量は質を凌駕する

 ~ アウトドアと読書の日記

2017年03月

明日の夜は期末の打ち上げなので、今日が今シーズン最終ラン。
昨日も閾値やったばかりだったが、カラダのおもむくままに走ってきた。
20170330lap
11kmまで完璧なナチュラルビルドアップ。最後は閾値に入れた。
最後も気持ちよく走れてよかった!
今シーズンを象徴するような走りでした。


まず今シーズンの振り返りとして、参加大会のリザルトを見よう。
参加した大会は以下の通り。

8/28 つくば連山天空(ロング) 6:34:00
10/23 アクアライン(フル) 3:28:58
11/20 つくばマラソン(フル) 3:15:55
12/11 つくばトレラン(ロング) 4:14:41
12/23 足立フレンドリー(ハーフ) 1:34:48
1/22 千葉マリン(ハーフ) 1:31:13
1/29 館山若潮(フル) 3:10:39(PB)
2/ 5 浦安シティ(ハーフ) 1:44:56
3/12 古河はなもも(フル) 3:06:47(PB)
3/26 佐倉(フル) 3:52:10


つくばで失速したときは「今シーズンどうしようか」と少し落ち込んだが、
年が明けてネガティブにこだわって千葉マリンを走り、
その成果が若潮マラソンに出た。これが大きかった。
この時点で、古河はなももはよっぽどでなければ3時間1桁確実だと思ったし。

でもその裏付けは1月の400kmキャンペーン(笑)
では月別の走行距離と平均ペースを見てみよう。

4月 202km 5:26/km
5月 316km 5:50/km
6月 233km 5:16/km
7月 348km 5:34/km
8月 302km 6:07/km
9月 300km 5:19/km
10月 295km 4:57/km
11月 300km 4:55/km
12月 311km 5:19/km
1月 389km 4:53/km
2月 313km 4:53/km
3月 322km 4:56/km
合計 3,631㎞ 5:16/km

5月から月300kmを目標に置いたことで、ラン生活ががらりと変わった。
300kmを目標にしたからロング走の回数も増えた。
これが今シーズンの最大の成果。

ではそのロング走。(含むガチのハーフマラソン)
a462b865
全部で32本(本番のマラソン含む)。後半に行くにつれてペースも上がっている。
これは我ながらよく頑張った。月3本弱ペース。
結局今シーズンは持久力を伸ばした年だった気がする。

でも内容的にはやはり2月18日の30km走での4:23/km。
それに2月24日の20km走での4:20/km。
この2つが走力確認の上では大きな自信になった。


それに最近だと、5000mTTでついに20分を切った。
これはずっと壁だと思ってきたので、
正直ある意味やって当然だったフルの3時間1桁よりも嬉しい。

誤解が無いように言えば、フルの3時間1桁は若潮の時点で見えていた。
それに対して5000m20分切りはほぼ2年間何度も挑戦して跳ね返されていた。
心肺能力や脚力もさることながら、股関節を意識したフォームの効果が大きい。

前も書いたが、持久力の伸びだけではタイムはいずれ頭打ちになる。
スピードが付かなければ・・・・・
これが自分の最大の弱点だと思っていただけに、来シーズンへの展望が開けた。
本当に嬉しい。



では今シーズンのポイントとなった走行距離。
目標を掲げるだけで走れるのか?
これには一応コツがある。

去年の4月にこんなことを書いていた。
 →
これは今読んでも我ながら面白い。

マラソンって、大会がすべてではない。
それまでの練習が8割、あるいは9割といってもよい。
いい練習ができれば結果はついてくる。
本番だけ精神力で頑張っても結果は出ない。

だからこの記事あたり以降、とにかく「気持ちいい走り」を心掛けた。
次に走るときに、嫌な気持ちを思い出さないように気を付けた。
いつも練習に臨むときは「今日も気持ちよく走れるかな~」とワクワクしていた。

なんか、これが今シーズンのすべてだった気がするなあ。
練習がちっとも嫌でなかったので、30km走さえもワクワクして臨めた。
いや、ビルドアップとか60km走でさえ!

