量は質を凌駕する

 ~ アウトドアと読書の日記

カテゴリ:●RUN&RIDE > ランニング週報

放送作家:
それではそろそろまいりましょう。キミ姉の!

キミ姉・放送作家
板橋マラソンの応援に行ってきた!

テーマ曲:
Jambalaya/Carpenters


キミ姉:
4/9に「進撃の巨人」の新刊が出るわね!

放送作家:
おお、それは重大情報。ミッツさん、はりゆうさん、見てますか!?

キミ姉:

たまには役に立たないと

放送作家:
今回気付きましたけど、Carpentersって定冠詞が付かないんですね

キミ姉:
どういうことよ?

放送作家:
Theが付かないんですよ。Theがつけば「カーペンター一家」とかなんですけど、付かないから「大工たち」なんですね

キミ姉:
なにひけらかしてんのよ。だからこのブログはアンチが多いのよ

放送作家:
でもアナタもいつも「英語は大事」って言ってますよね。他にもいろんな職業上のスキルがありますが、なんで英語なんですか?

キミ姉:
それはね。英語が唯一のマネジメントのスキルだからよ。他の資格やスキルは基本的にはスペシャリストとしてのスキルなんだけど

放送作家:
確かに、今どき、突然上司や部下が外国人にならないとも限らないですね

キミ姉:
アタシが憧れる資格はやっぱり会計士と弁護士。一緒に仕事する機会が多いせいかしら

放送作家:
そう簡単になれませんからね

キミ姉:
なるのがむつかしいのは全部一緒よ。それ自体が職業になってるし。英語はそんなことないけどね

放送作家:
通訳や翻訳という仕事はありますが

キミ姉:
あれはまた違う専門職よね。アタシの知ってる翻訳業の人は正確な翻訳に命かけてたわ。アタシみたいなのがヘラヘラコミュニケーションするのとは違うわ

放送作家:
英語で重要なネゴシエーションとかするんじゃないんですか?

キミ姉:
そりゃあやるけど、書面がセットよねえ。だって日本語でだって重要なネゴシエーションは誤解がないようにペーパーがないと不安でしょ。アンタ、日本語だからって大事なこと、口頭だけでやりとりしないでしょ

放送作家:
それはそうですね

キミ姉:
そりゃ理解はするわよ。でも約束するのとは別。アタシが言っているコミュニケーションっていうのは理解するレベル。でもマネジメントには理解が重要

放送作家:
で、それはアナタはできると

キミ姉:
それができないから苦労してるんじゃない。若いころにもっと英語とか、海外赴任とか、積極的になっとけばよかったわ~

放送作家:
なんでですか?

キミ姉:
勤務先の中でも、英語を積極的に学ぶっていうのはちょっと気取ってる、っていう雰囲気が一部にあったのね。それをいいことに自分もやらなくてもいいんだって思ったのよ。あくまでも一部だったんだけどね

放送作家:
でも英語なんて使わないですむ職場もあるんじゃないですか?

キミ姉:
ふふふ。あるポストの人選しているときに、能力は全く同じだけど英語できる人と英語できない人の二人がいたら、今どきどっちを選ぶと思ってんの

放送作家:
確かに。しらない間に損してるんですね。じゃあ私も明日からリスニングしながら通勤しよう!

キミ姉:
リスニングは大事よね~。でも一番大事なのはconversation

放送作家:
「会話」ですか

キミ姉:
そう、もっと言えばなにかをお願いしたりお願いされたりっていうやり取りの練習。これが一番役に立つわ。飲みに行った時の会話を成り立たせるよりも大事

放送作家:
飲みに行った時の会話は難しいですね

キミ姉:
くだけてるときは特にね。まあアタシは家族の話とかマラソンの話とかバイクの話でなんとかしのいでるけど、例えば便所で隣になった時にいきなり話しかけられたりしたらもうお手上げ(笑)

放送作家:
それこそネイティブな会話が必要そうですねえ

キミ姉:
いろいろ長々書いたけど、要するにアタシみたいなヒアリングが苦手な人間でも、ビジネスでの英語コミュニケーションは何とかなるのよ。仕事の選択肢は広がるわ

放送作家:
他にビジネスの選択肢が広がるスキルはありますか?

キミ姉:
職業的懐疑心かしらね

放送作家:
なんですか、それは

キミ姉:
今のアタシの仕事ってまさにこれを求められる職種なんだけど、思えば若いころから勤務先に文句ばっかり言ってきたのよ。だって無駄な仕事をやらされるほど無意味なことないじゃない

放送作家:
(アナタの性格なら)分かり過ぎるほど分かります

キミ姉:
建前では勤務先に文句を言わないけど本音では文句言う人って一杯いるじゃない。そういう人ってやるべきことをやってないのよ。もしくはやれないのよ。「オレだったらこうする」っていうんだったらさっさとやればいいじゃない

放送作家:
居酒屋でくだ巻いているサラリーマンって大半はそうじゃないんですか

キミ姉:
いくら企業が大きいと言っても、所詮は個人の積み上がりでできてるのよ。「企業」なんていう生き物はいないの。要所要所に人がいるのよ。その人を説得すれば企業は動くのよ。そんな簡単なこともやらないで自分の境遇を他人のせいにするなんて信じられない。なんで自分で変えようとしないのかしら

放送作家:
でも企業文化みたいなものはありますよねえ

キミ姉:
アンタが直面しているのは企業文化なんていう一般論なの?本当は営業が期日までに伝票を切らないとか、課長が交際費を申請してこないとか、そういう具体的な問題なんでしょ?

