量は質を凌駕する

 ~ アウトドアと読書の日記

カテゴリ:●RUN&RIDE > 養老渓谷

一昨日の「自己責任」に関する更新に、
多くのコメントを頂きありがとうございました。
こんなに反響があるって思ってませんでした。
一方で私の書き方も、何が焦点なのか曖昧だったかと反省してます。
少しだけ追記をしてますのでご興味があればご覧ください。

☆☆


「いよいよ最終回」って言っても、全く「いよいよ感」はなく、
唐突感しかない!

我ながら細切れに続けてきたな~って思うのだが、
長いレポを書く人って記憶力が凄いって感心します。
もう、「忘却とは忘れ去ること」としか思えない(笑)

これまで断片的においしいところを拾ってきたので、
まだマラニックがスタートしてないにもかかわらず、
書くことがほとんど残っていない(白目)

しょうがないのでもうコースは追わず、目玉部分だけ。
(気をつけないと浦安盛夏LSDの写真が混じる・・・)


たのくるさんによる講習会の写真が部分部分残っているのだが、
これが実にいい写真が残っている。
(顔、わかんないですよね?)
4057-f66b-4921-ad9f-67148aa9fa43-p
これ、重心の置き方の説明をしているところだと思うんだけど、
左のイツカさんと右のたのくるさんを比較すると、
重心位置が全く違うのが一目瞭然だ。

たのくるさんは、腰が前に出てきているので、
上半身の前傾角度はほとんど変わらないのに、
イツカさんよりは確実に重心の上に乗れているのが分かる。
(イツカさんは手を胸に当てて重心を意識するドリル中)

こちらの写真も、右のイツカさんがドリル中なんだが、
中央のたのくるさんはカカトが浮いてフォアフット荷重に。
結果として上半身が腰も一緒に前に乗っていっている。
4045-01f9-4b39-998a-77252a3079dc-p
いずれもトヨチンの撮影だが、非常に参考になる2枚。

ところでこの日の天気。こんな感じだった。
10時にすでに30度を超え、最高で32.5度
これはゴール直前の時刻。
20170708気象データ

それでも前半は木陰が結構あったので、何とかしのげた。
うかれるオトコ。
5a24-038b-4b3c-ae56-91270e371fe8-p
ぱっきーさん撮影。
cc55-55b4-4596-a63a-ca2abf6a1ae8-p
急坂も大半が木陰。
e292-5728-4e22-a588-2dc06b9206a9-p
無事生還した二人と談笑。
0e49-ab98-41a4-b067-1c248f415792-p
しかし後半最後の5kmは日照地獄。
見事に遮るものなし。
2422-034b-476b-8081-ee305cd394b8-p
実は自分自身も、最後の5,6kmはかなりダメージ来ていて、
脈拍数も160前後にまで上がっていた。
他のメンバーの状態も気になったが、
何より自分が最後まで走れるか心配だったので、
一生懸命木陰を探した。
でも5kmの間、ちゃんと休めた木陰は一か所だけ。

ところが後日グーグルストリートビューで確認したら、
我々が通ったルートから数百mのところに、
木陰があるわあるわ。
20170708沿道写真2
20170708沿道写真1
もしあらかじめ知っていたら、あんなに焦らなくても良かった。
これは事前に暑くなることを予期していなかった私のミス、
というか手抜かりですね。申し訳なかったです。

こんなわずかな木陰がうらやましく思えるほど、
当日の日差しは厳しかった!



当日参加された皆さま。
最後の5kmもこんなにいい感じの抜け道がありました。
もうこれで養老渓谷に来ても何の心配もありません!
また行きましょうね~。

そんなわけで、養老渓谷サバイバルランレポ、これにて終了です。
長らくお付き合いいただきありがとうございました。
少しでも養老渓谷(およびその周辺)の魅力が伝わったら嬉しいです。

次回は吉例によれば12/3なんですが、
私がいすみハーフにエントリーしてしまったので、
その翌週12/10を予定しています。
養老渓谷の紅葉を楽しみましょう!