インターバルとか閾値走は今シーズンはあえて回避。
正直、今の自分の走力からすれば、ビルドアップとペース走で十分だと思ったので。
しんどい練習はあえて回避した。

そしてサブ3にいよいよ挑戦する来シーズン。
色んな諸先輩が跳ね返されてきた壁。
さすがにこの壁はしんどい練習無しでは越えられないと覚悟している。
だから佐倉が終わった瞬間から閾値走を始めた。

でも今のところ、閾値走は楽しい!
しかもこれ続けていれば走力は確実に上がるっていう手ごたえもあるし。
5000mTTを直前にやったおかげか、それほどしんどく感じない。




お蔭さまで、ブログもずいぶんと見てもらえるようになった1年でした。
それは激沈上等Tシャツのお陰もあると思います。
来シーズンもご要望に応じてまた販売しますので、
当ブログともどもよろしくお願い致します。

知らない人もいるかもしれませんが、
この「激沈上等」のロゴをクリックすると
いいことがあるかもしれません(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村

明日は、「来シーズンの抱負」をお送りするぜ!

今日は水曜日なので閾値走の日。
20170329lap
5km20:37。キロ4:07。ちょっと速過ぎるかも。
でもこれを半年やったら絶対速くなれる。



☆☆


いよいよ今週日曜日に迫ってまいりました、
「養老渓谷マラニック2017春」。
まだ参加を決めておられない方、これが最後のチャンスです。


嘘です。当日朝にドタ参でも構いません。でも事前に連絡は下さい。
(アフターは場所の確保があるので厳しいかもしれませんが)

今回は人数が増えたので、初めて交通機関を鉄道のみで構成してみました。
タイムテーブルはこうなった。(すでに参加表明されてる方へはLINEで展開済み)

09:00 JR内房線五井駅集合。各自荷物をコインロッカーへ
09:25 小湊鉄道で養老渓谷駅へ。
10:32 養老渓谷駅着。ランスタート。約22km
10:55 菜の花ポイント着。道中の桜の木を適宜見物
14:00 ゴールの上総牛久駅に到着
14:04 上総牛久駅発
14:31 五井駅着。ロッカーから荷物取り出し
14:39 五井駅発
14:42 八幡宿駅着。駅前のスーパー銭湯へ
16:00 駅前居酒屋にてアフター

現在の当日の天気予報は降水確率20%、最高気温14度。絶好の花見日和です。
去年の名場面集をここでちょっとだけ披露しておきます。
今年は去年より一週間早いので、桜は一番良い時期かも(去年は満開過ぎ)。
5020-c32c-43af-b38a-75bf24d8f07b-p
6b66-33b4-4a0c-b3d5-8c53c872f6fe-p
c563-249d-40cc-b069-495cef7a7df2-p
2efd-5b04-444e-a49e-51355e03b8ed-p
3cdf-992b-49a3-9302-3ff2b5b8c72c-p
d873-2714-4bb3-b5ea-ec6d5c7c681f-p
398e-a48c-499a-8884-28905f6ccdba-p

詳細はLINEグループで展開していますので、参加希望の方はLINEIDを教えて下さい。
すでにグループに入っている方はノートを見てください!(笑)

☆☆

昨日の佐倉マラソンレポで書き忘れていたこと。


5km過ぎでsan-anさんに会った。
トイレから出てペースアップしていたオレは一旦は追い抜いたものの、
そのあとsan-anさんに再度抜かれるとき「激沈ファイト!」と声を掛けてもらった。

それから16kmでトイレに入ってユーリさんに追い付こうとしている時、
あるランナーから「激沈上等ファイト!」と声を掛けられた。
見るとキティちゃんのかぶりものの愛くるしい女性。

なんでも以前トヨチン練でご一緒したマサさんの相方さんとか。
どうやら設定ペースがピッタリ一緒だったらしく、以降もなんども抜いたり抜かれたり。
今日トヨチンさんのブログを見たら、なんとあの人がしほっしーさんだったらしい。
どうもなんどもおせわになりました。

それから書き忘れたが、今回ついにサブ4を達成されたkeiさん、
陣地に一升瓶持ってきていただきました。
フルーティなお酒、みんなでおいしくいただきましたよ。
おめでとうございました!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村


明日はいよいよ「今シーズンの振り返り」。
震えて待て!

