量は質を凌駕する

 ~ アウトドアと読書の日記

カテゴリ:●RUN&RIDE > ランニング日記

今朝は昨日の体調不良を引きずって軽い頭痛。そして鼻水。ただ昨日の記事ではないがカラダはそれほど悪くない。もしかしたら走れるかなという感じ。どっちにしても走ってみないと分からない。

しかし今日は午前中から昼過ぎまでは雨の予報だったのになぜか早朝に雨は上がった模様。朝から走れと言うのか・・・・

いやいや。体調が良く分からない時は一日のうちで一番調子がいい時、すなわち夕方に練習を持っていくのがいい(休日の場合)。これでだめなら言い訳もできない。

そんなことよりも午前中はやることがあるのだ。そう、家庭内LANの設定し直し。これまで親ルーターはリビングに置いて、我が書斎のPCには無線でつないでいた。これが回線速度頭打ちの元凶でもあるのだ。

なんでこうなっているかというと、書斎にはLANのソケットはあるものの、机の反対側の隅にあるので、有線化するにはPCまで延々LANケーブルを取りまわしてこなければならない。しかもLANソケットは本棚の裏。つまりLANケーブルを引っ張ってくる=本棚を動かす=本棚の本を全部出さなければならない。これが面倒で今日まで放置してきた。(赤い線は無線)
2f3b0e16-s
しかし最近の通信速度事情を考えるとそうも言っていられない。リビングのラップトップパソコンは実測でなんと80Mbps(下り)が普通に出るのに、書斎のパソコンは10Mbpsがせいぜい(ルーター換装後)。
IMG_2616

そう思ったらこれくらいの労働!あとホコリ!

そして労働1時間。繋ぎ直してみるとパソコンで20Mbpsまではでるようになった。地域別に回線速度の平均値を出しているサイトがあって、それによると浦安市の平均は26Mbps。他の地域よりも10Mくらい低いが自分の家はスマホやノートでは無線LANでも60以上出ているので、これはパソコンのせいかな。
2f3b0e16-3
(本件後。ルーターが書斎に移動しPCと青い線で直結)

とかいうとパソコンの買い替えという話になってしまうのだが、調べるとパソコンは買ってからまだ4年。あと2年くらいは頑張ってもらわないと。いろいろゴミアプリが溜まっちゃってるんだろうなあ。




そんなことを思いつつ、3時過ぎから走りに行く。走り出した途端にカラダの軽さを感じる。脚はトレランの影響もありそれなりに重いのに、上半身を使うと自然に脚が出る。これならキロ5は行けそうな感じ。あとは30km走り切れるかどうか。

2km目もキロ5は切れず。まあいい。今日はトレランの疲れを言い訳にできる。先週土曜日くらいのペースでもやむを得ない(2時間34分台)。

0-5km 25:48(5:27,5:11,5:04,5:07,4:57)

5km目でようやく初日が出る。まさに今シーズンの初日。あ、先週も4分台は出てたか。

5-10km 24:46(4:59,4:58,4:56,4:54,4:57)
ここからは上がるでもなく下がるでもない時間が続く。しかもイヤホンの調子が悪く耳に止まらないので途中で外す。淡々と自分の足の感触と上半身の振れ具合、あとは今日のブログに何を書くかを考えながら走る。30km走り切れそうな気もするが15kmくらいでどっと疲れが出るかもしれん。脚は相変わらず重い。

10-15km 24:00(4:54,4:47,4:46,4:43,4:48)
本当にヒマだ。みんなロング走の時に何考えてんのかな~。10kmくらいのペース走ならともかく30kmくらいだったら気を抜いたからペースが落ちるなんてないよね。ま、前半は特に。と思ったらペースが上がっていた。いわゆるランニングハイだ。でもそのまま行けそうな気もしないのであえて4分50秒前後に落とす。