次回は今回motoさんとウシオトコさんが開拓してくれた、
新設「ゴールドコース」(チャンピオンとレギュラーの組み合せ)で行きましょう!
「ゴールド、ええやん」って思った方はポチッとお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村

昨日の更新に予想外にたくさんのコメントを頂いたので、
返コメで時間を取られてブログを書く時間がありません(笑)
今日はサラッと1トピックだけ。

先日も似顔絵を描いたトヨチン。
(ミレドドと呼ぶためには呼び捨てが大事らしい)
20170710トヨチン

自分で言うのもなんですが、この似顔絵はトヨチン本人がもつ
清潔感がしっかり出ていると思う。その意味でよく描けた!
しかし、あのなんというかタフな感じというか、
細いのに丈夫な感じが今一つ出てないんだよな~。

そんなトヨチンのエピソード。




motoさんとウシオトコさんが行方不明になっていた時、
路傍で雑談をしていたらトヨチンが
「次の自販機まで何キロですか?!」と聞いてきた。

なんでもトヨチンは普段から水分吸収が半端ないらしく、
この日もすでにペットボトル2本消費済み。
「次の自販機までは5kmくらいかな・・・・」と答えたところ、
「だったら何とかなります!」との反応。

この地点は山の中だったので周囲には自販機は無い。
自分が記憶している自販機は、飯給(いたぶ)駅付近(上の赤い星)。
eb8d-82dd-43b5-9413-25c6f71d9f5b-p
(今見たら4km弱だった)

そこにようやく到着してみんな一斉に自販機に群がる(笑)
eb8d-82dd-43b5-9413-25c6f71d9f5b-p
これが有名な「飯給の聖水」。
みんな押し頂くように水分を補給する。

そんな中、ひときわ水分補給の多い女子1名。
そう、トヨチンだ。
なぜかこの時点で既に2リットルの水分を吸収していた。

しかし本人曰く「まったく汗をかかない」らしい。
しかもトイレも朝から1回も行ってないとのこと。
じゃああの水分はどこに行ったんだよ!!

これは推測だが、たぶんトヨチンは体内に大きな湖があるに違いない。
そこに聖水を溜めて、足りない時はそこから出す。
これを繰り返すことで、まるでラクダのように渇きに耐えられるようになった。

スゲー。トヨチン、スゲー。









えーっと。




「聖水」とか言ってる時点でかなりヤバいです。
全国のトヨチンファンに八つ裂きにされかねません。
ここでは、トヨチンが渇きに強い(?)ってことで終わりにしたいと思います。

じゃあトヨチン。
来シーズン(今シーズン?)はサブ3.5頑張って!
ブログ村のみんなも応援してるよ!

よーし、オレもトヨチン応援するぞ!
って思った方はポチッとお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村

今日も暑かったですね。
自分は屋外でのランはあきらめて、久々に市営体育館のジムへ。
ゆっくりと10kmほど距離を踏んできました。
これで今週は62km、今月173km。

明日はいよいよ盛夏LSD。
最初は曇りの予報でしたが今はピーカンの予報。
しかも10時時点で30度。ヤバいです。
5kmごとにコンビニを入れますが、参加は自己責任でお願いします。

今のところ参加予定は、
ゲンさん、じーこさん、たまさん、(motoさん)そしてTomさんと私。
ドタ参もオッケーです。
詳細はこちら→




さて、1週間前の養老渓谷マラニックも同じような天候で、
まさにサバイバルランの呼び名にふさわしい展開となった。
まだ今日もスタートしません(笑)
本日は参加された女性の特典、似顔絵披露。


まずはいっちさん。
いっちさんは横浜で一大勢力を保持する女番長(笑)
以前から養老渓谷に一度来たいと言われていた。
そして養老渓谷までの車中での会話(かなり割愛)。

いっち:私、暑さには強いんですが、二度ほど倒れてまして。
キミ兄:ほう。それはどのような。
いっち:はい、一度はゴール直後にいくら水を飲んでもだめで。
キミ兄:それは大変でした。
いっち:もう一度はゴール後に文字通り倒れまして。
キミ兄:まあ今日は木陰も多いんで、ゆっくり行けば大丈夫。
いっち:あ、はい。(不安げ)

いっちさん、こんな感じです。
20170710いっち
(結構似てると思うんですが・・・)

この会話がマラニック中頭から離れず、
とにかく暑さ対策には気を付けたつもり。
特に15km地点のコンビニ以降。

今回はいっちさんに加え女性は計3名が参加。
もう一人はアメブロの衝撃仮装ランナートヨチンさん。
色白のメガネっ子。
(あの、細いのにふくよかな感じを表現するのが難しい)
20170710トヨチン
(仮装以外の姿をほとんど見てないのでごめんよ!)

