量は質を凌駕する

 ~ アウトドアと読書の日記

カテゴリ:●RUN&RIDE > ランニング週報

放送作家:
それではそろそろまいりましょう!

キミ姉:
キミ姉の!

キミ姉・放送作家:
日曜サンデー!

テーマ曲:
傷だらけのローラ/西城秀樹


放送作家:
やっぱり今週はこれですね~。ご冥福を祈りましょう。これが紅白初出場で、日本で初めてスモーク使ったと言われてますね。この間奏のあたりのクネクネとか凄いですね

キミ姉:
この映像、うちの母が紅白で「西城秀樹が怪傑ゾロじゃあ」って興奮してたのを思い出したわ。アンタは生で聴いたことないでしょう。もう本当にあのころのヒデキの人気ったら凄かったわよ。ビートルズの時の混乱もたまに映像で見るけど、ヒデキが一番ね

放送作家:
ユヅよりも?

キミ姉:
ヒデキは日本根こそぎ持って行ったからね~
20120520234843196
放送作家:
ちょっ!!なんですかこの写真は!!今なら放送禁止ですよ!

キミ姉:
なんか入れてるのかしらねえ。これでギャランドゥって呼ばれたのかもね(笑)

放送作家:
新御三家ってあったんでしたね

キミ姉:
その中では野口五郎が一番地味だったわね。歌は一番うまかったけど、その分玄人好みだった。郷ひろみはまさにアイドル。そんな中でヒデキはワイルドだったわ~。もっともセクシーとも言えるわね。歌もうまかったのよ。日本のロックはここで始まった!

放送作家:
情熱の嵐、ちぎれた愛、薔薇の鎖、激しい恋、そして傷だらけのローラ。

キミ姉:

君が望むなら命をあげてもいい~
二人だけに~二人だけに~
薔薇のくさりは~

放送作家:
激しい恋は動画を入れときましょう

キミ姉:
もうカッコいい~!!ヒデキ感激!! 髪が短いから80年代以降ね。

放送作家:
この後はやっぱりY・M・C・Aですかね。

キミ姉:
高田みずえと太田裕美がいるわね!! 当時はヒデキにしては品行方正な歌詞ねえ、って思ってたけど、ゲイの歌だったのね。時代を40年くらい先取りしてたわね。

放送作家:
その後はやっぱりこれでしょう!


キミ姉:
なんか西城秀樹追悼トーク番組みたいになってきたわね~。これでヒデキ健在ってことが分かったのよね。やっぱり歌がうまいわよね。それにしても二番で「マラソンしてたら自転車のあの子に抜かれた」「オレはいつだって全力」っていいわよね(笑)

放送作家:
ところでそろそろ本題に行きましょう。この週末は山口に行ってたんですか?

キミ姉:

そなのよ~。鉄道車両製造工場に潜入してきたわよ

放送作家:
潜入じゃないですよね。普通に事業所開放日だったんでしょ

キミ姉:
ネットでは情報が流れてないから東京から行くのは大変よ。多分我が家は遠来賞ね。だいたいは近所に住んでる工場のOBとか地元の人が行くイベントだから

放送作家:
それにしても盛況だったみたいですね

キミ姉:
コースケは興奮してたわね!大きな工場の中に入るのは初めてだから。

放送作家:
大宮のてっぱくよりもですか?

キミ姉:
あれはいわば寿命を終えた電車を標本として見せてるからね。こっちはこれから現役で働く車両だから。まったく意味合いが違うわ。

放送作家:
そういえば新幹線のN700Aも展示されたたんですね

キミ姉:
それよ!もうN700は日本の宝ね!
DSC_0136
放送作家:
確かにカッコイイですよね~

キミ姉:
それだけじゃないのよ。やっぱり時速300kmの高速列車を1時間に最大12本も走らせてるのよ。5分に一本よ、もう異常よ。それをささえているのがこのN700Aの性能なのよ

放送作家:
確かにイタリアのフレッチャロッサとかですらそんな本数は走ってないですね

キミ姉:
単に速いだけじゃなくてスムーズに走らせるためのノウハウが満載なのよね

放送作家:
コースケ君の反応はどうでしたか?

