量は質を凌駕する

 ~ アウトドアと読書の日記

2017年11月

平日の昼間なんで、たまには好きなことを書いてみる。



火曜日深夜の「爆笑問題カーボーイ」を聴いていたらこんな話が。

日光江戸村に「にゃんまげ」というキャラクターがいる。

かつて「にゃんまげに飛びつこう」というCMが流行したので

記憶されてる方もいらっしゃるかも。

爆笑問題の二人が何かの撮影で日光江戸村に行ったのが、

まさに「にゃんまげに飛びつく」のが大流行してる時。

そしてたまたま控室がにゃんまげの隣だった。

真夏の極暑の時期で、営業からもどってきたにゃんまげ。

「あのクソガキ!!!ふざけんなよ~!!!」と怒声を上げて、

被り物を壁に投げつける音がしたんだとか。

そして今、日光江戸村のホームページを見ると、

「危険なのでにゃんまげには飛びつかないで」と書かれている。

相当無茶をやる子供(あるいはオトナ)がいたんだろう。

着ぐるみが虚構だって分からない子供が増えたのか、

TDLみたいに労災になるほど演出が巧妙になり過ぎたのか。



ネットの世界は虚構の代表みたいに扱われるけど、

マラソンブログって、ランナーという実像がそもそもあって、

それがたまたま虚構の世界に再現されているだけ。

ブログにだれかのことを何か書いたり、

コメント入れたり入れられたりは、

かなりお互いの実像を分かってやっている。

自分もたまにブログ上で毒を吐いたりするけど、

面と向かって言えないことは書かないのが原則。

着ぐるみだけど中の人がいると分かって書く。

たまに軋轢を生むのは、生来口が悪いからです(笑)



自分も稀に匿名コメント入りますけど、

「これホントに面と向かってオレに言える?」

って思うことが無いわけではない。

そう言えば全然関係ないけど、

かつて仕えた上司が、言いにくい事を口に出せない人で、

何かオレに言いたいことがあるときはイチイチ酒の席だった。

そういうの、素面の時に1対1でやってほしかったな。

確かに昇進とか昇給とか希望通りにならないことって、

言いにくいのは分かるんだけど、

そういうことをキチンと伝えるために

オレより高い給料もらってんじゃないの?



ああ、話がそれたけど何が言いたいかって、

オレは言いにくいことを面と向かって

割と平気で言える方ということです。

職場ではかなり嫌われたと思いますが、

それも給料の一部と理解していたので、

忖度って言葉の意味は知ってるけど、

実際に忖度ってあんまりしたことない。

だってもし間違ってたらそのほうがまずいし。

本音はどっちなのか、本人に聞いた方が早い。

「忖度してるって疑われるんで、カケは落選にしますよ」って。

そしたら断られるはずがない。

もし「ダメだ」って言われたら「何でですか?」って聞けばいい。



これも同じTBS月曜深夜の

「伊集院光の深夜の馬鹿力」で話題になってたけど、

中学生くらいの読解力が悲劇的なほどに落ちているらしい。

これって極めて危険なことで、

例えばブログに書いた極めて普通なことが、

「お前、何毒吐いてんだよ!」って

読解力が無い人に突然糾弾される可能性が高まるってことで、

そもそも虚構が虚構としてすら成立しなくなる。

こうなってくると、ちゃんと文章が読めて書ける、

というだけで付加価値が出てくるのかもしれない。



先日応援してくれた美女の正体が分かったと昨日書きました。

この方とはブログ・LINEでのみのつながりだったんですが、

その文章がいつも丁寧でキチンとしていて、

誠実な人柄が滲み出ていた。

その印象と実際に見た印象があまりにマッチしたので、

本当に嬉しかった。

だからネットも虚構とはいいながら、

実像としっかりつながってますよね。



なんとなく最後つながったところで、

今日もまた宴会に出撃して来まーす。
20170918ブログ村

自宅待機生活ももう2週間。そして後3週間(笑)

