キャンプレポは一旦おいといて、GWをさらりと振り返る。

まずはラン。9日間で132kmとまあまあ距離が踏めた。
2018050603

4月の距離を300kmにすべく連休初日に30km走をやったのがダメージ大で、20㎞も足りなかったのは誤算。それ以降も毎日10km超の距離を細々と積み上げた。(除く4日)

やはり週70kmを超えるとかなり脚に来るようで、今日は20kmに届かず19kmで終了。後半はちょっと頑張ったが4:50以上にペース上がらず。
20180506lap
まあこうやって毎週生真面目に距離を積み上げていれば、そのうちペースも上がってくるでしょう。

先日の官九郎クンのブログに、オレは決めたメニューをやるのが苦にならない、ていうことを言ったと書かれていた。そしてその後に決めた通りにしか練習しないと免疫力も落ちる、と続いていて一片の悪意を感じた(笑)。

というのはもちろん冗談だが、オレも基本的には毎週の距離は墨守しているが、練習メニューは走り始めてから決めることが多い。多分言ったのは、よく一人で30km走は辛くてできないというのを聞くけどそれは苦にしたことはない、という趣旨だったと思う。そして官九郎クンもカミさんもトイレが近い(笑)



子どものころは本当にコツコツやるのが苦手で、というのもコツコツやっても効果が感じられたことが無かったからだと思うんだけど、毎日が三日坊主の塊だった。スポーツも勉強もいつか突然できるようになる日をぼんやりと待っていた。

仕事でも20代のころに、良くできるセンパイが飛び込み先に毎日名刺を置いていって、ついに取引が取れた時にその社長が名刺を全部取ってあったという武勇伝を聞いても、そういうのはオレのスタイルじゃないなあとかスカしていた。実力も無いのにホームランボールを待っていたわけだ。

そういう意味では、同世代でも死ぬほど努力して結果を出す人もいたんだけど、そういう人が不思議でならなかった。彼らはどうして努力がちゃんと結果につながるのか。自分はいくらやっても結果につながらない。まあ今思えば、努力が単に足らないだけなんだけど。いつか世界がオレの才能に気付く、くらいに思っていた(笑)。



30代も半ばになって禁煙を契機にマラソン、いや、ランニングを始めた。始めて参加したのが1999年の東京ベイ浦安シティマラソンのハーフ。いきなり1時間42分で走って、これは努力のお陰ではなく、オレの能力ならこのくらいで走れて当然だと思った(笑)。まあ月100kmくらいで大変でもなんでもないですけどね。

その後しばらくは特にタイムの短縮を狙っていたわけではないんだけど、2002年の荒川市民マラソンの前はたまたましっかりした練習ができて、3時間40分が切れた。キロ5分は切れなかったけど、それに近いペースで42.195kmで走れて、ああ、練習したらマラソンも速く走れるんだって、初めて思った。

だってキロ5分ですよ。走り始めたばかりの時はキロ5分というのはある意味、長距離を走れるギリギリのペース。最初は10kmが限界だった。それに近いペースでフルマラソンが走れたことに大いに手ごたえを感じた。その時オレ、38歳。苦手な努力で少しだけ成功体験ができた。

うーん。こうして振り返ってみると、この時に身近に速い人がいれば、35歳から38歳の3年でもっと追い込めてたかも。



話がそれた。

このあたりから仕事でも真面目にコツコツやる要素が増えてきて、見えないところをキチンと埋めるのが大事だということに徐々に気が付いてきた。というか、見えないところで手を抜いている事が後でバレると、ものすごく恥ずかしいということに気付いたというべきか。

マラソンと同じで仕事でもちょっとだけ持久力が増えた。以前のオレでは考えられないが資格も取って再就職には大いに役に立った。また話はそれるが、世間では「努力する才能」に恵まれた人がいるらしい。でも本人にしてみたら「コツコツ努力して努力する才能を身に付けたんだよ!」って言いたいのかもしれない。確かにそれを親からの遺伝だと片付けられたら失礼な話だ。



そして5月5日こどもの日の翌日5月6日はオトナの日。オレもaround50の最終年に突入!あと1年でなんとaround60だ。ランニングとブログのお陰でこの1年も実りの多い年だった。何よりも健康。健康診断の数値も何の不安もない。

ランニングはいつまで続けられるだろうか。今の健康はランニングとセットだ。走れてなかったらこんなに気持ちよく過ごせていない。健康のためだけなら月間300kmは不要だと思うけど、記録を狙っているからこその月間300kmだし、300kmだからこその気持ちよく走れる走力。

記録を狙わなくなったら走力も落ちて、走ってもそんなに気持ちよくはないかもしれない。そうしたら健康を維持できるほどに走れるのか。健康のために走るってなかなかむつかしい。自分の感覚的にはサブ3.5くらいで走れていればちょっとしたジョグも楽しく走れるのだが。



GWを振り返ると本当によく飲んだ。5月1日の鎌倉侵攻作戦の反省会は、ランの時間の倍の時間飲んでいた。5月3日は同じ5月生まれの人たちと誕生会だったんだが、これも夕方5時から10時前までよく飲んだ。話題の半分はTシャツと超音波治療器(笑)。5月4日はキャンプでお隣のご主人と仕事についての重い話。そして今日は家族で誕生会。

これでさっき体重を計ったら60.6kgだった。奇跡!

いや、130km走ったんだから当たり前か。around50最終年、まだまだ頑張りたいと思います。みっつさんではないけど、お酒は少しだけ控えようかと思っています。


本日の走行距離:19.0km
今月の走行距離:76.7km
本日の最低体重:60.6kg
20170918ブログ村