キミ姉:
電車作る仕事は相当興味あるみたい。実際に電車作るためには何をやるのかもわかったみたいだし。なによりも作っている人に対するリスペクトは間違いなく増したわね

放送作家:
これまでは完成品の電車しか見てなかったですからね~。工場も見てびっくりしたでしょう

キミ姉:
このデッカいトラバーサーとかは、博物館では絶対にお目にかからないからね。スケール感は伝わったと思う
DSC_0133
放送作家:
なかなかこうして実地で見るチャンスはないですから。わざわざサンライズに乗って行った価値がありましたね

キミ姉:
アタシは以前仕事で見てるからね。家族に見せられるチャンスがあったことに感謝だわ。それよりもうちの父母よ

放送作家:
今回は実家に泊ったんですよね

キミ姉:
そうなんだけど、父によれば事前の準備が大変だったんだって。もう次回は無いなあっていってたから

放送作家:
そうですか。まあもう84歳と82歳ですからね

キミ姉:
次回来た時はもう実家で朝ご飯を食べることもないんだなあって思ってねえ。そう考えるとこれが最後かもしれないわよねえ

放送作家:
確かにねえ・・・

キミ姉:
ホテルとか旅館でしか会わなかったら、帰省したっていう気持ちをどうやって持てばいいのかしらねえ・・・

放送作家:
西城秀樹は63歳ですから

キミ姉:
なるほどねえ。ヒデキ還暦!だったわけね

放送作家:
それは当時色んな人が散々言ってますからもう賞味期限切れです

キミ姉:
ああ、やっぱり。今週はアタシもカラオケの予定があるから、ヒデキ縛りでもいいわねえ

放送作家:
そうですね。それではそろそろ今週もお時間になりました

キミ姉:
また来週!

本日の走行距離:12.0km
今月の走行距離:201.1km
本日の最低体重:61.4kg

20170918ブログ村

AD:
今夜もいよいよ始まるよ!

キミ姉:
キミ姉の!

キミ姉・AD:
今夜は最高!

テーマ曲:
原作生誕50周年「ルパン三世」TVシリーズテーマ曲集(1978~1989)/ピートマックジュニア他


AD:
これスゲーですね。自分はわざわざベストアルバム買いましたけど

キミ姉:
これ貼ってもいいのかしらね~。自分的にはピートマックジュニアのボーカルと、’89が好きなのよね~

AD:
そういえばアナタ、よくカラオケで歌ってますね

キミ姉:
あれはねえ、昔はアタシそれほど好きでもなかったのよ。でもあるお姉さまが「これ歌ってみな」ってリクエストしてくれて。

AD:
ほほう。なんかこの曲のスタイリッシュさに合った出会いですね

キミ姉:
そしたらキーも声質もばっちり。もう最近は知らない人とのカラオケの一曲目は必ずこれね

AD:
アナタの声を聴いて、これ歌って欲しいって思ってくれたんですかね~

キミ姉:
ありがたい話ね。ま、リクエストされて一発で歌いこなすアタシもなかなかやるんだけどね

AD:
・・・・

キミ姉:
あと’89もちょっとトロピカルというかリズムセクションがいいでしょ。最近の映画版の挿入歌はこれが多いわ

AD:
そういえばテレビ放送も始まってますね

キミ姉:
第5シリーズね。あれはちょっと・・・

AD:
どしたんですか?

キミ姉:
ちょっとアダルト側に寄ってるのよ。「オンナを抱く」とかセリフもちょっとあれだし、人もバンバン殺してるし

AD:
それを息子さんが観ていると

キミ姉:
いったん子供向けにしたコンテンツをアダルトに寄せるのはルール違反よね。ウルトラマンエースのホクトとミナミがラブラブになるみたいな

AD:
アンパンマンが顔かじられたら流血して骨が見えるとか

キミ姉・AD:
ないわ~

AD:
ゴールデンなウィークが始まりましたね

キミ姉:
もう3日過ぎちゃったわ。あとたったの6日

AD:
どんな予定なんでしょう

キミ姉:
初日は30km走、昨日は疲れてずっと家にいたわよ

AD:
なんか弱ってませんか

キミ姉:
なんかそうなのよね。タフさがなくなったというか。でも去年のガーミン見てみると同じようなもんね。淡々と週70kmを続けるわよ

AD:
今月は結局300kmは行きませんでしたね

キミ姉:
明日は鎌倉侵攻作戦なのと、今日は走る途中で鉄棒で懸垂やったら向う脛の足首のところをぶつけちゃって。しばらくは大丈夫だったんだけど、だんだん痛くなってきて

