量は質を凌駕する

 ~ アウトドアと読書の日記

カテゴリ:●RUN&RIDE > ランニング日記

月、火と宴会、かつ朝は雨だったので久しぶりに2日連続でランオフ。雨の谷間の今日しか走る時はない。てことで、1000m×5インターバルやってきました。

設定は3:50でレストはさすがに1分はきついと思ったので1:30。ガーミンのインターバル機能を最近愛用しています。ガーミンのインターバルは、インターバルとレストいずれも距離もしくは時間での設定ができる。

今回は、インターバル(ようするに疾走するパート)を1km、レストを1分半で設定した。インターバルを時間で、レストを距離で設定することも可能。さらに、ウォームアップやクールダウンを入れるかどうかも設定できる。

ウォームアップを入れる設定にすると、インターバル開始してラップボタンを押すまでは、ウォームアップとして通常のランと同じようにオートラップで走ることができる。だから、インターバル走をやるために、そこまでのランを一旦セーブしなくてもいい。つまりガーミンカレンダーの画面がスッキリする。

一方で、初めてインターバル機能を使ったときは、インターバルの残り距離、経過時間、ペースしか表示されなくて不便だと感じた。インターバルを終えた瞬間、いまの区間を何秒で走ったのかが見えなくなるのだ。

(この画面はインターバル走行中の画面。レストに入ると、レストの残時間とレスト走行距離とレストのペースが表示される)
DSC_9887
できれば今走り終えたばかりのインターバルが何秒だったのか見たいじゃないですか。

ところが、この画面をスクロールしていくと、普段使っている画面が表示されることに気が付いた。そこで、第2画面をインターバル用に表示を変更してみた。こんな感じ。
DSC_9888
これならば、「Last Lap Time(直前のラップタイム)」が表示されるので、レストに入った瞬間に直前のインターバルのタイムを確認することができる。これならば使える。

前置きはこのくらいにして、本日の結果。風が強かった~。
20171018lap
いまさら言い訳ですが、日曜日にシャワーランをした時に結構風が強くて、後半はカラダが冷えた。そのせいか今週はずっと鼻風邪状態。

それもあるし、これは前半飛ばし過ぎですね。3本目でほぼ脚力と使い切ってしまって、後半はあまり負荷が掛けられなかった。ストライドがどんどん落ちているのが分かる。

一本目は4分以内くらいでよくて、4本目で全力を出すようにして、5本目で出し尽くすのがいいんじゃないかと思うが、これだと3本目で出し尽くしてしまっている。まあでも体調が十分でない中、全部キロ4分を切れたのでとりあえず良しとしようか。



☆☆

コースケが最近狂ったように本を読み漁っている。たぶん1月に30冊くらいは読んでいるようだ。面白くて止まらないらしい。宿題やるより、晩御飯食べるより、本が読みたいらしい。

これに対してトモコが不満を募らせている。彼女は真面目なので、なにより宿題とか明日の準備とかやってないのに本ばっかり読んでるのが気に入らないらしい。やることやってから本を読め、ということだ。

それも一理はあるのだが、この宿題ってやつが教科書の音読とか漢字の書き取りとか、反復系の課題が多い。例えば音読ってなんのためにやるんだろうか。1日に1冊の本を黙読できる子供が音読の練習をする目的ってなんなんだろう。集中力? だったらお経を読んだ方が良くないですか。

残念ながら自分はその意味をコースケに説明できないので、次回の担任との面談の時に聞いてみることにした。それでもし意味が納得できなかったら、我が家では免除したい。漢字の書き取りは、字が上手になるとか書き順を覚えるとか、意味は理解できるのでやってもらう。

まあルールに従う習慣をつけるという意味はあるかもしれないけど、それでも意味のないルールに従いなさいなんてことは教えられないよね。勤務先でも自分は意味が分からないルールには従わないことにしている。だって、意味が分からないでただ従っているのって、ヤバくないですか?