プレ老後生活にもだいぶ慣れてきて、

朝も7時前には起きております。

そして掃除洗濯が終わったら夫婦で散歩!
毎日ブログを書いているのが唯一、

社会とのつながりです。

こんな私ですので見捨てないでください。






つくばレポ、相変わらず注目記事に反映されません(泣)

正直、これが一番の楽しみでブログ書いてるんですが。

OUTポイントはたくさん頂戴しているので、

まあいいか・・・・










今回は悪いなりに色々と収穫もあった。

一つはフルマラソン通しで心拍データが取れたこと。

30km地点がだいたい170でここがピーク。

心拍が上がり切る前に脚が売り切れたことが分かった。

つまり問題は心肺ではなく脚。

もし心拍数が上がり切ったんなら、

ここからの練習は閾値走を中心にするのだが、

脚が売り切れたということはミドル・ロング走不足。

15kmから30km走を3月に向けてしっかりやろう。20171126心拍
こうしてみると、スタート直後は緊張感もあってか心拍がジャンプ。

たぶんこの状態でペース上げて行くと、

この高さをスタート台にして心拍も上がっていって、

あっという間に上限に達するってことなんだろう。

先日の手賀沼はそれだった気がする。



今回はここで4分40まで落としたのが奏功したか。

その後も乱高下することなくなだらかにドリフト。

ちなみに去年の心拍グラフがこちら。
20161120心拍
170から190を行ったり来たり。

まあガーミン235の光学式なんであてにはならないですが。

去年のつくばの30km通過が2時間15分14秒、

今年のつくばの30km通過が2時間14分34秒。

その差、40秒。

しかしゴールタイムの差は4分10秒。

最後の12.195kmで3分40秒差が開いた。

トータルでは大した差に見えないが、12kmでこの差は大きい。

今年は心拍が安定していたことが最後の余裕につながったか。



自分では11月に入ってからの送別会週間のダメージかと思ったけど、

そっちはそれほどでもなかった様子。

いや、もしかしたら飲酒が脚の筋肉にダメージを与えているのかも。

ここは難しいところですね。

実は最近の大会では、直前の禁酒をほとんどやってません。

さすがに前日は(ビール1缶程度に)控えてますが、

何週間も酒を我慢するストレスの方が気になる。

ここはバランスが難しいところですね。

まあタバコ吸っててもサブ3する方もいらっしゃるので。



走り終わった時に一番痛かったのは腹筋。

次が脚の付け根。腸腰筋のあたり。

そして終盤痛んできた腸脛靭帯。

大会の翌日は痛くて1km走るのがやっとで、

あと5kmは早歩きに徹した。

2日目の昨日はキロ8で10km。

明日、Take先生に診てもらう予定なので、

いすみハーフには間に合うかな。

間に合わなくてもアフターだけしに行きますけど(笑)



大会前の準備という点では、今回はいつになく早く会場入り。

トイレは偶然、家を出る前に催したのと、

南流山駅のトイレが使えたので、

現地では個室のお世話にはならなかった。

あと、前日、前々日とスタミナ強化のために

ニンニクを食べまくったが、

これのマイナス影響は特になし。

むしろ走り終わってもカラダの中が熱い!

アフターで美女に囲まれてどうしようかと(笑)



話がそれた。

早く会場に入るとトイレも自由に使えて便利ってことが言いたかった。

これまではトイレを気にするあまり、

朝は必ず家で食べて、家を出るのを遅くしていたが、

あんまり気にしないで早起きして、

電車の中で朝ごはん食べればいいじゃん。



それから今回いきなりのデビューだったカスミ。
(ターサージール6)