15-20km 24:10(4:46,4:51,4:50,4:51,4:49)
次の5kmも似たような感じ。そういえば今日は風もほとんどない。絶好のランニング日和だ。しかし30km走するんなら天気にあんまり文句も言えない。多少の風は本番の練習になるし。と思いながら何事もなく20kmを通過。そういえば今日はまだ補給をしていないな。3週間前の今シーズン最初の30km走の時に感じた各所の痛みも全くない。

20-25km 24:00(4:48,4:49,4:50,4:48,4:42)
補給をしていないことが気になり始めるがスタミナが切れる気配もない。今のところ脚も重いものの元気に動いている。何より着地衝撃が小さいので足が軽く地面に着いて軽く地面を離れる感じがある。ドタバタしない。以前は足が軽いかどうかはその日の調子によるんだと思っていたが実はフォーム次第だったのだと気付いた。

22:58(4:38,4:40,4:36,4:28,4:32)
最後の5km。そのまま調子に乗ってペースアップする。ここまで上半身と骨盤の角度は崩れずに来ている。脚にはほとんどチカラを入れている意識は無い。上半身を前に前に。それにつれて腰が付いてきてそれに従って脚が動く。29km目に本日の最速4分29を記録。そのまま気持ちよくゴール。

30.0km 2時間25分40秒 平均4分51秒/キロ
20181014lap


さすがに最後のペースアップが少々脚にこたえたがそれでも普段の30km走よりは全然楽だった。これはやはり着地衝撃が小さいせいだろうか。いやそのはずだ。これで来週のアクアラインもキロ5で入れる目途が立った気がする。先週土曜日に30km走、月曜日に24kmのトレランして今週これだけ走れれば希望が持てるというものだ。

何より今週はまだ疲れが残っている感じがあったので、これが抜ければもう少し軽く走れるだろう。
うん。だろう。やっぱり上半身をしっかり使う走り方はいい。ハズレが少ない気がする。この辺はまた追って。

本日の走行距離:30.1km
今月の走行距離:153.7km
本日の最低体重:59.5kg
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

台風の影響もあって全国から続々と撃沈情報が寄せられている中、オレももちろん撃沈してきた。こんな日なら目立たなくて上等だ。そう、撃沈上等。

昨日はコースケとともに寝たので朝は6時に目が覚めた。朝食をダラダラ食べて9時過ぎからコースに出る。今日は30km走をやると月曜日辺りから決めていた。自分としては珍しい。

早速走り出したら最初の1kmが5分台。これは珍しいが、木曜日の10kmペース走の後遺症が若干あって最初は今一つスピードに乗れない。

いや、スピードにはすぐに乗れたのだが、気持ちよくならない。脚の筋肉が疲れてる感じで重い。でもスピードには乗れたので調子は悪くないんだろう。

0ー5km 26:25(5:43,5:23,5:11,5:02,5:05)
脚が重いながらも3km目で5分10秒前後。そして5分1桁に。重さを差し引けば4分55秒くらいのイメージだ。風はほとんどなくて曇り。今日やらないでいつ30km走をやるのかって感じ。

5-10km 25:37(5:11,5:05,5:05,5:06,5:08)
そのまま5分1桁のペースが続く。相変わらず脚は重い。よく脚が軽すぎる時は本番の直前にペース走をやれっていうけど、こんな感じなんだろうか。これで最後まで行けるのか不安。でもこれで30kmいけなかったら困る。あきらかにハーフのペースではない。

10-15km 25:32(5:07,5:07,5:04,5:08,5:03)

12㎞くらいだったか、脚が軽くなるのを感じる。やっときたか。5分4秒とか5分1桁前半に入る。しかし調子に乗らないよう抑えめで。たまに日が差してきて気温が上がってきた。しかし調子に変化は無いのでこのまま行く。だいたい1kmを過ぎると30km行けそうかどうかわかる。

15-20km 25:21(5:00,5:06,5:01,5:03,5:08)
ちょくちょくキロ5分1桁前半に入り始める。とにかく抑える。今日の調子はキロ5を切れる感じではない。しかし先週サブ4ペースがやっとだったのにいきなりキロ5か。まだ風邪の影響が若干残っていることを考えると調子はよさそう。

