量は質を凌駕する

 ~ アウトドアと読書の日記

カテゴリ:●キャンプ > キャンピングヒルズ鴨川

今回のキャンプは我が家にとって初の冬キャンプだったので、初体験のこともいくつかありました。まずは暖房。オイルヒーターは11月初旬の大野路でも試しましたが、あの時は気温が15℃だったので、本格的な寒さは今回が初となります。

結論から言うと、インナーテント内で就寝時の暖房としてはオイルヒーターの右に出るものはいないでしょう。外気温は4℃まで下がりましたが、テントの中は暑いくらいでした。厚着をしてシュラフに入る必要も無いです。朝まで鼻の頭も冷たくなりません(笑) 消費電力は1,000W。


(車に積むためにキャスターを取り外しています)

問題なのは、寝るまでの間ですね。夕方から冷え込んできたので、早々に焚き火もあきらめテント内で夕食にしたのですが、足元が死ぬほど寒い!! 起毛のレジャーシートを敷いてましたが全く効き目なし。靴を脱いだせいかも。土間のままの方が良かったのかもしれません。でもそれだとくつろげんわなあ。足の裏にホッカイロ貼りましたが効き目薄でした。

これで私も少し気持ちがめげて、次に冬キャンするなら、流星に匹敵するモチベーションが必要だと思いました。ただその一方で(ここからが大事w)、妻とは次にもし冬キャンするならホットカーペットは必要だという合意には至りました(笑) 普段使いもできるので、良いのを探そう♪

今回初登場のアイテムとしては、この斧(°▽°)



ちょっとだけ太めの薪を割ってみましたが、薪割り台がないと難しいですね。それから刃の形が薪割り用ではないらしく、アマゾンのレビューほど気持ちよく割れてくれません。まあ、これはまだまだ検討の余地がありますね。



今回初登場のアイテムの中でもっとも活躍してくれたのがこちら。ファイヤーブラスターです。



これは使うとわかる焚き火必須アイテムです。これを買う前は団扇とかまな板(笑)で風を送っていたのですが、必ず灰が盛大に舞い上がります。この火吹き棒を使えば、狙ったところにだけ風が送られるので、舞い上がる灰も最小限で済みます。本体はアルミ製ですが、口を付けるところは木製になっていて、間違っても唇を火傷したりしません。竹筒でもいいのかもしれませんが…

続いての新アイテムは、ユニフレームfan5DX(ずっと「fun5」だと思い込んでた汗)。今回は、最初のランチが味噌煮込みうどん、夕食がちゃんこ鍋、朝食が雑炊と、鍋料理ばかりだったので、こいつの鍋がフル回転でした。このデカさはいい!! まさに大は小を兼ねる♪写真中央に鎮座しております。


(ポリ袋が見苦しくてすいません。こちらのキャンプ場は生ゴミだけ回収してくれるのですが、ゴミ箱は一つしか持ってないので、分別のための窮余の策です。それにしても散らかってる)


雑炊を作った時に若干焦げ付きましたが、スポンジで簡単に落ちました♪ ライスクッカーDXは抜いて、以前買ったライスクッカーminiを入れてますが、これはこれで十分。大満足です(^^)

ちょっとショックだったのは、このコールマンエクストリームマリンクーラー。印旛沼でキャンプしたときに買った物です。車に積むときにちょっとだけ強引にこじ入れたために、こんなダメージが(;_;)



一応使うには問題ないのですが、お気に入りなので悲しい(T-T)

ニューアイテムはこんなところですが、さらにキャンプ中にショッキングな出来事が。我が家のメインランタンはユニフレームのガス(鍋の写真の左端に写っている青いヤツ)なんですが、これをキャノピーのポールにランタンハンガーを付けてぶら下げています。勿論キャノピーの下にならないようセットしてるんですが、風でポールが回ってしまい位置がズレてキャノピーに穴が開いたことがあります。

この日も風で位置が変わり、なんとランタンがガイロープを焼き切ってしまいました!幸い焚き火はキャノピーの外にあったため、大惨事にはならずに済んだのですが、ヤバいところでした。(なので上の写真で分かるようにテーブルランタンに格下げw)




ということで、スノピのパイルドライバー、お買い上げでーす!! 災い転じて福と成す!!