やっぱり良かったです。

何より、走り始めた時に、

「おっ、オレ走れてるじゃん!」

って錯覚に陥らせてくれるのがいい。

そしたらますますいい気持ちになって走れる。

こういうの、大事ですよね。

その気にさせてくれるシューズ。

ただ、今回は20km過ぎで右足の親指が擦れて血豆ができた。

この痛みをかばおうとして腸脛靭帯が痛くなったのかも。

さすがに3kmしか履いてないシューズで

いきなりフルマラソンは無謀だったか。

でも当分大会はこれで走りそう。

そうなると、友紀(ジール4)をどうするかという

カスミと友紀が正妻の座を争うという

奥の問題が出てくるんだが。



そんなわけで、今回は残念ながら

サブ3の尻尾すら見えませんでしたが、

フルマラソンを走る技術は上がっていると確信。

自分でいうのもなんですが、大崩れすることがない。

2014年に大会復帰して以降の戦績。

2014年1月 館山若潮マラソン 3'41''10’’’
2014年3月 佐倉健康マラソン 3'35''38'''(PB)
2014年6月 喜多マラソン 4'03''24'''
2014年10月 アクアラインマラソン 3'47''13'''
2014年11月 大田原マラソン 3'48''50'''
2015年1月 館山若潮マラソン 3'27''03'''(PB)
2015年3月 横浜マラソン 3'18''06'''(PB)
2015年3月 佐倉健康マラソン 3'24''08'''
2015年11月 つくばマラソン 3'31''50'''
2016年2月 別大マラソン 3'17''47'''(PB)
2016年3月 古河はなももマラソン 3'12''24'''(PB)
2016年3月 佐倉健康マラソン 3'27''53'''
2016年10月 アクアラインマラソン 3'28''53'''
2016年11月 つくばマラソン 3'15''55'''
2017年1月 館山若潮マラソン 3'10''39'''(PB)
2017年3月 古河はなももマラソン 3'06''47'''(PB)
2017年3月 佐倉健康マラソン 3'52''10'''
2017年11月 つくばマラソン 3'11'45'''

2014年の喜多マラソンは、

さすがに気温34度だったのでぎりぎりサブ4を逃したが、

後はすべてサブ4。

2015年館山でサブ3.5ゲットして以降は、

病み上がりの2015年つくば、ペーサーだった2017年佐倉以外は、

全部サブ3.5です。

まあもっと高いレベルで安定している人もいるので、

大したことではないんですが。

そして今月も今日でちょうど300km。

これで去年の5月から19か月300kmを継続中。



こんなオレなんで、緻密に練習段階から計算して

目標のペースで走り切るとか、

気合いで持ってる力を出し切るとかは無理。

しっかり練習して余力があるくらいの状態じゃないと、

フルマラソンは走れない。

でも年々走力が上がってるのも確かなので、

今のやり方で続けるしかないと思う。

結果としてサブ3できればいいかなあと。



そんな甘い考えじゃサブ3なんて無理、

と思われるかもしれないけど、

音速の壁と違ってサブ3には物理的な壁なんてない。

それは所詮、人の意識が作った壁。

自分の感覚で足りないピースを埋めて行けば、

いつか必ずできるはず。




自宅待機が終わって新しい仕事に就いても、

同じように続けられるかどうかは分かりませんが。
20170918ブログ村
レポその1で書いた、応援してもらった美女。

正体が判明しましたが、ここでは非公開にしておこう(笑)

昨日の記事がなぜか注目記事に反映されない。
大会レポあるあるか?

で、やっぱり書き忘れてたので補足です。

ゴール後、陣地でうだうだしていたら、あちらの方から赤と白の激沈Tシャツを着た自分と同年代くらいのご夫婦と思しきお二人が歩いてくるのが見えた。これはもしかしてオレのところに来ようとしてくれてるのかなと思ったらやっぱりそう。

お名前を聞きそびれたのだが、今日はご夫婦二人で走って見事にサブ4を達成されたとのこと。これまでは奥様お一人ならサブ4は達成されていたそうで、今回ついに夫婦での目標を達成されたのだとか(うろ覚えですがこんな趣旨だったかと)。わざわざありがとうございました。そしておめでとうございました。