20-25km 25:10(5:05,5:07,4:53,4:58,5:07)
20km過ぎで予防的にコンビニで補給。こういう時はだいたいREDBULL。水分摂りすぎるとカラダが重くなったりするのでこのくらいがちょうどいい。そして23km目でいきなりキロ5を切る。全体の8割で最速ラップというまさに小出監督の教え通り(笑)。暑さは感じるがバテるほどでもない。

25-28km 15:14(5:06,5:06,5:10)
最後の5kmにとりかかる。風が少し出てきたが脚の調子はこれまで通り。それほど疲れも感じていない。これなら月曜日のトレランにも後遺症はなさそう。と思っていたら27km目で急にカラダが重くなる。しまった、やっぱり23km付近で上げすぎたか。若干ペースを落として進んだが、28kmを過ぎたところで突然カラダが止まる。

20181006lap


家に帰って体重計ったら58.5kgまで落ちていた。フルの時でもここまでは落ちないので、やっぱりカラダへの負担は相当あった模様。給水もREDBULLだけだったし。最後に止まったのも脚ではなくカラダ。暑さのせいだろう。

まあいい、ここまで来たら30kmをこのペースで走り切れることは確認できた。無理して疲れを明後日に残しても困るので、ここで中止。ゆるジョグで30kmまでつなぐこともしない。今週はすでに60kmを超えているし無理する理由が無い。

ということで28.3kmで本日は終了。平均ペースは5:08。気温が25度まで上がったことを考えれば御の字だ。もし最後まで同じペースだったら2時間34分だった。それにしても、30km走って撃沈しても気持ちイイ!!

やっぱりふんわり着地の威力は絶大で、最後まで脚は売り切れず。また上半身をしっかり使っていることもある。とにかく走るのがとても楽。まだペースは遅いが毎週30kmをやるのが目標なので気にならない。アクアラインは気温次第かな。最高気温が20度くらいになってくれればキロ5切っても楽なのだろうが。

自分の場合は30kmで2時間半を切るとシーズン到来、そこからいかに目標に近づけるかが調整過程になる感じ。昨シーズンは2時間10分で止まってしまったが、今年はなんとか2時間5分くらいまでは持っていきたい。



それにしても家に帰って書斎で読書していたら、本当にいい季節だなあと思ったんだけどなあ。



本日の走行距離:28.3km
今月の走行距離:63.1km
本日の最低体重:58.5kg
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

ゆうさんと怪盗さんの熱い友情のお陰で、OUTポイントでは久々の1位!今週は1㎜も走ってないのに(笑)



この記事がアップされる頃には関東には台風が来ていると思うが、自分の家が無事であることを祈るばかりだ。そして今日は全面運休したJRも明日は朝から正常運転するらしい。まあ自分は予防的に在宅勤務にしてしまったので関係ないですが。

土曜日の朝に実はちょっとだけ走ってみたのだが、これがまったくカラダが動かなかった。怠いとかなんとかではなくて、へとへとな感じ。今年2月ごろの絶不調の頃を思い出した。でもあの時は、そうは言っても本当に体調悪かったのは1週間くらいで、それ以外はキロ5くらいでは走れてたんだよな。

その時に調達したパルスオキシメーターのことを思い出したのは、単にこのドラマで主人公の相手役を務める夏川結衣演じる女医さんが「パルスオキシメーターどこ行った!?」って言ってたからだ。
DoRB2iaUUAIxJr4
懐かしいなあ。出演者の問題で再放送されることは多分ないが、自分はなんとDVDボックスを持っている。ちょうどトモコと付き合っているころに放送していて、40男が独身を脱出するバイブルに見えたからだ。

話がそれた。

パルスオキシメーターは血中酸素濃度を計測する機械で、人差し指を挟んで計測する。血中酸素濃度=血中酸素飽和度で、パーセンテージ表示される。普通は100%か99%で、90%を切ると気絶することもあるらしい。つまり普通はそんなに下がらない数値だ。

