昨晩はハードリカーはやめとこうと言った端から、なぜか午前1時から「ノーカントリー」を観始めてしまい、そのまま焼酎ロック飲みながら3時まで観た。朝は9時起き。もちろん朝ランはできず、夕ランだった。明日こそは朝ランしよう。

そんなオレの夏休みもすでに7日経過。あと5日。旅行中はともかく、家にいる時の理想の時間割というものがある。それがこれだ。
時間割
小学生かよ(笑)



なお朝練と夕練は両方ではなく、朝ランした日は夕ランは無し。そして1日の目標勉強時間は4時間。緑色の「読書」は映画観賞やブログを書く時間を含む。

話はそれるが昨日観た「グッバイレーニン」はよかった。なんというか、家族みんながお互いを思いやる気持ちがストレートに伝わってくる映画。みんながやさしい。おなじドイツ映画の「バグダッドカフェ」にも通じる。

でもあのヘリで吊り下げられたレーニン像が通り過ぎるシーンは圧巻だった。メイキングを見ると製作側もここに相当なエネルギーを注いだようだ。東西ベルリンを隔てる壁が壊れた象徴。まさに映画ならでは!
グッバイレーニン

映画と言えば今日はゴッドファーザーネタで一部の方と盛り上がったのだが、やはり「Ⅰ」は素晴らしい。全てが凝縮されている。でも「Ⅲ」でマイケルが家族にアポロニアの思い出話をするシーンも見逃せない。ケイト(妻)も多分初めてちゃんと聞いたのでは。

そしてマイケルの息子(オペラ歌手)が「愛のテーマ」を弾き語りし、マイケルがこらえきれずに涙を流す。ここにシリーズ全体を通じてのテーマが語られるわけです。このシーンは素晴らしい。



いやいや、話それすぎ(笑)

ま、実際には昼飯の前とか昼飯の後とかに小一時間昼寝したりしてますけどね。でも基本的には1日中だいたい自分の時間。買い物に行くときに運転手するくらい。おかげで好きなだけ本を読んだり映画を観たりできる。

とにかく貧乏性なわけです。今でこそ映画を観る気持ちの余裕ができてきたけど、こうなる前はとにかく空き時間を作りたくない、何か知識を詰め込んでいたい、と思っていた。だって映画ってフィクションだしねえ。

もしそれが事実であればいくら時間を使っても平気なんですが、小説や映画は所詮作り物の世界。そればかり観たり読んだりしていても何も自分の中に残らないではないか!と思ったのが15年くらい前。その当時は読書メーター(ジョグノートの読書版)なんて便利なものは無かったので、エクセルに読んだ本を記録し始めた。

記録すると自分が何冊本を読んだかが分かる。記録することによって安心できる。ランナーが月間300km走ると安心するのと似ている。自分はサボってない、と確認できる。

とはいってもそれが実際に役に立っているのかどうかはまた別ですけどね。1つだけ思うのは、歴史は繰り返す、人間は同じ過ちを何度も犯す、ってことでしょうか。

この15年間に読んだ本が約3000冊。これだけ頑張って読んでもそんなもんです。




今日は朝走れなかったのと、夜はトモコ実家で食事だったので、久しぶりに昼間に走った。疲労抜きペースで10km。気温は30度だったが日差しがあるとカラダにこたえる。関西の人たちは日曜日の暑さの中、奈良の山の中を走ったらしい。本当に元気だ(笑)


本日の走行距離:10.2
今月の走行距離:122.3km
本日の最低体重:60.9kg
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