギリギリまで回復に努めたい時もある。

いつもは脱いだ服をザックに入れるとパンパンになるんだが、
今回デビューさせたDeuterの32リットルザックのおかげで、
余裕で靴まで入る♪
ザックだけで記事が3回書けるくらい持ってます。

そんなこんなで8:30になったので一応トイレに並ぶ。
しかしあまり出なかった。これが実は誤算だったが
その時は分からず。

トイレに結構並んでいたので、8:50くらいにスタートエリアに向かう。
オレはCゾーン。一緒に並ぶ人もいなくて一人で時を待つ。 image

やたらマイクでうるさいネーちゃんがいると思ったら増田明美さんでした。

そして9:10、第2ウェーブスタート!
スタートロスはわずかに45秒。
ウェーブ方式、いい!

走り始めこそ少し前が詰まっていたが、2㎞目からはキロ5ペースで安定。
これもウェーブスタートのおかげ。
最初の5㎞ラップ/ピッチはこんな感じ。
(1㎞ラップはガーミン、5㎞ラップはランナーズアップデートより)

0-5km/25:21 (5:14/175 5:00/180 4:57/180 4:57/181 4:58/181)

3㎞辺りでなんとEゾーンのmizoreさんが追いついてきた。
ペーサーのカミさんを待ってるらしい。カミさんは第3ウェーブ。
最初はキロ4で飛ばすって言ってた。

せっかくなのでしばしmizoreさんのペーサーを務める。
自分が完走できるかどうか分からないのにペーサーなんて!
この区間、えらく緊張して一言も口きかず。
mizoreさんもオレの空気を察して珍しくほとんどしゃべらず(笑)
でも2㎞ほどでカミさんが追いついてきて安堵。
ここからはカミさんのペースでついていく。
カミさん余裕でmizoreさんも堰を切ったように話し始める(笑)image


カミさんのペース設定はキロ5ジャスト。
それまでのオレのペースよりキロ5秒くらい遅め。
しかしここで自分のペースで行っていたら完走できたかどうか。
少なくともネガティブスプリットは無理だった。
しかしこの時尿意が限界に近付いていた。
9㎞の給水でトイレ発見、飛び込む。

5-10km/26:11 (5:04/179 5:04/179 5:03/180 6:00/149 4:52/182)

スタートするときには全然平気だったのに、走り始めた途端
もれそうなほどに尿意を感じた。循環が良くなるせいか。
前日から飲みまくっていた水分が全部出てきた感じ。
お蔭でここで1分半のロス。小便としては記録的(笑)

ここからキロ10秒ほどペースを上げてカミさんmizoreさんを追う。
15㎞でようやくキャッチアップ。
そのままのペースで追い越そうかと一瞬思うが、
病み上がりなので慎重にいくことにして3人で走る。

10-15km/24:38 (4:54/182 4:52/183 4:50/183 4:53/181 5:01/180)

それにしてもカミさんのペーサーぶり、まさに神様!
行きたがる牝馬を見事に御する手綱さばきは武豊かデムーロか。
(mizoreさん、失礼)
おまけに給水ではオレのぶんまでコップを持ってきてくれる。
ああ、本当に幸せ!少なくとも30㎞まではついていくことにする。
この間、本当に淡々と走ったのでラップだけ書いとく(笑)
20㎞くらいでちょっと体が重くなったが、
過去の失敗レースの時を思い出し、大したことないと認識。
まったく波乱の無い展開。

15-20km/25:08 (4:58/181 5:03/179 5:02/179 5:00/179 4:58/181)

20-25km/25:06 (5:03/177 4:57/179 5:01/179 5:00/179 4:56/177)

25-30km/25:01 (4:59/177 4:59/179 5:02/177 4:58/179 4:50/179)

28㎞付近で研究学園駅に向かって往復する道に入る。
30㎞にはムネコフさんがいる。道路の反対側に発見!!

そして実はトモコとコースケも応援に来てくれてた。
折り返しのちょっと前で、道の反対側にトモコとコースケ発見!!
興奮するオレ!(撮影:トモコスポーツ)




折り返してトモコ・コースケの前を通過!
嬉しくてハイタッチするのを忘れる(笑)
代わりにカミさんがハイタッチ!



交差点にでる手前でかまかまさん、kazuさん、ムネコフさんとハイタッチ!
これで勇気百倍、せっかくなのでサブ3.5をここから狙うことにして、
mizoreさん、カミさんに別れを告げてペースアップ。
でも実は3時間半に対しては3分近く遅れてたので、結構厳しかった。

30-35km/24:21 (4:38/180 4:50/181 4:51/180 4:57/180 4:55/181)

勢いがあったのは最初だけ(笑)
あとはズルズルと元のペースに戻る。
mizoreさんに追いつかれることだけは避けなければ!!(笑)

35-40km/25:11 4:55/181 4:54/177 5:02/180 5:13/176 5:07/177)

39㎞付近は本当にヤバかったが、たまさんの
「mizoreさんに追い付かれるぞ!」
という叱咤で我に返り、歯を食いしばってペースアップ(笑)
言われた瞬間は「うっせーよ!」と思ったが(笑)
あれがなかったらズルズル行ってたな。
たまさん、あざーす!!