放送作家:

お局様が毎日遅刻してくることだったりします・・・

キミ姉:
それは根が深いわね・・・ アンタの部署では朝礼やってる?

放送作家:
やってません

キミ姉:
明日から毎日朝礼をやるように課長に申し出なさい。そしたらお局も遅刻できないわ

放送作家:
なるほど!

キミ姉:

その代り、アンタも絶対に遅刻しちゃダメよ。アタシは文句を言う代りに自分もやるべきことをやるのよ。ようするに本音と建て前を一致させるの。逆に自分ができないことには文句は言わない。これがアタシの原動力なの。これだけは守って30年間働いてきたわ。しんどいけど、結局これが一番信用されるのよ

放送作家:
やっかいな社員ですね

キミ姉:
だって人生の3分の1は仕事してるのよ。その仕事に失望しててどうするのよ。ロマンを感じないでどうするのよ。家族以外で一番大事な時間を過ごしている仕事でやりがいを見つけられなくて、どうして趣味で盛り上がれるの?

放送作家:
だからこそ趣味で盛り上がりたいんじゃないんですか?

キミ兄:
それはそうかもねえ。でも仕事でも納得したいわよねえ

放送作家:

職業的懐疑心の話まで聞くと終わらなそうなんで、そろそろ今日の応援の話に行ってもいいですか?

キミ姉:
もう時間がないわね。今日は忙しかった!トモコ母の古希祝いを12時からやるっていうんで、板橋の応援は11時までに終えないとならなかったし。

放送作家:
現地までは走って行ったんですか?

キミ姉:

最初はそのつもりだったんだけど、なんか間に合わなそうだったんで浦安から東西線で西葛西まで行ったわよ

放送作家:

それ、短縮になってますか?
無題

キミ姉:
星印から星印を地下鉄だったんだけど、微妙ね

放送作家:
西葛西から船堀まで結構ありますね。でもそこで橋を渡ったらhassyがいたと

キミ姉:
ダジャレ?でもそこにかるりーのもいたのよ

放送作家:

ああ、貧血のかるりーのさん

キミ姉:
この間のブログを読んでたから、顔を見てホッとしたわあ

放送作家:
でもそこは通過して、はてなブログチームのところに走ったんですね

キミ姉:
うーん。応援よりもちみのすけの顔が見たかったかな。そしたらえいさんも来てくれて

放送作家:
肝心の応援ですが

キミ姉
まずはマサカズさんね。同じくらいのタイムのミノルがなぜか見つからなかった。避けられたのかしら。その後に鈍足親父さん、はりゆうさん、それにアタシの職場の先輩(60歳)。

放送作家:
60歳の先輩は凄いですね。サブ4なんですよね

キミ姉:
そうよ。生涯PBは3時間17分なんだけど。60歳でサブ4って、いい人生よねえ

放送作家:
今日は条件がよかったですねえ

キミ姉:
驚くほどの微風だったわね。今日は言い訳できないわ。でもこの大会って、昔の荒川市民マラソンだから、伝統あるのよね。アタシも2014年の館山で3時間35分出すまでは、2002年のこの大会がPBだったのよねえ。といっても3時間36分だけど。東京マラソンができる前の話ね

放送作家:
じゃあそろそろ今週はこの辺で

キミ姉:
ええ?ここで終わり?

放送作家:
ミノルのアフターが気になりますか?

キミ姉:
そうねえ。誰が参加したのかしら。アタシも行きたかったんだけど

放送作家:
みんなそう思ってるんでしょうねえ

キミ姉:
そうねえ。では、よろしく哀愁

放送作家:
いきなりですね

本日の走行距離:11.4km
今月の走行距離:91.7km
本日の最低体重:60.4kg
20170918ブログ村

放送作家:
それではそろそろまいりましょう

キミ姉:
キミ姉の「古河はなもも応援に行ってきた!」

テーマ曲:
Smoke on the water/Deep Purple


放送作家:
また痺れる選曲ですね

キミ姉:
今日はなんだか酔いたい気分なのよ

放送作家:
どうしたんですか、はなももランナーに当てられましたか

キミ姉:
そなのよ。それはおいおい話すわね。今日は自宅を7時過ぎに出て、東京駅8時発の普通列車に乗って、古河に着いたらまだ9時過ぎだったのよ。会場に着いたら9時半。トイレも電車の中で行けたから、もし走るつもりだったらあのままスタートできたわね。

放送作家:
じゃあ来年はそれで行きますか。電車も座れたんですよね?

