量は質を凌駕する

 ~ アウトドアと読書の日記

カテゴリ:●徒然 > 考えたこと

宴会芸ってあるじゃないですか。
古典的なのは、「ドレミの唄」。
コップを8つ並べてビール(もしくは日本酒)を入れて、
ドレミの唄に合わせて一杯づつ一気飲みするやつ。

昨今は一気飲み自体やらないので今は廃れたこの芸。
コップをたたくと音階で鳴るように注ぐのがコツ。
当然音階があがると飲む量も増える。
思い出すだけで吐き気がする(笑)

同じような芸で「タイムマシーン」っていうのがある。
これには二人の登場人物が必要。博士と助手。
シナリオはこんな感じ。

助手:博士、タイムマシーンが完成しました!
博士:おお、ついにやったな。じゃあ完成を祝って乾杯だ!
二人:カンパーイ!!

(二人で一気飲み)

博士:よし。じゃあ早速タイムマシーンに乗ってみよう。スイッチオン!
二人:5分前の世界にターイムマシーン!(その場でグルグル回る)


助手:博士、タイムマシーンが完成しました。
博士:おお、ついにやったな。じゃあ完成を祝って乾杯だ!
二人:カンパーイ!!

(二人で一気飲み)

(以下略)


この芸の欠点は誰かがやめろと言ってやらない限り終われないこと(笑)

しかしこれは宴会芸以外でも応用できるのではないか?
例えばこんな・・・・・








登場人物 博士(♀) 助手(♂)

助手:博士、タイムマシーンが完成しました!
博士:ああ、ついにやったわね。じゃあ完成を祝って、〇〇〇しちゃう?
助手:え? いいんですか?(おずおず)

(20分で終了)

博士:じゃあ早速タイムマシーンに乗ってみるわよ。スイッチオン!
二人:20分前の世界にターイムマシーン!(その場でグルグル回る)


助手:博士、タイムマシーンが完成しました!
博士:おお、ついにやったわね。じゃあ完成を祝って、〇〇〇しちゃう?
助手:え? いいんですか?(おずおず)

(20分で終了)

(以下略)




これなら週4回も可能だ・・・・




1回20分は短いだろうと思った方や、
「〇〇〇」は「閾値走」だろうと思った方は↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村


ブログ村マラソンカテのランキング(OUTポイント)で、
登録以来初めて1位を獲得しました!

いやー。ブログ村に登録した当初からランキングは気にはしていましたが、
気にしたところで所詮は面白くないと読まれないと思っていたので、
今回はたまたま村の上位常連の人たちがあまり更新してないとか、
美ジョガーのペーサーやらしてもらったりとか、
棚ぼた的なものだとは分かってはいるものの、やっぱり嬉しいです。


ブログ村のクイーンからもお祝いのメッセージを頂戴した。
直接の理由はくろいわさんが減量中はブログ更新しないことなんですけど(笑)
できればずーっと減量してて下さい!(笑)

冗談はさておき、これを励みにこれからもがんばります。

そいういえば昨日はINポイントも妙に多かった。
これはもしかしたら昨日「(押してくれると)いいことがあるかも」と書いたせい?
もちろん「自分にとって」いいことなんだが(笑)
それで押してもらえるのなら、これからもよろしくお願いします。


☆☆




さて、来シーズンの抱負。







それは、防府にでること。(笑)






実は昨年も4月に、今シーズンの抱負を書いていたのを発見した。
 →

これによれば①キロ4:20に慣れる、②20km走をたくさんやる、③超ロングをやる。
①は2月24日に20km走で達成。
②は昨日も書いたが1年間で20km走以上は55回やった。
③超ロングは結局3回。甲州街道、エア柴又、つく天。

③は来シーズンはもういいかな・・・
②は週70kmを守っていれば自然にできる。
①はペースを置き換える必要あり。



そんなことも踏まえ、来シーズンに向けて一応三つ書いてみた。


①サブ3達成
一年くらい前から、サブ3を目指すことは公言していたつもりだったのだが、
3時間1桁達成も踏まえ、改めて宣言してみたい。

ちなみにアプローチだが、今現在でもサブ3に挑戦するだけならできるんだが、
やはり自分らしく、ある程度確実になってから挑みたい。
その代り、やるときは一発で決めるつもりで。


②キロ4:10で巡航
何度か書いているが、そのためにはやはり速いスピードに慣れることかと。
自分の持久力からいえば、30kmはサブ3ペースより5秒速いキロ4:10、
2時間5分で走れないとサブ3は厳しい。

この場合のハーフは27分台、5kmは18分台。
ハーフは今のベストより4分、5kmは1分速い。
なぜかフルで6分縮める方が、5kmを1分縮めるより簡単に見える(笑)