AD:
あらあら、明日が心配ですね

キミ姉:
宴会だけでも参加しに行くわよ!確か去年もGWは平日開催で悔しい思いをしたのよ!

AD:
まあまだ4月ですし

キミ姉:
そうなのよ。今から焦ってスピード上げてもしょうがないわ。今はとにかく毎月の距離をきちんと踏むこと。あと体重をちゃんとキープすること。一度増やしたら減らすの大変だから

AD:
あなたは胃腸も丈夫そうですし

キミ姉:
そうなのよね。たまにお腹がゆるいことはあるけど、食べ物や飲み物でのトラブルってほとんどないわね。酒飲んで吐いたのなんてもう記憶にないわ

AD:
普通に食べてると痩せる要素が無いわけですね

キミ姉:
そういえば昨日食べたトンカツでコースケが胃もたれしてたわね。アタシも若いころはたまにあったけど、最近は胃もたれもしないわねえ。大会の前とかにたまにあるくらいで

AD:
そういえばGW直前の金曜日は飲みに行ったんでしたね

キミ姉:
そうそう、ビルドアップ教の総帥が上京してきてたので

AD:
アメブロのカリスマのブログに写真が出てましたね

キミ姉:

アタシも気が利かないから、ぱっきーさんと若い二人の一緒の写真撮るの忘れてた

AD:
カミさんと官九郎さんだとランニング話が盛り上がったんでしょうねえ

キミ姉:
アタシは傍観者ね。さすがに二人ともプロの会話だったわ。でも官九郎クンの走るときのフィーリング話はすっと腹に落ちた

AD:
どんな話なんですか?って聞いといてあれですけどもう時間が限界です

キミ姉:
一言でいうと、スタートの時の勢いをそのままゴールまで持続させる。以上

AD:
うわ。それだけですか

キミ姉:

分かる人にはこれで十分よ。
それでは、らたまいしゅう

本日の走行距離:16.0km
今月の走行距離:280.0km
本日の最低体重:60.6kg
20170918ブログ村


放送作家:
それでは今夜も始まるよ!

キミ姉:
キミ姉の!

キミ姉・放送作家:
日曜サンデー!

テーマ曲:
ブルーライトヨコハマ/いしだあゆみ


放送作家:
なんですか、この選曲は

キミ姉:
いやね、昨日コースケの授業参観に行ったのよ。今年から4年生なの。で、そういえばアタシも小4くらいからは記憶が現在につながるのよ

放送作家:
ああ、それ以前は切れ切れなんですね。ある時期から時系列で記憶が追えるようになりますよね

キミ姉:
ちょうど小4の7月に引っ越しと転校して、引っ越したばかりの家で川の字になって寝ながらプロ野球のオールスターゲームを聴いたのが、現在につながる最初の記憶

放送作家:
それとブルーライトヨコハマに何の関係が

キミ姉:
自分の記憶にある、リアルタイムのヒット曲で一番古いのがこれかと思って、リンク入れたんだけど。調べたらこれが1968年のレコード大賞で、その前の年に「帰ってきたヨッパライ」が特別賞に入ってんのよ。こっちの方が古かったわね

