西暦21XX年。

人類は科学技術の進歩により、ついに資本主義と通貨システムを放棄。働かなくても生きていける社会を作り上げた。全ての人は等しく衣食住を満足な水準で与えられ、飢餓や欠乏、戦争からさえも解放された。

そんな社会であっても人間の本質である見栄や羨望といった感情は健在。従来の通貨に代わるものが経済価値を示すようになっていく。まさに21世紀における仮想通貨のようなものが生み出されたのである。




その通貨の名前は「Page View」。





そう、SNSにおけるPVが、働かなくてもよい社会において通貨の代わりになったのである。









第1章 限界費用ゼロ社会ブロガー

あらたな財を追加的に一単位生み出すためのコスト、すなわち限界費用がゼロとなった社会では、人間は生産活動から完全に手を引いた。すべてのエネルギーは再生可能エネルギーで賄われ、食料や衣料、住居に至るまで、もはや人間が額に汗して作ることはない。

医療ですら、いまやロボットが人間を診断して適切な治療を施してくれる。それどころか新たに発見された病原菌への対策もすべてロボットが対処する。

そんな社会であっても、人は他人よりもいいものを着たり食べたりしたい。そう、いくら科学が進化しても人間のエゴだけは消し去ることはできなかったのだ。

労働が姿を消した社会では、人間が新たに価値を生み出せるのは創作活動だけ。ここが経済価値を生む源泉となった。ちなみに22世紀の現在、経済の中に出版業は存在しない。出版したい人間は、自分の作品をネットにアップするだけだ。

もちろん前世紀にあった「ブログ」みたいに玉石混交ではない。今はネットへの書き込みもすべて何らかの形でモニターされているので、質の悪い文章や誹謗中傷などもすべて排除されている。もちろん政治的発言も、だ。

そしてめでたく自分の文章を世の中に出せた人間は、それがどれだけ読まれたかで評価される。あくまでどれだけ読まれたかが評価基準であって、恣意性が働くということで「いいね」の仕組みは禁止になった。

創作活動だけがAIが対応できなかった産業。そしていつしかPVは通貨と同じ価値を持つようになった。まさに仮想通貨だ。これが人間の唯一の生産価値の尺度になった。

通貨は世の中からなくなったが、やはり需要と供給に基づく業者淘汰の仕組みは残っていて、ブログへの広告掲載は需要喚起の大きな手段なのだ。だから読まれるブロガーは現金は手にはできないが、広告掲載により広告主から現物が支給される。

この仕組みによって人気ブロガーは良いクルマに乗り、いい服を着て、おいしいものを食べることができる。もちろん人気ブロガーには当然いいオンナ(あるいはオトコ)が群がることになる。

限界費用ゼロ社会は、人類の価値観そのものを転換させてしまった。面白い文章を書ける奴が、いいオンナ(あるいはオトコ)を抱ける。これが22世紀の価値観だ。



次号、第2章「マラソンブロガーの憂鬱」震えて待て!

本日の走行距離:0km
今月の走行距離:69km
今朝の体重:60.0kg
20170918ブログ村
この連載は月1更新、の予定・・・