それにしてもこの日の佐倉は寒かった!
事前に予報で覚悟はしていたものの、やはり大変でした。

まず気温。予報では最高8度。
これが10度だったらもう少し快適だったはず。
それに当日朝の雨雲レーダーを見ると、雨の範囲が広い。

かつ予報では9時以降毎時1mmの降水予報。
かつ今日は普段よりもキロ1分遅いペース。
これはずぶ濡れ必至で体温下がるギリギリ。

なので、ロングスリーブのコンプレッションの上に
薄手のウィンドブレーカーを着て、その上からTシャツを着て、
さらにビニールの使い捨てポンチョを羽織る。
20170326佐倉wear


さて、スタート時点ではまだ霧雨程度だった空模様。
スタートして競技場を出て下り坂をどんどん下る。



1km行く前にトヨチンさん発見。いや、カオナシか(笑)
京成佐倉駅に下る途中で湘南のサム王さん発見。
声を掛けられてからそれと気付いた。

5km過ぎに大きく下る個所があるが、この辺でヤバくなった。
そう。あれが。

ここでちょっとペースのグラフを出しておこう。
20170326pace2

赤く囲ったところでペースがいったんゼロになり、その後急上昇。
それが2か所も!これは何を意味しているのか。





すいません。トイレ行きました。それも5kmと16kmの2回。
ユーリさんには決めたペースで行ってもらって、後で追いついた。
なので止まったあとにペースが上がっている。

いやー。ペーサー失格(笑)

やっぱり前日にちょっとお酒を頂いたのがいかんかったですかね。
それにこの日の寒さ。
そう言えば浦安シティマラソンのときもトイレに行っている隙に、
ユーリさんがキロ4:30で暴走。追い付くのに一苦労だった(笑)

しかしこの日はユーリさんも慣れたもので、
オレが追いつくまできちんとペースキープ。
お陰で事なきを得ました。



ここでペースの数字を出しておく。
ガーミンの数字をランナーズアップデートで補正した数字。

0-5km 27:00 (5:24)
5-10km 26:45 (5:21)
10-15km 26:51 (5:22)
15-20km 26:54 (5:23)
20-25km 26:58 (5:24)
25-30km 27:13 (5:26)
30-35km 28:02 (5:36)
35-40km 29:06 (5:49)
40-GOAL 13:21 (6:05)

予定は30kmまでキロ5:24(5km22分)、40kmまで5:48(5km29分)。
最後の2.195kmはキロ6でと言っていたので、ほとんど満点に近い出来。
ちなみに1kmラップは42kmまですべて5分台。
最後の500mだけ6分台だった。

ところどころ向かい風の区間では後ろに付いて走ってもらったが、
それ以外では基本横に並んで走った。
これが相当いい感じで・・・・・

20170326佐倉8
20170326佐倉5
20170326佐倉9

どの写真も足並みが完ぺきにそろってる(笑)
これは25km、おっとさんに撮ってもらった写真。
しかしこれが42km地点では・・・・・



20170326佐倉12


離婚寸前の夫婦(笑)
心なしか二人の間隔も遠い。


それはさておき、佐倉の場合は15kmに急坂があり、
ユーリさんもそこまではかなり慎重に走っていたが、
20km過ぎたあたりから調子が出てきたのか、足音が強くなった。
あるいはこの辺ですでにオーバーペースだったのかも。

しかし自分の過去の佐倉では、30kmに達する前に撃沈していた。
ユーリさんは少なくとも30kmまでは快調にいったので大したものだ。
しかし35kmまでにはどこかでガクっとくるだろうと思い、
ここまで頑張ったご褒美に、524→528くらいに少しペースを落とす。

