量は質を凌駕する

 ~ アウトドアと読書の日記

カテゴリ:●RUN&RIDE > 帰宅ラン

ちょっと残念なことが。
自分は以前旅行した九州は球磨の米焼酎が好きで、中でも「峰の露」という黒麹仕立ての焼酎がお気に入りです、いつも楽天で箱買いしております。今回も某酒店に6本注文し、今日届きました。箱を開けて見たら…



なんと5本しか入っていません(°_°)

とりあえず注文した酒店にメールしましたが、何と言われるか今から心配です。
「本当に入ってなかったんですか?飲んだんじゃないんですか?」とか(笑
封を切らないで届いた状態のままにしておくのがいいんでしょうが、もちろん我慢できないので飲んじゃいます( ´ ▽ ` )ノ

今週土曜日は特に予定がないのでしっかり自転車で走りたい。そんなわけで、通常金曜日の帰宅ランは木曜日に前倒し。何を会社に持っていってどうやって着替えているのか、といったロジ回りを簡単に説明しましょう。帰宅ランに限定していますが、これは出社時ランにするとシャワーの確保が必要になるからです。

まず原則としては、「帰宅ランをしたいとおもったその日に帰宅ランができて、前日の準備や翌日の始末が不要」であること。前日に準備が必要であれば、ある日「今日は走って帰ろう」と思った時にすぐに実行できないことになります。これはあらゆるトレーニングに共通するのですが、自分で自分をマネジメントしなければならない場合、できるだけ心理的負担を減らすことが継続につながります。

翌日に始末が必要となるケースとは、例えば通常はジョギングシューズを会社に置いていて、走って帰った翌日にはシューズをまた持ってくるパターンなど。朝会社に履いていった靴は? 走るときに担いで帰る? あるいは会社に置いて帰る? そうすると翌日は別の靴で会社に来るので、持って帰らなければなりません。こんなことを毎回続けていられません。

私は以下のようにしています。
①革靴を一足、常に会社に置いてある。
②走ろうと思った日は、ジョギングシューズをはいてジョギングウェアは持って会社に行き、会社で革靴に履き替える。
③ジョギングシューズに履き替えて会社を出て、どこかでジョギングウェアに着替える。着ていった服は担いで帰るので、できるだけ軽い服を着ていく。

この方法の難点は、当日の朝はジョギングシューズで出勤しなければならないこと。だれかに見られると結構みっともないです。しかし多分これが、走る負担を最小限にし、かつ翌日にも前日にも影響がない方法だと思います。ただ夏場なので着た服を担いで帰れるのですが、寒くなるとどうか。多分会社にスーツを一着はおいておいて、担いで帰れる服を着て出社し、会社で着替えるんでしょうね。

というのも先週の帰宅ランの際に思ったのだが、ランは結構調子がいいのです。まあ最後に脚は攣ったが。10kmを越えてもあんまり疲れない。むしろスピードが上がる。今ならハーフマラソンは確実に完走できそう。で、今日会社に行く時にバックパックに入れていった装備はこれ。キャップ、Tシャツ、短パン、ガーミン。



で、本題。今日は1時間半を目標に走り出した。ところがスタートから3km、佃大橋に差し掛かったところで、先週と同じ場所、左のふくらはぎが攣った。やむをえずとりあえず歩く。場所的には八丁堀が近かったが、回復を期待して越中島に向かって歩いた。越中島まで来たところで少し走ってみる。歩いたせいか、痛みが若干おさまっている。そこで潮見に向かって走り始める。キロ6:15くらいのペースだが何とか走れそうだ。

潮見を過ぎ、明治通りを新木場へ向かう。ここまでの道はなかなか快適だ。人通りも多くない。とか思っているうちに新木場に到着。かなり汗をかいているが、やむを得ずそのまま電車に乗る。ここで本日の帰宅ランは終了。歩いた距離を除くと7kmほどだった。脚が攣るのが癖になっていると困るのだが。

対処方法としては、走る前はもとより普段からストレッチをしっかりやること。ミネラルを摂ること。ミネラルについては、昨日走っている途中に辰巳のセブンイレブンでいいものを見つけた。



塩、糖分、クエン酸が摂取できる。食べてみるとなんとも懐かしい味が。ちなみに作っているのはあの「ジューC」を作っているカバヤ。自分が子供の頃これが本当に好きだったが、今でもあるとは!
カバヤのホームページによれば、ジューCは発売49年目、俺と同い年(笑) 来年は50周年だ!

