今日も安定の疲労抜きジョグ。といいながら大会が近づいてきたことによって微妙に距離を踏むことの捉え方が変わってきた。先月まではイケイケで踏めるだけ距離を踏んでいた感じだったのが、さすがに今週は来週土曜日に向けて最適化しないといけない。


先日、末續慎吾の本を読んだ。なかなかに赤裸々だった。

タイトルの「自由」にはいろいろな意味があるが、その一つは「他人との競争からの自由」。自分たちのやっているマラソンも彼のやっている短距離もどちらもタイムで客観的かつ絶対的な結果が出る。がゆえに本人の努力も想いも最後は全部数字に転化される。

末續選手は自分以外のもの、外国の選手や記録と闘っているうちに自分を見失い走れなくなった。しかし自分が走ることを楽しめばよいと気付いたことで走る世界に戻ってこれたそうだ。

我々だってブログにマラソンについて書いているからには、何がしか人の目を気にするところはある。スピード練習やっていて思いもかけないタイムで走れれば、走っている最中から「これでブログのネタができた」と思うし、閾値走なのにいつの間にかタイムトライアルになっていたりする。

面倒なのは意識する相手ができた時、あるいは例えばサブ3のような明確なターゲットができた時だ。これまで勢いよくブログに書いていたのに、競争相手に負けたら、とかターゲット突破に失敗したら、という心配事が加わる。そうなると末續選手と同じ領域に少なからず入っていく。

末續選手によれば、怪我を美談にして引退してしまう選手もいて、本当に競技継続が無理なのか逃げたのかは見れば分かるらしい。本当に走りたくてたまらないのに故障で走れない人から見たらふざけた話だ。



自分の持ちタイムとか今シーズンの練習でのタイムを考えれば、このブログを読んでいる一部の人は来週の大会で自分がサブ3を意識していると考えてくれているだろう。ありがたいことです。逆に敢えてその言葉を出さないように配慮してもらっている気もする。

練習では415で30km走はやっていないものの、ペース走では何度もその近辺で安定して走れているし、ペースは遅いが35km走もこなしている。何より従来の自分比圧倒的な走行距離。PBである3時間6分という持ちタイムからしてもちょうど美味しいところだ。

自分も3年前にこれだけ練習出来ていたら自信をもってサブ3に挑戦すると宣言していただろう。逆に言えば3年前によくあの練習でサブ3狙うとか言ってたなと思うくらい、今の方が練習出来ている。



しかしながら先日も書いた通り、自分は今シーズンの練習そのものに相当満足している。

例えば20kmのペース走の結果を見て、フルマラソンの本番で最低このくらいで走れそうだという目算が立つようになってきた。これは大きな進歩だ。去年は距離は相応には走っていてもフルマラソンのタイムは計算できなかった。コンディションが整わなくて20kmペース走自体がほとんどできなかった。

そんな満足に走れない期間、精神的にきつかったのは「サブ3狙うんですか?」とか「狙わないんですか?」という質問も受けたこと。かつて自分が公言していたし聞いた人に悪気は無かったと思うが、その時の自分ではキロ5分で3時間半くらいなら切れたとしてもキロ4分15秒でフルマラソンを走るのは全く次元が違っていた。

自分だってもちろん狙いたい。狙えるようになりたい。しかしとてもそんな状況ではない。そしてさらにきついのは「狙わない」とは言えなかったこと。年齢も年齢だしもしそう口にしたとしたら今後はもう狙わないという意味にしか受け取られない。だから「(いずれ)狙う」という言い方にしかならなかったのが辛かった。



今ならもっとそういう目標に対して自由だ。相手は過去比最高に走り込んできた自分。

今はゴールタイムよりも、どうやったら当日の全力を出し尽くしたタイムを出せるかということに一番関心がある。どんな入り方をしてどんなストライドで入って、どの時点から上げたら一番スムーズにトップスピードに乗せられるか。

今のところ先々週のタイムが唯一の手掛かりなので、入りのタイムは4分20秒で設定するしかないと思う。スタートしていきなり415にはできないし、かといって420で何キロも走ったら手遅れになる可能性があるので最初の5kmには相当に集中する必要がある。

つまりゴールタイムよりも気にしなければならないことがある。そして月500kmレベルの距離を踏み始めてまだ3か月しか経ってないという事情もある。このペースで踏んでいけばさらにタイムは伸びる可能性がある。まだまだ何度でもチャレンジはできる。



こんなこと書いている時点で相当意識過剰になっているかもしれないが(笑)
お守り代わりに2013年からの自分の月間走行距離のグラフを載せておこう。
月間走行距離
ダルヴィッシュが残念ながらサイヤング賞を逃したけれど「目標にしていた選手より上に行けて嬉しい」というコメントを出していた。順番はあくまで結果と受け止めるすがすがしいコメントだと思った。




本日のスクワット:50回
本日の走行距離:15.1km
今週の走行距離:61.3km
今月の走行距離:192.8km
本日の最低体重:58.0kg
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