自分は山口出身なので、九州とは因縁浅からぬ関係だ。
高校からの進学先も九州大学って人が結構周囲にいた。
初めて九州にわたったのは山陽新幹線が博多まで延伸した昭和50年。
そのときは新下関まで行って、関門トンネルと関門大橋で門司まで往復した。


その後は大学時代になんどか博多まで行った。それは部活(笑)の関係。
中洲の夜は苦かった(笑)

大学4年の夏に、バイクで九州を一周した。
よく覚えていないが、大阪からフェリーで大分にわたり、
臼杵→阿蘇→雲仙天草→鹿児島→都井岬→青島といったルートだった気が。


最近では結婚する直前の2007年にトモコ(当時婚約者)と九州を一周した。
山口の実家からクルマでまず熊本に入り、
途中菊地のあたりで道端の肉屋で買った馬刺しを、近くの公園で食す。
激ウマ~。(馬だけに) あの肉屋は無事なんだろうか。
EPSON011

そこから南阿蘇国民休暇村に宿泊。
今回は被害はどうだったんだろうか。
10年前、割とふっくら。腹もふっくら(笑)
EPSON012

翌日は阿蘇山を周遊。多分草千里付近。ポーズがキモい(笑)
EPSON004

そして火口。
EPSON003

そこから南下して鹿児島に向かう。
お約束の西郷隆盛像。腹はひっこめてる(笑)
EPSON002

確かこの日は鹿児島市内に宿泊。
そして翌日ジェットフォイル船で屋久島へ向かう。
実はよく知らないで行ったんだが、屋久島って全島トレイルの島。
山登りにそれなりに親しんでいないと楽しめない。
EPSON008
いちおう軍手を持っていくくらいの知識はあったが、足下はジョギングシューズ。
とにかく水辺がキレイだった!弁当を食すトモコ。若い(笑)
EPSON006
絶景をバックに。オレも若い(笑)
EPSON005
山に登るのがあまりに楽しく、東京に帰ってから速攻で谷川岳(ロープウェイ)に行った。
そのあと、トレッキングシューズ購入。
屋久島の後は佐世保の海上自衛隊資料館、福岡ラーメン三昧。
EPSON009
たしかキャナルシティの一蘭に行ったと思う。
EPSON001

九州の魅力。
温暖な気候、短い旅でも長期でもどちらでも楽しめる。行く先に困ることがない。
写真は無いが佐世保に行く途中、有田によって新生活の食器を買ったり。
あまりに気に入って、東京にも店があったので結婚披露宴の引き出物にした。


だからそれから5年後、子供ができて電車やSLに興味を持ったとき、
やっぱり九州でしょ、って思って2泊3日の旅に出掛けた。
ルートは飛行機で鹿児島に入り、肥薩線のディーゼル、SLを乗り継いで、
熊本、阿蘇、黒川温泉とめぐる。

これは嘉例川駅。
PO20120721_0450

ここから、いさぶろう・しんぺい号に乗る。
PO20120721_0609

SLに乗り継ぐ人吉市内で焼酎の蔵元を見学。
これが因縁で、いまだにここの焼酎を飲み続けている律儀なオレ。
PO20120721_0643

これ、全部試飲しました(笑)
今も飲んでるのは、左から4番目の「峰の露」
米焼酎だが黒麹なのでキックが適度にあって飽きない。
PO20120721_0650

出来上がるオレ。コースケも出来上がってる?(笑)
PO20120721_0651

そしてお待ちかねのSLで熊本へ。
PO20120721_0681

熊本城の石垣にビビるコースケ。これが崩れたとは・・・
PO20120721_0733

多分いまもいるはずだが、熊本城内にはエキストラのお兄さんが何人かいて、
「加藤清正でござる」とか言って楽しませてくれる。
PO20120721_0742

ここから阿蘇経由で黒川温泉へ。
本当は鉄道で行くはずだったが、直前の水害でJRが不通に。
やむなくレンタカーで大観峰経由で黒川温泉へ。
PO20120721_0750

PO20120721_0770

派手さはないが、自分目線で楽しめる。それが九州のいいところか。
復興するには時間もかかると思うが、決してあきらめないで欲しい。
九州地方を愛する一ファンより。





にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


ここからは閲覧注意。ある意味グロ画像。


大学の時の旅行の写真を探していたら、こんな写真が。
EPSON013
だれですか、このぶりっ子は(笑)。
応援団の団室で、チアのバトンを持って。
多分20歳。まだ口がへの字じゃない。時は残酷だ(笑)