③毎週閾値走
既に2週連続で閾値走やってきているが、ちょっとだけ効果を感じる。
なによりキロ4:10切ったペースへの慣れを感じる。
これまでほとんどやってこなかった練習なので、
もしかするとかなり効果があるかも。

インターバルとは異なりあまりスピ練という感じでもないので、
ケガもしなさそう。
これはまじめに毎週やる価値がありそうです。




そんなわけで、来シーズンも当ブログをよろしくお願い致します。


↓ポチっとしてくれるとオレにいいことがあります(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村

はなもものアフター、おっとさんが場所を予約してくれました。
古河駅前で飲み放題!(笑) 多分4千円くらいです。
場所は現地陣地で地図を配りますね。

なお、アフターの申し込みは9日(木)中にお願い致します。


☆☆

今日は本番前最後のスピード練習。といってもMペース。
今日の目的はとにかくMペースで行ってカラダが軽くなる瞬間を確かめること。
最近は5kmも走ればカラダがふわっと軽くなるのを感じている。それを確かめたい。

設定ペースは4:24+アルファ。シューズは本番用ターサージール。
ソックスもアンダーのコンプレッションウェアも本番と同じ。
風はほぼ無風でスタート。

0-5km 21:59(4:31,4:20,4:22,4:23,4:22)avg4:24

最近ガーミン画面は心拍数でなくピッチ数を表示させている。
とにかく180を大きく上回らない事。185とかになったら脚の売り切れ必至だし。
最初の1kmは信号もありペースは上がらない。

海岸沿いに出てスピードに乗る。4:20でまずまず。
しかし呼吸は厳しいまま。ちょっと速すぎなんだよな。
そのまま1kmごとにペースを確認するが、5kmまでカラダ軽くならず。
しょうがないのでこのまま続ける。

5-10km 21:48(4:20,4:25,4:21,4:22,4:17)

6km目に少し軽くなった気がしたが気のせいだった。
7km目で、ダメージを考えて一瞬止めようかと思いペースが落ちる。
でももう少し粘ってみる。

そしたら最後の10km目、ついにふわっとくる。

10-12km 8:28(4:15.4:12)

自分はどうもいつも肩を浮かして(いからせて)走っているようで、
そのせいで腕の振りがカラダに伝わっていない気がした。
そこで今日は最初から肩を下げることを意識して走った。

それがこの10km目で突然ピタリとはまり、脚のチカラが頭に直接伝わるのを感じた。
腕を振った分だけ走ってる感じになって凄く気持ちイイ。脚が力強く動く。
4:15でもちっともしんどさを感じない。

今すぐは無理でも、4:15で30km走れるんじゃないかと思った瞬間だった。
サブ3ペースがちょっと見えた?
ちょっと元気になってきた!



決めました。今日までは自信なかったけど、30kmまでは4:24で行きます。
そのままゴールすれば3時間5分40秒だが、あくまでガーミンベースなので、
昨年距離が180m短く表示されたことを踏まえ、3時間6分ちょっとか。

30kmから多少でも上げられれば、5分台も夢ではない。
12kmあるので、キロ5秒上げられれば1分短縮できる。

20170307lap



☆☆

そこで今日のタイトル。
30km地点で2時間12分だったとしよう。
あなたは3時間1桁を狙っている。
自分が間に合いそうかすぐに計算できますか?

これは以前から何度か書いているが、自分は平均ペースをガーミンに表示させている。
3時間1桁ということは、4:30ペースでギリギリ3時間1桁だ。
2時間12分で30kmならジャスト4:24ペースなので、そのままゴールまで行ければ、
楽勝で1桁達成できる。(たぶん3時間5分)

そのために、自分の目標前後の平均ペースは暗記している。
4:24なら3時間6分、4:20なら3時間3分、4:30なら3時間10分。
これを覚えておけばペース表は要らない。

え、4:24なら3時間5分、4:30なら3時間9分じゃないのと思ったあなた。
上に書いたように、ガーミンってだいたい短く出る。
ゴールまで行ってみたら42.195kmが42.4kmだったなんてザラにある話。
だから計算するときは1秒くらい足すか、42.4kmで計算しておくと安全だ。

しかしこの計算だと30km以降も一定ペースで引っ張るならいいが、
このペースが激沈上等ペースだった時、(これは誤用w)
つまりここからペースダウンしようとしている場合はどうするか。

自分はこんな表を作って時々眺めている。
20170307ペース表
30kmで2時間12分できているので、残り12.195kmを約57分でいいことになる。
するとキロ4:36(5kmを23分)で大丈夫となる。キロ4:48(5kmを24分)では厳しい。
先々ペースが落ちることも考えると、とりあえずキロ4:30が安全だろう。

