量は質を凌駕する

 ~ アウトドアと読書の日記

カテゴリ: ●読書記録(毎月のまとめ)

6月は自粛生活も緩み緊張感も解けてようやく読書に対する集中力が戻ってきた。4,5月はあんなに時間があったのに全然読めなかったからな~。「天井の葦」は評判倒れ、スクエアアンドタワーもちょっと期待が勝った。一方で再読の「ウルフホール」が想像以上に面白かった!やはり時代劇はどの国でも人物描写が面白い。あのクロムウェルですら歴史に翻弄されるしかなかったとは。


6月の読書メーター

読んだ本の数:7
読んだページ数:2183
ナイス数:60

スクエア・アンド・タワー(下): 権力と革命 500年の興亡史スクエア・アンド・タワー(下): 権力と革命 500年の興亡史感想
マネーの進化史は結構難解だったけどこれは分かりやすい。特に昨今のGAFAとか、トランプ大統領とかの例は、ネットワークが作用したケースとして典型的。 ☆☆☆☆。
読了日:06月06日 著者:ニーアル ファーガソン
The American Trapアメリカン・トラップ―アメリカが仕掛ける巧妙な経済戦争を暴くThe American Trapアメリカン・トラップ―アメリカが仕掛ける巧妙な経済戦争を暴く感想
まさに人質司法。アメリカがFCPAを域外適用することでいかに経済戦争を有利に運んでいるか、悪辣な手口が明らかに。海外でビジネスするのが怖くなる。☆☆☆☆。
読了日:06月06日 著者:フレデリック・ピエルッチ,マチュー・アロン,荷見明子,浦崎直樹,小金輝彦,宮嶋聡,高野優
アフターコロナ 見えてきた7つのメガトレンドアフターコロナ 見えてきた7つのメガトレンド感想
さすが日経が総力編集しただけあって特に著名人30人へのインタビューが読み応えある。特に隈研吾のインタビューが良かった。ホテルを病院に転用する事への法令の対応、大規模施設を避難場所に転用することを想定した設計、大箱都市の終焉。新しい生活がイメージできる。☆☆☆☆☆。
読了日:06月09日 著者:
偽りの保守・安倍晋三の正体 (講談社+α新書)偽りの保守・安倍晋三の正体 (講談社+α新書)感想
岸井・佐高の対談、読み応えあり。特に吉田学校からの党人の流れの説明が実に分かりやすい。今の政局の背景にもつながる。小説吉田学校、復刻してくれないか。☆☆☆☆☆。
読了日:06月11日 著者:岸井成格,佐高信
天上の葦【上下 合本版】 (角川文庫)天上の葦【上下 合本版】 (角川文庫)感想
TVドラマ「相棒」の脚本家の太田愛が描く社会派小説。戦中の報道統制がテーマだがそこまで軍部だけで世論を誘導したんだろうか。むしろ一般大衆も熱狂したのでは。その点には少ししか触れていない。事実を伝えられていなかったとはいえ日中戦争のときはみんなノリノリだったんでは?時代は違うが日比谷焼き討ちがいい例。サスペンスとしてはちょっとご都合主義。☆☆☆。
読了日:06月14日 著者:太田 愛
ウルフ・ホール (上)ウルフ・ホール (上)感想
1回読んでもさっぱり情景が分からなかったしなにより時間軸が見えなかったのだが、BBCのドラマを見たら全体像が見えた気がしたので再読。なんて面白いんだ!これはまさに英国の時代劇。そして人々の愛憎の交錯が生々しい。下巻も一気に読むぞ。☆☆☆☆☆。
読了日:06月28日 著者:ヒラリー・マンテル,Hilary Mantel
ツンドラ・サバイバルツンドラ・サバイバル感想
2010年前後の服部氏の狩猟活動のエッセイ。狩猟って小説などでは接することができるけど、実体験として接するとこんな感じなんだろうな。狩りができる人間がいる間は人類は大丈夫、みたいな感覚は実体験からしか出てこない気がする。ここから「息子と狩りへ」が出てくるのか。☆☆☆☆。
読了日:06月28日 著者:服部 文祥