40km-goal/10:53 4:59/177 4:50/173 2:13/173

グロス3:32:35 ネット3:31:50

この地点での応援は本当にありがたかった。
さすが村人、ツボを心得ておられますね。

なぜか40㎞のラップが飛んでたのでここだけガーミンの数字を使ったが、
これで逆算すると最後の2.195㎞が凄いことに。
ここを10分台なんて、PB出した横浜以来。
それだけ余裕があったってことか。

最後少しだけ苦労したが、終始波乱なくゴール。
あっけなくオレの復活戦は終了した。
本当にあっけなかった。
サブ3.5でもやってれば泣けたかもしれないが、
そういう感情の盛り上がりも無し(笑)
ガーミンベースではギリギリサブ3.5だったんだけどw
あとで「ペースが美しい」と言われたが、それはカミさんのお蔭です。

☆☆

こんなこというと怒られるけど、最初から3.5狙ってれば行けたと思う。
ただそれだけの練習ができていなかったので自重したまで。
ま、完走できたから言えるんだけど。

でも30㎞からのペースアップ、最初はキロ4:38まで上げたのに、
それが続かなかったのはやっぱり病気のせいか。
PBのときのペースが4:41だったので、
これが続けられたら完全回復ってことだろう。

いや待てよ。今年はそもそもまだそこまで追い込んでない。
病気前の練習でも4:30の20㎞走とかできていないし。
ま、このタイムで楽に走り切れただけ、いいとしよう。

回を重ねるごとに42㎞がどんどん短くなってくる。
風もなく日差しもないという絶好の条件だったこともあったが、
つくばって走りやすい。









そうです。すいません。

過去に走ったフルマラソンで、今回が一番楽でした。
無理なペースで走る根性がなくなってるだけとも言いますが。
筋肉痛も大したことない。

又聞きですがカミさんの師匠さんが確かこんなことをおっしゃっていた。

「1年で一気に30分もタイムを縮めたりしちゃあいかん」

これって本当に含蓄のある言葉だと思う。
一気に縮めることのリスクも表しているけど、
同時にタイムって長い間の積み重ねで作られるってこと、
体がタイムに慣れていくってことだと思う。
実際オレも去年あれだけ苦労したサブ3.5がすぐ目の前、
しかもこんなに楽に。

だから今年だめでも、来年はタイムが伸びるかもしれない。
そう思わせてくれる言葉だ。
もちろん老化による衰えもあるかもしれないが、
老化って20代から始まってる。
別に50歳過ぎたら急に老化するわけじゃない。

「タイムを出すなら50歳まで」って書く人がいるけど、
そんなこたあねえよ。
だからいろいろ楽しみながら走り続けて、
ちょっとずつタイムを伸ばしていけばいいんじゃないかな。

☆☆

それにしても、motoさんのサブ3凄い。
朝の電車で大阪の時より調子悪い、って聞いてたんで、
今日はないかなと思ったけど、ラップを聞いたら
最初からがっちり突っ込んでた。

実は走りながらカミさんがスマホでRUD見て実況中継してくれたので
ゴールする前にサブ3達成知っていた。
陣地に戻ってmotoさん見つけて思わずハグ。
求めよさらば与えられん・・・・

そういう意味ではふうさんのサブ4も凄い。
3月の横浜でiwatobiさんが達成したとき「スゲー」って思ったけど、
ふうさんは比較的近所で何度か一緒に練習したこともあったので、
「あの子がねえ・・・」感はひとしおだった。

ノンブロガーで実力のほどがまったく分からなかったマーガレットさん、
見事PB達成。キロ6切り。もっと速くなりそう。
ユキさんも見事PB。ソフトに見えるが気合いがスゲー。
なんか偉そうな物言いになるが、みんな凄い。

市川リレマラのときに偉そうに説教してしまったマルさんの旦那さん、
サブ3.5おめでとうございます!!
次回は負けませんよ!(笑)

☆☆

陣地でみなさんが差し入れたお酒を頂く。image

すきっ腹だったので結構酔っぱらう。
コッコさん、トン汁ゴチでした!!
実は終了後の陣地で飲むのは初めて。
こういうメジャーな大会に参加すること自体が初めてだった。
設営とかしていただいた方々、ありがとうございました。

そういえばここでだれかに挑戦状突きつけられた気が(笑)
ミニスカポリスに本当に逮捕された人の話も聞けた(笑)

ああ~、本当に楽しかったな!
今回もあっというまに終わっちゃった。
次のフルマラソンは2月の別大。
とにかくミドル走を12月は徹底的にやるぜ!!
足立で90分狙えるかな~。

いじょ。



にほんブログ村