今日も自宅謹慎。

ではなくて在宅勤務。もしかしたら気付かない間に自宅謹慎扱いになっているのかもしれません(笑)

しかし火曜日の筋トレのダメージが十分に抜けていない。1か月前のペース走の直前は「これからペース走だ!」とワクワクしていたのに、今は疲労感しかありません。良くない兆候です。

以前は確かに筋トレはやっていなかった。でもインターバルから中2日も無かった気がするけど、中1日はさすがにキツイ。今日も脚が上がらなくなりました。これはこれまでのペース走ではなかった症状。

ラップです。
20190613lap
16ラップ目で調子に乗って当日最速ラップを刻んだものの、その直後に失速。脚が全く動かなくなってDNF。

最初の2kmも本当に脚が重くて、今日はこんな日なのかなと思いました。しかし3ラップ目からスルスルと脚が動き始めて10km目までは実に快調。シーズン最速とまではいかないけれどもカラダが軽い。

11km目あたりで脚が急に重くなったがなんとか我慢できる範囲で4分30秒台をキープ。これは良かった。ギリギリな感じで少しの逆風の中を4分30秒台で走る。着地位置と腕の振り、骨盤の角度、背骨の反らせ方で同じペースを保つ。心肺には何の心配もない。

信号で一瞬止まって(20kmのときは信号のあるコースを走ってます)16km目を再スタートすると思いのほかに好調で4分30を楽勝でキレた。多分これがいけなかった。とにかく最初から心拍数はいつになく高かったんですよね。

17kmを過ぎたところでまったく脚が動かなくなり、一旦休止したとしても再スタートは到底無理な感じ。20km達しないで止めるなんてブログになんて書くんだよ。こういう時にブログは自分に対する抑止力になるのですが・・・

諦めてありのままをブログに書こうと思ってそこで終了。1人で走っているのに読者全員から見られている気分。最近のアクセス状況だと毎日1千人強の人がブログを読んでくれていますので、ヤバくなった時はどうしても考えてしまいますね。

最近DNFが続いているので今日くらいは良い結果を書きたかったのですが、真面目にレポートしているので調子はそんなに悪くはないことは伝わっているはず。この辺は非常に大事だと思います。

今の状態は、5月ごろに比べるとインターバルも400mから1000mに距離を伸ばして、しかも筋トレも器具を購入して強化しているところ。

でもそういう要素を除けば、まさに毎週同じペースで同じ距離にチャレンジしているのに、だんだんと最後までついていけないという、逆ケニア式練習状態。ケニア式なら毎週少しずつついていける距離が伸びるはず。

まさかこんな短期間で老化が進んでいるわけではないと思うので、これはやはりトレーニングが強化されているせいでしょう。それにしても影響に対して弱すぎるし、疲労の回復が遅すぎる。まあ中1日はちょっとハード過ぎたかもしれませんが。

土日にペース走を入れれば間はもう少し空くのですが、土日に体調をキープできるのか。金曜日の夜に飲み過ぎたりしたら土曜日に全力で走れないのではないか。しかも土曜日はだいたい朝寝するし。といったところが金曜日の夜にペース走を入れている理由です。

でも今週のサイクルだと火曜日にインターバル走と筋トレ、木曜日にペース走なので疲労を回復するチャンスがあまりないですね。インターバル走はある意味勢いで乗り切れますが、ペース走は1時間半なので万全のコンディションで臨む必要があります。今回の心拍数を見るとまだ疲労が抜けていなかった様子。

この辺をよく考えながら来週以降の練習スケジュールを組み立てよう。




秋に市川リバーサイドマラソンの前哨戦としてこんな大会が開催されるようです。
市川リバーサイドミニマラソン
ランニングに凄く詳しい人が企画したビギナー向けのイベントという感じのサイトですね(笑)
キロ3分の部とかはないので、ご家族と一緒でも安心!


本日の走行距離:17.5km
今月の走行距離:85.9km
本日の最低体重:未計測

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