2月の体調不良の時はこれが95%くらいだった。その件はこちらをご参照。→血中酸素濃度が95%だった件

あのときはリンク先の記事に詳しいが、肺がうまく機能していない実感があって、それで酸素濃度を計ったらやっぱりという感じだった。そして今回。計ってみた。ちなみに計測器は前回購入済み。
IMG_2512
上段が心拍数、下段が酸素濃度。やっぱり低い。カラダのダルさとも実感として合う。

昨日はそんなところであきらめて、そして1週間ぶりに酒を飲んで寝た。そうです。膵臓疑惑も晴れたので昨日は結構飲んだ。酒が美味しく感じたので体調が戻ってきている実感もあった。

そして今日、カラダは重いがなぜか雨がやんでいたのでとりあえず外に出る。今月240kmで終りたくないな~っていう気持ちが一番。次にもしかすると復活を確認できるかもな~って気持ち。そして最後に、もしかするとあわよくば30km走れたら今月270kmで結構頑張ったことにはなるなっていう気持ち。

そんなお色気ムンムンの状態でマイコースに向かう。ちょっと風があったが雨はほとんど降っていない。最初の1kmはキロ6分ちょっと。このペースで30kmをやるのはちょっとキツい。せめてサブ4ペースは出て欲しいところだ。


久々なので5kmごとのラップを入れてみる。

0-5km 29:02(6:05,5:44,5:30,5:54,5:46)avg5:48

3㎞目にキロ5分半まで上がってちょっと調子に乗りそうになるが、最後まで持たないと嫌なのでサブ4ペースに落とす。柔らかい着地は実践できているし腕もしっかり振れている。このくらいのペースから柔らかい着地ができるようになってきた。

5-10km 27:54(5:44,5:32,5:32,5:40,5:25)avg5:35

呼吸はなぜか全く問題なし。カラダも軽くなってきた。毎度のことだが最近は5kmくらいはゆっくり入らないとこういうペースアップができない。しかし心拍数は今見たら170まで上がってた。カラダがまだ順応していなかった模様。

10-15km 27:04(5:21,5:23,5:24,5:33,5:21)avg5:25

10km越えたところで久々に「ランニングハイ」という言葉を思い出した。そのくらいこの区間は気持ちよく走った。ピッチは170半ば。ちょうどいい感じ。どこまでも走れる気がした。膝もランオフ期間中に超音波責め(SM技みたいだな)をさんざんやったので、ずいぶんよくなった。

15-20km 26:36(5:16,5:19,5:20,5:24,5:14)avg5:19

この辺はもうキロ5までいけるんじゃないかっていう勢い。そして15㎞を超えた感じで30kmは行けるという感触を得る。微妙に右脚の付け根が痛い。そして20km地点を通過するともう30kmまで行くしかないんでやめるならここだ。時間がちょうど12時だし微妙に迷ったが、行けそうだしここで行っとけば今月は270kmにはなるぞとか、マラソンシーズン始まりとしては良い感じだとか、いろいろ色気が再発する。なによりブログネタとしては最適だ(笑)。

20-25km 27:46(5:48,5:31,5:26,5:31,5:30)avg5:33

アベレージの落ちっぷりが激しい。実は膝の痛みが増してきたので20kmでいったん止まって色々揉んだりしていた。そこからは膝を気遣いながら5:30くらいのつもりで走る。でもカラダは元気。ふくらはぎが痛くなってくる。

25-30km 28:55(5:26,6:11,5:54,5:33,5:48)

27㎞あたりで膝の痛みが増してきてキロ6にスローダウン。しかしこの膝の痛みはスローダウンしてしばらく走るとまた回復してくる。そして多分この痛みはキロ5分を切るとそもそも起こりにくいはず。そんなわけでお尻の辺りとか久しぶりの痛みの感じもあったが30km走無事終了。カラダは元気だ。

久々の30km走やり切った充実感。オレはやっぱり30㎞走が大好きだ。なんならフルを走らなくてもいいと思うくらい(笑)
走れない間は本当に不安だった。去年もシーズン後半に走れなかったし、そもそもいい歳だし、これが加齢によるものだったらどうしよう、とか。だから走り切れた時は本当にほっとした。いつも思うが、カラダは付いてこないが気持ちだけは衰えない(笑)