放送作家:
そのとき、アナタは3歳ですか

キミ姉:
結構覚えてるものよね~。この間掲載した50年前の家も3歳まで住んでて、周囲の風景とか覚えてたものね~

放送作家:
しかしコースケ君も4年生ということは、そろそろ気を付けないと一生言われますね

キミ姉:
それなのよ~。そろそろ思春期だしね

放送作家:
昔と違ってインターネットなんてあるから、いろいろ心配でもありますね

キミ姉:
アタシも確か親父の買った「宝石」読んで初めて性的興奮を覚えたのが小学校高学年だったわね。少なくとも、家の中にそういうコンテンツを放置したらいかんわ

放送作家:
よく昔は橋の下にエロ本が落ちてたりしましたけど

キミ姉:
家の中にあると、親がそういうものを肯定していることになるでしょ。子供に対してはいいサインではないわよね

放送作家:
そのまま大きくなったら・・・

キミ姉:
「全体としてみたらセクハラじゃない」とかいう大人になるかも

放送作家:
あの話はずいぶん迷走しましたね。テレビ局側もあれを我慢しろっていうのって、ほとんど枕営業の強制ですね

キミ姉:
一部アナウンサーが「今の時代にそんなことはない」って言ってたけど、とんでもなかったわね。当のテレビ局はどうもそういう認識ないみたいだけど

放送作家:
当の次官は昔っからああいうスタイルだったみたいですからね。いったい誰がセクハラしたことになるんでしょうか

キミ姉:
このあいだもどこかの航空会社が、どこかの会社の重役が乗客としてCAにセクハラしたってその会社にクレーム入れてたわね。結果、その会社の社長も交替。あれがあるべき姿よ。一度は本人に我慢しろって言っといて、今さらクレーム入れに行ったって遅いわ。テレビ局側もだれか責任取るべきね

放送作家:
そういう意味では、この問題はまだまだ落ち着きそうにないですね

キミ姉:
財務省も次官の首取られてるから、そのくらいの反撃はするかもね。マスコミ使って。頭のいい連中が集まってるから、そのくらいのことはするわよ

放送作家:
色んな人が色んなところで色んなこと言ってますが

キミ姉:
下手なこと言ったら後でえらい目に遭うかもね。かといって状況がすっかり見えてから叩きに行くのも品が無いわよね

放送作家:
アナタの一番嫌いなタイプですね

キミ姉:
そう。偽善の香りしかしない。ちゃんと自分の眼でものを見ない人が発信しちゃだめ。SNSもそうだけど、自分の言葉で語れない人が何を語っても説得力はないわ

放送作家:

ランニングの話していいですか?

キミ姉:
なによ、藪から棒に

放送作家:

一応ランニングブログですから。今週は70km走れましたか?

キミ姉:
よくぞ聞いてくれたわね。これで今月は190km。月300ペースに30kmビハインドまで追いついてきたわ
20180420week
放送作家:
やっぱり月300kmって大事ですか

キミ姉:
大事よ。月300走ってるから自分は脚ができているって思えるのよ。月末は28日から休みに入るから、がっつり走って300まで持っていくわよ

放送作家:
おお、夢の9連休ですね!

キミ姉:
ここからバンバンイベント入るわよ。1回くらい養老渓谷行きたいな~

放送作家:
そして鎌倉侵攻作戦!

キミ姉:
コースケピアノ発表会!

放送作家:
誕生会!

キミ姉:
キャンプ!

放送作家:
誕生日!54歳!

キミ姉:
灼熱のリレマラ!

放送作家:
某電車工場見学!

キミ姉:
どうしてそれを?

放送作家:
中国地方でしょ。サンライズエクスプレスで行くんですよね~

キミ姉:
そうなのよ。土曜日の朝10時からだから、他にまにあう方法がなくて

放送作家:

そして6月はついにイタリア出張ですね

キミ姉:
はい。ついにこの日が来ました。生まれて初めてのイタリア

放送作家:
フィレンツェらしいじゃないですか

キミ姉:
そのあたりね。土曜日から行くから1日空くのよ。イタリアの高速鉄道でローマに日帰りしようかしら

放送作家:
おお!イタロですか!
italo_Napoli_side_view

キミ姉:
それよ!カッコいい!!

放送作家:
フェラーリの親会社が出資してるだけのことはありますね~

キミ姉:
同じ路線をトレニタリアも走ってるのよ!ほら、フレッチャロッサ!
Frecciarossa

放送作家:
トレニタリアが運営会社でフレッチャロッサが車両の名前ですね

キミ姉:
そうね。興奮して思わず我を忘れたわ

放送作家:
じゃあイタリアのお土産待ってます

キミ姉:
よろしく哀愁


本日の走行距離:20.0km
今月の走行距離:192.1㎞
本日の最低体重:60.3kg
20170918ブログ村

放送作家:
よるまじは!

