量は質を凌駕する

 ~ アウトドアと読書の日記

2016年05月

自分が日中にいる場所ではブログの更新ができないので、暇に飽かせてワードで下書きをしてみたら6000字を超えて軽く凹んだ。



☆☆


日曜日は稲毛海浜公園で開催されたリレーマラソンの応援に行ってきた。
何せメンバーが凄いので被写体としてもおいしいだろうと思い、
60Kmの翌日ではあったが頑張って早起き。

でも現地ではまるで病人みたい(笑)

参加された皆さんへ

もしオレが写っている写真があったら、是非SCENEへのアップ、お願いしまーす。


☆☆


さて、今日から数回に分けてエア柴又のレポを書いていく。
やはり先行して実行したので、今週末走る人に参考になる情報から
まずは書いていくことにする。

なにせウルトラマラソンは実質初体験。
とにかく辛いの嫌。痛いの嫌。
せっかく走るんなら楽しんで走りたい。
でもキロ7とかだと自然に休憩も長くなって、
時間がかかるのも嫌。マラニックならいいけど。
ペース的には5分半くらいをイメージ。

そうすると、できるだけ身軽にならないといけない。
重いリュックとか避けたい。
せいぜいYURENIKUI一本で行きたい。
遠くまで行くと着替えとか持たないといけないし。
周回路なら同じ補給場所が何度も使える。
かつ、家の近所。

じゃあいつも走っているマイコースはどうだろう。
あそこなら家の周りをぐるっと取り囲んでるから、
もしDNFになってもどこからでも30分歩けば家に帰れる。
この赤いところを足すと4.8㎞。往復すると約10㎞弱。
エア柴又コース

ちょっと単調だが、トガーさんほどではない(笑)
かつ、この角の緑の線。ここは丘になっている。
往復するうちの片方だけここを通れば単調さもしのげる。
河川敷より平坦な海岸沿いでタイム狙いという非難もかわせる(笑)

続いて決行日。
6/4,5というリアル柴又と同じ日はエアレースのためコースが閉鎖に。
翌週にすると何かあったときにやり直せないので、
とするとその前の週しかない。
翌日に疲れを残さないためには土曜日に走りたいのだが、
5/28は運動会だ。

でも運動会のプログラムをよく読むと、15時前には終わるらしい。

これだ!

15時にスタートすれば、涼しい時間帯に走れるじゃないか。
まさに一石二鳥(死語)。
直前になって天気予報もよさそうだったので、
家族にも告知して土曜日に走ることがほぼ決定。

それから以前から気になっていたのがエイド。
重いリュックを持って走りたくないので、
家で食べることを考えた。
ゼリーとか錠剤だけでは多分6時間走り続けられない。
普通にご飯が食べたかった。
もちろんステーキとかじゃなく、普通の。

このコース設定なら、家を出てこの赤い線を三往復し、
家に戻るとちょうど30㎞。2回やったら60㎞。
30㎞地点でエイドを取ることにする。

最初は運動会の後なのでトモコは実家に行きたかったようだが、
「実家をエイドにさせてくれ」って言ったら「だったら自宅で」とのこと。
そう、なんとオレのためにトモコは家でエイドしてくれるのだ。

これだ!けんいちさんが言っていた大事なもの。
それは、家族の愛だ!!!
オレは家族の愛を帯びて走る!
変な臭いを帯びてないといいんだけど。
このときオレは勝利を確信していた。

次号、「データ編」に続くぞ!!


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

ようやく怒涛の土日が終わった。
いやー、エア柴又終わってホッとしたぜ!
こう見えてもガチだったので
本当に完走できるかどうかもよく分からなかったし。

けんいちさんからはレポを書けと言われている。
ほとんどの参加者は今度の土日に走るので、
人に役に立つような内容を書きたい。

とりあえず今日は、エア柴又直前に開催された
コースケの運動会だ!!


☆☆


我が家からコースケの通う小学校までは徒歩5分。
だから目当てのプログラムだけ選んで見に行くことが可能だ。
最初のコースケの出番はダンス。
なんとテーマ曲が、氣志團の「友よ」(笑)
PVにダチョウ倶楽部が出てくる。
トモコは「これいい曲でしょ」っていうんだが、
オレにはさっぱりわからん。友達が少ないからか(笑)



我が家のメインカメラはCANON EOS Kiss X7i。
二年前にトモコが言い出して買った。
まあレンズが悪いのか腕が悪いのか、
オレが撮ってもmotoさんやおっとさんみたいには撮れないんだが。

それでも望遠は250㎜を買ったので、
運動会なら楽勝でどこからでも撮れる。
そう、運動会でのオレはスナイパーだ。
チャンスは逃さない。One shot, one kill。