いや、私何にもしてませんから。ねえ。激T着ていようがいまいが、ランナーに変りはないわけだし、沿道からも等しく応援してもらえるので。いや、沿道からの応援はちょっとだけ多いかも。そこには少しだけ貢献できたかもしれません。

しかし今回は、何人もの人に「キミ兄ですか?」と声を掛けてもらえた。去年はワタナベがオレの代わりに何人かに声を掛けられてしかも「そうです」と返事するという・・・()

今さらながら「ブログやってなくても買えます」ってしといて良かった。ブログで顔出しも勇気要ったけど出しといて良かった()


 

で、肝心のランについて振り返る。書く時間はたっぷりあるので長いです(笑)

最近大会の時には心拍数計を付けるようにしている。ガーミンの光学式計測がもう一つ頼りないのと、やっぱり今以上に速くなるためには、いろいろデータを蓄積したいと思った次第。


なので今回はガーミンの画面も心拍数表示で固定して、ペースとかピッチとかはほとんど見てなかった。ペースは1kmごとのオートラップ時に画面で表示されるのを見ていただけ。

0-5km 22:544:46,4:28,4:39,4:27,4:24avg4:35

心拍(166,171,157,153,154

最初の2kmくらいは心拍が瞬間で180近く上がったりしたのでどうしようかと思ったけど、3km目のペースを440まで落としたら、心拍もすぐに150前半に落ち着いた。これ以降は心拍が160まで上がらないようなピッチにとどめながら走る。平均は抑えられてるけど瞬間瞬間では結構160近くまで上がったりしていた。
20171126心拍

5-10km 22:244:27,4:29,4:24,4:26,4:26avg4:28

心拍(156,155,156,159,159

調子が良ければ5kmくらいで、悪くても7km過ぎるとなんとなく脚が軽くなってくるのだが、この日はなぜか軽くなってこない。心拍数も見ながらじっと耐える。心拍には余裕があるので無理して上げられなくはないが、去年もこの辺で強引にピッチを上げて30km過ぎで大失速したので、我慢。今日はとにかくイーブンペースを心がける。

それにスタート直後から、恒例の微妙な尿意を催していて、それが気になって気持ち良く走れない。それに脚を目覚めさせるのがとにかく優先で、この辺はどちらかというとストライドよりもピッチ重視で走る。


10-15km 22:134:26,4:21,4:43,4:16,4:21avg4:26

心拍(160,160,161,163,162

13kmでついにトイレへ。約1分を要したがこれで気持ち良くなって、ペースもだんだん上がってくる。ピッチ中心からストライド中心に少し気持ちを切り替えたのが良かったか。心拍数も160を超えたが気持ちがいいので気にしない。しかし脚は依然として、薄い膜を被ったような重さあり。スカッと抜けていかない。

でも14km目で4:15台が出て、これは今日はもしかしてって思う。ああついにオレもサブ3ランナーの仲間入りか!しかし15km目で簡単に4分20秒台に落ちて、妄想はつかの間に終わる。

15-20km 22:114:24,4:24,4:25,4:22,4:27avg4:26

心拍(162,162,160,162,165

たぶんこの辺りが本日一番気持ち良く走っていたところ。18kmあたりで現金を落としたのは前述の通りだが、それはここでジェルを摂ったから。この日のジェルは2個。いずれもZAVAS PITIN20km手前でこの日初めての給水。脚は万全ではないが、少しだけ動き始めてくれた。

ハーフ通過 1:34:39 avg4:29

手元の平均ペースはこの時点で4:27。このまま行ければもしかすると3時間1桁も可能かも、と思いながら進む。

20-25km 22:144:31,4:23,4:24,4:27,4:25)avg4:27

心拍(162,164,164,165,164

心拍が次第に上がってくる。いわゆるドリフト現象というやつ。疲労が蓄積することで、負荷は同じでも心拍も上がる。24km目に特に何もしてないのにペースが2秒落ちる。25km目はストライド重視に切り替えてみたらまたペースが戻る。 

