1週間準備してきた伊人とのミーティングが終わってほっと一息。明日はCEATECに直行して昼過ぎに出社することにしてちょっとゆっくりすることにした。CEATECも確か昔は東京フォーラムだかビッグサイトだかでやっててもっと行きやすかったはず。

そもそも事務機メーカーとかPC周辺機器の見本市だったのに、いつのまにか家電メーカーが中心になって今は規模も大きくなって場所も幕張。でも行けば面白い。RFIDの黎明期にはよく行ってました。



さて、グダグダなTT(タイムトライアル)とはこれだ!
20191016lap
ええ、最初は5kmのつもりでスタートしましたが何か。

最初の1kmを速く入り過ぎるのは相変わらずで、本来せいぜいキロ4の実力しかないのに、そこから7秒も速く入っちゃダメですよね。でも2kmくらいまでは気持ちよく走ってた。2km超えたところで「これは5kmは無理!」ってなって、後は止め時を探す。

「まあ3kmだな。ケニア式ってことで」ということで3kmでストップ。言い訳をするとすれば普段日曜日にしか食べないステーキを月曜日に食べた事か。全力さんのブログによれば12時間で回復するらしいがそれは20代の話でしょう。50代で中1日はキツイ。

インターバルなら距離が短いのでごまかしがきくが、TTはそうはいかない。やっぱり週中はインターバルに特化し、TTは金曜日か土曜日にしよう。と、毎回撃沈するたびに思う。

でもたとえ3kmでもギリギリ12分切れたので良しとしよう。そして来週はもっとペースキープして長い距離を狙う。400mのインターバルではちょっとゼエハアする時間が短すぎると感じているし。




そしてもう一方の「グダグダな好ゲーム」。

ワールドカップラグビーの先週土曜日の「ウェールズvsウルグアイ」。誰か見た人いますか?

自分はNZ、南ア、アイルランド、フランス、イングランド、ウェールズの中では、ウェールズが結構強いんではないかと思ってます。ウェールズとオーストラリアの試合を観てそう思った。当たりが強くてスピードがある。タイプ的にはアイルランドとか南ア。

そう言えばこんなのも。
話がそれました。

そんなわけで、ウェールズの試合をもっと見たいと思って日曜日、日本戦の前にやった試合を録画で観た。もう1位通過が決まっているウェールズはメンバーを大幅に変えてきた。

そのせいかしらないが、前半はほとんどイーブン。ウェールズはとにかくミスが多い。パスをぽろぽろこぼす。反則が多い。スクラムもほぼ互角。

傑作だったのは同じ選手が4回トライして4回ともノートライになったこと。4回目は審判も苦笑してましたね。いちおうビデオ判定するんだけど、ビデオが回った瞬間に会場からも笑いが漏れるという・・・

そんなグダグダだったんですけどもう一方のウルグアイは大真面目にやってるんですよ。とにかくトライを目指すひたむきさが凄い。いくら負けていても気持ちが切れない。後半で35対13まで点差が開いたんですけどね。

後半も残り10分くらいになるとウェールズも段々気合い入ってきて、真面目にウルグアイに付き合うようになる。とにかく諦めないウルグアイ。

圧巻だったのは80分のドラがなってから。ウェールズボールになったのでけり出せば試合は終わるのにウェールズは延々ボールをつなぐ。ウルグアイが取り返す。またウェールズが取り返すでゲームが切れない。そこまでやりたいならどこまでも付き合ってやるぜって感じ。

観客も何が起こっているか理解し始めてものすごい歓声になった。気が付いたら80分を5分も経過。ここでようやくウェールズがトライでノーサイド。観客も拍手喝采。

両チームとも疲れ切ってて動きにもキレがなくてグダグダなんだけど、お互いの意地を最後まで見せ合うって感じが、ラグビー中年の青春ドラマみたいでほのぼのしてて、ああこれがラグビーなんだなあと思わせてくれる試合でした。

華麗にパスをつなぐスピード感のある試合も素晴らしいけど、こうしてお互いのリスペクトが感じられる試合も本当に捨てがたい。勝負度外視。Amazon primeで観られるので是非。ほっこりすること請け合いです。

本日の走行距離:5.0km
今月の走行距離:127.6km
本日の最低体重:60.5kg
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