キミ姉:
そうなのよ。落ち着かないと言えば落ち着かないけど、要領よくやればあれでオッケーね。そして今日は応援の間も一度もトイレに行かず。帰りの電車の中でようやく尿意を催したわ

放送作家:
それで最初の10km地点に向かったんですね

キミ姉:
そう。かまかまさん、ぬまっちさん、いわさんと4人で。撃沈上等のノボリも持って行ったから、かなり目立ったわよ

放送作家:
今回は応援する人が多くて楽しかったでしょう。東京マラソンはちょっと少なかったですからね

キミ姉:
そうねえ。2時間台でいうと、フジヤマさん、ジョンソンさん、ゲンさん、Ukeさん、オークさん、トガーさん、たのくるさん、雑記タケシさんね。

放送作家:
ジョンソンさんはアナタが見つけたんじゃなくてあっちから見つけてもらったんでしょ

キミ姉:
そうなのよ。フジヤマさんをいじって遊んでたら、そのすぐ後ろから「キミ兄!」って声掛けられて。そんな速い人知り合いにいないわ!って思ってブログ見たらジョンソンさんだった

放送作家:
もったいない。ありがたいですねえ

キミ姉:
今回は激沈Tシャツの人も凄く多くて、多分20人くらいはいたんじゃないかしら。やっぱりアタシが「はなももは走りやすい」って宣伝したからかしらね

放送作家:
アンタの影響力じゃあないと思いますよ

キミ姉:
激沈Tシャツ着てない人も、「ブログ読んでます!」とか「応援してます!」とか「憧れてました!」とか言ってくれて

放送作家:
最後のは嘘でしょう

キミ姉:
本当よ!妙齢の品の良いスレンダーなご婦人で、「佐倉頑張って」とまで言ってもらったんだから。ああ、佐倉頑張れ!は他の人からも言われたわね。ホント、ありがたいわあ

放送作家:
しかしジョンソンさんとフジヤマさんとか、47分前後のゲンさん、Ukeさん、トガーさんの戦いとか、あのレベルで知り合いが競い合ってるっていうのも見ごたえありますよね

キミ姉:
ホント、眼福よね~

放送作家:
さて、では3時間から3時間半のゾーンに目を移しましょう。ここも大激戦でしたね。だいたいのタイム順でいくと、みっつさん、NB-TAKESHIさん、えいぱぱさん、hassyさん、ちみのすけさん、ヒデさん、えいさん、たくやんさん、madmadさん、zonoさん、原パンさん、ニッキーさん、ゆうさん、オクさん、petaさん、まっつんさん、zunzumanさん、太郎さん、木村さん、れっつさん、なかさん、ハンサムネコさん、はっち。さん、ボドランさん、くらさんといったところでしょうか。漏れていたらすいません。これ全部本当にその場でわかったんですか?

キミ姉:
実はボドランさんはブログの新着で分かったわ(笑)。でも凄い数だけど、ほとんどその場で名前呼べてたはずよ。それだけでも楽しかったわね~

放送作家:
顔が広くなったのはTシャツのお陰ですね。でも会うたびにみんな速くなってます!

キミ姉:
今日PBを決めた人もたくさんいるわね。なかでもhassyさんとえいぱぱさんの突出ぶりがすごいわ。ゆうさんもブランクを感じさせない元気いっぱいの走りだったわね!

放送作家:
hassyさんは応援の我々の前を通るときに、平均ラップを報告してくれる余裕までありました

キミ姉:
木村さんと太郎さんが並んで走ってたから思わず「木村太郎!」って叫んじゃったわよ

放送作家:
こらこら、伏せ字にせんかい

キミ姉:
伏せ字にしたらこのギャグが成立しないでしょ

放送作家:
はてなブログの若手三人衆、ちみのすけさん、えいさん、petaさん健闘しましたね!

キミ姉:
いろいろコンディションも整わない中、正面からチャレンジするって素晴らしいわ。やっぱりサブ3ってつかみ取るものなのよね。今回は残念だったけど、あの人たちなら必ずやれるわよ。本当はあの中にアタシも入ってチャレンジするはずだったんで、残念だったわ

放送作家:
それではそれ以降のランナーもご紹介しましょう。玲衣さん、雲さん、あおママさん、ユーリさん、ponkoさん、PP151さん、すーぴーさん、motoさん、ワタナベさん(女性)、ワタナベさん(男)、かるりーのさん、まつよしさん、MISAOさんですね。PPさんはブログで判明しました(笑)

キミ姉:
ちょっと言っていい?

放送作家:
なんでしょう

キミ姉:
玲衣さんはサブ3.5惜しかった!36km地点を3時間弱で通過したから行けると思ったんだけどね。それにしても彼女は姿勢がメチャクチャいいわ。体幹がしっかりしてる。走ってない時も座り方がキレイだし

放送作家:
姿勢と言えばあおmamaさんはスタイルいいですね~。脚が長くて頭が小さい。モデル体型ですよね。

キミ姉:
おもわず見とれちゃったわね。それにしてもmotoさんは凄かったわね。16kmあたりで一旦アキレス腱痛で止まったんだけど、また走り始めて結局完走。凄い根性だわ。アタシには無理

放送作家:
このゾーンはまさに激走の人が多いですね。すーぴー姐さんもサブ4素晴らしいです!まさにフォーエバーサブ4を地でいってますね

キミ姉:
そういえば今回サブ3したら抱いてもらえる約束だったのよお

放送作家:
来年に持ち越しですね。来年は後泊しないとですね(笑)

キミ姉:
いいわね~。女性のワタナベさんもついにサブ4達成したわね!

