量は質を凌駕する

 ~ アウトドアと読書の日記

カテゴリ:●徒然 > 考えたこと

オレも相手との間にタイムで優劣をつける気はサラサラないけど、
(ていうか、速ければ優れてるって、意味わからない)
割と相対の勝ち負けを楽しめるタイプである。

やっぱり実力が拮抗している相手と、
勝つか負けるか分からないけど一生懸命勝負してみるのって、
結果がどっちでも楽しいじゃないですか。

もちろん負けるのは嫌だけど、
負けたら素直に負けたって言える心の準備がスポーツマンシップだと思う。
そのリスクを取らない限り勝った時の充実感、達成感は永遠に得られない。

でも宣言してその勝負を楽しんだ時って、自分の実力が凄く伸びませんか?
負けたくないから一生懸命頑張るからだと思うんですが。



20年以上前にゴルフにはまっていたことがあって、
一時期は真面目にレッスンプロについて練習していたほど。
たまに一緒にショートコースに練習ラウンドしにいくと、
ホールbyホール、1樋口くらいで握ってプレーしてた。
あ、当時は1伊藤か(もう時効だと思います)。

ちなみにハンデは1ホール1打。
いや、全部ショートホールなんで本当はもらい過ぎなんだが、
あちとらバーディチャンスにバンバン載せてくるので、
1枚でも足りなかった。

まあティショットは当たるも八卦当たらぬも八卦なんで、
勝負はそこじゃなくてやっぱりパット。
勝つことはめったになくて、ドローになるパットは痺れた。

これで何が身につくかというと、
あの緊張感の中で冷静さを保つチカラ。
常に同じリズムで打つチカラ。
速くもなく遅くもなく。力まず緩まず。
ルーティンも考えなくても自然に決まって来るし、
呼吸の仕方も自然に身につく。と思う。

このトレーニングのおかげで、1m弱くらいのパットの集中力が増した。
今でも滅多に行かないけど、そのくらいのパットはまず外さない。
このくらいのパットが決まるとゴルフが本当に楽になる。

そう言えばゴルフでの握りって、
マラソンでいう目標タイム宣言に似てますね。
同じ組で握らない限り、所詮自分との戦いなので(笑)



ランニングにおける自分の好敵手って・・・・
持ちタイム的には萌え太郎さんとか、ちみのすけさんとかか。
しかし二人とも短い距離が圧倒的に速い。
たぶんオレが圧倒的に遅いだけなんだが。

一方であやたさんやサトさんは長いのも短いのも割とタイムが近いが、
家が遠い(笑) 練習はなかなか一緒にできない。
30km走を前提にすると、復調したmotoさんに頑張って付いて行けば、
サブ3が見えてくるな。

じゃあmotoさん、暫定ライバルよろしくお願いします。
家も近いし(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村
いよいよ金曜日から夏休み。
準備が整っているのかいないのか・・・・
仕事は終わるのか~!(笑)

疲労抜きジョグ教祖のTomさんとこのクソ暑い中、
次の日曜日にLSDを計画中です。(7/16)
要領は以下の通りです。

集合日時:7月16日(日)8:00
集合場所:JR京葉線舞浜駅改札出たところ
ルート:ディズニーリゾート周回コース→キミ兄ホームコース
    ディズニー周回コース 約25km
装備等:途中最低3kmに1軒はコンビニあり。
     ボトルポーチ+小銭で可

集合場所には走れる格好で来てください。
着替え等は舞浜駅改札外のコインロッカーに預けます。
ラン終了後荷物を持って浦安体育館まで行ってシャワー。
その後解散となります。
また当日の気象条件によっては途中で中断もあり得ます。

参加希望者はコメント頂くか、当日現地参加でも結構です。
生命の危険のない範囲で楽しみましょう。
なおペースはキロ7を予定しています。(ホントです)



☆☆


今日は以前から一度でいいから行ってみたかった
EDRIKUナイター記録会に参加してきた。

会場となる江戸川陸上競技場は京葉線葛西臨海公園駅から
約2kmの場所にあり、歩くと結構かかる。
今日は駅で着替えて競技場までジョギング。10分足らずで到着。
DSC_9339