読書メーター

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

5月は家にいる時間が長かった割にはそれほど量が読めなかった。図書館が使えなかったのでkindleを使わざるを得なかったことも影響しているかも。その中でも歴史的名著「ペスト」をようやく読んだ。もちろん現代の感染症の恐怖に比べると、伝染のリスクは大したことないように見えるが、集団として死に向かい合うその重たい空気は存分に味わえた。
スクエアアンドタワーについてはまた来月。



5月の読書メーター
読んだ本の数:8
読んだページ数:3106
ナイス数:102

ペスト (新潮文庫)ペスト (新潮文庫)感想
さすが名作。そして今の状況にピッタリ。ペストって分かりやすい伝染病だったんだ。これに比べるとコロナは全く得体が知れない。こんなに人に会えない。☆☆☆☆。
読了日:05月04日 著者:カミュ
椿井文書―日本最大級の偽文書 (中公新書 (2584))椿井文書―日本最大級の偽文書 (中公新書 (2584))感想
事実を見極めることの重要性とその影響。しかし近畿のごく狭い地域を対象とした偽書に関する本がどうしてこんなに売れるんだろうか。☆☆☆。
読了日:05月06日 著者:馬部 隆弘
ビート―警視庁強行犯係・樋口顕―(新潮文庫)ビート―警視庁強行犯係・樋口顕―(新潮文庫)感想
解説にもあるが確かにネタがてんこ盛り。ダンスの描写が細かい。そしてやや強引な展開。直情的過ぎるだろ。☆☆☆。
読了日:05月10日 著者:今野 敏
廉恥 警視庁強行犯係・樋口顕 (幻冬舎文庫)廉恥 警視庁強行犯係・樋口顕 (幻冬舎文庫)感想
前作「ビート」から14年たって突如シリーズ再開だがその間に「隠蔽捜査」シリーズが始まっている。解説が底に振れていないのは不自然だし、主人公のキャラも竜崎の影響が強く見えるようになった気がする。このシリーズはこれはこれでありだ。☆☆☆。
読了日:05月10日 著者:今野敏
回帰 警視庁強行犯係・樋口顕 (幻冬舎文庫)回帰 警視庁強行犯係・樋口顕 (幻冬舎文庫)感想
前作の「恥廉」から10年以上経ちその間作者は「隠蔽捜査」シリーズで一皮むけて、こっちのシリーズに戻ってきたら作風がすっかり変わって竜崎の若い頃みたいになって超面白くなった。
読了日:05月18日 著者:今野 敏
ナニワ・モンスター (新潮文庫)ナニワ・モンスター (新潮文庫)感想
確かになんでもAi(画像検視)に持って行きがちだがテーマは感染症と検察と道州制。偶然今の時流には合っていた。小説なのか?☆☆☆。
読了日:05月18日 著者:海堂 尊
焦眉 警視庁強行犯係・樋口顕焦眉 警視庁強行犯係・樋口顕感想
今年の4月に出たばかりの本。しかもテーマが検察の暴走とあまりにタイムリー。どうも大阪地検の厚労省不当検挙事件をベースにしている模様。ことほど左様に検察に対する監視機能はないんだなと思っていたら、某検事長殿の賭けマージャン報道。それはないよ。☆☆☆☆。
読了日:05月20日 著者:今野 敏
スクエア・アンド・タワー(上): ネットワークが創り変えた世界スクエア・アンド・タワー(上): ネットワークが創り変えた世界感想
ニーアルファーガソンにしては読みやすい本だった。いろんなところでインフォーマルなネットワークが歴史を動かしてきたというお話。言われれば陰謀論めいて書かれることは多かったが正面から取り上げられることはなかった。下巻は現代なのでより楽しめそう。☆☆☆☆。
読了日:05月29日 著者:ニーアル ファーガソン