走っている時って脳にあまり酸素がいっていないので、
2時間12分+56分=3時間8分、というレベルの計算が限界だろう。
掛け算は自分でもできたことがない。「キロ4:30で12kmなら54分」とか無理(笑)

これも、ラップ表に頼っていると、もしラップ表を忘れたり、
腕に書いたラップタイムが汗で消えたりしてパニックにならないための備え。
持ち物が増えれば増えるほど、現地でパニくるリスクが増える。

でもあまり複雑なものは覚えられないので、上の表でも4:24以外には、
せいぜいキロ5の欄を覚えるくらいだろうなあ。
30kmから約1時間1分、35㎞から約36分、40kmから11分。



でも見ていてお気づきかもしれないが、残り12kmまできてキロ5秒上げても
大したことにはならないんですよね。たかだか1分稼げるだけ。
それで官九郎クンみたいにサブ3できるなら別だが、
いくら30kmまで溜めていてもそのくらい。
まして最後少しでも垂れるともう何やってるのかわからない。

それに対して、同じ5秒でも30km走ってくると3分近い差になる。
(4:24なら30km2時間12分、4:30なら2時間15分。)
やっぱり入りのペース設定ってすごく大事なんですよね。

そのためにこうして何度もシミュレーションして、
いけそうなペースを探っているわけです。

あと4日。いよいよだ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村

ここ1週間くらい、1日分のブログを書くのに1時間以上かかっている。
やっぱり大会が近づいてナーバスになっているせいかなあ。

昨日1日ランオフの後、今日は軽く10kmジョグ。
ピキった左ハムは痛みはあるものの、ジョグには支障なし。
それにしても風が強かった。

って最近うすうす思ってたんだが、
最近自分が大会に出た時に、風に悩まされた記憶が無い。
強いて言えば去年のアクアラインだけど、あの時は風向きが良かった。

先日の館山も風は後半結構吹いていたが追い風。
雨や晴れについては晴れオトコ雨オンナっていうけど、
風についてはどうか。オレは無風オトコでは。

しらべてみた。2014以降のフルとハーフ。
風速はいずれも10分ごとの平均風速の走行時間中最大値。

2017浦安2.2m曇  ほとんど無風だった。
2017館山4.0m晴  多少風はあったが追い風のみ。現在のPB。
2017千葉マリン2.2m晴  珍しいくらいの無風。

2016足立4.2m晴  北風。最後の5kmは向かい風。記憶の中では結構吹いた。
2016つくば2.6m曇 ほぼ無風。
2016アクアライン晴 5.5m 結構吹いたがほぼ追い風
2016佐倉2.6m曇  珍しくほぼ無風。
2016古河2.8m曇  もちろん無風で当時のPB。
2016別大2.9m曇  北風だったので横風で済んだ。

2015足立4.0m晴  北風。つまり最後の5kmが向かい風。ハーフのPB。
2015つくば3.0m曇 無風の部類。病み上がりでキロ5だったので気にならず。
2015佐倉6.8m曇  南西の風。練習の時から強風続き。
2015横浜3.1m曇  ほぼ無風で当時のPB。むしろ高速道路の硬さが気になった。
2015館山3.9m晴  西風なのでだいたい横風。影響なし。サブ3.5達成。

2014大田原6.1m晴 大撃沈の大田原。進行方向に沿って風向き変わる
2014坂東1.9m曇  出張明け時差ボケの中走ったことしか記憶になし
2014アクアライン2.5m晴 気温23度(笑) 大撃沈。
2014喜多4.2m晴  この日はむしろ32度の気温になったことが問題(笑)
2014佐倉5.5m雨  南風。印旛沼の向こうっ側が厳しかった。しかも雨。一応PB。
2014館山8.5m曇  強風の館山の印象通り。3時間40分。
2014松戸1.7m晴  10年ぶりのレース復帰戦。

こうやって振り返ってみると、平均風速4m超だと風が強いって感じるようだ。
ちなみに最近の大会では去年のかすみがうらが荒れた天気だったが、
あれで平均風速9.6m

去年のアクアラインは5.5mだったが追い風だったので除外。
すると全20大会中嫌な風が吹いたのは5大会。
意外と吹かないものだ。

2014館山はフルマラソン復帰一戦目だったので、こんなものかと思い気にならず。
2014年佐倉も復帰二戦目で、こんなものかと思い気にならず。
その後、光化学スモッグ警報が出た6月の喜多マラソン、
気温が23度まで上がったアクアラインマラソン、
走る方向へ方向へ風向きが変わってうんざりした大田原と、
2014年はとにかく気象条件が厳しかった。