ツール12日目はスプリント勝負になったわけだが、カベンディッシュとのガチンコ対決をキッテルが制した。まだ1勝しかしていないカベンディッシュにとってのツールは、今日の第13ステージと最終日だけとなってしまった。コルシカ島のステージでゴール地点をめぐる混乱があったり、スプリント勝負かと思ったら予想以上に登りが厳しかったりしたことで、終始調子が出ない様子。まだまだ衰える年齢ではないと思うが。

昨日は木曜日だったので帰宅ラン。これで3回目。いつも永代橋から深川を抜ける辺りが歩道が狭く信号も多いため、なかなかペースを掴み辛い。なので昨日は鍛冶橋通りを途中で右折し、佃・月島方面から湾岸道路に向かうことにする。中央大橋を渡って佃に入ると少し気温が下がる。なかなかに快適。そのまま晴海通りまで行って、辰巳方面へ向かう。首都高深川線の下を通って湾岸通りに合流する。

ところが辰巳から湾岸通りに曲がったとたん街灯の数が急に減って辺りが真っ暗に。左手は辰巳の森。右手は湾岸道路だが街路樹にさえぎられて道路から歩道はほとんど見えない。いかにもあぶない集団が危ない行為をこっそり行っていそうなエリアである。
クー・クラックス・クランが集会をやっていても不思議ではない。そう思ったら急に怖くなって、思わずペースを上げる。森の向こうに少し明るい道が見えたので、森を突っ切ろうと一旦歩道から外れるが、途中にフェンスがありさえぎられる。もうこうなるとパニックだ。森の隙間を見つけてもう一度真っ暗な歩道に戻る。と、ようやく新木場に渡る橋が見えてきた。ここを越えればもう少し明るくなるはず!

気が付くとこの区間、キロ5:30で走ってました。やればできるじゃん、俺。というか、まるで漫画日本昔話みたいな展開w
この後、荒川を渡り江戸川を渡るともうそこは浦安市。葛西臨海公園駅前のコンビニでポカリを補給して残り5km。さすがに暑さのせいか少々脚が重いですが少し大臀筋とハムストリングスを意識して、一応そこからは5:30~50くらいでまとめました。辰巳の森はともかくとして、信号待ちが少ないのはよいかも。来週もう1回チャレンジしてみよう。ちなみに家に帰って体重量ったら62.2kg、体脂肪率は14.5%に。目標の13%台まであと少し。



キャンプの方は多分今日か明日にはデュアルレンジが届く予定。そうすると多分試してみたくなるはずなので、妻に3連休中のデイキャンプを提案中。しかしこの猛暑なので行く場所をえらばないと・・・ とりあえず初日の明日は早朝から都民の森ヒルクライムに行って来ます。最近自転車ブログだけでなくキャンプブログもさまよっているが、自転車にも物欲の沼があるように、キャンプにも沼があるらしい。しかも「自作の沼」という名前らしい・・・

それで思い出したが、自転車の修理をお願いしているショップのブログに自分の自転車が!以前ここで書いたとおり部品の調達に少し工夫が必要で、そのことについて書いておられる。しかしネット上で自分の自転車を見るというのも不思議な感じ。同時に修理が完了したことも確認できたわけだが(笑
会社帰りに自転車を取りに行って、帰宅して明日の準備。明日の都民の森はスプロケは11-28Tに戻すか、12-23Tのままで行くか、未だに悩んでおります。

ツールも6日目。風が強いときは逃げが決まらないという解説になるほどと思う。でも確かに自分が乗っていれば当たり前かも。集団走行の経験は無いですが…
そんなわけで平地なのでカベンディッシュ有利かと思っていたら、グライペル。戦前に予想された本命どころはまだ来ませんが、山岳ステージまでは毎年こんなもんみたいですし。

さて、金曜日は初キャンプの前日でいろいろ準備もあるだろうとの予想のもと、今週は木曜日の夜に帰宅ランを敢行。これが2回目。初回は靴下やヴァームを忘れるというポカがあったが、今回はほぼ完璧。18:30に会社を出て、鍛冶橋通り、新大橋通りを経由し、葛西の新川沿いを通って浦安に向かう。都心はともかく深川付近を通り抜けるのは、葛西橋通り、清洲橋通りも含めいずれも信号が多くて走るには適していないのだが、江戸川区では新川沿いが快適なことがわかっているので、2kmほど遠回りになるがこのルートを選んでいる。

ランの内容だが、出だしはキロ5分ちょっとで自分がびっくり。中間地点で道を間違えキロ6分を超えたが、浦安に入ってからはキロ5分台後半を維持。最終的にもギリギリ6分は切った。荷物も持っているのでこんなものか。最後の5キロでは脚は重くはなったものの、痛みは全く出なかったのでよかった。
心拍数も140台後半から150台まで。途中からずっと155前後をキープしており、呼吸も楽だったので、この辺が自分のLT値なのかもしれない。しかしそれは、LT 値が高いのか、心拍の吐出量が少ないのか…



そして、今週頭から長男が夏風邪で、週末の初キャンプは微妙な状況。もし中止だと8月はぶっつけ本番に。さらにはポッカリ空いた週末をどうするか。房総方面には行きたいが、ランにするか自転車にするか。ランならハイドレーションのお試しだし、自転車なら12-23Tを山で試すことに。どっちも面白そうだ。いっそ両日とも行くか?

↑このページのトップヘ