放送作家:
ホント、滅びざる魂ですね

キミ姉:
その言葉。今回はアタシはpetaさんとオクさんにも贈りたいわね。36km地点にやってきたときのpetaさんのあの形相。執念を感じたわ。それにオクさん。ギリギリまで出走できるかどうかわからないって言ってて、走ること自体不安だっただろうに、きっちり走り切って。36kmで見た時には涙が出たわ。ホント、滅びざる魂ね。そう思ったらディープパープルが聴きたくなった

放送作家:
みんな色んな事情を抱えながら走ってるんですよね

キミ姉:
そうよ。ワタナベ(オトコ)なんて家の人に「ちょっと買い物行ってくる」とか言って家を抜け出してきたみたいな恰好で走ってたでしょ。彼も色々事情があるのよ

放送作家:

いや、あれは単にネタとして、ポロシャツとステテコで走ってただけでは?

キミ姉:
例が悪かったわね。アタシなんか一見事情がありそうだけど、実は何の事情もないわよ。ちょっと痩せすぎて病気を疑われるくらいで。みっつさんにそう言われたんだけど、あれやっぱり以前アタシが「太った?」って言ったのを気にしてんのかしら

放送作家:
Mitzさんがそんな面倒なこと言うわけないでしょ。ただ単にそう思ったからですよ

キミ姉:
かるりーのさん、まつよしさん、misaoさんも頑張ったわよね

放送作家:
misaoさん、どうでしたか?

キミ姉:
どうでしたかって何が?

放送作家:
ですから、印象とか、見た感じとか

キミ姉:
まああれね。くろいわ以来(KSR)の黒船ね。どのみちみんなが書くでしょ。でも完走しただけでもすごいことよ。もっと胸を張れ!

放送作家:
今日は応援に行って良かったですか?

キミ姉:
普段自分が走るべきであるコースを、応援という目線で見られたのはよかったわね。で、36㎞地点で思ったんだけど、ランナーとの距離が近かったこともあるんだけど、あそこでよさそうに見える人はだいたい結果もいいのよね。逆に撃沈してるなって人はやっぱり結果もそうなのよ。

放送作家:
なんか当たり前のことを言っているように聞こえますが

キミ姉:
そうじゃなくて、外から見ただけでも撃沈かどうかって分かるんだなってこと。そう見えないようにすれば撃沈しないんじゃないかって思えたのよ

放送作家:
なるほど。見た目は結果ではなく原因であると

キミ姉:
そうね。フォームが乱れるとやっぱり結果は出ないわよね

放送作家:
それではぜひとも次の佐倉で実践してください

キミ姉:
わかったわ。まあまだ今のところ回復は6割くらいだけど

放送作家:
それでは今晩はこの辺で

キミ姉:
よろしく哀愁

本日の走行距離:10.0km
今月の走行距離:40.0km
本日の最低体重:59.0kg
20170918ブログ村
集合写真は私がmotoさんから預かりましたので、明日以降lineやメールでお送りしていきます。気長にお待ちください。

放送作家:
キミ姉の!

キミ姉・放送作家:
日曜サンデー!!

テーマ曲:
I Feel Fine/Beatles


放送作家:
これはまたクラシックな。今さらですね

キミ姉:
今日はだって病気特集でしょ

放送作家:
まあなんだか辛気臭いタイトルですよね。でも何の関係があるんですか

キミ姉:
アタシ、火曜日の夜に発症したじゃない、インフルエンザ

放送作家:
そうでしたね。一晩中咳してましたよね

キミ姉:
夢の中にシシドカフカが出てきてさあ、なんかアタシたち付き合ってることになってんのよ。んで、なぜか彼女がギターでこのイントロを弾いてくれて

放送作家:
浦山!そこからまさかエロい展開に?

キミ姉:
それも全然オッケーな雰囲気だったんだけど、そこで目が覚めて。そして自分が発熱していることに気が付いた

放送作家:
うわ。いい贈り物でしたね

キミ姉:
儲けた気になったわ

放送作家:
で、病院に行ったらインフルエンザだったと。ずっと胸が苦しいって言ってたのもインフルエンザの潜伏期間だったんですかねえ

キミ姉:
普通インフルエンザの潜伏期間って2日くらいらしいんだけど、医者に聞いたらそういうこともあるんだって。

放送作家:
それでいまはどんな体調ですか

キミ姉:
胸の苦しさは無くなった。でもまだちょっと喉が痛い

放送作家:
はなももはどうするんですか?

キミ姉:
まだわかんない。明日から外出解禁だからオフィス行ってみて、帰ってきてちょっと走ってみてから考える。そもそも完走できるのかどうかの手応えすらないんだから。

放送作家:
無理しないでくださいね

キミ姉:
調子が分からないままで出場したら、無理というより無茶、いや、無謀ね

放送作家:
意外と慎重なんですね

キミ姉:
社会人でアマチュアなんだから当たり前でしょ。海外旅行に行って台風で飛行機が飛ばなくて会社休むのとはわけが違うのよ

放送作家:
確かにアナタはDNF0回ですよね

キミ姉:
実はサマークロカンで1回だけあるんだけどね。いや、DNFが無いことを自慢したいんじゃなくて、自分の体調を見極められる判断力を自分は持てているという意味ね。もちろん時の運でこれからDNFすることだってあるだろうけど

放送作家:
その代り、DNSはいっぱいあると

キミ姉:
DNSしたことがないのは自慢にはならないわよね。結果としてゼロなのは凄いことだけど、目標にすることじゃない気がする

放送作家:
今シーズンも一杯DNSしましたね!