当時はこんなものかと思っていたのだが、
こうやって振り返ってみると、2014年の厳しさは突出している(笑)
1月の松戸七草もアップダウンがメチャ厳しかったし、
坂東将門は出張明けでレースにならなかったし。
よくこれで、マラソン続ける気になったものだ(笑)

その反動か、年明けの館山でいきなりサブ3.5奪取。
続く横浜でもPB大幅更新。
2014年に我慢した分がお釣りで返ってきた(笑)

2015以降だと14大会中12大会は平穏な気象条件で走れている。
雨すら降っていない。
こりゃあもしかすると、本当に無風オトコかも? しかも晴れオトコ兼任?
イベントでは散々だが大会当日だけ取れば、ライバルのユキさんといい勝負(笑)

次のはなももに乞うご期待!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村

ちなみに浦安の余韻覚めやらぬ中ですが、
オレの中では依然館山ロス中です。
LOVE、館山。

今週日曜日、市民ランナーたちの祭典である別府大分マラソンが開催される。
今回は座右の銘Tシャツを着用して参加するランナーの壮行会の模様をお届けしよう。

司会者:それでは早速始めたいと思います。まずはスポンサーのキミ兄さんから。
キミ兄:今回は激沈上等Tシャツを着て走ってくれるそうでありがとう。
司会者:いきなり上からですね。
きうじ:スポンサーって?
キミ兄:ほら、F-1とかでもスポンサーのステッカーとか貼ってるじゃん。
    いや、貼ってますよね?
きうじ:はあ?
moto:あれはチームに広告料払ってるんですよ。オレもらってないですよ?
キミ兄:・・・
きうじ:ただのTシャツ屋か(笑)

moto:そんなことより、激沈Tシャツってドレスコード確認してるんですか?
キミ兄:(また横文字か…)
きうじ:着衣制限だよ。こんな派手なTシャツ。
moto:別大っていろいろ厳しいんですよ。大会事務局に聞きました?
キミ兄:(キレ気味に)すいません、きーてーませーんでーしたー!
きうじ:(舌打ち)
司会者:PL法的にも問題ですよね。

司会者:みなさんの大会への意気込みをお聞かせください。
きうじ:激沈T着てるからって撃沈するつもりはないよ。安いから買っただけ。
キミ兄:激沈上等って「どうせ撃沈するからやけっぱちで走る」って意味じゃないよ!
きうじ:え、ちがうの?
司会者:普通はそう思いますよねえ。
moto:それにちょっとヤンキーっぽいですよね。「喧嘩上等」みたいな♪
キミ兄:ぐぬう・・・ でも激沈上等ってぱっきーさんも言ってくれてるよ!(泣)
きうじ:デザインも中二ぽい。エヴァでしょ、元ネタ。
司会者:(フッ)
キミ兄:鼻で笑った!

キミ兄:…でもきうじは嘘泣きの練習してるんでしょ(半泣き)
司会者:そうでしたね。奥様になにか言われませんでした?
きうじ:よ、嫁の(うつむく)…
moto:奥さん生きてますよね。
きうじ:(早口でぶっきらぼうに)か、金で…
司会者:これ、奥さんに買ってもらったんですか?!
(ざわざわざわ)
moto:さすが、ものがちがう(笑)
キミ兄:奥さんがスポンサーだったのか!

moto:でもこのTシャツ着てるとよく声掛けられますよ。
キミ兄:そうでしょ!別大でもたくさんの人に声掛けられるよう、頑張ってください!
きうじ:そして聞かれたら「激沈上等で検索して」って言えばいいんだろ。
moto:そうそう。オレたち走る広告塔ですもんね。
司会者:どこまでも腹黒いですね。
キミ兄:いや、そのTシャツが他のランナーたちを勇気づけるはずだ!!はずです!!

司会者:それではキリがないので今週はこのへんで。ごきげんよう~!



テロップ:協賛  座右の銘Tシャツ

ナレーション:激沈上等Tシャツは、全ての別大ランナーを応援しています!

テロップ:作品中の登場人物は実在の人物とたとえ酷似していても全く無関係です)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 
にほんブログ村


ディレクター:はい、カットォー!
キミ兄:どうもお疲れさまでした!
きうじ:はい、おつかれさま~。
moto:おつかれさまでーす。
ディレクター:これだけdisっとけば話題性間違いなしですよ!
キミ兄:Tシャツが売れたらみんなでフグ食いに行こうぜ♪
きうじ:おっ、さすがスポンサー(笑)
moto:嫁も呼んでいいですか?

↑このページのトップヘ