激沈上等Tシャツ。ついに発送ミスが発覚しました。
3枚注文の方には封筒を2つに分けて送ったのですが、
片方の封筒の中身と宛先が入り繰るミスが発生。

やっぱり直前に大急ぎで作業したツケか。
次回からはもっと丁寧にやろうと反省中です。


☆☆

テーパリングの「テーパー」って「円錐」の意味らしい。
先が細っていくから、テーパリング。なるほど。
本番に向けて練習量を徐々に落としていくわけだ。
いや、円錐の先の尖ったところに何か意味があるのかも・・・(笑)


2シーズン前とかは、大会の2週間前から早々とテーパリングに入り、
練習量もガクッと落として本番に臨んでいたりした。
直前の週は、5kmジョグを3回だけとか。落とし過ぎ。
この頃ってそもそも練習が嫌いだったんだろう。
だから大会が迫ると、意気揚々とテーパリング(笑)


最近は逆に距離を踏むのが苦にならないし、
毎月300kmをミニマムと思っているので、距離を落としにくい。
それでも3週間前の30km走をピークに、
本番に向けて徐々に練習の質と量を落としている。

今回の場合は、先週まで週70kmを維持していた。
その代り、先週はMペース走は10kmだけ。
量は減らさず質を落とす作戦。(去年はテーパリングじゃなく病気w)
20170306前年距離比較

先日、カミさんが浦安に来てくれた時にもこの話をして、
距離を落とさず質だけ落とすことで意見が一致。
理屈はたぶんこういうことだろうと思っている。

質の高い練習をすると、筋肉は細かい傷を負う。
練習を継続している間は血管やリンパの循環もよいので、
損傷した筋肉を修復するための成分も循環する。
心拍だけ考えても安静時の3倍近いわけだからそうなる。

でも突然練習をやめて安静にしたとしよう。
筋肉は休ませられるが、損傷を修復するための成分もいきわたらなくなる。
もしかしたら疲労物質も滞留しているかもしれない。

すると、列車が走らなくなった鉄道線路みたいに、
筋肉の中に錆が浮くような感じになるのではないか。
実際自分も、今週は太ももの大腿四頭筋の細かい筋がこわばっているのを発見。
一生懸命マッサージでほぐしているが、そのせいか何となく膝の動きが重い。

過度な負荷を避けてゆっくり走り続ければ、筋力低下も防げるし、
筋肉の損傷回復にも役立つ。
完全に休養させてしまうと、再稼働するときが怖い。
ブチっといかないとも限らない。
毎日少しづつでも動いていればそんな心配はない。

実際、多少筋肉の疲労が残っていたところで、
本番になれば血流が活発になってそんな疲れも関係なくなる。
そんなわけで、今日も走ってきました。ゆっくりと。
20170308lap
2kmからの6kmは時計見ずに走ってこんな感じ。
なかなかのイージーペースキープ(自画自賛)。
最後は昨日の感触を確かめるべくサブ3ペースまで上げてみる。
やっぱり気持ちイイ。気持ちイイけどフルは無理!(笑)

最近ブログが長すぎるので今日はこの辺で。
明日は大会直前の食事の話とかかな~。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村

ブログメッセージ頂いたM夫妻様、アフター参加承りました!!
一応伏字でメンバーに入れときます(笑)