キミ姉:
それも自慢することじゃないわよ(笑) 

放送作家:
で、休んでる間は何してたんですか

キミ姉:
とりあえず本読んでた。あとは睡眠。水木金の3日間は眠くてしょうがなかった。ブログも読もうかと思ったんだけど、何を見ても灰色にしか見えなくて

放送作家:
そりゃそうですね。でもその割には限界費用更新してましたね

キミ姉:
あれはもう第9章まで書けてるから

放送作家:
ええ!?

キミ姉:
だってこんなの書くの初めてだから、書いてみないとどのくらいまで細部を考える必要があるのかがわからないじゃない

放送作家:

だったらさっさと公開したら

キミ姉:
いやいや、まだ結末まで思いついてないから無理。そんなことより今日は暑かったわね。そんな中でトヨチンのサブ3.5は凄かった!

放送作家:
最後上げてましたからね

キミ姉:
速報見たらなんだかこっちが泣けてきちゃったわよ。いいもの見せてもらったわ~。その流れで今日は久々にマラソン中継見たわ

放送作家:
びわ湖毎日ですね。中村匠吾がんばりましたね!

キミ姉:
アタシは設楽兄に注目してたんだけど・・・

放送作家:
同じ遺伝子なんですけどねえ

キミ姉:
怪我に泣かされてきたからねえ。やっぱりマラソンって後天的な要素が大きいんだなあと改めて思った次第

放送作家:
設楽悠太が練習では30km走しかしないっていう発言が、1日に30kmしか走らないわけじゃないんだぞ、みたいに言われてますが

キミ姉:
いやいや。1日に30kmだったら月間900kmでしょ。十分凄いわ。まあ練習方法なんて経験の積み重ねだからね。どのペースでの練習が一番いいのか、理屈付けるのは難しいわよ。その点、みんながやってるフル3週間前の30km走はいいわよね

放送作家:
なんでですか?

キミ姉:
みんなが同じ条件でやってくれるからデータが豊富にある。非常に参考になるわ。もちろんデータだからノイズはあるんだけど

放送作家:
確かに、心拍数も見たくなりますね。最近関西で流行っているマフェトン理論って昔からありますけど、あれと疲労抜きジョグの関係はどうなんでしょうか。あとLSDとか

キミ姉:
なんか全部一緒な気がするわね(笑) アタシも疲労抜きジョグやるときは心拍数には注意してるわよ

放送作家:
目的は違いますけどやってることはよく似ている。で、実は効果も同じなのでは?

キミ姉:
マフェトン理論と疲労抜きジョグは、単なる一つの練習法ではなくて練習全体をコントロールするという意味でよく似てるわよね。いわば全体の練習時間からの引き算。それに対してLSDは一つの練習法であって他の練習への足し算。

放送作家:
今シーズンは割と最初から最後まで同じ練習方法を通しましたね

キミ姉:
そうかも。一度たりともベストの状態で大会には出られなかったのが残念だったけど

放送作家:
でもこの練習なら来シーズンも続けられるんじゃないですか?

キミ姉:
そうなのよ。だからあんまり凹んでないのかも

放送作家:

それは良かった。それでは今週もこの辺で

キミ姉:
よろしく哀愁
20170918ブログ村

放送作家:
いよいよ始まるよ!

キミ姉・放送作家:
キミ姉の日曜サンデー!!

テーマ曲:
DESIRE/中森明菜


放送作家:
ああ~、「バニラ食べたい」ですね

キミ姉:
いやいや、そこかい!

放送作家:
「真っさかさーまーに、落ちたら痛い」って(笑)

キミ姉:
どうも昭和のカルチャーが歪んで伝わっている気がするなあ

放送作家:
今日は東京マラソンの応援に行ったんですね。お疲れさまでした!

キミ姉:
最近調子がいまいちなんで、ちょっと気合いをもらいにね

放送作家:
それで、いい気合いはもらえたんですか?

キミ姉:
何よりも今日は設楽悠太ね。甥っ子と名前が一緒なのよ。世代も一緒だわ。目の前で日本新記録が作られる瞬間を見た衝撃は凄いわよ!

放送作家:
途中は井上が先行してましたが

キミ姉:
我々が応援していたのが38.5kmなんだけど、35kmで一旦下がって、その直後に逆転したのよ。ラジオで実況きいてたから、我々の目の前に設楽が先に来てびっくりしたわ。

放送作家:
ちょっと設楽雄太のラップを見てみましょう
地点名
Point
スプリット (ネットタイム)
Split (Net Time)
ラップ
Lap
通過時刻
Time
5km 00:14:51 (0:14:50) 0:14:50 09:24:52
10km 00:29:44 (0:29:43) 0:14:53 09:39:45
15km 00:44:36 (0:44:35) 0:14:52 09:54:37
20km 00:59:27 (0:59:26) 0:14:51 10:09:28
25km 01:14:24 (1:14:23) 0:14:57 10:24:25
30km 01:29:20 (1:29:19) 0:14:56 10:39:21
35km 01:44:20 (1:44:19) 0:15:00 10:54:20
40km 01:59:31 (1:59:30) 0:15:11 11:09:32
Finish 02:06:11 (2:06:10) 0:06:40 11:16:12
キミ姉:
意外と落ちてんのね!特に最後の2.195km

放送作家:
そうは言っても数秒ですけどね

キミ姉:
井上は?

