ええか、みんな。その思いを体幹トレーニングにぶつけるんや!

筋肉に力入れる時に「バキバキに鍛えたるで!」って筋肉に語り掛けるんや!

そしたら筋トレ効果も3倍くらいになるってNHKの筋肉先生がゆうとった。

さあ、みんな一緒に!








バキバキに鍛えたるで!!











久々に横浜2015の前日バリのテンションになったわ(笑)











今日はラッシュを避けてチョイ早めに帰宅。もちろん帰ったらすぐに体幹トレーニングだ。しかし月曜日にバキバキに鍛えて疲れが抜けないままに水曜日のスピ練やったカラダは違う意味でバキバキで・・・ 疲れが抜けんのう・・・・





クルーズ船に乗り込んだ某教授の動画とそれに対する反論。興味深く見た。読んだ。なんていうか、まあアレと言えばアレなんだけど、そうだからと言って一方的にアレかというと多分多少はソレもあっただろうし、そうするとすべてのソレが封じられるのもコレだなあと。

人にはそれぞれのテンションがあるし、どちらも悪意があるわけではないし、こういう異常事態なんだから多少はみ出すこともあるだろうし。仕事というものをどうとらえるべきなのか、考えさせられた。どっちがどうとは思わない。というか議論する気が無いので書かない。



イベントの自粛も、理屈上は2週間きっちり本当に必要最小限のビジネス以外は全部休んで、検疫も厳格化したら理論的には蔓延がピタリとおさまるという一方の極論からすればずいぶんと中途半端だ。そもそも深刻度についての認識が統一されていないのだからしょうがない。

大人数が集まるイベントの中では、一番経済影響が小さそうなのが非営利目的のマラソン大会。営利目的のイベントに対しては強く中止を指導すると財産権の侵害という問題が付きまとう。国の補償が、という話になる。ここであらゆる何かを批判するつもりはないです。

国内にいると感じないけど、特に遠隔の欧米から見たら日本と中国は同じ扱い。海外出張が取りやめになって困っている人もいると思う。いくら自分たちが大丈夫だと思っても、いくら池上彰がインフルエンザより安全だと言ってみても、あちらからはそうは見てくれない。逆に伝染するわけでもない狂牛病のときはイギリスに行きたくなかったでしょ?



色んな立場があるので難しい。考えうるすべての人の立場に立って書きたいところだが、むしろ書かない方がいいような気もするのは、冒頭のクルーズ船の件を書いてもそう思う。








そう考えると、体幹トレーニングくらいしかやることないじゃないですか(笑)



今のところ、当初古河はなももが開催予定だった3月16日に地元マイコースでフルの距離を走る予定。自分はそんなにクリティカルな目標を置くわけではないので、ガーミンで行きます。トモコが自転車で伴走してくれるはずもないので、久々にユレニクイの登場か。

ちなみにガーミンって最初はGPS計測器からスタートして、今や小型ジェット旅客機や軽飛行機のアビオニクス(航法計器製造)ではトップメーカー。Honda Jetも確かGarminのはず。GaryさんとMinさんが創業したのでGarmin。っていうのはWikipediaで知った(笑) そのくらいGPSに関しては信頼性があるし、そう簡単にGPSウォッチからも撤退はしないと思います。安心して上位モデルを買おう。


そしてバキバキに鍛えよう!!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