いい写真を撮るためなら、どんな手でも使う。
結構持ち物も多くなる。
こんなときは、オレの好きなネイビーシールズの装備が参考になる。
シールズの奴らの装備をちょっと見てみよう。



【フロッグマン】
特殊部隊


やっぱり本物は渋い。
もしかするとけんいち夫人はデザートスタイルのほうが好きかも(笑)


それに対して、この日大勢いた「お父さんはスナイパー」。
年のころは40歳から50前くらいか。
オレは明らかに上位5%(笑)
それにしてもみんな同じ格好。







【運動会マン】
運動会マン





やっぱり偽物はイタい。(絵がちょっとUkeさんに似てるw)






オレは実際には脚立も持ってなくて、
去年の運動会の時にもトモコと
「やっぱり脚立いるよね」って言ってたんだが、
買わないまま1年が経ってしまった。

この小学校ではゴール辺りに「撮影席」ってのがあって、
ゴール正面から撮影することができる。

このゾーンは戦争だ。
自分の子どもが何番目に走るのか
しっかり把握しておかないと大変なことになる。
自分の子どもの番になったらさっと前に行って、
撮影が終わったらとっとと撤収。
まさにOne shot, one kill(笑)

しかしいつまでも動かないで見てる中学生くらいの女の子とか、
ガンガン前に割り込んでくるおばさんとか、
ちょっとキレそうになるが、ここは会社じゃないんだ、と
自分に言い聞かせる。逆に会社で何やってんだ、オレ。




で、前日ぶつぶつ言っていたコースケ。
まずは大好きなダンス。
終わった時もこんなにニコニコ。
どんだけいい笑顔なんだ、オメー。
IMG_7084

一方でかけっこ。
ゴール直後。表情硬い(笑)
IMG_7125
順位は非開示(笑)


そんなわけで無事に終わった運動会。

さあ、次はオトナの運動会だ。



なんかエロいな。ほかの言い方。












さあ、次は夜の運動会だ(笑)



にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

(この記事は金曜日の夜に書いた予約投稿です)


オバマ大統領が広島を訪問した。
歴史的な出来事だと思う。


従来、アメリカは原爆投下に関して
「戦争を終わらせるためにやむをえなかった」
という姿勢をとり続けてきた。
そのために、ともすれば謝罪と受け止められかねない
広島や長崎への訪問は極力避けてきた。
先月、国務長官として初めてケリー氏が訪問したことは記憶に新しい。
これですら歴史的な出来事だった。

いまや原爆投下は、第二次大戦終結後の米ソのパワーバランスに
一定の影響を与えるためだったというのが定説だ。
核兵器をまだ持っていなかったソ連に対する威嚇射撃だったという説だ。
ソ連が対日宣戦布告する前に、米国は日本に原爆投下しておく必要があった。
日本の側も、原爆を落とされて戦争継続を断念したことは事実のようだが、
ソ連が参戦したらそれだけで終戦は確実に早まったはず。

いまある核拡散防止体制だって、
最初に使った米国の権利を守るための仕組みだ。
新しく核兵器を持とうとする国は徹底的に叩かれる。
本来は、核保有国は等しくたたかれるべきなのに。
かくも世の中はきれいごとに満ちている。




しかし今回のオバマ大統領の訪問では、
大統領の態度、発言内容、いずれをとっても、
被爆者に対する哀悼の意と慈愛に満ちていた。

記念公園でのスピーチの後には、高齢の被爆者をハグまでした。
スピーチでは、いかに家族の愛が大切か、
裏返せばいかに戦争は忌むべきものか、切々と訴えた。
テレビでその様子を見たオレは、不覚にも家族の前で涙してしまった。



原爆投下の是非をめぐる議論。
日本だって米兵を虐殺した、
戦後の日本の驚異的な復興、
日本とアメリカのパートナーシップ。

国と国としてはとっくに決着がついている。
被爆者の人たちもそれは十分理解している。頭では。
しかし個人として、家族を奪われ自らも傷付けられた。
その痛みは決して癒されることはない。
その人たちにとっては70年前のできごとであっても、
決して戦争は終わってはいないのだ。

しかし今回、米国大統領の立場にある人が、
直接広島を訪れ被爆者とも面会したことで、
多くの被爆者が「ようやく戦争が終わった」と漏らしたという。
これは米国の外交政策のお陰ではない。
オバマ氏個人の広島訪問によるものだ。
個人の悲しみは個人にしか癒せない。

米国ではまだまだ原爆肯定論が多い。
政治的には広島訪問に対してオバマ氏は多くの障害があっただろう。
日本にも、ただ訪問しただけでは不十分だという意見も多い。

しかし、こうした個人レベルでお互いの気持ちに寄り添う行為なしに、
いくら国家間で形式を整えたって空しいのだ。個人にとっては。
オバマ氏はそのことを理解している。
平和は政治だけではなしとげられない。



