量は質を凌駕する

 ~ アウトドアと読書の日記

カテゴリ:●徒然 > 日記

コースケの小学校はコロナの影響で修学旅行の代わりに日帰りで日光に行ってきた。別に放蕩はしてない(笑)

今週の頭くらいからトモコとコースケでてるてる坊主を作り、晴れ女のトモコが祈る。とりあえず最初金曜日に上陸すると言っていた台風の速度が速まりしかも上陸しなかっただけでもよしと考えよう。だとすればとんでもない晴れ女だな(笑)

朝6時に家を出て、夕方6時過ぎに家に帰ってきたコースケを出迎えるトモコ。インドに1年くらい放浪の旅をしてきたくらいの勢いだった(笑)
image
友達と思い出が作れて良かったね。オレと違って友達が多いコースケ。誰に似たのか(笑)

いまのところ全段落の終わりが(笑)



盛り上がっているコースケをしり目に自分は今週はちょっと凹み気味。先週、重たいインタビューを6本入れたせいか。芸能記者でいえば高倉健、菅原文太、美空ひばり、石原裕次郎、ハリソン・フォード、クリントイーストウッドに連続してインタビューしたくらいの感じ。何の脈絡が(笑)

今日は思わずノートで「鬱」という字が書けるかどうか試してみた(笑)



明日は20kmのペース走をやる予定なので(調子が良ければ30kmにその場で変更)今日は抑え気味に10kmだけ疲労抜きジョグ。勢いが無いので10kmでも長く感じる。
これで今週は91km。月間で415km。そろそろ500kmいくかどうか決めよう。目処としては土日で40km走れれば残り15km/日で到達予定。先月より断然楽ちん。


今月も500km頑張れよ!のクリックをお願いしまーす。


本日のスクワット:50回
本日の走行距離:10.0km
今月の走行距離:415.7km
本日の最低体重:59.7kg
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

毎日毎日我ながら良く走るな、去年はなんでそれほど走れなかったのかな、と考えてみたら、去年と一昨年の今時分は受験勉強していたんだった。週に20時間くらい。

確かに週に20時間も使っていると、週に12時間とかランニングするのは無理ですよね。ていうか時間がOKでも体力的に無理。たぶん勉強していても寝てしまう。

そして勉強するのもそれなりに体力は使うはずで、去年も一昨年も勉強疲れがランニングにも影響していたと思う。いや、していたはずだ。それで運動のための元気も奪われていた。



そんな私が今年元気なのは受験勉強が無いからだけではない。やはりスクワットで太腿の筋肉を強化したことが大きいと思う。それは太腿の筋力で楽に走れるようになっただけでなく、筋力が増えたことで男性ホルモン(テストステロン)の分泌が活発になったからだ。

と、ここでテストステロンの話を書こうと思ったけどほんの1週間前に書いたばっかりだった(笑)

今年は大会がほとんど開催されない。大会での記録更新を目標にしている人、記録を出して目標の大会参加を射止めたい人にはモチベーションが下がる状況だろう。

自分は以前も書いたが、自分が相対的に去年やそれ以前の自分に比べてどのくらい頑張れたかがモチベーションの源泉なので、練習が頑張れただけでもかなり満足だ。もちろんそれがタイムにつながれば言うことないが。何しろノビシロだらけですから(笑)



その意味では全日本ランキングもモチベーションの一つ。ランキングは他人と比べるとかだけではなく、去年の自分と頑張りを比較する一番客観的な方法としても使える。しかし今年は対象人数が少ないはずなので無理に大会に出ようとはさほど思わない。

というか、普通でない状況でエントリーとかするのが面倒くさいし、一人でも追い込める性格なので、相手がいたから追い込めた、みたいなことはあんまり感じたことがない。もし言ったことがあったとしたら社交辞令です(笑)。

だからタイムを確認したければいつでもできる。タイムが相手なら一人ででも追い込める。やるかどうかは分からないけど。



今日もいつものように15km。もう最近ではこの距離で途中で嫌になることは無い。
火曜日のインターバル。久々にキロ3:30くらいのペースで走った。走り方が違うので痛くなるところも違う。このペースだとより膝を伸ばして着地衝撃をより強く受けて前向きの力に変えてやらないとならない。

すると普段使わない膝の裏側の筋が痛くなる。ここに痛みをためたままだとアキレス腱とかフクラハギに違和感が出たりする。

一昨日のブログにはやたらとINポイントが多かったのだが、これはインターバル含めた30km走が評価されたのだろうか。確かにこれが最近では一番キツい練習だったが・・・