キミ姉:
キミ姉の!

放送作家・キミ姉:
日曜サンデー!

テーマ曲:
愛という名の欲望/QUEEN


キミ姉:
なによ、そのわけのわからない挨拶は!

放送作家:
「伊集院光とラジオと」の「アレコード」のコーナーで、久々に「リトルピンク」の唄を聴いたんですよ

キミ姉:
むかしあの「おはよう子供ショー」に出てた?

放送作家:
それです! 詳細はこちら。あの「亭主わんぱくめ~」っていうのが最初なんて言ってるのか分からなくて

キミ姉:
リトルピンクの唄の歌詞にその「はじまるよ」の逆さま言葉が入ってたのね

放送作家:
それにしても、キミ姉もいよいよ私生活を切り売りし始めましたね

キミ姉:
何言ってんの。流れよ流れ。でも前日の痛風の記事と並んで注目記事の1位と2位にさせてもらって。かすみがうらの速報が上がる中申し訳ないわ

放送作家:
でも世の中には結構いるんじゃないですか、失敗したサラリーマン

キミ姉:
そうねえ、失敗・・・ってなんて失礼な言い草!

放送作家:
世の中のサラリーマンには二種類しかいない。成功した奴とそれ以外だ!

キミ姉:
誰のマネよ。アタシに言わせれば、そこにはチャレンジしなかった奴っていう三種類目が加わるけどね(笑)

放送作家:
それで今日のタイトルと選曲はなんなんでしょうか

キミ姉:
木曜日のラジオにショーケンが出てて新曲のプロモーションしてたのよ。その新曲がバリバリのブルースで。プレスリーが好きでグループサウンズよりこっちがずっとやりたかったんだって。そう言えばこれもこてこてのブルースよね。元歌はシャンソンだけど


放送作家:
そいえば小林克也も同じこと言ってましたね。プレスリーのハートブレイクホテルで電流が走ったって

キミ姉:
小林克也って福山出身だから聞いてたFENは岩国基地のなのよね。アタシも聞いてた。まったく意味分からなかったし当時は洋楽に興味なかったから電流は走らなかったけど

放送作家:
それでクイーンのこの曲につながるわけですか

キミ姉:
アタシもこの曲聴いたのは中学3年生のときだったんだけど、もう文字通り電流が流れたわ。アタシの15の夜ね

放送作家:
バイクの窃盗とか無免許運転とかの犯罪には走らなかったんですね(笑)

キミ姉:
初恋の相手と結婚した感じねえ。未だに彼らを超えるアーチストは現れてないわね。フレディー・マーキュリーがプレスリーが大好きでコンサートでもよくやるのよ

放送作家:
映画「Blues Brothers」も締めは監獄ロックですよねえ

キミ姉:
結局アタシは歌詞の意味とかじゃなくてサウンドなのね。ジャズだとギル・エヴァンスが大好き。彼がカバーしたジミヘンの「Voodoo Chile」とショーケンの新曲がそっくり。ショーケン、多分これ聴いてるわね。ショーケンの新曲のPVが無いのが残念だわ

放送作家:
走るほうはどうなんでしょうか

キミ姉:
今週もなんとか50km走ったわ。これで今月120km。平日に時間がとりにくくって。あ、木曜日にある人のご厚意で千葉マリンスタジアムのVIPルームに行ったのよ。マンションのお隣さんも一緒で子供たちも大興奮!!本当に、この場を借りて御礼申し上げるわ
S__8134671
放送作家:
今月は250kmくらい行けそうでしょうか

キミ姉:
わかんない。今日も15km走ったんだけど疲労感が半端ない。3週間前にフルマラソンをキロ5で走ったカラダとは思えない。まあでも今月250くらいいっとかないと、来月300に戻せないわね~

放送作家:
来月はアナタも54歳ですね。衰えは感じますか?