自分は広島に近い岩国市で育った。
周囲には親が被爆者という人もいた。
原爆資料館は岩国の小学校では定番の遠足ルートだ。
それに岩国には米軍基地もあり、
昭和の終わりごろには核兵器持ち込み疑惑もあった。

だから原爆の問題には相応に同時代性を感じている。
両親も戦中派だから空襲の記憶を何度も聞かされた。
子供心に、戦争っていうのは市民を巻き込むものだと思っていた。
だから戦争はしちゃいけないって単純に思っていた。



その自分が知っている広島のあの空気の中にアメリカの大統領が来た。
その実感からしても、今回のオバマ氏の訪問は歴史的だと思う。
歴史の教科書にはどう書かれるかはわからないが、
オバマ氏が広島に来てくれたことを、オレは忘れることはないだろう。


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村



オバマ氏のスピーチをよく読むと、核兵器だけでなく
ライフルだって虐殺の道具になるってさりげなくしのばせてある。
使えるチャンスは全部使えるすぐれた政治家でもある。

取り急ぎ速報です。

午後2時過ぎにスタートし、さっき20時前にゴール!
5時間46分55秒でした。これから完走の祝杯です。
ツイッターで応援コメントくれた皆さん、ありがとうございました!!


エア柴又最高!けんいちさんありがとう!!


いやー、久々に速報、気持ちイイ!!

レポはじっくり書くぜ(笑)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村



なんだコースケ、あらたまって。
明日は運動会だろ。もうねないとな。



なに、明日は徒競走じゃなくてダンスで頑張るって?
ダンスのほうがコーちゃんとくいなのか。そうなのか。
でも昨日まで徒競走がんばるって言ってなかったけ。

まあ走るのはコースケだからそれでもいいけど。
いちおうパパ、コースケの徒競走、応援しようとおもってたんだぞ。




パパは大学の時に応援団っていうのをやってたんだ。
そう、おうえんだん。
自分で走ったり打ったりはしないけど、
応援やるクラブみたいなもんだ。

これもさあ、けっこうむつかしくて。
だって実際に走ったり打ったりするのは自分じゃないんだよね。
パパも最近マラソンとかやってるからわかるんだけど、
ちゅうとはんぱに応援されるとけっこうイラっとするよね。
だから応援団のれんしゅうって、やたら苦しいことばかりやってた。
れんしゅうが終わってお酒飲むときも全力。




なんでかって?

そのくらい苦しい思いしないと、選手に申し訳なくて。
苦しいっていうか、ほとんどバカだったと思うけど、
あのくらいバカなら応援しても許してもらえるんじゃないかって。

応援するほうもそのくらいに気合をこめて応援してる。
だから本当にダンスのほうが好きならしょうがないけど、
もし徒競走に自信なくなってそう言うんだったら、
正直にそう言ってくれたほうがいい。
じゃないと、パパだけじゃなくコースケを応援しようとおもっていた人たち
みんながっかりすると思う。




わかんない?

まあ、わかんないよな。なんせ明日本番だもんな。
でもさあ、男の子ならわかんなくてもがんばんないといけないときがある。
1人ならまだいいけど、応援してくれる人がいるときは特にそう。

応援するほうだってなんで応援するかって、
コースケが一生懸命走った後の笑顔がみたいから応援するんだよ。
順位じゃないんだよ。

だから走ってる時はコースケは一人じゃないんだ。
パパやママやとなりのユータンやユータンパパやママ。
コースケを応援してるみんながコースケと一緒に走ってるんだ。
そう考えるとこわくなくなるだろ。

とにかく走るときは走ることにチカラを出し切るんだ。
そしたら、順位が何位でもなっとくできるはずだよ。
ダンスはダンスでがんばればいい。

パパにもマラソンのお友達たくさんいるけど、
その人たちがチカラを出し切った顔が見たくて応援してるんだ。
そしたら自分もがんばるチカラがもらえる。
ママがパパに出世して欲しいから応援するっていうのとはちょっと違う。





いや、撤回。ママは絶対そんなこと思わない。
でもたまに、自分の都合で応援する人がいる。
そういう人には「そんなに言うならお前が走れ」って言っていいけど(笑)




って、ちょっと漢字が多くなっちゃったけど、コースケ読めるかな。





コースケ。


もっと大きくなったらもっとわかんないことだらけだけど、
転んで痛くて泣きそうになるかもしれないけど、
明日の運動会がんばればその次の何かも、
そしてその次がんばればそのまた次の何かも頑張れるはず。

パパはずっとおまえを応援してる。







明日はいい天気になりそうだ。





IMG_4552






にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