明日はいすみ健康マラソンとか出張の準備とか色々あるので、座右の銘Tシャツの受付開始しちゃいました。→【激沈上等!】座右の銘Tシャツ頒布のお知らせ【〆切は12月9日】





あんまり手本になる話ではないのだが、走った後はほとんど体の手入れをしていない。むしろムダ毛は積極的に手入れしているのだが。

というのは、かつては走り終わった後にマジメに冷水を脚に掛けたりして疲労を抜く努力をしていたのだが、そうしたことでは予防できなかったであろう故障を何カ所かに負った。例えばシンスプリントだったり、今年の夏場に悩まされた脚の外側の付け根の痛みだったり。

そんなことで走り終わったあとはプロテイン飲んで長風呂に浸かるくらい。長風呂入ると長生きするという統計もあるらしく、疲労は確実に抜ける。冷やすよりもそっちの方がいい場合もあるらしい。そういえば受験勉強中はその風呂の中で寝てしまうこともしばしばだった。疲れてたんだなあ。

シンスプリントは一番効くのは超音波。走り終わった後に痺れる感じがあったらその箇所に超音波を当てる。予防というよりは発症してからの方が簡単に処置できる。こんなこと言ったらプロのアスリートには叱られそうだが。ちなみにシンスプリントは冷やすより温めた方がいいという説もある。

股関節は実は真面目に対処していて、毎晩寝る時にベッドの上で腰骨を床に押し付けてからカラダをひねって腰回りの筋肉を伸ばしている。いや、正確には毎晩ではなく気になった時だけだ。これで大腰筋とか腹斜筋を伸ばしている。

今思い出したが四股とかランジとかは大学の時に取った杵柄で得意中の得意だった。苦手なスクワットやるくらいなら四股を5分とか10分やればいいのか。海外出張中はこれで行こう(笑)

幸いなのは、こんな手抜きのケアしかしていないのに、そういった個所以外の脚の主要パーツ、例えば脹脛靭帯とかフクラハギには長い間大きな故障が生じていない事だ。一つは今シーズン取り組んでいる柔らか着地の恩恵。もう一つは食事か。

9月ごろから受験勉強をするためもあって、酒の量を相当に控えた。それ以前が飲み過ぎだったともいえるが。何しろ飲んだら勉強にならない。寝る前にはチョロッと飲んだがトータルの酒量はグッと減っていたと思う。

11月は239kmと走行距離も落ちたがこれはしょうがない。受験勉強のダメージからもかなり回復してきたので、あきらかにスタミナも戻ってきている。明日のいすみ健康マラソンは復帰第一戦でうまく走れればいいなあ。

ヨッチさんが驚異の月間700kmと脱アルコールで鮮やかなサブ3復活を遂げただけに、アルコールについてはこれからも色々考察が必要だろう。

本日の走行距離:0.0km
今月の走行距離:0.0km
本日の最低体重:60.9kg
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
ガンダム、リュウ・ホセイの死ってこういう経緯だったのか。高校生のときに再放送見た時は見逃してたシーンがいっぱいあるなあ。映画では絶対に分からない、アニメ見て泣いたのはフランダースの犬以来だ。オデッサが遠い・・・・