読書メーター

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

4月は自宅に閉じ込められていたせいか、思うように読書が進まなかった。こんな感じは震災以来か。この中で「神社が語る関東の古代史族」は神社のゆかりを読むのも楽しかったが、関東の古代史族の成り立ちを読むのが実に興味深かった。源氏平家が関東に精力を伸ばしてくるよりも以前の関東。これは再読して各地を回りたい。

4月の読書メーター

読んだ本の数:8
読んだページ数:2953
ナイス数:79

神社が語る 関東の古代氏族 (祥伝社新書)神社が語る 関東の古代氏族 (祥伝社新書)感想
結構しっかり読み込まないと内容が頭に入ってこないのは、仏教と違って神道になじみが無いせいだろう。知らなかったことばかりで実に面白い。仏教伝来までは神道が日本を牛耳っていたのだから神道を知らないと古代の日本は理解できないよな。もう一回読もう。☆☆☆☆。
読了日:04月03日 著者:関 裕二
贖いのリミット (ハーパーBOOKS)贖いのリミット (ハーパーBOOKS)感想
このアンジーとウィルの腐れ縁はなんなんだ。こういう人の縁というかしがらみを書かせたらこの人は抜群だな。しかしなぜかなかなか話が頭に入ってこないし長い。☆☆☆。
読了日:04月11日 著者:カリン スローター

棲月: 隠蔽捜査7棲月: 隠蔽捜査7感想
話が複雑なのかシンプルなのか。読み終えてみるとすごくシンプル。そんなことよりもこのシリーズは竜崎の言動を楽しむのだ。☆☆☆。
読了日:04月11日 著者:今野 敏

マチネの終わりに (文春文庫)マチネの終わりに (文春文庫)感想
ストーリーの周辺情報の濃さに対して登場人物の感情がシンプル過ぎてバランスが取れていない感じがある。偶然に支配され過ぎている。ユーゴの現状が描かれていない、など不満は多い。もちろん好みの範疇。☆☆。
読了日:04月12日 著者:平野 啓一郎

(190)失礼な日本語 (ポプラ新書)(190)失礼な日本語 (ポプラ新書)感想
失礼な日本語というよりは間違った日本語だった。☆。
読了日:04月12日 著者:岩佐 義樹

リオ―警視庁強行犯係・樋口顕―(新潮文庫)リオ―警視庁強行犯係・樋口顕―(新潮文庫)感想
謎解き自体はわりと平凡。主人公のキャラも立ち方がもう一歩だがこれが竜崎の若いころだと思えば面白く読める。☆☆☆。
読了日:04月17日 著者:今野 敏

空気を読む脳 (講談社+α新書)空気を読む脳 (講談社+α新書)感想
子供には結果を褒めると、失望させたくないという心理から失敗を避けたがるというのは目から鱗。過程を誉めれば過程を繰り返すと。なるほど、でした。☆☆☆☆。
読了日:04月25日 著者:中野 信子

朱夏―警視庁強行犯係・樋口顕―(新潮文庫)朱夏―警視庁強行犯係・樋口顕―(新潮文庫)感想
前作同様ストーリーはシンプル。そして主人公が煮え切らない。この犯人役に似あいそうな若手役者の顔が何人か浮かんだ。独善的だけどいい人そうな奴。こわい(笑) ☆☆☆。
読了日:04月25日 著者:今野 敏

読書メーター

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

3月はほぼ1か月在宅勤務だったにもかかわらず読書数は大して伸びず。やはり不安があるからか集中できない気がする。あとは3月は古い大河ドラマを観ていたせいかも。

3月は鄧小平ですね、なんといっても。これまで毛沢東、周恩来、趙紫陽の本は読んできたが、一番知りたいことはやはり鄧小平。第一次天安門事件、毛沢東死去の直前の失脚、そして復活、第二次天安門事件、南巡講話。こうやって中国は現在に至る道を進んできたんだなあ。