それでも風車を過ぎたあたりからちょっとずつオレに遅れることが多くなってきた。
このあたりで雨も強くなってきたし。
35km付近では、たぶん腸脛靭帯が痛んだ様子で、
昔順天堂の陸上部の女子に習ったストレッチでその場をしのぐ。

こうなったらとにかく腕をしっかり振るしかない。
本人にも伝えながら、オレもしっかり腕を振って走る。
実際、この辺から徐々にオレも大腿四頭筋がきしんできた。



佐倉って5kmから35kmくらいまではホントに応援が少ない。
だからこの日、このあたりの区間で応援してくれた人たち、
本当にありがとうございました。

25kmあたりでのおっとさん、F-runご夫妻、かるりーのさん、
26kmあたりでのメテオデさんとkazuさん、
29km付近の市川パパさん、35km過ぎのノブさん、フジヤマさん、
(あ、フジヤマさんは12km付近でも出現してくれた)

走っている時に、激沈Tに声かけてくれるランナーも何人もいた。
「東京マラソンのときにこれで元気づけられた!」とか、
「これは何と書いてあるんですか?」とか(笑)

でも一番驚いたのは38km過ぎの官九郎クンか。
本当に周囲の風景からフワっと浮き上がって、
まあまるで妖精みたいにそこにいましたよ。
思わずオレも我を忘れて叫んだし、ユーリさんも握手しに行ってた。

そして40km手前のトヨチンさん。
「行ける行ける!」ってカオナシなのに発話してくれていました。




そして残り2km。もうしわけなかったがここから鬼になった。
「残り2km、死ぬ気で走るぞ!」って声を掛ける。
が、反応がない・・・・



数秒後に「は、ハイ!!」ってあえぐような返事。
でもまだキロ5分台。脚は動いている。
これならいける。残り20分強。
キロ10分でもサブ4だ。

ここからの辛さは自分も経験あるけど、
脚に痛みさえなければここで止まる人はまずいない。
もうあとはとにかく脚を動かし続けるだけ。
オレにできることも何もない。

そして残り500m。沿道から「激沈ガンバレ!」と何度も声がかかる。
あれは多分NAKOさんか?
そして最後の坂。26km地点から移動してきたメテオデさんも、
最後の声援が飛ぶ。
20170326佐倉1

ここまで来たらもう大丈夫だから、
頑張ったご褒美にペース落としていいよ!

本人は進んでいる気がしないらしく、
「私、進んでますか?」と聞いてくるので、
「そのスピードで全然オッケー!」と返す。

最後の坂を登り切った!もうあとは歩いてでもサブ4だ。
ゴール直前ではマサにいさんも声を掛けてくれる。
最後の100m、一歩一歩踏みしめるように走る。
もう感動する準備は万全だ。
この瞬間のために42.194km走ってきたんだ!



最後の1m、そしてゴール!!



ええ、もちろん手を繋いでですよ(笑)
妻以外の女性の手なんて何年ぶりに触れたか。

ユーリさん、本当にお疲れさまでした。
初フルでサブ4、ホントに凄いわ~。
フルマラソンってやっぱり初フルが一番しんどいですよね。




ちなみに自分。この日エイドは1回だけ、ポカリを頂戴した。
あとはジェルも無しだったが、スタミナ的には問題なし。
自分が走るときも、次回はジェルなしにしてみようかな~。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村


フルマラソン終了から丸1日が経過するが、なかなかのダメージ。
もしかすると、古河よりもダメージキツいかもしれない。

考えてみれば、古河の平均ストライド124cm。
今回の平均ストライドは104cm。
20cmも差があれば着地の角度も全く違う。
違う筋肉に負荷が掛かっていておかしくない。

でもとりあえず走ってきた。
20170327lap
最初は脚が重かったが距離が進むにつれて軽くなりナチュラルにビルドアップ。
でも最後はやっぱり脚がもたなくて10kmで終了。これで今月298kmに到達。
やっぱり使う筋肉が違うのか・・・