ラップ全容。
20180930lap

そういえば東京湾に見たことも無いくらいの数の船が停泊していた。パノラマなのでPCの人は拡大してみて下さい。D-Dayのドーバー海峡とかダンケルクってこんな感じだったのかも。
IMG-2519

家に帰って酸素濃度を計ってみる。
IMG_2524
なんと正常値に復活。これは今日ちゃんと走れるようになる過程で肺の機能が復活したのか。あるいは昨日の飲酒がいいほうに作用したのか。どっちにしてもこれも体感と合う。


いずれにしてもこれで今月は270km。マラソンシーズンの入り口である9月に何とか間に合ってよかった。そして後で気が付いたが今日はアクアラインマラソンの3週間前。作法としては30km走やるべき日だった(笑)

そんなわけで、今の自分としてはペースはこんな感じ。来週にはキロ5は切れそうな気がするので。脚の状態はまあ今季初の30km走の結果としては良い感じだ。ああ、来週は石岡トレランだったな。そして酸素濃度でフィジカルも回復していることが確認できた。

距離、ペース、フィジカルの3拍子揃った30km走ということで、今日のタイトル!

復活おめでとうのポチをお願いします。

本日の走行距離:30.2km
今月の走行距離:272.0km
本日の最低体重:58.5kg

慎重178㎝体重58kgって、田中圭と同じサイズだ(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

昨日のガーミン保護ガラスの記事のせいだと思われるが、アクセス数が大変なことに。20180911PV
4000なんて、大会の速報上げた時でもない(笑)
ああ、家庭内LANの記事を書いた時はこんな感じだった。

アクセス数じゃなくPVじゃないのかって?
細かいことはいい(笑)



しかしこんなに気温が下がったのは5月以来か。
今日は本当に涼しかった。
予報で夕方は20度近くまで下がるときいていたので、
昼頃からソワソワしていた。なんでかって?




ペース走したいからに決まってるじゃないか!




もうキロ6分半とかでタラタラ走るのは嫌なんだ!
いや、疲労抜きは別だが、疲労抜きどころか
疲労抜きで疲労するくらいに疲労抜きばっかり
2か月くらいやり続けている。
飽きないだろうか。いや、飽きる。


非難を浴びることを覚悟で言えば、
やっぱりオトコはペース走ですよ。
インターバルや閾値走もいいけどね。




訂正。「マラソンランナー」はペース走ですよ。
インターバルや閾値走もいいけどね。




付け加えるならば、ペース走にビルドアップか。
やっぱりマラソンのタイムに直結するのはペース走。
それもできれば20km以上。続いてビルドアップだと思う。

あの体への負荷をじっとこらえて1時間以上耐える。
走り終わった時の疲労感は半端ない。
あれをどれだけやるかがマラソンの速さにつながる。
5km20分だけの負荷がマラソンの速さにつながるとはどうしても思えない。
それはどっちかと言えば、ペース走を速く走るための練習じゃないだろうか。

あと、夏の間ゆるいジョグしかしてなかったので、
ここでキロ4切るようなペースで走ると
多分故障する。というか、走れないけど・・・

まあ議論する話でもないので、この話はこの辺で。
気温が下がると長く速く走れるようになる(自分比)。
これがマラソンのタイム向上に直結している気がする。




で、今日は17時20分の定時にオフィスを脱出。
さも子供を保育園に迎えに行く体で(笑)
自宅に直行(笑)して、帰宅したのが18時15分。
そしてスタート。スタート時間に注目(笑)
どれだけ舞い上がっているのか。
20180911garmin
本当に久しぶりにカラダがアドレナリンでフワッと浮く感覚を得た。
ちなみにシューズは久々のTakumi練ブースト。
キロ5を超えたのは最初の1kmだけで、あとは全てキロ4分台。