そんなわけで、色々面白い体験をした初の冬キャンプでしたが、これで年内の予定は終了です。年末は休みも長いので、もしかするとどこかに焼き芋を焼きに行くかもしれません。最後まで読んで頂いてありがとうございました。

次のキャンプは、夜桜を見に行こうと思っております♪

こちらもポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

作成中のキャンプレポの後編を間違って公開保存し、あわてて消してblog村の新着をむだに賑わせているYoshi-Tです(笑)

いやー、無事帰って参りました、鴨川から。現地からショートレポを入れましたので見ていただいた方もいらっしゃるかもしれませんが、寒かったッス! いつもレポが長くなりすぎなので、今回は新アイテムの使用感と流星観測にポイントを絞り、キャンプ場のレポは最小限にしたいなと…

行き先はキャンピングヒルズ鴨川、本業は漢方薬屋さんのオーナーが趣味で始めたらしいです。確かに手作り感がそこかしこに… 元が棚田なので、各サイトもそれなりの大きさしかありません。何より幅が狭い。電源サイトも場所によってはターミナルがなくドラム式延長コードを転がしてあるところも(^^;



ロケーションは自転車やバイク乗りには有名な峰岡林道のそばなのですが、ものすごいアップダウンの道を通ります。カーナビに盲従すると、トライアルみたいな極細コースが楽しめます。いや、予約の時にキャンプ場の方に注意してもらってたのですが、まんまとはまりました。2回ばかり脱輪(汗)、いや文字通りタイヤが舗装部分からバスッて落ちただけですが、それでも同乗者はビビりまくり(^^; 自転車なら楽しいコース発見!! いや、自転車で行こうよ… 首都圏からは館山道を君津で降りて、房総スカイライン、鴨川有料道路経由が便利です。我が家からはちょうど2時間でした。

さて、キャンプ場のサイトには無い、場内マップ大公開!!



我々が使ったのが真ん中右のBサイト。4軒分ぶち抜きで使わせて頂きました♪ ま、普通に1軒分だと相当狭い、駐車場も別のサイトです。手前のサイトに先客がいると、駐車場から荷物を棚田一段分運ばなければなりません。なので冬は吹きさらしですが、夏場は右上のLとかいいかもしれません。

多少ネガティブなことを書きましたが、このキャンプ場、なんと炊事場でお湯が出ます!(笑) あ、露天風呂もありますが、洗い場も露天ですからね(笑) 我々は早々に断念し、シーワールドの向かいの「かんぽの湯」に行きました。大人700円、未就学児は無料で素晴らしい太平洋の眺めですぞ!! って、そこをアピールしてどうする、俺(笑)

それからこのキャンプ場、夜は真っ暗です(笑) いや、誉めてますよ。星空観測には大事なことです♪ 土曜日は月の出が17時だったのでそっちの方が問題でしたが。それに空いてます(笑) この日は我々含めて4組♪ うち1組はバンガロー、1組はキャンピングカーだったので、テントを張ったのは2組だけ♪

それからキャンプ場から5分ほど歩くと、太平洋が眼前に広がるスポットがあります。ここからは日の出が正面に拝めます。我々も早起きして行ってまいりました♪



初日の出キャンプとか、考えてる人は是非、キャンピングヒルズ鴨川へ!(笑) 食材は近くのベイシアで調達しましたが、魚はあまり充実してなかったですね。次は地元の魚屋を探そう。

それから我々は近くのカインズで買ってしまったのですが、、多分管理棟では薪を売ってなかったみたいです。でも翌日海岸にいくと…









なんと取り放題の流木です!! だから売ってなかったのか… これを拾って行けば良かった。いや、本当にこれ、鴨川の海岸の所々にこんな山があって、見ているだけでムラムラしてきます(笑) 多分冬場だけですね。もし燃やして処分するならボランティアで参加したいぞ♪

ニューアイテム紹介は多分後編全部使うので、前編で流星観測についても書いときます。先程も書きましたが、今年は月の巡りが悪く、観測に適した時間は月が沈む深夜以降でした。夜8時から1時間弱見張りましたが、見つけたのは14個。一方朝4時半に10分だけ観ましたが、6個発見しましたからね。

実はYoshi-Tは高校生の時にそれと知らずこの双子座流星群を実家の裏庭から観たことがあります。いや、今思えばということなんですが、夜何となく星を見ていたら数分に1個の間隔で流星が。宇宙はでかいな~と思った瞬間でした。

今回はコースケが1個、嫁様が5個流星を確認しました。最近コースケはこのキャンプのこともあり星に興味があるようで、星に関する本ばかり読んでます。流星は1個でしたが相当インパクトあったみたいです。それにオリオン座とかカシオペア座を観られて興奮してました。

時々キャンプblogで星空の写真をきれいに撮っておられる方がいらっしゃいますよね。今回はデジイチ、ちょっとだけ欲しいと思いました。

最後に焼き芋の話題を!
前回の大野路で芋を炭化させてしまいコースケが号泣した事件は記憶に新しい(笑)ところですが、今回はついにリベンジしましたよ♪ 美味しい焼き方をネットで調べ、新聞紙で芋を巻いた上からアルミホイルで包んで焚き火に投入、待つこと30分…

ジャーン!!



Yoshi-Tはそれほど甘いものは好きではないのですが、これは美味しかったですね~♪ 例えて言うと上品な和菓子みたいな、知る人ぞ知る瀬戸内の銘菓「母恵夢」みたいな味です。コツは、焼け具合を確かめるために、時々金串を芋に刺すこと。抵抗感があればまだ焼けてません。スッと入ればOkです。

後編に続きます♪

こちらもポチっとお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