☆☆


さて、昨日の佐倉マラソン。
ウシオトコさんが競技場のスタンドの場所取りをしてくれたので、
自分は5時半に家を出て、競技場には7時過ぎに着いて陣地を設営。
すでにかまかまさんが来られていた。
image

ここに持参したグランドシートを敷いて陣地設営完了。
するとスタートの9時半まですることがないので、
隣の小学校の校庭に設置されたトイレに行くとか、
坂の下まで降りてウォームアップするとか、いろいろする。

アメブロの陣地にも顔を出してみる。
最近ちょっとづつでも知り合いが増えてきたので楽しい。
たけちゃんとひろこさんは今日二人ともPBに挑戦。

あと、凄いオトコマエの人がいたけどあれがさえさんだったのか?
今回、上州の竜さんの奥さまにもご挨拶できた。可愛い人だった。
竜ちゃんが載せてる写真より断然かわいい(笑)

そうこうしているうちに続々と集まってくるメンバー。
今回陣地に来られたのは、ウシオトコさん、かまかまさんニッキーさん
ぬまっちさん古本屋さんじーこさんNB1975さんkeiさん
ムネコフさんハナぽんさんUkeさんいわさん、アラゴンさん・・・
(漏れがあったらすいません)

今回初対面のじーこさんはオレと同い年なのだが、これが超絶オトコマエ。
もう役者さんですかというくらい。かつ、寡黙で苦み走っててシブい。





それにしても今回DNSとなってしまったmotoさんの不在が寂しい。




あれ? 肝心のユーリさんは?





なかなか主人公が姿を現さないので、軽く一人でウォームアップ。
たまたま会ったトヨチンさんが、オレの写真を撮ってくれていた。
20170326佐倉17
実はアップしながら「今日は調子いい!」とか思っていた。



ユーリさん、さすがの大物ぶりを発揮して、8時40分ごろに堂々の登場(笑)
そしてまったく動じるそぶりも見せず「ここで着替えたらまずいですか?」とか
かましてくれる。スゲー。

オレは相変わらずトイレが近い小物ぶりを発揮。
準備するユーリさんを放置して最後のトイレへ。
これまで佐倉でトイレに困ったことはないが、
1列方式でボランティアの中学生が空いてる個室を案内してくれる。
だから列が長くてもどんどん進んでいってた。

トイレから戻って来る時に、「キミ兄さんですか?」と声を掛けてくれた人が。
「オーです」。おお!あの超硬派なブログ「練習日誌」のオーさんか!
しかしブログのイメージとはことなり、ものすごくにこやかで物腰の柔らかい方。
おもわず初対面10秒後に「イメージ違いますね」とか失礼なことを言ってしまった。
オーさん、申し訳ございません。


そしてスタート20分前。ユーリさんと二人でスタート地点へ。
一番先頭にたけちゃんがいたのでお決まりのFist bump。
もう整列が始まっていたので、3時間-3時間半の最後尾へ。
最初は下りなので流れに乗ってもそんなにオーバーペースにならないし、
1kmも行けば道幅も広くなって抜かれるのも楽になるのであえてここへ。

そこでふと振り返ると、3時間半-4時間のゾーンの先頭に、
見慣れた水色の75Tマダムが。
「あっ、ユーリさん、あの人にあいさつしとかないとヤバい!」って言って、
二人でご挨拶。「そのTシャツ目印に行くよ~」とか怖いことをおっしゃるので、
適当に切り上げてスタート位置へ(笑)

スタート位置に並ぶと、すぐ後ろに撃沈Tの人が。
なんか会ったことあると思ってお聞きすると、アクアラインでご一緒したタロウさんだった。
早速3人でシューズ写真。
S__4595733


で、ふと前を見るとビニール合羽を着た撃沈Tの方が。
なんとなく目が合って挨拶して「キミ兄です」と名乗る。
「おお!」ってなって思わず握手。
後で分かったんですが、これがれっつさんでした。
スタート30秒前に、周囲の皆さんと固く握手して健闘を祈りあう。

天気は少し霧雨が降ってきた程度。
さあ、いよいよユーリさんのデビュー戦が始まる!!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村

↑このページのトップヘ