25-30km 22:384:24,4:27,4:32,4:29,4:32)avg4:31

心拍(164,166,166,166,168

27kmあたりでついに脚に力がなくなってくる。というか普通に走っているつもりなのにペースが徐々に落ちてくる。ついに来た、30kmの壁。一度こうなったら立て直すのは至難の業。落ちすぎないように頑張るしかない。

心拍は相変わらず170を切ったレベルだが、脚力が売り切れた感じ。なんとか430前後をキープして30km地点の応援団ポイントにたどり着く。それでも去年よりは全然楽。

この辺から、インターバル走と流しで身に付けた「上半身をリラックスさせるフォーム」に切り替える。これが実際一番チカラが要らない走り方。詳しくは後日。

30-35km 23:184:27,4:37,4:38,4:44,4:40)avg4:39

心拍(167,168,166,164,162

30kmまでは1km1kmが凄く短く感じたのに、この辺から急に時間がかかるように感じてくる。32kmのマーマンポイントで元気をもらい、35kmの大応援団ポイントに接近。

だんだん暑くなってきてアームカバーを両手に持って走る。なにしろ先ほどのことがあるので、できるだけポケットに触りたくない。触ったらまたお金落すかもしれないし() あんまり汗もかいてなかったのだが、たしかこの辺で2回目の給水。この日はこの2回だけ。

大応援団、ありがたかった!応援団の存在を計算に入れて大会を走れるなんて、なんという幸せ。しかしこの辺から、左ひざに異変を感じ始める。

35-40km 23:184:43,4:32,4:44,4:48,4:47)avg4:39

心拍(165,167,162,161,162

脚が動かなくなって、今度は心拍が下がってきた。やっぱり今日の調子の悪さは脚の調子の悪さ。心肺や内臓疲労ではなかったようだ。そう言えば今週はこれまで40km走ったんだよな。疲労抜きジョグとは言え、やっぱりやり過ぎたか。

左ひざの違和感はどんどん広がっていって、明らかに痛みに変わっていった。36kmあたりではマジで痛くなってきた。長らく故障なんてしてないのに、やっぱり脚の調子が何か変だからこうなったのか。そこで左腕を普段よりも後ろに引くようにして振ってみると、不思議なことに痛みが和らいだ。やはり左右のアンバランスが原因か。

それにしても筑波大学の構内って広いなあ。残り5kmが出てから競技場までが遠いこと遠いこと。ここまで来たら、とにかく突然脚が止まる状態だけは避けたいので、余分な負荷が掛からないよう慎重に慎重に脚を運ぶ。

堀の口陸橋の上で、はりゆうさんに撮影してもらった。
よく見ると確かに後ろに50Tの人がいた!
20171126はりゆうさん


40-GOAL 10:354:54,4:42,1:48)avg4:49

心拍(160,161,161

ここまで来たらさすがに3時間1桁はないよな~と思いながら走る。やっぱりまだ脚ができてなかったの一言に尽きる。足りなかったのは15km以上のペース走か。420秒台で走っても、ペースが速すぎるとは感じなくなってきたのは収穫なんだけど、もう少し脚が前に出るようにならないとサブ3は遠い。でも調子が悪いなりに、結局5分台は一度も見ないまま走れたのは収穫。

そしてゴール。陸上部出身の人に言わせると、陸上部の人はゴールしてコースに向かって礼はしないらしいんだけど、自分は武道経験者なのでやっぱり礼で終りたい。で、振り返ってコースに向かって礼をする。今日も最後まで無事に走らせてくれてありがとうございました。
トータル 3:11:45 avg4:32

走り終えた後、たぶんこれまでのフルマラソンの中で一番余裕があったかも。ただ、脚が前に出ないだけ。

本日は長くなったのでここまで。

20170918ブログ村

いすみハーフに参加される方、ぱっきーさんの地元、茂原でアフターいかがでしょう。あの伝説の居酒屋で大いに盛り上がりませんか? 14時開始予定です。会費制ではなく事後精算ですが、多分4千円くらいだと思います。希望の方はコメントもしくはメール(BrotherKim42195@gmail.com)まで!