キミ姉:
衰えなんて毎日感じてるわよ。当たり前でしょ、一昔前ならあと1年で定年よ。カラダが元気で元気でたまらないなんて50代がいたら会ってみたいわ。それでも一生懸命練習してPB更新してるのよ

放送作家:
全日本ランキングも、50代になると分母の数がどんどん減っていきますよね

キミ姉:
アタシが言っているのは、もしそうだとしても個人個人はそんなことは理由にならないってこと。だって人間の体って20歳あたりをピークにして年々衰えるのよ。それを記録が伸びない理由にするんだったら何歳だって楽しめないじゃない

放送作家:
それでもサブ3は狙う、と?

キミ姉:

もちろんです。去年狙ったのに今年狙わない理由がないわ。今はまだカラダが重いけど、まずはキロ5で気持ちよく走れるようなカラダを作る。そこからスピード練習ね

放送作家:
それでは今週はこの辺で

キミ姉:
よろしく哀愁



本日の走行距離:15.0km
今月の走行距離:118.0km
本日の最低体重:61.0kg
20170918ブログ村

放送作家:
それじゃあそろそろ始まるよ!

キミ姉:
キミ姉の!

キミ姉・放送作家:
いいかげんに千回!!

キミ姉:
って、和田アキ子かよ!

テーマ曲:
宇多田ヒカル/SAKURAドロップス

放送作家:
ああ、季節ならではの選曲ですね~。いつになく自然

キミ姉:
今週はやたらにラジオで聴いたのよね。これ、16年前の曲なのにね

放送作家:
21世紀の日本の音楽シーンが宇多田ヒカル中心に回ってきたってことですね

キミ姉:
この「音楽シーン」という言葉はあれだけど、言ってることは合ってる。「automatic」以降彼女を越えるアーチストはいないわね

放送作家:
椎名林檎とも同期で同じレコード会社なんですよね。最近二人のデュエットも出ましたね!

キミ姉:
確かに。これだけの才能の激突はないわ~。デュエットとしては微妙だけど

放送作家:
どっちが好みですか?

キミ姉:
オンナのアタシにそれを聞くの?

放送作家:
そうでした。で、シーズンも終わってしまいましたが、どう締めくくりますか?

キミ姉:
それなのよねえ・・・・。美香さんがいれば全部仕切ってくれるんだけど

放送作家:
どうしてここで叶恭子の真似になるんですか!

キミ姉:
あら、美香さんじゃなかったのね。もう頼りっきりで。でも今週はホント、忙しかったわ

放送作家:
話がそれてますが一応そっちを聞きますか。佐倉ゴールから教えてもらえますか?

キミ姉:
佐倉のゴールは感動的だったわ。もう計算上もグロスでサブ3.5ピッタリで競技場の坂の下まで来て。そしたらその辺にいたおばちゃんが「頑張って!!」って声を掛けてくれたのよ

放送作家:
佐倉の人たちはみんな暖かいですからね

キミ姉:
そのおばちゃんたちが「ここからがキツいのよねえ」って・・・。もうアタシ二度見しちゃったわよ

放送作家:
それは凄い!(笑) 残り1kmで「ここからキツい」ですか!!

キミ姉:
そう思うでしょ。普通は「あとちょっとだから頑張れ!」よねえ。多分あのおばちゃんたちも以前佐倉マラソンに参加してその経験から言ってるんだろうとは思ったけど

放送作家:
もっと気軽な感じで応援してもらいたいですねえ。ていうか、ネガティブな感想しかないんかい!

キミ姉:
応援って難しいのよ~。アタシも学生の時に応援団やってたから分かるけどね。ガチになればなるほど素人の応援って嫌われるのよ

放送作家:
たしかに自分が走ってみると、それこそ38km地点で「残り4kmだぞ!」って言われると「残り4.195kmだろ!」って思うとかいう話をよく聞きますね

キミ姉:
大学の体育会なんてみんなガチだから応援するのはホント大変なのよ。だからだれもが見える場所で死にそうな練習をしてたのよ。じゃないと恥ずかしくて応援にもいけやしない

放送作家:
ああ~、そういうことでしたか。体育会だとそこまでしないと応援させてもらえないんですね

キミ姉:
でも自分が走らなくなったら、アタシは応援しづらいでしょうねえ。これだけ自分が走ってるからって色々言ってきただけに

放送作家:
走るほうの調子はどうなんでしょうか

キミ姉:
今日は昨日よりはましだったわ。一応10kmを疲労抜きジョグできたし。まだまだ先は長そうだけどね

放送作家:
ほんと、少しマシになってきましたね。佐倉のアフターはどうだったんですか?