よく考えたら、行くときは東西線で行って、
終ったら京葉線で帰るのもありだ。

到着したらエントランスで受付をやっている。
自分が到着したのは18時ちょいすぎだったが、
既に19:00の回の5000Mは締め切られていて、
19:30と20:00の回が受け付けられていた。

ここで500円を払って氏名を記入しゼッケンをもらう。たったこれだけ。
あとは、記録会やっている1-4レーン以外の5-8レーンでアップできる。
更衣室もスタンド下にあって十分なコインロッカーがある。
ちなみにロッカーは1回10円。戻ってきません。

建物は古いけどトラックはゴムチップの最新式(と思しき)。
照明だって十分に明るい。
00010001
ただの練習だと思ってもかなりリーズナブル。

トラックに行くと、アメブロ軍団が集結中だった(笑)
たけさん、初めましてのジョンソンさん、ヨッチさん、みやみさん。
その後ロッカーでは、マサにいさん、いなまんさん、たっきーさん。
この時点で18:30。ちょっと早かったがアップを始める。
競技場までの2kmと併せて7km弱アップ。
最後はキロ4で流して終わり。

アップを終えたら、妙齢の美女に声を掛けられる。
「もしかしてキミ兄ですか?私、hottansです!」
おお、あのサンディエゴの?こちらもお会いしたかった!

あちらにいらっしゃる間に激沈Tを気に入って頂いたのだが、
通信事情のせいでメールで直接申し込みができず、
LINEで何度かやり取りをさせて頂いた。
最近一時帰国されていると聞いていたのでお会いしたかったのだ。

19時組の応援も終えてさて本番。
hottansさんと雑談しつつスタート地点へ向かう。
同組ではハンターさん、マサにいさん、いなまんさん、
かっきぃさん、hottansさん、りこさん。

スタートするとかっきぃさんが少し前に、
そのすぐあとにいなまんさんが付いたので、
その少し外側で自分の調子を見ることに。
たぶんラップは48から50の間くらい。

5周目くらいでかっきぃさんのペースが少し落ちたので、
それまでのペースを維持して前にでる。
ラップは3:58、4:02、4:01、4:07、4:09
トータル20:18。

なんか暑さのせいなのか何なのか、
向い風が強かったからか何なのか。
やたらと脚が重かった気がする。
やっぱり本調子ではない。
4月に5000のPB出した時とは違う。

ある意味、閾値走と同じようなペースになってしまったが、
自分の実力通りといえば実力通り。
後の組のトップの人のフォームとか見ていると、
まるで800か1500かのように5000を走り切っている。
これを見たのは値打ちがあった。
おせんべさんの最後の追い込みも見ごたえあった~。



記録会が終わったら、アクアライン以来のりこさんともご挨拶。
こんな写真も撮ってもらってビビるわ!
20170712edoriku
(これはかっきぃさん)

大満足でそのまま家まで帰宅ラン約8㎞。
さすがに疲れているようでキロ6以上でない。
家に着いたらもう21:30。

Tシャツの発送作業しようかとおもったら、
残りは全部トモコがやってくれてました。
「や」行以降の方、明日発送します!(笑)

それにしても前に走者がいるトラック走って、
やっぱり気合いが入る。
来月以降も来たいと思いました。

現場からは以上です!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村

早速やってきました。疲労抜きジョグ。
もしかしたらこんなにきちんとやるのは初めてかも。
とにかくキロ630を守るべく時計とにらめっこだった。
20170628lap

思ったこと。

①630は遅いペース。
このペースをキープするのはなかなか大変。
リズミカルに走ってキープできるペースではないので、
むしろ早歩きくらいの感覚で走ったほうがいいのかも。
リズミカルに保てるのはキロ6分ちょっとが限界です。

②楽だが意外と心拍は上がる。
多少体調が悪くても脚が重くても、このペースでなら必ず走れる。
走り出す前も気が楽だ。しかしなぜか心拍は160台後半。
前日の閾値走ですら140台だったのに(笑)

③疲労が抜けたかどうかはわからない。
確かに脚にダルさが残っているのだが、疲労抜きに役立ったかは、
明日の朝でないと分からない。

そして意外と退屈ではなかった。さすが社畜。
これなら毎日走れるかも。すると400kmも夢ではない。
ちなみに自分史上最長は月間348km。


☆☆


さて、表題。
今年の夏休みはなんと7月後半から15連休。
ま、勤続30周年ご褒美といったところでしょうか。
この機会を利用して、本州横断(縦断?)旅行を計画中。
2017summermap
目的地は東から、名古屋リニア博物館、京都梅小路博物館、実家(由宇)、
長崎、そして湯布院。詳細な旅程は検討中だが、多分由宇までクルマで行き、
そこからは電車で長崎、湯布院と回ることになりそう。
往復約3,000kmの大冒険!