記憶のあるうちに書いておかないと忘れそうなので、レース展開(?)の前に書いときます。

始発の京葉線、武蔵野線を乗り継いで、南流山駅でトイレ(小)に行ってからTXのホームに降りたら、ちょうど普通電車が出発したところだった。来年はトイレは我慢しよう(笑)

で、改めてトイレ(大)に行き、もういちどホームに降りたらそこでなんとあのアメブロの妖精オレオさんに遭遇。
無題
さらにそこに乗り込んでくるメテオデさん

研究学園都市駅からバスにのって会場に向かう。Suicaでも乗れるんですね。陣地の場所に着いたらちょうど7時でした。ふらっとさんとユキさんがしっかり場所取りしてくれてました。怪盗さんTomさんもすでに到着。

それにしてもこの時点で気温はちょうど零度。寒かった~。ぼちぼちと着替えていると、みなさん徐々に集まってくる。去年挨拶しそびれたあおmamaさんにもご挨拶。

びっくりしたのは、あのTake先生が陣地に来てくれたこと。ちなみに先生もフルに出走。Tomさんと3人で記念撮影。
DSC_0019

さらには「思うままに走る」のくらさんが、差し入れを持ってきてくれた。(あれ、走った後だったか?)

それから地元茨城在住のイズミさん。わざわざ陣地にまで来てくれました。(これもゴール後だった? 顔出しは「任せます」とのことだったので、思い切り出してみました)
DSC_0024
(オレのパンツは雑記たけしさんにもらったランパンです)

うーん。こうして書いていても色んな人を忘れている気が・・・ 私も来たよ!って方はコメントください(ってこんなお願い失礼ですよね~)。

その後、アメブロの陣地に行くと、以前から一度でいいからお会いしたいと思っていたたくやんさんとついに邂逅!

さらにはついについに、あのあこがれの鈍足かあさんと邂逅!!キミ兄泣く!母さんもおっきな目をクリクリさせながら、愛玩犬さながらにその場でピョンコピョンコしてた!(笑) しかも「コマネチしましょう!」って言われてピンとこず、オレはそのままの姿でコマネチ。しかし母さんの望むコマネチとはジャンピングコマネチだった!(ちゃんと宙に浮いている母さんの足元に注目)
20171126_171127_0011
あ、似顔絵も渾身の力を込めて書きました。本人が謙遜しているのであまり伝わってないと思いますが、リアルの母さんは超絶美女です。顔さえ隠せば写真はOKとことだったので似顔絵で隠しましたが、似すぎてたらごめんなさい。

スタート地点に行くと、同じくBブロックスタートの同じ地元のK村さんとタロウさん(二人ともノンブロガー)がいらっしゃったので、3人でスタートを待つ。3人で互いの健闘を誓う握手をしてスタート。

スタートしたら4km地点くらいで、75Tのうちわを振って応援する美女が。ほしこさんだ!
(写真は無いです)

その直後に今度は赤い激沈Tシャツの美男美女カップルが。はりゆうさんとその奥様!

そして5km地点ではmisoreちゃん率いるブログ村大応援団。赤い幟と青い幟がコラボ!

その後の口の堤陸橋の下りで、大田原マラソンでサブ3復帰したばかりのぬまっちさんが威勢よく応援してくれた!

確か15kmあたりで、走っていると前方にピカチュウの被り物に激沈ホワイトのランナーが。思わず「ピカチューガンバ!」って声掛けたら、「あ!そういうお前はキミ兄!」って、なぜかスピードアップして追い越され(笑)(一部脚色ありw) 昨日の速報にコメントもらいましたが、ひろりんさんだそうです。面白かった!