一方でピアノを練習する意味は説明できる。それは中学校になってクラスで合唱をやるときに、伴奏をかって出ることで、女の子にモテるのだ。あるいは高校生になってバンドメンバーになって、女の子にモテるのだ。なんという前向きな理由!その時にコースケはパパに感謝することだろう。

ちょっと話がそれたが、要は今、コースケは真綿が水を吸い込むように、他人があきれるほどのスピードで日本語を吸収している。オレにはそのことのメリットは理解できてもデメリットがあるとはとても思えない。だからその気持ちに水を差すのは避けたい。それだけだ。

ちなみにコースケが小学校に上がるときに、オレは「コースケは読書だけはいくらでもしていい。読みたい本があったらいくらでも買ってやる。マンガはだめだけどな」と約束している。幸いにも、本を買ってくれと言われることはあまりなく、学校の図書室や市の図書館でほとんどの本は借りている。親孝行な子だ。

そういえば最近、週末の夕食時の「パパの歴史解説」シリーズも、もう第4回まで来た。黒船襲来から始まって、尊王攘夷運動、生麦事件、大政奉還と続いている。吉村昭の「生麦事件」はさすがにちょっと難しいようだが、司馬遼太郎の「龍馬が行く」なら読めるんじゃないか。ちょっと早いか(笑)

こうしてみていると、自分が子供の時ってかなりわがままな子供だったと今さらながら気付く。本も好きなだけ読んでいたし宿題なんて学校行ってからやってたし(当時は宿題も少なかった)、ご飯食べながら本読むしで、もしオレがオレの子どもだったらうんざりしてただろう。凄いな、オレの両親。



さ、今日もこの写真で締めましょう。
CyA2jauUAAA9Lis

石川佳純、24歳。オレと同じ山口県出身(←ここ大事)。中学生の頃から注目され始め、それ以来ずっとマスコミにさらされているにも関わらず、世間に対してポジティブなスタンスを貫いているのは凄い。

なんというか、自分の今の環境をすごく肯定的に捉えているからこういう風にふるまえるんだろうと思う。スランプもあったり若い女性なりのネタで追い回されたこともあっただろうにねえ。

てなことを、この人を見ていると思うのでした。

石川佳純を見たければ「量は質を凌駕する」まで(笑)
佳純タン見たいぞって人はポチッとお願いします。
20170918ブログ村

世の中には「キミらがまったく」を名乗るブログ記事は数々あれど、これこそ本当にキミらがまったく興味のないPBだ。どうだ。
20171014lap2
200mが34秒9、400mが76秒6。

先週まではおのおの40秒、80秒は切れてなかったので、大幅更新。高校生の時の100mPBが確か13秒4、200mは覚えてないけど多分30秒は切れて、400mのPBは1分4秒だったので、これはあくまでもオッサンになってからのPB。

そういえばmotoさんが「おっさんベスト」ってよく書いてるけど、そういう意味だったのか?

200mについては、脚にチカラを入れない有酸素系の走りではなく、脚にチカラを入れる無酸素系の走りにしてみたのである程度予想はしていたが、400mについては特に走り方は変えていないので自分でもびっくり。いや、だれも興味ないと思うけど。

振り返ってみると、脚にチカラを入れるとともに、腕振りもかなりしっかりやっていた。そのベースになったのは腹筋を中心とした体幹の強化。脚にチカラ入れるってことは大臀筋で脚をブン回すってことだし。チカラでねじ伏せるってのは初体験。

あとは着地。思い切りフォアフット着地なんだけど、以前よりも余裕が出てきたので着地の瞬間の脚と足のコントロールは柔らかくなったと思う。まあだれも興味ないんですけどね。でも200mとはいえキロ3分を切れたのは感激。

まあ色々書きましたが、これがフルマラソンのスピードにつながらないと意味ないですよね。実は今日は朝から一部練やってまして、ここで久々にペース走にチャレンジ。いや本当は閾値走のつもりだったんだけど、思った以上にペースが上がらなかったんでペース走ってことで(笑)
20171014lap1
5kmを21分22秒(笑) まあこれ、朝起きて即走りに行ったので、まだカラダが眠ってたんですね~。だからまあこんなもんだと思います。ただ問題は、これ以降のジョグが全部キロ6分を切っている。

どうも久々のペース走だったんで、カラダが喜んじゃった模様。しかも多分この刺激があったので夕方にPBが出たんではないか。

それにしてもジョグのペースは、Take先生にはまだ疲労抜きジョグしかしてないことになっているので、なんとかキロ7分台に戻さなければ!(笑)

