今回の3時間6分という結果をどう受け止めているか、
最後にまとめて古河はなももマラソンのレポを終わりにしたい。

自分がブログ村マラソンカテに登録したのは2014年1月ごろ。
10年ぶりのフルマラソンだった若潮マラソンの前だったと思う。
motoさんとはこのころからコメントのやりとりが始まった。

初めて村のイベントに参加したのはその年の5月。
たのくるさん主催の多摩リバー50km。

ここでお会いした方々が今の自分の村でのつながりの根っこ。
たのくるさん、かまかまさん、NB-Takeshiさん、たまさん、ゆうさん、
K.Takaoさん、ひこさん、たかしさんだったと思う。

この辺りからブログ村の人のブログをどんどん読むようになって、
その頃の村のスターはスーパーノブノブさんと怪盗紳士さん。
自分の印象ではこの二人が突出している。
当時ようやくサブ4だった自分にはサブ3ランナーなんて殿上人だった。
今でもそうだけど。

そのころにサブ3.5を達成して、そのあとサブ3に駆け上がっていった人もいる。
特にその中で自分が気になる、歳も比較的近いお二人。
1人はその後1年半でサブ3達成。もう1人も半年遅れでサブ3達成。

自分が手に届く位置にいた人がさっそうと駆け昇っていくのを、
羨望の思いで見つめていた。同時に「いつか自分も」とも思った。
もしかして自分もサブ3できるかもと初めて思った瞬間だった。

ちなみに二人とも3時間1桁からサブ3達成までは若干てこずっていて、
そのころの二人のサブ3に対する情熱の強さも印象的だった。
このくらいやらないと(あるいは思わないと)、サブ3って達成できないんだ、って。

ブログ村にはいろんなランナーがいて、最初から自分より速い人もいれば、
そうでもない人もいて、あるいは自分が知った時にはすでに速い人だったが、
実はそれ以前に相当長い間の努力があった人だったりとか。

自分の手本を探すのに、こんなに多くのサンプルがあるありがたい情報源はない。
練習方法や脚質、普段の生活習慣、レース運び、シューズ選び、
こんなに貴重な情報が潤沢に得られる。

さらには、熱い想いをブログに書き綴っている人とか。
こんなのブログでもなければまず読めるものではない。
もし自分もブログを書いていたら、そこでいい知らせを書いたら
お祝いのコメントももらえたりする。

今回のPB更新においても多くの先輩ブロガーの方々からコメント頂いた。
これが本当にうれしい。お祝いの花束もらったくらいうれしい。
この花束は、お祝いであるとともに、サブ3挑戦への激励だ。

自分がサブ3を狙う位置に立った今、ある意味ブログ的には
一番おいしい時期に突入する。
1年後までに達成するとは断言できないが、是非暖かく見守ってください。
たぶん、色んな面白いことが起こると思います。

PB更新を最大のモチベーションにするランナーの一つのサンプルとして、
これからもこのブログを参考にしてもらえたらと思います。
自分は初サブ4から紆余曲折があって16年かかってようやくここまで来ました。
私も5月には53歳。まだまだチャレンジしたいと思います。

そしてあなただってすぐに、もしかするとこの日曜日に、
同じ立場に立つかもしれない。いや、立ってほしい。
あなたにも花束を渡したい。早くここにきて、一緒にサブ3狙いましょう。


激沈上等。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


明日の大会を控えてる人のために、今日は早めに投稿。