7日間で全部回るので大忙し。朝ランは宿泊先でやると思います。
長崎は行くのが多分「きゃあまぐる坂GP」の翌日になるんだよな・・・
残念。まあそんな日に宿は取れないか(笑)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村

今日はランオフ。
木金土日4日連続で走ったので、さすがに疲れた。
日曜日のペースに疲労がうかがえる。

木曜日 20.0km 1:42:41 5:06/km
金曜日 10.1km 0:50:05 4:56/km
土曜日 24.2km 1:55:58 4:48/km
日曜日 14.5km 1:19:15 5:28/km

本当は今日も10kmは走って月間300kmに近づけたかったが、
正直、今日も走ると走ることが嫌いになりそう。
もしかするとキロ6とか6分半とかでなら走れそうだが、
どうも自分は疲労抜きジョグが苦手。

疲労抜きジョグしようとしてもどうしてもペースを上げてしまうし。
疲労抜きジョグをするならば、いっそランオフにして、
フレッシュな脚で気持ち良く快走したい。

どうなんでしょうか。
ここは歯を食いしばってゆっくり走れるようになった方がいいのか、
それとも今のままでもいいのか。
そんなことをこの方のブログを読みながら考えてしまいました。
【連載】 サブスリーのために取り組んだ5つのポイント

今年一番のお気に入り写真。左がTomさん。オレのフォームが微妙(笑)
b1c7-0018-4297-a107-faeb771571c5-p

月間200kmくらいでサブ3を達成されているので、
自分なんかにはとても真似ができないのだが、
体重コントロールもしたいなら疲労抜きジョグか。
これからますます暑くなるし、LSDとか試すのもいいかも。

おお、そういえば今年も葛西臨海公園7時間走、ありますね。
自分は当日エントリー予定(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村

ダルビッシュと田中の投げ合い、凄かったですね。
今シーズンは冴えない投球が続いていた田中ですが、
高校の先輩ダルビッシュとの直接対決がいい刺激になったんでしょうか。
やっぱりスポーツって、ライバルの存在は大事だ。

☆☆

今日は先日の教訓も踏まえ、日が陰った夕方15時から走ってきた。
24.2km 1時間55分 平均4:48/km。

最初は閾値走にしようかと思ったが、2kmで撃沈。
ペース走に切り替えたら結構調子がいいので、
再度閾値走アタック。再度激沈。

以後4分40秒台で25kmまで行こうかとも思ったが、
22kmで力尽きた。残りはダウンジョグ。
20170624lap
これで今月は235km。10km/日ペースに戻すには明日15km必要。
また体育館のジムでも行くか♪


☆☆

表題。

Ukeさんがなんどか英語学習について書いておられた。
Ukeさんの場合は職場あるいは業務上、
相手と英語でコミュニケーションしなければならない場面が多いらしい。
現地駐在経験なしであそこまで上達するのは相当な努力が必要だったろう。
ランニングといい英語といい、まさに努力の天才だ。

自分はといえば、40歳過ぎるまで英語が必要な職場にいたことが無かった。
そもそも若いころ、海外勤務も希望したことはなかったし、
積極的に英語を勉強もしなかったので、当然といえば当然。

というか、英語自体が苦手でそういう部署は避けていた。
ところがちょうど10年前、詳細は割愛するが、
海外の部署や海外の委託先と交渉する部署に異動になった。

その部署には他に英語が達者な人がいたので業務上は困らなかったが、
夜のレセプションの場とかに顔を出さないとならない状況が増えてきた。

そういう場に行くと、まあ最初の挨拶の仕方くらいは覚えるんだが、
その後の業務の中身の話とか、こちらからは当然まったくできないし、
先方が話している内容も全く理解できない。

