昨日の話の続きで、コースケが「怖いことを考えると胸が詰まる気がする」というので「失恋の痛みはもっと詰まるぞ」と言ったら「パパ失恋したことあるの?」と聞かれ、そういえば今日から実家に帰ることを思い出したのだった。




この記事がリリースされていることには関東一円を颱風が襲っていることであろう。おそらく千葉などは直撃である。まるで太平洋戦争末期にテニアン島や太平洋上の航空母艦から米軍機が襲ってくるコースそのものだ。千葉はこうしていつの時代にも日本の盾となり・・・


昼間読んでいた本が右翼ジャーナリストの本だったので文体まで毒されているようだ。別に千葉だけがいつも日本の盾になっているわけではない。あと、「颱風」って書くと「台風」よりもおどろおどろしい感じがしないだろうか。まあ「イタチ」(鼬)と勘違いしそうでもあるが。

今朝は朝6時に家を出て、首都高→東名→新東名と走って豊田辺りに着いたのが10時半くらい。400km弱を4時間半で走った。新東名は去年も走ったが本当に快適だ。道幅も広く舗装もきれいで途中では110km制限の試行をやっていたりして飛ばし放題。

ここから伊勢湾岸自動車道→東名阪自動車道→新名神→名神と通って京都に行くのが一番早いのだが、名港あたりで事故渋滞で10km120分という表示が。2時までに京都につかなければならないのだがピンチ。車を止めてルートを確認したかったが豊田JCTまでの間にサービスエリアがなかったので、やむなく直前の豊田東ICでいったん高速を降りる。

料金所の手前で車を止めて地図を確認。やむを得ず旧東名→名神で向かうことにする。料金所の手前なので、そのまままた元の新東名に戻り、旧東名へ。小牧から旧名神に変わったが道が悪い。旧名神なんて新東名に比べると地方の2級国道にしか見えない。

この辺でいまや日本最暑都市である多治見付近を通過するが、特に影響は感じられなかった。凶悪な暑さで有名な京都市内に入っても、それほどではなかった。京都駅の近くの駐車場にクルマを置く。ここに2泊してもらうことになる。

駐車場から京都駅までちょっと距離があり、そこをえっちらおっちらスーツケースを押していると、スーツケースがどうしても右に曲がっていく。しかもカラカラ音までする。これはたぶんどこか壊れたなと思って車輪を点検すると、ゴムのタイヤ部分がバーストしていた。まさかこの暑さで・・・

単に20年も使って劣化しただけだろう。最後に使ったのは10年前の新婚旅行だし。新幹線に乗るまでにまだ若干時間があったので、駅の近くのショッピングモールにあるカバン屋に行って新しい奴を購入。一応古い奴も処分してもらえる事は事前に電話で聞いておいた。
DSC_0176
ちょっと痛い出費だったが、まっすぐ走らないスーツケースを押して雑踏を行くと何が起きるか分からないのでしょうがない。

広島からは在来線。広島岩国間は7月豪雨の直接影響はなかったが、本数は間引いて運行している模様。岩国から由宇も普段1時間に2本の電車が1本になっていた。
DSC_0179
夕に戻ったら両親と姉夫婦とともにいつもの焼肉屋。本当に飽きない。
DSC_0180
ここ由宇は広島カープの2軍球場があるので、キャンプ中や2軍の試合があるときはファンが詰めかける。
IMG_20180808_200208
IMG_20180808_200236
しかし地元に戻るといつ同級生に合うか分からない。電車の中でどこか懐かしい面影のあるきれいな女の子を見かけても、同級生の子供だったなんてことも十分ありうる。だからなんだということはないが。

そういえば今回は街中から距離のある実家ではなく、街中のホテルに宿泊している。ちょっとその辺を歩けば誰かにあうかもしれないし、その時はどこまで自制心が保てるのか自信がない。いったいどんな自制心を指しているのか、自分でもよく分からないが。

明日の朝は朝ランして、街を偵察してこよう。

激沈上等(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