(織田哲郎バージョン見当たらず、残念)

愛を語るより口づけをかわそう。
いや、口づけを交わすより、館山への愛を語ろう。
今日こそ、今日だからこそ!





東京マラソン連続して落選中のキミ。
大丈夫。俺なんてこの10年間1回しか申し込んでないから、1回しか落選してないよ!

そんなことより、目を南に向けてみようよ。そう、房総半島の先っちょさ。そこに何が見える?そこには館山が見えるだろ。そう、館山若潮マラソンの館山さ!
2017092502
ほら、なんだかエラが張ってるだろ?
2017092501
ここで来年フルマラソンの大会が開かれるんだ。開催日は来年1月28日、申し込みは昨日から。これで第38回目の開催を数える由緒正しい開催。もちろんコースミスで距離が足りないとかあり得ない(笑)

他の大会よりも太平洋にちょっと近いので風が強いので有名だけど、オレが参加したここ数回ではほとんど風は吹いてない。ちょっとアップダウンは激しいけど、走りやすいコースだよ。
2017092503
ガーミンのデータ上もこんな感じ。今年の1月にPB更新したときのデータだぜ。
image
館山若潮、確かにアップダウンは激しくて、多分関東近県では榛名湖マラソンの次くらいに激しくてビビるかもしれないけど、それだけに走り切って全力を出し尽くしたときの充実感はサイコーだ。

なにしろ最初からアップダウンが激しいことが分かってるからこっちもアドレナリンが出まくってる。その出まくったカラダで臨むから1つ1つの坂がまるで自分と一緒に踊ってくれてる気分になる。そこで自分の限界を乗り越えられたら、サイコーだと思わないかい?

思えばオレが初めて館山若潮に出たのは2014年1月。10年のブランクの後での久しぶりのフルマラソン。ここでオレは10年前のPBをわずかに上回る3時間35分でゴールした。

さらにはその翌年。いまでも自称「サブ3.5の教科書」として扱われれるあの伝説の、
キミ兄サブ3.5イン館山2015

まだ読んでない人は是非1度読んでみよう。全米号泣必須。最初から、坂があるっていう前提で激沈上等で挑んだらコースが応えてくれたって感じ。坂を1つ登るたびに勝利に近付いてる感じがした。

さらにその翌年、なんとオレは別大マラソンに出場して館山欠場。
言ってることとやってることが違う(笑)

1年ブランクの後、3時間1桁を狙うシーズンで、難易度の高いコースだけどスタートからキロ4分半で走るオレ。夫婦でサブ6のひろこさんを引き連れての登場だった。ここで当時PBの3時間10分出したときは「勝った!」って思った。前年の古河はなももでの3時間12分から2分の改善。

けど、その後の古河はなももで3時間6分出したときはどうにも充実感が無くてねえ。PBは出たけど気分は「引き分け」だった。結果だけを見に行ったせいか。

とにかく、館山若潮で目標達成できたら、他の大会ではありえないくらいの充実感と達成感が得られます。自分に自信が付きます。他の大会がぬるいって感じます。全員倒せる気がします。日本で一番激沈上等が似合う大会です。

しかし3回走って3回ともPBなんて、どれだけ相性がいいんだか。





館山若潮はエイドが充実していることでも有名だ。有名なのは30km過ぎあたりのクリームパン。これがスゲーうまいって有名だ。でもオレは一度も食ったことない。一番きつい登りの後の下り坂で出てくるので余裕があるはずなんだが、一度も目に入らない。

あとは、やっぱり館山っていう場所の土地柄か。必ずしも応援は多くないが、コース全体がゆるーい雰囲気でおおわれている。コース設定自体は関東随一の高低差なんだけど、風景とか応援してくれる人の雰囲気とかがそれを感じさせない。





それから、毎年この大会にエントリーしている人たちも見逃せないぞ! まずあのアメブロのレジェンド、ぱっきーさんは毎年10kmの部に出場。早めにゴールしてフルの選手を応援してくれる。

さらにブログ村のコメンテーター部門のレジェンド、フジヤマさん。フジヤマさんの初サブ3はこの館山若潮マラソンだったことは有名な話だ。

それに市原市のレジェンド、かまかまさんも故障が癒えたら来てくれるかな~。去年はぱっきーさんや古本屋さんと五井でのアフター盛り上がりましたね!ああ、古本屋さんは東京マラソン当選したもんね・・・

さらにさらに、館山若潮マラソンに向けて館山マラニックを何度も開催しているトヨチンさん。彼女の館山愛は半端ない。ああ、詳しくは知らないが、本人曰く館山愛は南極の氷よりも厚い。

さらにはさらには、最近ではAERUN創刊号をものにした鈍足かあさん。どんなアレより館山若潮マラソンを愛してる!会場で会ったらオレも初対面だ!楽しみ~。

地元で激沈Tシャツ着用者のNAKOさんも、多分今年は激沈上等トレーナーで応援に来てくれるんじゃないかな~。去年よりも元気な姿で、40km地点に登場するつもりなのでよろしく~。

もし人数が集まりそうなら、ブログ村とアメブロ合同でアフターやりたいですね~。





館山若潮マラソンのもう一つの売りは、対岸に現れる富士山。でもオレは過去3回の参加では1度も見てないな(笑) むしろ風が穏やかだと富士山は見えない模様。

そんな館山若潮だけど、臨時特急わかしおに乗ったら、蘇我からたった2時間で到着するぞ。余裕で車内でトイレにも行けるぞ。電車だから飲みにも行けるぞ。スタートが10時だから、帰りは3時半の特急で多分大丈夫だぞ。



こんなところでオレの館山若潮愛は伝わったかな?
それじゃあみんな、1月28日は館山で会おう!
もしかしたらオレのサブ3が見られるかも!
よっしゃ!って思ったらポチッとお願いします。
20170918ブログ村