放送作家:
こちらです。
地点名
Point
スプリット (ネットタイム)
Split (Net Time)
ラップ
Lap
通過時刻
Time
5km 00:14:48 (0:14:47) 0:14:47 09:24:49
10km 00:29:38 (0:29:37) 0:14:50 09:39:39
15km 00:44:35 (0:44:34) 0:14:57 09:54:36
20km 00:59:27 (0:59:26) 0:14:52 10:09:28
25km 01:14:24 (1:14:23) 0:14:57 10:24:25
30km 01:29:20 (1:29:19) 0:14:56 10:39:21
35km 01:44:15 (1:44:14) 0:14:55 10:54:16
40km 01:59:53 (1:59:52) 0:15:38 11:09:53
Finish 02:06:54 (2:06:53) 0:07:01 11:16:55
キミ姉:
ああ、設楽が上げたんじゃなくて井上が落ちたのね。まさに35kmからの5kmが勝負だったのね

放送作家:
直に見てどうでした?

キミ姉:
設楽はメチャテンション上がってる感じだった。でもラップ的にはスパートしたんじゃないのね。先行ランナーを抜いたから盛り上がってたのね。その辺は我々アマチュアランナーとおんなじなのね~。じゃあ優勝したチュンバは?

放送作家:
こちらです。25kmはチュンバも落ちてますね。単なるペース調整でしょうか
地点名
Point
スプリット (ネットタイム)
Split (Net Time)
ラップ
Lap
通過時刻
Time
5km 00:14:47 (0:14:46) 0:14:46 09:24:48
10km 00:29:38 (0:29:37) 0:14:51 09:39:38
15km 00:44:36 (0:44:35) 0:14:58 09:54:37
20km 00:59:27 (0:59:26) 0:14:51 10:09:28
25km 01:14:24 (1:14:23) 0:14:57 10:24:24
30km 01:29:20 (1:29:19) 0:14:56 10:39:20
35km 01:44:11 (1:44:10) 0:14:51 10:54:12
40km 01:58:55 (1:58:54) 0:14:44 11:08:56
Finish 02:05:30 (2:05:29) 0:06:35 11:15:31
キミ姉:
最後はやっぱり上げてる!だから設楽が追いついたというよりは、チュンバに振り落とされた井上を設楽が拾った感じね。ほらよく実況で「後方待機」って言うじゃない。後方待機じゃなくて「現状維持」が正しいわね

放送作家:
こうしてみると、設楽は終始あわてないで自分のペースを保って、最後までそれを維持したってことですね。ラップを冷静に見ると別に生き返ったわけじゃない(笑)

キミ姉:
やっぱりギリギリのところで走ってるから、ちょっとした上げ下げが後々響いてくるのよねえ

放送作家:
どうですか、参考になりましたか?

キミ姉:
凄い参考になったわ。ラップの上げ下げとあの表情を見られたから。やっぱりイーブンペースって大事だわねえ。他にもいろいろ日本のマラソン界、陸上界に与える影響大だわね

放送作家:
それはどういう・・・

キミ姉:
なにより、箱根至上主義を批判する向きを黙らせた。箱根出場→実業団という流れを肯定した

放送作家:
たしかに福岡の直後は、それを否定する空気がありましたね

キミ姉:
今回の結果をだれより喜んでるのは瀬古さんね

放送作家:
そういえば、去年も東京マラソンで設楽選手を応援しましたね

キミ姉:
あの時はまさに設楽選手も「激沈上等」だったのよね。アフターで「設楽選手に激沈Tシャツを贈ろうと思ってる」って言ってたのを思い出したわ。あの激沈あっての今回の日本新よね

放送作家:
応援で他にいいことありました?

キミ姉:
芝公園の応援ポイントで310moonさんたちが応援してるって聞いてたからちょっと周辺を探したら、いたのよ。もうアタシ、310moonさんが大好きで

放送作家:
アンタは本当に好きな人が多いですね

キミ姉:
いや、やみくもじゃないのよ。ちゃんとそれぞれ理由があるの。310moonさんはとにかく日本語がきちんとしてるのよ。一緒に仕事したい感じね

放送作家:
それでついに「変質者」集団と邂逅したんですね(笑)

キミ姉:
そうよ
S__22552596
放送作家:
うわ~、変質者集団って実在したんですね(笑)

キミ姉:
それよ!アタシも今日見るまでは半信半疑だったの(笑)

放送作家:
こんなに多くの人たちが変質者だなんて・・・・

キミ姉:
日本もまだまだ捨てたもんじゃないわね。全員に握手を求められたわ

放送作家:
話がおかしな方へ行ってますね(笑)