あ、長くなり過ぎたので、今日のメインイベント行きます。これは興味あるはず!
DSC_9885
そう、世間では枝豆収穫のシーズンなのです。今年も生協経由で枝豆を一畝契約した我が家。といっても植え付けから収穫直前までは農家の人が完全に面倒を見てくれるので、我々は刈り取るだけです。これでもう5年連続?
S__5431300
S__5431298
霧雨が降る中で家族で震えながら採集作業をいたしました。
S__5431299
枝豆ってとにかく採れたてがおいしいんですよ。これを一度食べたら市販の冷凍の枝豆は食べられなくなる。で、今日採った枝豆がこれです。スーパーで袋で売っている枝豆50袋分くらいはあるはず。
DSC_9884
取りに来ていただけるなら、明日ならお分けできます(笑)

うぉう、枝豆食べたいぞ!
って思った方はポチッとお願いします。
20170918ブログ村

冗談抜きで本当に毎日忙しいです。といいながらブログも書いているのでアレなんですが、実はもう1年くらい新聞を読んでいない。オンラインで契約はしてますが、毎日読まなくても全く支障が無いということに気が付いた。

思えば社会人1年目に勤務先の先輩から「毎日日経新聞は読め」といわれて、まるで呪いのように読み続けてきましたが、ふと気が付いたら読まなくなってました。出世に興味が無くなったら読まなくなるのか(笑)

その代りに、通勤途上はTBSラジオの「森本毅郎のスタンバイ」を聴いています。結構網羅性があるので、これだけで時事関係は十分かも。これまで新聞読むのに費やしてきた時間はなんだったのか。

夜も帰宅したら、走って風呂入って飯食ったらだいたい10時。そこからブログ書いて本をちょっと読んだらあとは寝るしかない。そういえばテレビも長い事見てません。「月曜から夜更かし」とか言ってるけど、実際に見たことは数えるほど。

たぶん最近はトモコランのせいで朝5時過ぎに起きていることもあると思われます。そしたら12時前には絶対寝ないともたない。テレビ見ている暇がありません。それでも困ることはあんまりないですけどね(笑)







今日は水曜日なのでポイント練の日。先週土曜日にやったばかりですが、当然スピード系練習に燃えているオレはインターバルを選択。前回が400m×8だったので、今回は400m×10にしてリベンジを狙う。かつ目標タイムは85~90秒。レスト1分。2分半で回す感じです。

そして今日のシューズはターサージール4スリム。前回はアディゼロジャパンブーストだったので、少しでも楽しようという魂胆。とりあえずこれでスタート。3kmジョグの後インターバル開始。

1本目は軽く流して、でも本日最高の83秒。ちょっと速いかな?2本目は気持ちだけ落として84秒。3本目は85秒。4本目86秒、5本目85秒。この辺がペース的には限界だと思った。

フォームは3本目くらいまではガンガン回す感じでいったけど、4本目くらいからはとにかく抑えめのフォームでむだに振り上げない。最短距離で脚を運ぶ感じ。それでも6本目86秒で限界を感じた。残り4本。

このあたりから、400mのうちだいたい1分走ったところで息が切れるのが分かる。そこからの1分半はとにかく耐えるだけ。7本目でゼイゼイ感もマックスでヤバかったが、残り3本、とにかく無駄な動きをしないように気を付けて頑張った。

それでももうタイムは87秒がやっと。ピッチを保てなくなるので。そろそろ止め時かとも思う。それでも何とかラスト2本。90秒切れているのは我ながら凄い!そして10本目もなんとか90秒以内に収めて終了~!