4分40秒台で行ければいいなあと思いながら5kmまで行ったら、
予想外に4分半にラップが近づいた。
20180911lap
8km、9㎞辺りは逆風だったのできつかったが、
そこを過ぎると4分20秒台でもキツさを感じなかった。
ご覧の通り心拍数も最後は下がっている。
ピッチを上げたら心拍が下がって行った。

あとはフォームを保つだけでキロ4分半を切れた。
足への負荷もほとんど感じない。
腕振りの効果おそるべし。
最後は余力をふりしぼってサブ3ペースで。
最後の10kmは43:57.平均4分24(ニヤリ)


夏の間はペース自体が遅かったこともあり、
ストライドをできるだけ大きく取ろうと思っていた。
これは遅くても股関節への負荷を高めるため。
ペースが遅くてストライドも狭いとトレーニングになりにくい。

ペースが上がってくるとストライドも広がるので、
多少はピッチを上げても負荷はかかる。その分多少楽になる。
最後はかなりピッチを上げた。だから心拍が下がったのだろう。

でもこの時期にストライド1.25mで走れているのはいいですね。
自分としてはピッチ183、ストライド1.28㎝でサブ3。
真夏明けの一発目のペース走で、
この心拍でこのピッチとストライド。









これ以上のドヤ顔もないな(笑)









よく考えたら、こんなペースで走るのって
2月10日にフジヤマさんやいわさん他の人たちと
マイコースでキロ415で30kmチャレンジして以来。

あれ以降、どんどん体調を崩していったんだよな。
6か月ぶりにイノチ燃やしました。
また走れるようになって良かった!!
今日はドヤ顔するのも許して(笑)


本日の走行距離:18.0km
今月の走行距離:121.1km
本日の最低体重:60.0kg
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

昨日は勢いで「愛すべき主人公たち」なんて書いてしまった。
よく考えてから書くべきだった。反省。

書いたあと、ベッドに入ってからも「あれも書けばよかった」とか
グルグル頭の中で回って止まらなくなった。

連続ものの主人公なら、まず北方謙三が絶対的に抜けている。
さらに池波正太郎の剣客商売、藤沢周平の用心棒日月抄、
宮部みゆきの杉村三郎、隠蔽捜査の竜崎、書いたらきりがない。

ああ、そういえばパトリシア・コーンウェルのスカーペッタとか、
ボーン・コレクターのリンカーン・ライムと新宿鮫は、
オレが気付いた時には有名になり過ぎてて、
読んだことないな(笑)





そう、最近オレを悩ませているこの問題。
とにかく腹が減ってしょうがない。
成長期なのか?(笑)

平日勤務先の食堂では夜走るのが分かっていれば大盛りにしている。
今日も正午ごろに駅前の蕎麦屋でタヌキそば(温)とイナリを
食べて16時ごろに走りに出たのだが、
これが最初の3kmくらいは腹が減って腹が減って・・・

今日はもう走るのをやめようかとも思うのだが、
4kmくらいからなんとかカラダが動き始め、
とはいってもキロ6くらいでノロノロ走る。

空腹感はあるものの、それとは関係なくカラダは動き始める。
腹の中には物は無くても、血管の中にあるものが流れ込んで、
それでカラダが動く感じ。

減量という意味では、これほど効き目のあることもない。
血液の中の脂肪分が燃えているというか、
カラダの脂肪分が溶け出しているというか。

毎日満腹になるまで昼ご飯を食べているのに、
体重は減る一方で、たまに59.0kgまで落ちる。
おかげでまた次の日も満腹まで食べられる。

9月になってずっとこんな日が続いている。
これって異常?

減量で苦労している人には申し訳ないが、
毎日体重を気にせず食べられるのは素晴らしい。
ああ、誰も体重を気にしてなんかいないか(笑)

体重も59.0kgから62.0kgの間をいったりきたり。
実にダイナミックだ。
振幅が小さいより大きいほうが、
カラダに刺激が入っている感じがしてよい。

さあ、食欲の秋!
みんな、チカラ一杯食べようぜ!

本日の走行距離:16.3km
今月の走行距離:103.1km
本日の最低体重:60.3kg
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

↑このページのトップヘ