いちばんキツいのは、あちらが自分の方に話しかけてくるケース。
「ハイ!キミニイ!」とか言って(笑)
せっかく声を掛けてもらっても、言っていることが分からないので思わず目をそらす。
それが何度か続くともう話しかけてこない。
要するに、こいつに話しても無駄だと思われるわけだ。

これはキツかったな~。あの疎外感ったらない。
ようやく4時間切ったばかり時に
サブ3ランナーの飲み会に放り込まれた感じ(笑)
いや、あの100倍キツい。

何よりもショックなのは、何を言えばいいか分かっているのに、
それを口にできないこと。恥ずかしさが邪魔をして口が動かない。
相手の言うことが分からないこと以上に、それが悔しかった。
ナイスパスが出てるのにシュートを決められなくて失望される、みたいな。

それまでは英語は避けて生きてきたが、
こうなったらそうは言っていられない。
以下は、そんなオレが最低限何をやったかというお話。
けっして英語がうまいよ、っていう自慢じゃありません(笑)

こういう状況になったら大人は金で解決するしかない。
トモコが昔通ったという英会話学校に行きましたよ。
そこに毎週土曜日、約半年間通いました。

軽自動車なら買えるくらいはお金使ったかも。
トモコには事情を正直に説明して許可をもらった。
そのくらい、人生で重要なことだと思った。

そうして自分で考えて自分の言葉でしゃべる、
とにかく話すことに慣れる、という訓練を繰り返すことで、
人前で英語を話すことに抵抗感が段々と薄れていった。

もちろんビジネスの交渉などの場には出られるレベルではないが、
実務担当者同士の打合せのような場で、こちらの状況を説明したり、
先方に対する要望を伝えるようなことはできるようになったと思う。

例えば何かのプロジェクトを、委託先の海外チームと一緒にやるとき、
こちらの状況についてきちんと説明するとか、
あるいはこちらからの依頼事項を説明する必要があるとする。

先方の状況をヒアリングして確認したら、それを自分の言葉で言い直す。
そこで、何が確定した事実なのか、何が推測なのか、きちんと言い分ける。
こちらからの要望事項も、何がいつまでに終わっていなければならないのか、
またそれは要望なのか指示なのか。
指示ならば、それが達成できないと何がペナルティになるのか。

mayなのかmustなのか、isなのかwasなのか。
I hopeなのかI supposeなのかWe expectなのか。
You shallなのかI ask youなのか。

こういったことを自分の言葉で説明する。
特に英語圏の人は、なによりその人が嘘を言ってないか見ています。
事実と推測を使い分ける。約束は守る。
英語がヘタでも、これをちゃんとやれば信頼関係は築けると思います。

そうすると、知らないうちに何かが起きたりということが無くなる。
かならず事前にこちらに説明してくれるようになります。
これで助けられたことが何度もありました。

こういうコミュニケーションって日本語でも同じじゃないですか。
曖昧なままにやり取りしても、後で決していいことはない。
事実なのか推測なのか、依頼なのか指示なのかってはっきりしているので、
あとはそれを英語もしくは日本語で正確に伝えるだけ。

先方が気にしていることをきちんと言い分けられるようになったので、
今は話すことで苦労することはほとんどないです。
10年前を思い出すと、我ながら頑張ったなあ、って思います。

一方で聴く方は相変わらず難しい。
特に電話会議だと、相手が何言っているのか分からない。
あれは、こちらに1人英語のうまい人がいると、
先方もそのレベルに合わせて難しい(というか普通の)英語を
話すからだと信じています(笑)

あとは、例えば海外出張してミーティングが終わった後の飲み会。
こういう会話が一番苦手。日常会話なので慣用句ばっかり。
もうさっぱりわからない。
でも仕事でちゃんと信頼関係築けていれば、
そんなに一緒に飲む必要もないんですけどね。

本当に英語が得意な人からしてみれば、
こんなの本当に入り口の入り口でしかないんだと思うんですが、
でもどう勉強しても英語力が上がらない人もいる。
そのレベルの中で、ここだけでもやると随分違うんでは?
っていうお話でした。

本当にお前って説教臭いなって思った方はポチッとお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村

↑このページのトップヘ