これを毎週出来たら速くなりそうだが、さすがにこれはキツい。練習のキツさもさることながら普段最長20kmしか走ってないので回復に時間がかかる。

でも8月は距離を踏むのに精いっぱいでこういったメリハリの利いた練習ができなかった。逆にこういう練習をたくさんできなければ、何のために距離を踏んだのか分からない。8月はあくまでそのための練習、下地作り。

カラダが求めるままに強い練習をやっていこう。



オレもアタシも高強度な練習が好物って人はバナーをポチっとお願いします。


本日のスクワット:100回
本日の走行距離:15.0km
今月の走行距離:405.7km
本日の最低体重:59.4kg
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ




もう仕事の時間をギリギリまで切り詰めて「凪のお暇」にはまっている。キャストも豪華だがシチュエーションがリアルすぎる。しかしこんなに世の中はこういう「空気を読む」「マウントを取る」に満ちているのか?

相手を威圧しても恫喝してもそんなに簡単に人は変わらないぜ。せいぜい一瞬自分が偉いと錯覚するだけ。自分に何にも残ってないことが分かって逆にへこむのがオチ。逆に何か持っている人はそんなのに関係なく自分で自分の世界を作れる。(素の力を出させるのがマネージャー、パートナーの力量だろうよ)

まだ2回しかみてないけど多分これそういう展開なんだよね?(笑)

リモートワークで楽になった人は多いんだろうな~。

(三田佳子がいつ中村倫也に口説かれるのかが楽しみ~w)



最近結構距離を走っているじゃないですか。週に100kmとか120kmとか。以前は週に70kmも走れば精いっぱいだったわけですよ。もうへとへとで昼間から眠くて。

なぜか今はそれだけ走ってもそんなに疲れていない。だから以前の倍近い距離を走っているっていう実感が全くない。速くなってる感じもまったくしないしなってもいない(笑)

ガーミンの画面見て初めて「おお、オレやるじゃん」って思う。しんどい練習をやっている意識が無い。同じ体感なのにガーミンの距離だけが勝手に伸びているだけ。ただちょっとだけ、距離に対する渇望感が増したくらい。。



サブ40くらいの人が(例えばカミさんが)キロ3分30秒くらいで10km20km走る時っていうのは、どのくらいしんどいんでしょうか。あるいはキロ4分半でEペース(笑)って言ってる人ってどのくらいしんどいんでしょうか。

以前はなんとなく、たぶん同じペースに対するしんどさは誰でも同じだけど、キャパシティが上に広がっているんだと思っていた。つまりハアハアゼエゼエは同じようにするんだけど、もっと激しいハアハアゼエゼエに耐えられるみたいな。だからキロ4分半ならしんどいはしんどい。その体感度合いは我々と同じ、ではないかと勝手に想像していた。

しかしよく考えたらそんなわけは無いですね。もちろんキャパシティも上に広がっているけど、同じ速度で走ったらより楽になっているに決まっている。そしてそこには体感としての異次元感は多分ないんだろう。同じように走っているけど時計のペース表示が変わっただけ。ただスピードに対する渇望は強いかも。



そう考えたら今の自分も速くなってておかしくないんだけどな~。全然そんな気がしないし実際なってない。ただ青春を燃焼させているだけだ!(笑)



温暖化対策の観点から青春燃やすのは若い奴のために取っとけと思った人は、激沈上等のアイコンをぽちっとお願いします。




本日のスクワット:100回
本日の走行距離:15.0km
今月の走行距離:390.7km
本日の最低体重:59.8kg
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

日曜日に「麒麟が来る」を見ていて思ったこと。

昔の人は(特に偉い人は)書状でビジネスを進める。次の将軍を決めるという大事なやり取りも全部手紙だ。そして会ったことが無い人については会ったことがある人に手紙でその人柄を確認する。

逆に今思うよりも通信が発達していたともいえるが、現代に置き換えればすべてをメールでやり取りしているということ。そして裁判も法律も確立していない世の中だから人物の見極めが今以上に重要だっただろう。

現代はリモートワークが増えて営業現場もどんどんリモートになって、相手の表情が読めないとか信頼関係が構築できないとかかつてはこうじゃなかったとか聞こえてくるんだが、ほんの数百年前に戻っただけとも言える。

そしてメールでも相手の空気は伝わってくる。こちらが提案したことに対してネガティブかどうかは文面に微妙に表れるもの。大事なのは具体的に「鼻を触ったら嘘を付いている」とかのサインを探すのではなく、相手の空気を感じ取ること。

こちらが言ったことに対し、相手が同じ空気を吸っていないような気がするときは大体納得していない。まずその空気に感染してみることが先で、感じたらその理由を探しに行く。そこでゴリ押ししても無駄。(タイトルはさる書籍のキャッチコピーのもじり)

