今日は朝起きてみたらやはり脚は回復していなかったので稲毛30kmはやむなくDNS。しょうがないので午前中はずっと家でヨガをやっていた。やってみるとできないと思っていたポーズが取れたりして面白くなってきた。気づいたら2時間くらいヨガマットの上にいた。

夕方になって脚の違和感がなんとなくなくなってきたので着替えてジョギングに行く。しかし1km行かないうちにまた痛みを覚えたのでそこでストップ。芝生の上でしばしヨガのポーズをとった後に家に戻った。あんまりやってると近所で「最近ヨガのおじさんがいるよね」とか噂になるのでほどほどにしておこう。

ハムストリングスと大臀筋の境目辺りを中心にストレッチすると一時的に痛みは消えたのだが、それよりも仙骨と大臀筋あるいは梨状筋のつなぎ目あたりが炎症を起こしているようで、これがたぶん坐骨神経に影響している模様。ここに超音波を当てるとカカト辺りまでビリビリくる。なのでふくらはぎそのものには原因はなさそう。

やはり年始からまとめてドカッと走り込んだことと、そもそも加古川の時に痛めたところが治り切っていなかったということだろう。でも正月は調子よかったんだけどな~。やっぱり痛くなってみないと分からない。反省のしようもない。

あせってもしょうがないのでしばしランオフ。超音波治療は継続。そしてヨガは続ける。




話は全く変わるのだが、今読んでいる小説にグダグダのアル中探偵が登場する。朝から酒を飲んでいるので相当重症だ。その彼が時々AA(Alcoholic Anonymous:禁酒協会)の集会に参加するシーンがある。

AAではアル中の患者たちが自分の禁酒体験とかアルコールでの失敗談を持ち寄り合って、それでお互いに励まし合いながらアル中を脱出しようとする。禁酒期間を長くできるとそれを披露してお互いに「それは素晴らしい!」と讃え合う。

これが何かに似てるなと思ったら、Facebookのコメントのやり取りにそっくりだった。あそこは何を言っても讃えてもらえるもんな。ブログでもたまにそうなることもあるが。あれが嘘っぽくてFacebookに書くのやめたのを思い出した。

ああ、いかんいかん。故障者特有の闇に入るところだった(笑) 沈むときは静かに沈みたい。



ところで頼まれてもいないのに拡散しますが、1月25日(金)大阪でのアスリートヨガに若干の空席があるそうです。興味のある人は是非。詳細はこちらをご覧ください。→Choeiさんのブログ
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