前回ひとつ書き忘れたことが。
自分はピッチ走法があってると思ってるんだが、
ストライドを伸ばそうと努力している人もいる。

股関節の柔軟性を上げるとストライドが伸びるという説もあるが、 
それは着地点を重心よりも前に出して走ることを意味する気がする。
これだとブレーキが掛かる。

ブレーキを掛けずにストライドを伸ばすには、 着地点は変えずに、
着地した脚にしっかり体重を掛けて乗り込むこと。
さらにはしっかり踏み付けること。

すると体は大きく前に出て、重心自体が前に行く。
すると着地点と重心の位置関係は変わらないが、ストライドが伸びる。
要するに、「速く走ればストライドが伸びる」ということなんだけど。


☆☆

前回の記事で「チューニング」についてちょっとだけ書いた。
ここで「前傾姿勢」に触れてみたい。

上半身もチューニングの過程で前に倒したり、後ろに反ったり色々試している。
「前傾」っていうと、どうしても「上半身が前傾している」姿を考えがちだ。
でも何のために前傾するのか。

着地点が重心より後ろに行けば体は自然に前傾することになる。
というか、前傾して見える。

前傾2


この図では意識して上半身を垂直に書いてみたが、
下半身も着地点が重心よりも後ろにあるように書いたので、十分前傾して見える。
自分の感覚では、着地点と腰を結んだ線が前傾しているのが大事で、
上半身を前に傾けるとかは特に意識していない。
無理に傾けるとこうなる。

前傾1


もし、上の写真の時点ですでにしっかり重心よりも後ろに着地できているなら、
さらに上半身を前に傾けるということは、体がつんのめることになる。
上半身の傾きだけみて「前傾している」「前傾していない」というのには
違和感がある。全体のバランスで見るべきではないか。

この絵だと上半身は前傾しているが、下半身のバランスは上の絵と同じ。
これだと多分、脚を重心よりもかなり前に着かないと、前に倒れてしまう。
重心よりも前に脚を着く=ブレーキを掛ける、だ。

スピードは上がらないし、脚はどんどん疲れていく。特に大腿四頭筋。
見た目はいいが、それ以外にいいことは一つもない。
下手すると腰も折れて、地面からのチカラを逃す可能性もある。


☆☆

子どものころに箒(ほうき)を掌の上に立ててバランスを取る遊び、
やったことがあると思う。
今でもゴルフ場やテニスコートで大人がやってるのを見かける(笑)

前傾4


これやるときって、棒を垂直にしてバランスを取ってから、
ちょっとだけ棒を前に傾けて前に進みますよね。
それって本当に微妙なバランス感覚だ。
フォームだけパッと見て分かるような傾きじゃないと思う。

上半身だけじゃなく、着地点とのバランスもある。
上半身が後傾してるように見えても、着地点も後ろならバランスする。
着地点がもともと前にあれば、多少前傾させてもバランスする。
少なくとも他人がパッと見て分かるような違いじゃない。

自分の場合はたまにうまく前傾していると言われる。

d98a75a0


でも本当はこのくらいの意識で走っている。
(向きが逆ですいません)

前傾3


自分は前傾は全く意識していない。着地点に意識を置いている。
その上で、気持ちよくペースが上がる体のパーツのアラインメントを探している。
今いちばん気持ちよく走れるのは、この図のように、胸で風を切る感じ。

胸を楽に押し上げられる位置に着地できるよう気を付けている。
もしかすると、パッと見は後傾に見えるかもしれない。
前傾した下半身の上に上半身を立てて、
どっちにも倒れないようバランスを取ってるイメージなんだが。

そういえば以前、TeamAoyamaの青山コーチが
「向かい風のときは、胸に新聞紙を当てて、それが落ちないように走る」
とか言っていた。
いや、他のコーチの誰かがそんなことをやってるって話だったかも。
イメージとしては、これがかなり近い。

もっと言えば、腕振りも体より後ろで、脚も重心より後ろで動く。
絵で描くとこんな感じ。天才バカボンのホンカンだ。

前傾5
このイメージで走るとき、使う筋肉は全部体の裏側。
背筋、大臀筋、ハムストリングス。
表側の筋肉は腰腸筋くらい。

表の筋肉は風船が膨らむみたいに伸ばし、
裏の筋肉を縮めて前に進む感じだ。
特に、お尻から腰の辺りで脚を引っ張り上げる感じで走れると、
かなりスピードが出る。短い距離なら。
長距離でどこまでこんなイメージが通用するかは未検証。

☆☆

坂を上るときって、どうしても前傾し過ぎになりがちだ。
苦しいしペースが上がらないので、
体を前傾させることでしっかり地面を蹴ろうとする。

でも気付いたのだが、坂では地面が前上がりになっている分、
体も後ろに傾けたほうがいいのではないか。
そのほうが、着地した脚をしっかり踏める。

前傾すると前に着地してブレーキも掛かるし、
体が前に倒れないように支えようとして脚が疲れる。
これを一度試してもらえると、上に書いた「胸で風を切る感じ」が
体感してもらえるかもしれない。

☆☆


これで足→脚→膝→腰→胴体くらいまでは概ね一気通貫で説明できた。
あとは、この体の使い方を強化できるような練習をすることだ。
自分の場合はこのフォームにしたことで、キロ430がずいぶん楽になった。
あとはそれを持続できる筋力、体力を付けるだけだ。

今期の最終目標はフルマラソン3時間一桁。
キロ430を42回続ければ達成できる。
あとはやるだけ。
理屈弁慶と言われぬよう、頑張らないと(笑)





にほんブログ村