リザルトはこちら。今回は、前回と異なり胸に心拍系を巻いて走ったので、心拍数は断然正確になったはず。それでも9本目の169がマックスなら上出来だ。(緑色がダッシュ区間)5本目くらいからピッチが190前後をキープしているのが偉い!(笑)
20171011lap
でも、後半は微妙に垂れたかな。激沈はしてないけど、まあ微沈かな~(笑)

そんなわけで、来週末は今シーズン初めての大会、市川リバーマラソン10km。それまで今週末と来週中の2回のポイント練習のチャンスがある。その意味では、週末にレースペース走、来週中に再度インターバルでしょうか。インターバルはいよいよ1000m×5ですね。

レースペース走は距離に悩むところだが、ここは「ペース走ッスよ、12㎞ッスよ」ですかね?(笑) 10kmの大会の翌週には、手賀沼ハーフが控えてるしね~。大会での10kmを目標にしてしまうとメインのハーフにまにあわない。

いよいよシーズン開幕!
20170918ブログ村











去年の10月ごろのブログを見てみると、つくばマラソンの46日前からカウントダウンを始めていた模様。→【リベンジ】つくばマラソンまで46日【稲毛海岸】 実は今日(10月8日)はつくばマラソンまで49日。気が付けば50日を切っていた。

先日も書いたが、ここ1か月疲労抜きジョグと流ししかやっていないので、フルマラソンに対する不安が増している。本当にサブ3なんてできるのか。だいたいサブ3に必須といわれる5000m19分切りとか全然できてないし。1kmTTやってみたら3分40秒切るのがやっとだし。

こういう時に、ブログを書いてると去年の今頃どんな練習をしていたか分かるので便利だ。振り返ってみると、去年の今頃は結構ハードにいろいろ練習している。まずは9月25日の皇居30km。キロ5分切ってウッキウキだった。

でも10月3日にはmotoさん主催の稲毛30km。これは見事に撃沈。10月10日には新横ぐるぐるまで出張して激沈。さらにその翌日もニッキーさんの虎の穴まで出かけて激沈。10月15日には帰宅ラン途中に葛飾区スポーツセンターでインターバル走1000m×5。さらに10月17日も地元で30km走をやって激沈

とくに最後の30km走はキロ4:41で2時間20分で走ったが、疲れが増しただけな気がする。ちょっとやりすぎ。10月の終わりのアクアラインは暑さもあったけど、たぶん練習のやりすぎで激沈だった。そしてつくばも、疲れがぬけることはなく3時間15分で激沈。

こうしてみると、去年の秋は練習のし過ぎでした。それに、やっぱり人間は疲労する。先日Take先生に「館山でガチってなければはなももはサブ3だった」といわれてドキリとした。先日サブ3を達成したmatsuさんも疲労抜きの重要性を強調していた。




それに比べると今年は9月から疲労抜きジョグを継続中。ポイント練習は全くやらず、ジョグの最後に流しを入れる程度。疲労は抜けまくっていて体長はすこぶる良い。

さらに、これまでスピ練に挑戦したときはいつも足を痛めていたが、今年は流しでは脚は痛まなかった。これはいよいよスピ練の王者、インターバルをやる時がきたか。

自分はこれまでほとんどインターバルは練習に取り込んでこなかった。理由は「速すぎるペースで走ると足を故障する歳」だと思っていたから。この1年間でも上述の葛飾区スポーツセンターの1000m×5しかやっていない。

しかしTake先生の指導で、ユルジョグの最後に流しを入れるようになってから、キロ4を切っての走りに若干自信が持てた。以前よりも軽く走れている気がする。だから今シーズンはインターバル走をうまく活用したいと思っていた。

明日の稲毛でインターバルをやってもよかったんだが、今日の夕方に新浦安の海岸をゆるジョグで流していると、風も無くてまさにポイント練習日和。こんな日はめったにない。一旦停止してガーミンをインターバル設定に切り替える。

今日の設定は400m×8。1本90秒以内をめどでスタート。結果8本中、6本が90秒以内。1本目はガーミンの見方がよく分からず、画面を見ている間に遅れた。こうしてみると、自分はストライドで調整していると実感。
20171007lap
6本目はすこし緊張感が途切れたか。これがなければ10本も可能だった気がする。4本目くらいから死ぬほどきつかったが、速く走ることが目的ではなく高い心拍数を保つのが目的だと思えば、とにかくメニュー通り最後まで走り切ることが大切だ。それにしても心拍数が低いな(笑)

これを毎週繰り返したら心肺機能も一気に上がるだろう。あと、メニューとしてやってみたいのは1000×5。ここで1本3:45で走れたら、たぶん5000mTTも1km3:45で走れるはず。サブ3を目指すためには、30km走での持久力よりも、キロ4:15に対してどの程度余裕を持てるかが大事。特に自分のように短い距離が遅いランナーにとっては。




