古河はなもものアフターは締め切りましたが、
ゴール後の陣地で例によって青空宴会やりたいと思います。
有志は是非お酒とかおつまみとか、お持ちください。
私もワインとおつまみ少量持っていきます。

天気予報では午後の気温は10度くらい、無風ですので、
まさに絶好の青空宴会日和!!
(その前に絶好のマラソン日和ですが)
大いに盛り上がりましょう!


☆☆


昨日書いた「テーパリングはむつかしい」。
「筋肉の中に錆が浮いてくる」なんて書いたら、
本当に他の個所からも変な痛みが・・・・


月曜日位に、アキレス腱横の個所に変な張りがあって、
それをもみほぐしていたら腫れぼったくなって結構ビビった。
でも翌日になったら痛みも引いて普通に戻っていた。

自分の「錆」の処理はこんな感じ。
①仕事中に脚を触っていて、「こんなところに変な痛みが」とか気付く。
②気になってしょうがないのでそこを揉みまくる。
③するとピンポイントだった痛みがだんだん広がってきて、
④「ゲッ、余計なことした?」って不安になる。
⑤もっと揉みまくってバンテリンも塗る。
⑥家に帰るころにはもっと痛みが広がっている。
⑦ただし痛み自体は薄らいでいる。
⑧走ってみる。
⑨意外となんでもない。
⑩痛みのことを忘れる。
⑪寝る。
⑫朝起きたら治ってる。

イメージは③で痛み成分が攪拌されて、それが筋肉に吸収される感じ。

ところが今日も、右ひざの皿の内側の筋に変な痛みが。
揉んでるうちに膝の内側の筋肉に痛みが広がる。
ビビってバンテリンを塗る。
さらに痛みが広がりビビる。
たまらずオフィスの廊下でジョグしてみる。
少し引っかかる感じがあってさらにビビる。
あきらめて仕事を止めて帰宅。
今日はランオフ。ブログでも書く。←いまここ
風呂に入って、そのあとアイシングする。

脚の痛みって三種類くらいあって、
①筋肉そのもの
②筋膜。筋肉の表面
③筋。あるいは腱。

①はトレーニング後にマッサージすればだいたい大丈夫。
それでも痛いのは、めったにないけど肉離れの恐れあり。
普通はだいたいは②で、その場合は上に書いた対処法でだいたいOK。
でも今回の場合は多少③の懸念もあって、
本番で走り出してから痛くなったら嫌だな~。








と一応ブラフをかましとくね♪
(今週なら何書いても読んでもらえそうw)







月曜から夕食の時のチューハイ(Bitters)を白飯に切替え、
昨日から寝る前の酒を断った。
ちなみに普段から体重とか気にしないで食べてるので、
大会直前でも食事自体は何も変わらない。
前日の昼に炭水化物をしっかり摂ることは以前書いた。

ちなみにカフェイン断ちもしない。
スタート後の尿意はカフェインではなくその朝の食事にあると思うので。
あとウォーターローディングもやらない。これこそスタート後トイレの原因。

人それぞれだとは思いますが、普段30km走やるときに、
カーボローディングもウォーターローディングもやらなくても走れるし、
カフェイン断ちしなくても途中トイレに行ったことないので、
本番でもやらないというだけです。






あ、こないだの浦安ハーフの時は7㎞でトイレに行ったな・・・・・(笑)
佐倉では死んでもトイレに行きません。





なによりも、色々考えすぎて入れ込むのを避けたいというのが一番。
入れ込むと自分の場合それだけでスタートする前に疲れ果てる。


そんなことよりも、自分の場合の最大の問題はトイレ(大)
できれば家でしていきたい。
特に自分の場合若干キレ〇の気があるので、
できればウォッシュレットを使いたいのだ。

そこさえ我慢出来れば、早めに会場に行ってゆっくりする手もある、
ということに最近気が付いた。
しかし今回は会場が遠いので限界がある。

今週日曜日は一応三段構え。
自宅最寄駅を5:54に出る電車だと会場に8時ちょうどくらいに着く。
20分遅らせると会場には8時半前到着。

なので、5時過ぎに朝食を食べて、うまく催せば早い電車に乗る。
催さなければ20分以内に催させて遅い電車に乗る。
これ以上遅くなったらクルマで行く。
クルマが一番遅く家を出られるし、サービスエリアで用も足せる。

そう。実はエントリーのときに駐車場も一緒に予約した。
でもできればアフターで浴びるように飲みたいので、
できれば電車で行きたいな~。(翌日たまたま休暇だし)

なのでもしアフターで私がノンアルコールビールを飲んでいたら、
「ああ、催さなかったんだな」と勝手に納得してください。

じゃあ今日はこの辺で。
明日朝起きたら、痛みが無くなっていたらいいなあ(笑)
スタートすればすべてが分かる。
早くスタートして走ることだけに集中したい!!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村