あとは茂原のうっちーさんとか、六本木のえいぱぱさんとか、色々コース上でお会いしました。自慢ではないですが、最初キロ4:30前後で入って、その後4分20秒台で上げて行ったので30kmくらいまではずっと追い越してたと思います。

その中でも特にありがたかったのは、18km辺りだったと思うんだけど、ジェルを摂ろうと思ってスパイベルトを体の前の方に回したとき。そう言えば現金をジップロックに入れてどこかのポケットに入れたな~って思ってたんですが、突然後ろから「落としましたよ」ってジップロックを差し出されました。

おお!こんな奇跡があるんでしょうか!

本人も落としたこと全く認識していなかったのに、まさに捨てる神あれば拾う神あり!あのお金が無かったら、アメブロとの超絶楽しかったアフターに参加できてませんでした。それにその前に、青空宴会の一杯目になる生ビールも飲めてませんでした!今だから言いますが、あのジップロックにはなんと2万5千円入ってたんです。いや、アフターの後に下心があったとかではなく、なんとなく家を出るときに財布のお金そのまま全部持ってきました。

その神様、なんと50T まで着ていたではありませんか!それを指摘するとなんとその神様、「キミ兄ですか?」との一言。いやもうビックリ。ブログに顔出しして、これまで悪い事なんて一つもないです。こうやっていい事ばっかりです!その時はキロ430強で走ってたので、まさにキロ430の奇跡!

昨日ブログにコメント頂いて、だみんさんだと分かりました。本当にありがとうございました。お礼は拾ってもらったものの1割ってことで、新しいデザインの激沈Tシャツでどうでしょうか?住所は分かってますんで(笑)

そして多分20km前後くらいで、再びはりゆう夫妻の登場。この人たちいったいどうやって移動しているんでしょうか(笑) 赤い激沈Tシャツの二人組を見たら全部はりゆう夫妻に見えました。ありがとうございました。



確か20km過ぎだったと思うんですが、5,6人の集団で応援していた人たちの中のお1人が突然「キミ兄頑張れ!」って声を掛けてくれました。これがもう麻倉未稀似の超美女。あまりにストライクゾーンだったので、その場で電話番号を交換しようかと(笑) ご連絡をお待ちしております。BrotherKim42195@gmail.com(←ガチw)
May10522


この後前方に「失速系男子」の文字を発見。なんと官九郎クンだった。しばし並走しながら、官九郎クンは今日は自然体で行くっていう話を聞く。そこでつい「だったら看板通り!」とか失礼な発言してしまいました。すいませーん。にもかかわらず、30kmのスライド区間では「キミ兄!ガンバ!」って声掛けてくれて、本当にありがとうございました。官九郎クンくらい、自分の実生活では友達にはなってくれないであろう人もいない。得難い人です。

そのあとは30km地点で今年も恒例のムネコフ詣で。反対側を通るときにムネコフさんが気付いてくれて、折り返して戻ってきてまた声を掛けてもらいました。応援って42kmの中でどこで応援してもらえるかが結構重要なんですが、さらに言うと一杯応援してもらえるともっと嬉しい。一回応援してもらえると、それを胸に残りの距離はいくらでも頑張れます。このポイントでは3年連続で応援してもらってるな~。本当はコース上で会いたいんだけどな!

さらにこのムネコフポイントでは、お久しぶりのオットさんヒサシさん、大田原を換装したばかりのユーリさんにも遭遇。嬉しかったですよ~。

32km付近では、突然のマーマンさん登場! オレが走ってきたのを見てさして動揺も興奮もせず「おう、キミ兄来たな」って感じで落ち着いた空気を醸し出してくれてました。ちょうどペースが落ちかけてたところだったので、あの空気がありがたかった!