最近流しを積極的にやっているせいか、キロ3分半前後のペースでも脚の運び方とかを走りながら落ち着いて分析できている。もう少し前傾しようとか、着地位置を変えようかとか。少し前ならとにかく走るだけで精一杯だったんですけどね。

そういうわけで、明日の稲毛はもし行ってもユルジョグ15kmだと思います。参加される皆さま、よろしくお願い致します。



53歳でインターバル走よくやった!
のポチをお願いします。
20170918ブログ村

今朝もやりました、コースケ改造計画。実は寝坊してトモコランは出来なかったんだけど、コースケランは頑張って起きた。練習場所はマンションの前の公園。ここなら50mコースが取れるし、家から近いので10分で終るし。

子どもなので、いかに嫌な思いをさせないかに結構気を使ってます。とにかく走ることが当たり前って感じにさせたい。そうしたら多分一人でも続けられるはず。

今朝はまず準備運動のあとで、ランジ20本1セット。そのあとスキップからダッシュへの移行を2本。そのあとは50mダッシュを4本。最初はオレはスターターやるだけだったが、最後の1本は一緒に走った。一緒に走ったほうが速く走れるみたい。

最近、夕方から寝るまでの過ごし方も少し変えて寝る時間が速くなっているので、早く起きるのも以前よりは楽になった模様。ちょっとしたきっかけでスポーツ好きにならないもんだろうか・・・・
S_6777416917433
先日の練習中の一コマ。腕の振り方を練習中。




今日の自分の練習は帰宅後の疲労抜きジョグ。でも2km走ったところで、我慢できずにウィンドスプリントを入れてみる。思えば先月の5日にフクラハギが痛くなってほぼ1か月。この間、ちゃんと走ったのは先日のリレマラ10kmくらい。それ以外はほぼ全部疲労抜きジョグだ。

それに疲労抜きジョグだけ続けていて本当に脚力が落ちないのか不安も増してくる。たまには走力をちゃんと試してみたい。そう考えて思い切って1000m流してみる。

最初の200mは楽勝、ここまでキロ345くらい。さらに200m、まだまだ楽勝。600mで息が上がってくる。ええ!こんなペースで息上がるの?!何とか息も絶え絶えに800mに到達し、最後の200mは根性で走り切る。平均3分44秒でフィニッシュ。終わったあとはギリギリゆるジョグが可能。

いやー、それにしても先日のリレマラでも1本目は本当にしんどかったが、今日もこれはしんどい。正直走力の衰えを感じる。自分の1000mPBは3分30秒。WSなので少し抑えて走ってはいるが、不安が増してくる。そのまま1kmをユルジョグでつなぐ。

そして次の1000m。もう1本だけ流しを入れてみよう。てことで1000m流しスタート。スタート直後は3分30秒に平均が貼り付くが、少しづつ緩めて3分40秒を切ってそのままゴール。1本目に比べると断然息は楽で、たぶん3分45なら5本くらいインターバルできる感じ。
20171003lap

やっぱり1本目で息が切れたのはアップ不足なのか。もっと短いWSを入れてからやった方がいいようだ。次回は200m→400m→1000mと行くか(どこが流しやねん)。

なにより収穫は、1か月の疲労抜きジョグのあとでもそれほど走力は落ちていなかったように思えたこと。来週の日曜日までは疲労抜きジョグを続ける予定なので、長めのWSをちょくちょく入れよう。ダメージもそれほどでもなさそうだし。

それから一応本格復帰は22日の市川リバーマラソンの予定なんだけど、さすがにちょっと間に合わない気がしてきたので、今度の3連休を過ぎたらスピード練習入れ始めます。最初は400m×10のインターバルから。ここは自分の感覚を優先したい。

実はオンシーズンの練習でインターバルやるのは初めてかも。閾値走は要らないですよね?




をい、今日のそれはすでに流しじゃないだろ!って方も、
疲労抜きジョグでよく耐えてるねって方も、
励ましのポチをお願いします。
20170918ブログ村

↑このページのトップヘ