ようやく2015-16シーズンが終了した。
病気とかPBとか色々あったが、よく頑張ったと思う。
もちろんシーズン初めに掲げた「3時間1桁」には届かなかったが、
それでも結果的には充実した1年だった。

では成果ベスト5と反省ワースト3。
まずは反省から。


【反省1 病気と故障多すぎ】

7月にシンスプリント発症。
これは昨シーズンの疲れが取れないままにスピ練やったから。

それが癒えると今度は10月末に帯状疱疹発症。
これはあきらかにオーバーワーク。
疲れを溜める練習だからしょうがないが。

さらに別大の2週間前の発熱。
これはもう日常生活での不注意としか言えない。
ただこれ以降は体調不良にはなっていない。
咳一つでない。東京マラソンパンデミックも無傷w


【反省2 計画通りの練習できず】

本当は10月から毎月300㎞走っているはずだった。
実際には11月が150km、あとは250㎞前後。
実際に300km踏めていたら、目標は達成できていたと確信している。


【反省3 今季の目標未達成】

今季の目標は何度も書いているが3時間1桁だったが、2分35秒の未達。
しょうがないが、結果は結果。しっかり反省したい。
単にはなももであとキロ4秒、ということではないと思う。
練習の質も量も足りてなかった。



続いて成果。

【成果1 PB更新】

もうこれしかない。
昨季の3時間18分20秒(横浜マラソンネット、参考記録)から、
3時間12分34秒へ5分46秒更新。
その前の年の15分更新からは見劣りするが、
3時間15分切ったら別世界ではある。
ついでにハーフのPBも久しぶりに5分更新。


【成果2 距離への抵抗感の克服】

毎回の練習単位を8㎞以上から10㎞以上に変えたせいか、
長い距離にうんざりしなくなった。
フルマラソンでも、なかなか気持ちがキレなくなった。
42㎞ならけっこうあっという間に終わる。
だからつぶれた時でもペースを維持するのもそんなに苦ではない。


【成果3 フォーム改造成功】 

今回の佐倉もそうだが、終盤の落ちが小さくなったのは、
あきらかにフォーム改造のお陰。
まあそんなおおげさなもんじゃなく、
重心に対して頭、背すじ、腰、膝、足を正しくセットするだけですけどね。
でも疲れ方は全く違うと思います。

ランニングレボリューションと呼ぶ一連の脚運びについても、
ピッチ走法の徹底とあわせてかなり成果があった。
これ以上はフォームではないだろうなあ。


【成果4 ピーキング力向上】

病気しといて説得力ないが、はなもものピーキングは
今の走力からすれば完ぺきだった。
ようやく、直前週に休んでも落ち着いて過ごせるようになった。
自分の練習に自信が持てるようになったということだろうか。
体調を崩すことがなくなったのも大きい。


【成果5 次への展望が持てた】

来季は3時間1桁の前半を狙う。そうしないとその次にサブ3できない。
来季一気にという考え方もあるが、
あとキロ18秒がそんなに簡単に縮まるとも思えない。
10秒づつにさせて欲しい。
でも射程内に入ってきた感じはある。
レンブーストとの出会いも大きいなあ~♪


明日は来季の目標と課題。



にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村