そして今年が最後らしいロッキーオジサンの前を通過してしばらく行くと、来た!ブログ村大応援団!赤と青の狂騒曲!ちょうど気温も上がりかけてたので、アームカバーを外して渡す準備をしながらアプローチ(笑) そして原パンさんに通り過ぎざまに手渡し! 

そして38kmでは、この辺で応援してほしいと事前にリクエストしておいたワタナベが、なぜかオレに気付かず後ろの方をじっと見てたので「オイ!」って声掛けて応援を強要(笑)

39kmからは筑波大学構内でのスライド開始。折り返したところで茨城のイズミさん発見。良いペースで来てる! さらには5分あとにスタートしたみそらBBA。軽く手を挙げてすれ違うこのツンデレ(笑) カッコいいよな~。そういえば去年はこの辺でぶち抜かれたんだったっけ。

スライド区間の最後の方で、オレのお嬢様ひろこさんを向い側に発見。でもオレに対してではなく、他の誰かに手を振っている。誰?って思ったら目線の先に激沈寸前のガンプ君を発見(笑) いや、比喩とかではなくて本当に撃沈してました。ナチュラルなガンプ君らしいよな~って思ったら、本人には申し訳ないんだけどなんだか嬉しくなってきて、「ヲイ!」って声を掛けたら「今何時ですか?」って返ってきたので「分からない!」って返してしまった。彼は時計しないから聞いてきたんですね。すいません、オレも経過時間は計測してないんです。ちなみにひろこさんはついに15分切ったらしい。おめでとうございました。

そしてゴールしてから、陣地でダラダラと宴会開始。このダラダラ感は怪盗さんの思惑通り(笑)。こっちのほうでノンブロガーの皆さんと話し込んでいたら、気が付いたら5本以上あったワインが全部空いてた(笑) 

張っていたグランドシートも回収して、なぜか一人でアフター会場へフラフラと歩く。アフター会場に着いたら、思いのほか村の住人が多いい。mizoreちゃん、akiさんはともかく、フジヤマとかなんでここにいるんだ!(笑)(オレのフジヤマさんイジリは伝統芸能なんで、自分より速い人に対して失礼だ!といった罵声はここではお控え下され)

またここでもしばし鈍足母さんイジリに徹したのち、村の人からは遠い女神のような存在であるルナママさんにご挨拶させて頂く。ああ、美しい・・・・ アメブロの人たちはいつもこんなに美しい人を拝んでいるのですね。週末のいすみハーフではアフターご一緒するのを楽しみにしていますよ!

この辺からは酔いのせいもありどなたとお話したのかあまり覚えていませんが、最後になぜか締めをまかされ、晴れ舞台に立つオレ。

先日のぱっきーさんのブログに掲載されたオレが描いたぱっきーさんの似顔絵。なぜかぱっきーさんのコメント欄には、似ているというコメントはほとんどなかった。何だアメブロガーみんな冷たいじゃないかよって思って参加したこの日のアメブロ宴会。思わず「ぱっきーさんの似顔絵が似てると思う人!」って質問したときの写真がこちら(笑)
20171126_171127_0037
みんな照れ屋だなあ(笑)

ちなみに似顔絵はこちら。
ぱっきーさん2
鈍足母さんも再掲。
かあさん
メガネを取ったら谷村美月に似ていると思います。
top_01

ああ~。アフターのお話はまた今度。
これだけでもかなり体力を消耗(笑)


鈍足母さん、似てる!って人はポチっとお願いします。
20170918ブログ村

今日つくばマラソンに参加された皆さま、

本当にお疲れさまでした。

今日のラップはこんな感じ。
20171126lap

30kmくらいまではキロ4分半を維持できたのですが、

その後は行ったり来たり。

ま、30km以降ピッチがそもそも落ちてますね。

今日も陣地までお越しいただいたご夫婦がいらっしゃいました。

わざわざお越し下さりありがたい限りです。

たかがTシャツ、されどTシャツ。

今日のところはここまで。

それでは。
20170918ブログ村


↑このページのトップヘ