キミ姉:
いや~、あのまま一緒に打ち上げとか行ったらもっとおかしなことになってたわね(笑)

放送作家:
今日も激沈上等Tシャツの人たち、活躍してましたね~

キミ姉:
名前が分からない人もいたんだけど、特にサブ3したあの人!2時間56分くらいだったみたいだけど。コメント頂戴したいわね~。あとはサブ4達成してるはずの、ロングヘアのあの方ね。

放送作家:
ブログ村の人たちも活躍されてましたね

キミ姉:
Tomさんとかたけさん夫人のひろこさんとかまさかずさんとか、みんなすごいわ。motoさん夫人のmakiさんなんて、あのフォームはサブ3.5よね

放送作家:
ノンブロガーの方々も

キミ姉:
去年も出てたけど、たくまさんね~。3時間20分が目標だったらしいけど、3時間10分台でゴール。もう凄いの一言ね。

放送作家:
きんきんさんとカブトムシさんのデッドヒートも見ものでしたね

キミ姉:
最初きんきんが先行してて、途中でカブさんが抜いたのよ。それをまたきんきんが逆転して38kmの応援ポイントまで来たんだけど、真後ろにカブさんがいて。「きんきん、後ろ後ろ!」ってもうドリフそのもので爆笑だったわ

放送作家:
それ以外にも刺激をもらったみたいですが

キミ姉:
あるブロガーさんから「ブログいつも見てる」って言われたの。「今シーズンは調子悪いみたいだけど、あと2週間あるから。これまでしっかり走り込んでるんだから大丈夫、なんといってもハーフは2回もPB更新してるんだから」って言われて。

放送作家:
果報者ですね

キミ姉:
ホント、そうなのよ。たしかにアタシ、今シーズンはハーフで3分もPB縮めたのよ。それを考えたらすごくチカラが湧いてきて。泣きそうだったわよ

放送作家:
失礼を承知で言うと、今シーズンはこれで満足?

キミ姉:
まだ挑戦のチャンスが残っているときにそこまでは言えないけど、古河はなももがどうなっても悔いのないシーズンにはなるわね。だって今だって手を抜いてるわけじゃないんだから

放送作家:
確かにタイムだけがすべてじゃないですね。まだ終わってはいませんが

キミ姉:
これだけ周囲の耳目を集めといて、これで終わりは無理ね(笑)。派手に散ってやるわ!!

放送作家:
いや、それもちがうと思いますが。でもこういうところが、ランナーブログの醍醐味ですね。このライブ感

キミ姉:
それよ。ランナーの気持ちの浮き沈みをダイレクトに読めるからブログは面白いのよ。レースがあると急にOUTポイントが増えるでしょ。ランナーがブロガーだからこそよね。これを読むと、やっぱりブロガーは走らないとねえって思った

放送作家:
その辺を持ち込んで限界費用ゼロ社会とか書いてますよね

キミ姉:
それを持ち込まいでか!

放送作家:
限界費用ゼロ社会、いま第3章まで来てます!

キミ姉:
そっちも読んでね!

放送作家:
それでは今週はこの辺で

キミ姉:
よろしこ哀愁!

本日の走行距離:7.9km
本日の走行距離:275.6km
本日の最低体重:59.6kg
20170918ブログ村

放送作家:
それではそろそろまいりましょう

キミ姉・放送作家
キミ姉の「やっとこさで30km!」

テーマ曲:
舟唄/八代亜紀


放送作家:
なんなんすか、この選曲は

キミ姉:
いやね、いまこんな本を読んでて
阿久悠と松本隆 (朝日新書) [新書]

放送作家:
ああ、「北の宿からVS.木綿のハンカチーフ」ですね

キミ姉:
アンタも若いのによくこんな故事知ってるわね

放送作家:
故事って(笑)

キミ姉:
このへんから二人のガチのバトルが始まるんだけど、81年ごろに決着がつくのよ。たしかにこの辺りの歌謡曲ってほんと楽しかったからね~

放送作家:
そんなことより、なんですか、あの第2章。公開するのもう少し先なんじゃなかったでしたっけ

キミ姉:
ん?そんなこと言ったっけ

放送作家:
あ、わかったぞ。今朝の新聞にGDPRのことが出てたからでしょ。あれ読んで思いついたって思われたくなくて慌てて出したな

キミ姉:
いやね、ほんとうは昨日書き上がってたのよ。で、もう少し寝かせようかと思ったんだけど、ご指摘の通り新聞見てびっくりよ。実は昨日のレディース会のアフターの時もこの話してたんだけど

放送作家:
アナタ、アフターでこんな固い話してんですか。アホですか(笑)

キミ姉:
いや、第2章のことで頭がいっぱいだったんで・・・

放送作家:
それよりなんですか、今日のタイトルは。結局やったんですか、30㎞走

キミ姉:
もう朝起きた時はやる気なし子だったんだけど、海の向こうでナス子ちゃんが頑張ったって聞いてアタシも頑張ったわ

放送作家:
嘘をお言い。そのブログが上がったのは19時前でしょ

キミ姉:
・・・・ あ、ガンプ君もサブ3だったし!