3月の読書メーター

読んだ本の数:8
読んだページ数:3647
ナイス数:66

ブラック&ホワイト (ハーパーBOOKS)ブラック&ホワイト (ハーパーBOOKS)感想
最近も同じようなタイトルの本を読んだと思いつつ読了。カリンスローターは2作目だがやはり荒々しいな。そして暴力の痛みの描写が生々しい。この人絶対に殴られたことあるはず。謎解きはともかくその感覚の描写によって登場人物の見え方がどんどん変化するのが面白い。日本ではあまり人気が無かったらしく最初のころの作品は図書館でも見つからず。中古も高い。☆☆☆☆。
読了日:03月04日 著者:カリン スローター
新薬の狩人たち――成功率0.1%の探求新薬の狩人たち――成功率0.1%の探求感想
新薬を巡る歴史。裏話も豊富。アヘン、モルヒネから始まりピルや向精神薬が見つかるまで。ある意味思っていた通りだが品質標準化とか工業製品共通のステップも踏んでいる。ゴールドラッシュ的要素をもう少し見たかった気がするけど面白い。☆☆☆☆。
読了日:03月07日 著者:ドナルド R キルシュ,オギ オーガス
掃除婦のための手引き書 ルシア・ベルリン作品集掃除婦のための手引き書 ルシア・ベルリン作品集
読了日:03月10日 著者:ルシア・ベルリン
地球を「売り物」にする人たち――異常気象がもたらす不都合な「現実」地球を「売り物」にする人たち――異常気象がもたらす不都合な「現実」感想
気候変動を金儲けに使う話だけというわけでもない。気候工学なる言葉を恥ずかしながら初めて知った。しかし地球を冷やすなどという大それたことが本当に可能なんだろうか。冷えすぎて困ることはないのか。HIVに対してセックスを我慢するかコンドームを使うかと同じという比喩は本当に適切なのか。☆☆☆☆。
読了日:03月10日 著者:マッケンジー・ファンク
現代中国の父 トウ小平(上)現代中国の父 トウ小平(上)感想
さすがはアジアの専門家だけあって、外部のできごとと中国国内の動きの関係の説明が実に分かりやすい。そしてスターリン批判をしたフルシチョフと鄧の対比。華国鋒の台頭。下巻へ。☆☆☆☆☆。
読了日:03月27日 著者:エズラ・F・ヴォーゲル
現代中国の父 トウ小平(下)現代中国の父 トウ小平(下)感想
三度目の失脚からの復活と天安門事件、南巡講話。経済の自由も全て共産党繁栄のためであり党への批判は許さない。結局は総体としては国民がこの政治を求めたということでしょうか。ベトナムとの関係もよく分かりました。☆☆☆☆☆。
読了日:03月27日 著者:エズラ・F・ヴォーゲル
自覚 隠蔽捜査5.5 (新潮文庫)自覚 隠蔽捜査5.5 (新潮文庫)感想
隠蔽捜査スピンアウト作集その2.このくらい気持ちよく本音と建て前を一致させるには仕事の中身が相当分かってないとダメだよな。☆☆☆☆。
読了日:03月30日 著者:今野 敏
去就: 隠蔽捜査6 (新潮文庫)去就: 隠蔽捜査6 (新潮文庫)感想
たまたま図書館にあったので久々にこのシリーズ。最後はぜったい気持ちよく終わってくれる。あ、そうでもなかったか。こんなふうに仕事がしたい。☆☆☆☆。
読了日:03月31日 著者:今野 敏

読書メーター

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

試験終了からすっかり腑抜けになってしまってちゃんとした本が読めてない。いや、司馬遼太郎だってちゃんとした本ですけど。
そんな中で読んだのがアイザックソンのイノベーターズ。さすがはスティーブジョブズ公認伝記を書いただけあって、技術的な理解は深いので安心して読める。改めてチューリングやノイマンの偉業に今の社会が依存しているかを思い知らされる。
こんな面倒なテーマを丹念に現代の目線でまとめてくれる作家の存在は本当にありがたい。