以前から疑問だったのは、「トヨチン」ってどう発音する?
自分はてっきり「浦安」とかと同じ「ドレミミ」だと思っていたが、
前日の宴会の時にぱっきーさんが「ミレドド」って言っていたので、
「アメブロガーはそう発音するのか!」と驚いたのだが。
この発音の仕方でアメブロガーかそうじゃないかがバレたりして(笑)

トヨチンさんは夏の大会でもパンダの被り物で走るくらいなので、
そんなに心配してませんでした。

そして本日の主役、イツカさん。
エア柴又を見事完走したように、
そのタフネスぶりは周知のとおり。
イツカさん
(以前書いたものです)


似顔絵を描くのに時間を取られ、今日もスタートできなかった・・・
結構似てるじゃんって思った方はポチッとお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村
明日のちょっとしたイベントにちょっとお手伝いしました。
詳細は追って。

今日は東葛地区に強風波浪警報が発令されたのでランオフ。
その分、ブログはじっくり時間をかけて書くよ♪
(実際、1時間半かかったですw)
今日は鉄男丸出しで行きます(笑)


今回も含めて養老渓谷マラニックではいつも小湊鉄道が大活躍。
では小湊鉄道ってそもそもどんな経緯で敷設されたのか。
今日はちょっとその蘊蓄を語ってみたい。
といってもWikipediaに書いてることだけですが。

小湊鉄道を語るとき、いすみ鉄道についても語らないわけにはいかない。
小湊鉄道は内房の五井から上総中野まで約40km、
いすみ鉄道は外房の大原から上総中野まで約20kmを結んでいる。
20170713map1
( 赤が小湊鉄道、青がいすみ鉄道、真ん中の☆が上総中野)

もともといすみ鉄道は夷隅軌道と呼ばれたらしく、
大原から大多喜をつなぐ軽便鉄道だった。
最初は人夫がレールの上を押す「人車」だった。
これが大正元年開業。
20170713map4
(左の☆印が大多喜)

一方の小湊鉄道は、内房の五井と外房の安房小湊を結ぶべく、
とりあえず上総中野までが大正15年に開業。
安房小湊にある誕生寺への参拝目的だったらしい。
20170713map2
(右下の☆が安房小湊)

一方の夷隅軌道は、内房の木更津から上総亀山まで来ていた
「国鉄久留里線」と連絡すべく工事を始めたが、昭和5年に
とりあえず上総中野までが開通。
20170713map5
(緑が久留里線。赤と青の☆が上総中野)

上総中野と上総亀山間は結局工事がされなかった。
結果として房総半島の鉄道事情はこんな感じに。
20170713map3
もしかしたらこうなっていたのかもしれないんだけど。
実現したら乗り鉄のパラダイスでしたね(笑)
20170713map6
(架空の路線はかなり適当です。鉄道ファンの方、すいません)

かつて房総半島は、源頼朝が挙兵後いったん敗走し、
立て直しを図った土地でもあり、昭和初期までは非常に栄えていた。
なのでこれほどに鉄道需要があった。

今は房総半島を横断するニーズに乏しく、
小湊鉄道といすみ鉄道は相互乗り入れはしていない。
その代りアクアラインなど道路が整備されたので、
以前にくらべると随分便利になりましたね。

ちなみに小湊鉄道の主力列車はキハ200という、小湊専用ディーゼルカー。
原型は昔懐かしいキハ20系。
Kiha200-2
img_2
昔は当然SLも走っていて、その頃の機関車は
五井の小湊鉄道五井機関区に保存されている。
PO20120609_0492
2012年4月。コースケ3歳。これが初めて小湊鉄道に乗った時かも。

さてこの小湊鉄道。
土日は観光客も来るのだが、普段は地元の足として使われている。
しかしそれも中間地点の上総牛久までで、そこから先は
人口密度がガクッと減る。

なので便数も五井から上総牛久間では2時間に3本くらいだが、
そこから先は2時間に1本くらいに減る。
もう山の中なのだ。(真ん中の☆が上総牛久)
20170713map7
山というよりゴルフ場ばっか(笑)

ここには大きく2種類のコースが存在する。
尾根筋を伝うチャンピオンコース(赤)約28kmと、
山の中腹を小湊鉄道に沿って走るレギュラーコース(黄)約20km。
20170713map7
チャンピオンコースは冬は狩猟もやってるような場所なので、
走っていてもサル、イノシシやキョンなどに出逢えます。

養老渓谷駅は上総牛久駅よりも100m以上標高が高いので、
養老渓谷駅をスタートにすると下り基調になる。
あくまでも基調ですが。

スタートから約3kmの上総大久保駅までは
県道沿いのルート。これは途中に菜の花ポイントがあるため。
菜の花の時期以外は別ルートを通ってもいいな。

そこからルートは山の中に入り、12km地点の里見駅までは
木陰がたくさんあるルート。(下図の黄緑線)
20170713map8
里見駅から高滝駅あたり、唯一のコンビニまでは、
湖畔ルートで桜並木があってそれなりに木陰もある。(黄色)

コンビニから上総牛久駅までは普通の県道と国道。
ここは本当に木陰が無い。まさに「地獄の5km」。(橙色)
これまで夏場にこのルートを走ったことが無かったので、
こんなに暑いとは思わなかった。

さあ、なんとなく大まかにコースの紹介が終わったところで、
次回からはいよいよラン編に入るよ!