キミ姉:
アメブロのアフターに合流したんだけど、なぜかアメブロの人たちが詳報を書いてないのよね。もしかしたらアタシに粗相があったの? 一応記憶は全部あるんですけど

放送作家:
たっきいさんがトヨチンに電気アンマ掛けたりしてましたからねえ・・・

キミ姉:
マジ?(笑) トヨチンもやるわねえ。でもほんと楽しかったわあ

放送作家:
その翌日からまた山口に出張でしたね

キミ姉:
ようやく今日の本題ね!もう、行きの新幹線から大宴会よ!
DSC_0176

放送作家:

ほほう・・・ これはなかなか豪勢ですな

キミ姉:
なにせ月曜の夜に移動して木曜日まで日程がびっしりだったから、食べ物くらい贅沢しないとね!

放送作家:
最近山口方面への出張が多いようですが

キミ姉:
お取引先なのよ。アタシの再就職先がいろいろとご助言申し上げているので

放送作家:
実家に近くて良かったですね

キミ姉:
初日の仕事が終わってから、出張先の下松と実家の由宇のあいだの大畠で両親とランデブーよ

放送作家:
お、まるでアナタが最近好きな「宇宙兄弟」みたいですね!

キミ姉:
なぜそれを! 今日なんてトモコが「今日はみんなゆっくりしようねえ~」って言ってきて、朝一から「パパはネットカフェに行ってきたら?」っていわれてビビったわ

放送作家:
たしか佐倉マラソン直前の春分の日にもネットカフェに行ってましたね

キミ姉:
アナタ「宇宙兄弟」読んだことある?もう感動ものよ!作者が「スラムダンク」のファンらしくって、登場人物の間の心の通い合いがテーマなのよね

放送作家:
それでネットカフェはどうだったんですか?

キミ姉:
新浦安にもネットカフェがあるなんて知らなかったわ。今回初めて行ったんだけど、ちゃんと禁煙されてないからタバコのにおいが結構きつくて

放送作家:
なるほど。でもシャワーもあるんですよね

キミ姉:
そうなのよ!! ついに新浦安でシャワーを見つけたわよ。これからはマイコースで走った後に、このネットカフェで汗を流せるわ! ランステとして使っちゃえばいいのよ!

放送作家:
なるほど。で、ご実家はどうでした?

キミ姉:
相変わらずクソいなかだったわ。今回落ち合った大畠駅なんて、跨線橋の階段が木製よ!
DSC_0194
DSC_0196
放送作家:
ICOCAちゃんが困ってるんですね(笑) 

キミ姉:
ただの定食屋なんだけど、これが最高なのよ。もうこの30年間に何回も行ってるわ
DSC_0182

放送作家:
うわ、これ定食ですか? 別の皿もありますよ!

キミ姉:
そう、これ定食なのよ。しかも別に追加でカキフライ頼んじゃった
DSC_0183
放送作家:
なんですか、この質感!

キミ姉:
これこそ写真ではわからないわよね。都会で食べるカキフライとは別物よ。どっちかというと焼き牡蛎に味は近いわね。本当に身がふっくらしていてたまんないわ!!

放送作家:
とはいえ田舎ですから結構地味ですね。これは都会では引退した115系ですね
DSC_0178
キミ姉:
そうよ、アタシも今回久しぶりにこの車中のトイレで用(大)を足そうとしたけど、車両が揺れ過ぎて吹っ飛ばされるかと思ったわよ。115系、古過ぎ(笑)

放送作家:
なるほど。佐倉での花見の話や佐倉のアフターの話も聞きたかったのですが。まあ村のうちわの宴の話だけでPV稼ぐよりはましですね(笑)。ではそれはまた来週!

キミ姉:
そうね。でも語り切れないから続きは近日中。よろしく哀愁!
20170918ブログ村

↑このページのトップヘ