1月の読書メーター

読んだ本の数:10
読んだページ数:4382
ナイス数:126

花神(上) (新潮文庫)花神(上) (新潮文庫)感想
技術だけを追い求めるということでは、新選組の土方歳三と通じるところが感じられる。かたや佐幕、かたや倒幕と立場は違うが、作者の人間の好みが感じられる。☆☆☆☆。
読了日:01月11日 著者:司馬 遼太郎
花神(中) (新潮文庫)花神(中) (新潮文庫)感想
といいながら、おイネとのロマンスは創作なんじゃない?会いに行ったという史実があるのだろうか。無くても物語は成立する気がするな。☆☆☆☆。
読了日:01月11日 著者:司馬 遼太郎
花神(下) (新潮文庫)花神(下) (新潮文庫)感想
中村梅之助の大河ドラマが懐かしくて読んでしまったがまるで宛書。おイネは今なら誰がやるんだろう。当時は浅丘ルリ子だったが。益次郎が地味なので歴史全体がむしろ見えやすくなってよい。☆☆☆☆。
読了日:01月11日 著者:司馬 遼太郎
昭和史 七つの裏側昭和史 七つの裏側感想
保坂正康という作家はかつては歴史の過ちを個人に帰する傾向が強くどうも好きになれなかったのだが(半藤氏も同じ傾向がある)、この本は彼がこれまでの著作を書くにあたって取材したソースがそのまま記載されているので、相当に読みごたえがある。特に東條首相と石原莞爾の秘書から聞き取った内容は他での色んな情報とつながって興味深い。☆☆☆☆。
読了日:01月20日 著者:保阪 正康
燃えよ剣(上) (新潮文庫)燃えよ剣(上) (新潮文庫)感想
明治維新において新選組の役割は、土方歳三の役割は、などと考えるのが馬鹿らしくなるような剣にかける強烈な想い。確か再読なんだけど全く覚えていない。☆☆☆☆。
読了日:01月20日 著者:司馬 遼太郎
燃えよ剣(下) (新潮文庫)燃えよ剣(下) (新潮文庫)感想
自分で自分の役割を認識していたんだろうなあ。多分。この時代の人はそういう人が多い。西郷とか高杉とか。乱世が故の生き方。たまに読みたくなるんだよな。☆☆☆☆。
読了日:01月20日 著者:司馬 遼太郎
江戸水没: 寛政改革の水害対策 (21) (ブックレット“書物をひらく”)江戸水没: 寛政改革の水害対策 (21) (ブックレット“書物をひらく”)感想
わずか100ページだが江戸時代の市井の実情が浮き上がる名作。最近の災害で感じるこの民衆の圧力って江戸時代と現代で変わってない。現代だっていくらでも暴動は起きる。☆☆☆。
読了日:01月24日 著者:渡辺 浩一
イノベーターズ2 天才、ハッカー、ギークがおりなすデジタル革命史イノベーターズ2 天才、ハッカー、ギークがおりなすデジタル革命史感想
上巻でコンピューターの個人化が実現し、下巻ではインターネット化を突っ走る。こうして一気に読んでみると、コンピューターが自我や人権にまで強く影響を与えたことがわかる。一見同じに見えるが、ネスケ以前と以後では世界は全く違うんだな。という視点で見ていると理解した。☆☆☆☆☆。
読了日:01月30日 著者:ウォルター・アイザックソン
炎の中の図書館 110万冊を焼いた大火炎の中の図書館 110万冊を焼いた大火感想
アメリカの図書館がどのように現在の姿になっていったかがよくわかる。本を燃やす国は人も燃やす。「華氏451度」は今度読んでみます。☆☆☆。
読了日:01月31日 著者:スーザン・オーリアン
イノベーターズ1 天才、ハッカー、ギークがおりなすデジタル革命史イノベーターズ1 天才、ハッカー、ギークがおりなすデジタル革命史感想
コンピューターの成立から集積回路の登場までが上巻。計算を効率的にやりたいだけでなく、人工知能とか人間の代替までも想像する人がいたのか。下巻はいよいよパソコンの登場。☆☆☆☆。
読了日:01月31日 著者:ウォルター・アイザックソン

読書メーター

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

↑このページのトップヘ