昨日の帰宅ランは20㎞のつもりが26㎞に。
お蔭で月間300㎞楽々突破!
26㎞って最近誰も驚いてくんないけど、
東京駅から小岩経由浦安までと同じだぞ。
ってそのままか。

そもそも職場から集合場所まで4㎞もあったのが誤算だった。
さらには集合場所から自宅まで20㎞のはずが22㎞。
ええ、そうです。オレはちっちゃい奴なんだよ!!

でもお蔭で月間300㎞を余裕で突破!(2回言った)
こんなに走れたのも終始リードしてくれたproceedさんのお蔭。
プロさんが300㎞走れたのもオレのお陰だけど(笑)
そして申し訳ないがプロさんが旅行している日曜日、オレが突き放す(笑)

やっぱりリュック担いで走るのはしんどい。
だから今日は養老渓谷行かない。もうリュック担ぎたくない。
350㎞まであと29㎞!多分2日で何とかなる♪





それにしてもブロガー1人いなくなっただけで村は大騒ぎ。
かくいうオレも騒いでいる一人。
オレにとっては彼はムカつくくらい速かった。
だからむしろブログだけでも続けてほしい(笑)

あの下ネタは本当に天才だった。オレも引退したくらい(笑)
確かに家族が見たら引くかもしれないがそれでブログ全削除する?
むしろ勤務先じゃないか心配。もしそうならかなり深刻かも。

あのブログでの彼の率直な物言いが凄く好きだった。
オレもあやかりたい。
面白い下ネタは書けないが率直さは影響を受けている。

隠しているようで結構ズバリモノを言っている。
思わせぶりな書き方は基本しない。
思わせぶりな書き方って、奥ゆかしいようで実は読む人を疑心暗鬼にする。
というか、不愉快な気持ちになることもある。

例えば宴会での会話の内容について
「すごく楽しかったけど差しさわりがあるのでここでは書けない」みたいなやつ。
それって誰かの悪口を言ってたってことではないのだろうか。
書くのに差しさわりがある理由ってそれくらいしか思いつかない。
本当にそうでも、ただ単に「楽しい宴会だった」でいいじゃん。

ツイッターでも、誰のことか言わずにネガティブなことを書いてるツイート。
誰もが「それって俺のこと?」って思う。
当人は婉曲に言ってるつもりだと思うがこれも要するに陰口。
読んでていい気はしない。

それに対して彼のブログは、多少ネガティブに書いてても
雨ブロガーの人を知らないオレにでも誰のことか分かるように書いてある。
それがすごく気持ちよかった。やっぱ余裕があるんだよね。
唯一放送禁止用語を一部伏字にしてあるだけ。本当に潔い。
いや、それは奥ゆかしさか(笑)





今日のタイトルは、クライスラーを再建したリー・アイアコッカの著書名。
今となっては無くなってしまった会社なので説得力はないけど、
90年代には名経営者と言われていた。

複雑化してしまった今の企業を率いるにはちょいとしんどいかもしれないが、
よりシンプルな小規模な集団とかへのリーダーシップを学ぶには最適の書では。



って探してみたらもう絶版だった・・・・







じゃあその代りにオレの推薦図書。



一番印象に残っている下りは「賛成と同意は異なる」という箇所。
リーダーの指示に対して賛成はできない場合でも、
ちゃんとプロセスを踏んで説明されればその指示には従うというもの。

やっぱり思わせぶりではいかん。
「知らしむべからず由らしむべし」という時代ではないのだ。
今や時代はTALK STRAIGHTなのだ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村