放送作家:
なんか夕べは結構激しく飲んでませんでしたか?あれじゃあ走れないよなあ。この間、フジヤマさんにも注意されたのにアンタって人は・・・

キミ姉:
うーん、残り3週間で最も気持ちが盛り上がるべき時に、少し気持ちが切れ気味なのよねえ。こんなことは初めてなのよ。もう、流れに任せるしかないんだけど。1月初めのブログとか読んで、自分が雨の中を走っててびっくり

放送作家:
これまで毎年PB更新してきましたからねえ

キミ姉:
記録狙うランニングを再開したのが2013年6月だから、もうすぐ5年なのよ。飽きてもおかしくないわよね

放送作家:
ブログ村でも5年前から走り続けてる人って結構限られますからね。船橋のランナーFさんもその頃ですかね。でも今の村のランキング上位の人って、5年は走ってますよね

キミ姉:
そうねえ。確かに10位まででいうと、新人はマーボーくらいね

放送作家:
でも今日は一応走れたんでしょ

キミ姉:
スタートしたときは、20㎞走れたらいいかなって思ったのよ。ところが5km過ぎたらどんどん脚が重くなって、キロ5:30も維持できなくなって、10kmでやめてやろうかって思ったの。そしたら少し脚が動き始めてねえ・・・

放送作家:
確かにラップを見るとバラバラですね。調子悪そう
0-5km 4:54,4:50,5:00,5:02,5:04
5-10km 5:42,5:53,5:32,5:09,5:21
10-15km 5:22,5:19,5:21,5:10,5:22
15-20km 5:30,5:20,5,07,5:20,5:19
20-25km 5:18,5:25,5:30,5:10,5:23
25-30km 5:38,5:04,4:56,5:08,5:22

キミ姉:
10kmからは15kmを、15kmからは20kmを、20㎞からは25kmを目標に頑張ったのよ。だって本番の3週間前に30kmっていわゆるルーティンじゃない?

放送作家:
確かにね。心のお守りですよね

キミ姉:
意味ないって人もいるんだけど、だったらそう言う人は代わりに何するのかしらねえ

放送作家:
ま、理屈考えてる暇があったら少しでも走れって話ですよね

キミ姉:
アンタも分かってきたじゃない。3週間前までならこのくらいの負荷は掛けていいっていう目安よね。これで1日10kmペースもなんとか死守できたし

放送作家:
でも走れたんですね。ハムがなんとかって言ってましたけど。良かったですね!

キミ姉:
あら、ありがとう

放送作家:
今週は70kmでしたね。故障だのなんだのって騒いだわりにはよく走りましたね

キミ姉:
騒いだって・・・ でも昨日は本当に楽しかったわあ

放送作家:
これで浦安に人が集まるようになるといいですね

キミ姉:
やっぱり風呂ね、ポイントは。稲毛にも新横にもシャワーがちゃんとあるのに、浦安にはないのよね~

放送作家:

そうですねえ。コースとしての充実度で言えば、新横>稲毛>駒澤・・・・(越えられない壁)>浦安って感じですねえ。

キミ姉:
その前者の並びもよくわかんないわね

放送作家:
やっぱり新横は雨の日も走れるユーティリティの高さですね。稲毛は夏場の木陰が魅力です。それに対して駒澤はランナー多過ぎ。でも浦安だけがシャワーが無いんですよ

キミ姉:
なるほどねえ。ユキさんも来てくれたから、次回はふらっとさんも来てくれないかしらねえ

放送作家:
ふらっとさんって苦み走ったいいオトコですよねえ

キミ姉:
昨日もその話題になったのよ。ふらっとさんが仮装するならルパン三世の五右衛門じゃないかって(笑)

ユキ:
だからみんな幻想なのよ。うちの旦那、そんなんじゃないから

放送作家:
うわ!びっくりした。本人ですか

ユキ:
あたしは旦那にいつも、仮装するならウォーリーでって言ってるんだけど。もうあのボーダーの服とかいつでも買ってあげるんだけどね~

キミ姉:
いや~、「また下らないものを切ってしまった・・・」とか言ってほしいんだけど(笑)

ユキ:
違う違う、もう全然キャラじゃないし

放送作家:
とか言って、別大も応援に行ってましたよね。愛してるんですね~

ユキ:
いや、あたしは温泉入りたかっただけだし。前日のえむさんとの観光が楽しみだっただけだし

キミ姉:
またそんなこと言って~。照れるユキさんも可愛いぞ♪

放送作家:
さ、思わぬ展開でそろそろ時間が無くなってきたんですが、最後の質問です。いつもブログの最後に体重書いてますが、何で今日から「今朝の体重」から「本日の最低体重」に変わったんですか?

キミ姉:
今朝体重を計ったら61.5kgだったのよ。この1か月の減量が台無し。でも30km走った後に計ったら60.3kgで・・・

放送作家:
いわゆるチェリーピッキングですね

キミ姉:
ものは言いようね。でも一日のうちで一番軽い数字で比較するのってそれなりに意味があるわよ。だって体重って1日のうちに結構変化するから

放送作家:
なるほど、やっと納得できました。それでは今週はこの辺で

キミ姉:
よろしく哀愁

ユキ:
浦安また来るよ~!

本日の走行距離:30km
今月の走行距離:198.6km
今日の最低体重:60.3kg
20170918ブログ村

↑このページのトップヘ