昨日の記事で書き忘れたことがあったので追加しておこう。

岩国あたりまで来ると電車もそう簡単にはドアが開かない。慣れないとこのボタンに気が付かなくて、発車する電車を見送ることになる。このボタン、寒い時期だけなのかと思ったら、冷房が逃げないようにしたい今時分も有効らしい。
DSC_0208
ちなみに内側にもある。
DSC_0207
開けたら閉めよう(笑)

それから岩国駅舎が新しくなったことに気を取られて、駅のそばのこの名店の紹介を失念していた。「ラーメン末広」。
DSC_0149

開店は朝10時。よろしく~。
あれ、岩国駅舎が新しくなったこと、書いてなかったみたいです。こちらです。
DSC_0148
さらに岩国の最近のトピックはなんといっても米海軍航空隊の厚木からの引っ越し。将兵だけで約6千人が移動してきたらしい。経済インパクトは相当だ。おかげで補助金も増えたのか、市庁舎もデススターと見またがうごとくの殿堂。
DSC_0115
右上の出っ張りは市長室?

以前1期だけ反対派の市長が当選したときに国からの補助金が止まったらしく、工事途中の市庁舎が数年間雨ざらしになったのを市民は見ている。たぶん当分の間基地推進派は安泰であろう。まあ市民も基地があることに慣れてるし、埋立て地なので権利関係も込み入ってないし。

これ以外でも警察署とか市民病院とか新しい道路とかがバンバンできている。まさにアメリカ軍サマサマなのだ。正義をうたうのは簡単だが、新しい病院ができて喜んでいる人も確かにいる。

その基地のある中洲方面から名城岩国城方面を眺めたワンショットで岩国の紹介は終わりにしとこう。正面の尾根の中心ちょい右に見える白い点が岩国城。典型的な山城だ。
DSC_0144



さて、その岩国から昨日奈良に移動してきて早速向かったのが平城宮跡。これは新設中の大極殿南門。
DSC_0154
そして堂々の大極殿。朱雀門から徒歩約1km。律令制の威厳たるや!(笑)
DSC_0155
もうちょっと草とか刈ればいいのに。ここにたどり着いたとき、そこにいた甲斐よしひろを少し太らせた感じの作業員の兄ちゃんが話しかけてきた。

兄ちゃん「あの、大極殿の見学は4時までですわ~。いや~、残念やな~。ついさっき終わってもうた」
我々「ああ、そうなんですか。中まで観られるって知らなかった」
兄ちゃん「大極殿は国土交通省と文化庁、朱雀門は県がやってまんねん。国は営利目的では事業はできへんけど県はできるやろ。そやからこんなに違うねん」
我々「へえ・・・・」(聞かれないのにどんどん話しかけてくる兄ちゃん)
兄ちゃん「そやからこっちは草がぼうぼうやろ。あっちはきれいにしとるわ」
なんだろう、このどんどんネタを押し込んでくる感じ。

オレは懐かしいがトモコは違和感を感じたようだ。「大阪の人ってみんなあんななの?」いや、あれは別に大阪の人ではないと思うぞ。でも言葉は大阪中心部から城東・旭区あたりっぽかったなあ。あったことないけど〇マーさんってあんな感じかな。見た感じは写真とよく似てた(笑)

朱雀門から大極殿を眺めた時に一つ疑問があって、それはこの二つの建造物はちゃんとセンターが合ってるのかということ。微妙に大極殿が左にずれているように見えた。帰り際に念のためもう一度確かめてみる。
IMG_20180811_200208
ちょっと拡大してみよう。
IMG_20180811_
手前の朱雀門はぴったりセンターラインから撮影できているのが分かる。それに対して大極殿もほぼ真ん中に入っていた!そりゃあここは間違えないよね(笑)

こちらは建設中の大極殿南門。
DSC_0151
やっぱり子供に見せるなら仏像よりもこういった広さ、大きさ、政権の強力さを実感できる場所がいい。歩くのが長くてブウブウ言われたが。

昨晩は奈良公園一帯で燈花会という催しがあった。写真を見た方が早いです。コメントでも開催の情報を頂戴しておりました。
DSC_0180
DSC_0177
DSC_0170
お盆なんだな~って感じで夜の奈良を満喫。見終わって気が付いたら寝てました。

翌日は朝から東大寺へ。やっぱり奈良と言えば東大寺の大仏でしょう。オレは勤勉にも朝ランでちゃんと下見をしておいた。
IMG_20180811_201945
門越しに大仏殿が見えるのがよい。

朝もこの時間(6時過ぎ)だと人影もまばら。鹿影だけ(笑)。これが午前9時過ぎになるとお盆だけあって大変な人だかりだ。外国の人も多い。

こういうリリジャスな観光地に外国人が群がるのを好まない人も多い。しかし自分がみたアジアの人たち、特に多分中国南部かヴェトナム、あるいはタイの人々と思しき観光客、中でも10代から20代の人たちは、仏像に向かって深々とお辞儀して拝んでいた。

さらに自分が驚いたのは敷居を踏まないでちゃんと跨いでいたアジアの人がいたこと。こういった仏教の本場の敬虔な人たちが遠路はるばる来てくれて、日本の仏教文化に敬意を払ってくれるというのはすごく誇らしいし嬉しい。普通の観光地で見かけるとたまにイラッとすることもあったが、見方を改めなければ。

このあとは二月堂に登る。学生の頃からここには何度も来ているが、この景色は奈良の中で最高だと思う。万葉集はほとんど知らないが、知ってればもっと味わい深いんだろうなあ。ちらりと見える大きな屋根は大仏殿。
DSC_0218
二月堂まで来たら次は戒壇堂と決まっている。ここには国宝の四天王がいるのだ。写真撮影はできないが国の宝を間近に観ることができる。IMG_9wzogg
もう内容も覚えてないが、高校生の時に日経新聞の文化欄で戒壇堂が紹介されていた。そこでこの四天王がいかに素晴らしいかが書かれていて、大学生になったら絶対に行こうと思っていた。

大学1回生の夏にようやくバイクで阪奈道路を越えて奈良に来た。戒壇堂、二月堂、さらに足を伸ばして明日香の石舞台古墳。昔から憧れていた太古・古代の地を観ることができた。

それ以来奈良には何度も来ているが、観るところはそんなに変わらない。興福寺なんて1回しか行ってない(笑)



東大寺でコースケが疲れはててしまったが、とりあえず次の目的地の法隆寺に向かう。東大寺からクルマで40分ほどで、お盆にも関わらず暑さのせいかガラガラだった。ちなみに東大寺内にもかかわらず二月堂や戒壇堂もガラガラだ。

法隆寺も奈良の中心部の他の寺に比べると驚くほど広い。同時代の蘇我氏建立の飛鳥寺と比べるべくもない巨大さだ。中宮寺まで含めると大変な広さだ。

時間と体力に余裕があれば中宮寺まで行って半跏思惟像を観たかったが、コースケの体力が限界だった。オレの傘を日傘に使うコースケ。
DSC_0238
半跏思惟像とは弥勒菩薩像のことで、アルカイックスマイルをたたえていることで有名。時間がある方は是非!
Bodhisattva_Chuguji
今回は法隆寺も中門が修理中でした。
DSC_0237
今回は暑さもあって3ヶ所しか回れなかったが、お気に入りの場所はしっかり回れたので十分に栄養補給できた。

コースケも法隆寺の金堂の釈迦如来三尊像、講堂の薬師如来像を見て、仏像の種類や年代に関心を持ったようだ。いい傾向だ。

このあとは名古屋に早めに移動。明日はいよいよ最終日、リニア博物館だ!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