入りたい・・・・(笑)




今日は小湊鉄道のマメ知識が増えたネ!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村

自分は毎日ブログを更新することを基本としている。
いま確認してみたら、今年になってから更新しなかったのは、
古河はなももの翌日1回のみ。

これも先日書いた、量は質を凌駕するの一環で、
毎日更新を自分に義務付けることで、
自分の中になにかが生まれるんじゃないかと思っている。

3日に1回とか1週間に1回更新だと、
ご存知のようにポイントはあまり入らない。
オレはポイントも欲しい。自己承認欲求はそれなりにある。

でもオレの2年くらい前のブログって、それが見えすぎて気持ち悪い。
いくら頑張って面白く書いたつもりでも、
手ごたえが感じられなかったからでしょう。
読んで欲しくて焦っていた。

それに比べると今は手ごたえは感じているので、
たぶんそんな変なオーラは出てないと思う(笑)
だから今は承認欲求で日次更新しているわけではない。



毎日更新するのってかなり大変だ。
ランニングネタが起点にはなっているが、
毎回ランニングのことだけで面白く書く筆力はない。

ランニングを中心にしながら違う要素を織り交ぜることで、
なんとか日次更新が成り立っている。
しかしそれなりに心が元気な間はネタも浮かんでくる。
ランニングの方が元気が無くなったら、ネタも無くなるだろうなあ・・・

同じ養老渓谷マラニックを扱っていても、
トヨチンさんイツカさんの観察眼のフレッシュさ、
切り取り方の斬新さには目をみはるばかり。

以前から面白いとは思っていたが、
自分が書こうとするテーマと同じことを書かれると、
自分には見えていないものが二人には見えているんだなあ。
それに些細なエピソードの記憶力も凄い。
自分はそもそも覚えていない(笑)

タイトルに書いた「電車で行けば?」も、
実は自分が通行人に言われたセリフ。
トヨチンさんがブログタイトルに使っていた。

あれはmotoさんとウシオトコさんを待っていた時。
上総大久保駅と月崎駅の間にある別荘地(そんなものがあるんです!)
から出てきたオジさん。
我々を見て「どこまで行くの?」
オレ「走って上総牛久まで行きます」

その後のオジさんの一言。

「こんなに暑いんだから電車で行けば?」

一同、ヽ(・ω・)/ズコー!

(あ、でも電車じゃなくて汽車なw)

そんな会話があったことをすっかり忘れていたオレ。
オレのブログって、いつも自分が行きたい所に一直線ですよね。
その場その時で感じたことを共有する、っていう気配りに欠けている。

いっしょに走ることで、カリスマブロガーのすごさを思い知りました。
でもこうして毎日更新することで、ネタの拾い方とか、
うまい文章のまとめ方とか、必ずや得られるものがあると思う。



さて、今回の養老渓谷ですが、発端はイツカさんの首都圏出張。
確か5月ごろにイツカさんから連絡があったと記憶している。
ならばせっかく来るなら養老渓谷に行こうよ、ってことになった。

ついでに既報だが、関東の一部ブロガーと前夜祭やることになり、
最近松山に行って面識のあるぱっきーさんに企画してもらい、
以前から外見が似ていると言われながら未対面のトヨチンさんを軸に
大阪からのゲストまやさん、アメブロのスーパスターかっきぃさんにもご参加頂いた。

既に自分以外全員のブログで既報なので詳細は割愛するが、
その時の写真を見ていて凄いことに気が付いた!!

これがオリジナル写真。(一部修正あり)
S__13295632

しかし手前の女性二人をよくよく見ると・・・・
S__13295632b

うおぅ!札びら切っとるやんけ~!!
特に右のトヨチンちゃんの、余裕な感じ。
これは普段から大枚持ちなれとるな~。

そんなわけで、今日もスタートしませんでした。
明日以降の展開を、こうご期待!(笑)

たぶんトヨチンさんがオレに振っくれてる箇所をなぞるだけかも。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村

激沈Tシャツは今日で130人中108人、「ま行」まで発送を終わりました。
残りは多分トモコが何とかしてくれます(笑)

↑このページのトップヘ