感染するためには必ずしも対面する必要は無い。メールでも十分感染できるときもある。逆に対面では見えなかった本音がメールだと分かったりする。声が聞こえればなお良い。

直接会うことを禁止されるというのは人類にとっては結構な痛手。社会性の強い動物ですからね。でもいつの時代も制約条件はあるもので、その状況を楽しめる人がビジネスも楽しめるんではないだろうか。



今日も疲労抜きのつもりだったのについついペースアップ。結局サブ4ペースでハーフ走。
今日はなぜかHANZO-Cで快適に走れた。



本日のスクワット:0回
本日の走行距離:21.1km
今月の走行距離:345.7km
本日の最低体重:58.8kg
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

ツールドフランスもいよいよ明日日曜日でパリシャンゼリゼにゴール。21日間の熱戦を終える。

そもそも7月に開催予定だったのを9月に変更。大会運営上選手や一部コアスタッフを「バブル」と定義し徹底隔離。1週間に1回のPCR検査とチームに2人感染者が出たらそのチームは失格というルールで臨んだ開催側。どうやらここまで感染者も無く終えられるようだ。

大会開催直前には「パリまでたどり着けるのか」と関係者が危ぶんでいたようだが幸いにも最後まで来られた。開催事務局長が感染して、各地のレセプションで接触した要人が逆に感染を心配しなければならなくなったハプニングもあったがとりあえず最後まで来て本当に良かった。

毎日200km、通算でも4000km近い距離を自転車で走る過酷なレースなので選手の免疫力はギリギリまで落ちている。感染しやすい状況だったろうし、またコースの一部では、一部の熱狂的なファンがマスクをせずに選手に接近するシーンも見られたので心配していた。

それでも感染者なく21日間の大会を終えられたということは、この大会運営方法は何かの参考になるのではないだろうか。スタート前とゴール後の選手の導線とか、宿泊とか観客の指導とか、いろいろ公開してほしい。いずれにしてもコロナ後に開催された観客有りのスポーツ大会の好事例とされるべきではないだろうか。



レースの方は以前ここでも書いたように、抜群のチーム力を誇るユンボヴィズマのログリッチがどうやら圧勝しそうな勢い。それも今日の夜のタイムトライアルで決する。明日は最終日なので順位に差がつかないのが慣例。

やっぱりチーム力のあるチームは見てて気持ちいいですね。山では当然にしてチームでしっかりエースを引っ張る。他チームが抜けようとしたらチームメンバーがすかさず追い付いてフォロー。チャンスがあればチーム全体でガンガンペースを上げて他チームを振り落とす。

今回は平地でチームでガンガン飛ばして他を振り落とすというシーンもあった。これも平地に強いタイムトライアル世界チャンプがメンバーにいるから。マラソンでもそうですが力のある選手がグイグイいくと他の選手は必死に追いすがるが途中で付いていけなくなる。ぶち抜いて置き去りにする方が絵的にはカッコいいけど、強さを実感するのは逆にこういうシーン。

今日はタイムトライアルだが35kmなのでタイム差がついてもせいぜい1分くらいだろうか。1位と2位の差がちょうど1分、2位と3位は30秒。1位と4位は3分以上離れているので順位が入れ替わるとしても3位まででしょう。1人ずつ走る個人タイムトライアルなのでチーム力は期待できず個人の力がそのままタイムに出る。

今日は自分のノルマも果たしたのでゆっくり飲みながら楽しみたいと思います。昨日も飲みながら楽しんだけど(笑)



今日のノルマ。
先日予告した20kmを4分40秒以内の目標はクリア。ただ自分では4分30秒を切って快走するイメージがあったのでかなり残念。火曜日のビルドアップの疲れが残っているのかそもそも走りすぎてカラダが重いのか。
スクリーンショット 2020-09-19 175049
カラダは元気だったけど脚が重かったということで認識しておこう。先週の土曜日もハーフ走だったがその時の平均ペースは4:56。ほぼキロ20秒の改善。これを繰り返していけばペースも上がってくるでしょう。毎週やろう。地脚はできすぎるほどできている(笑)

先週はメタレーサーを履いていたのも今日との違い。今日はHANZO-C。最初は良かったが最後の方はソールが固く感じた。メタレーサーの気持ちよさを味わいたくてまたあっちを履きそうになる。

でも本来は自分の体であのクッションを作り出すべきでしょう。メタレーサー履きすぎると中毒でやめられなくなる気がする。そんなつもりで買ってないし。

今日は最後は体重移動ではなく脚の力で強引に3kmくらい走った。意外と走れた。もしかしてみんなこうやって走っている?



今月も300kmを突破。



本日のスクワット:0回
本日の走行距離:25.2km
今月の走行距離:303.5km
本日の最低体重:58.5kg
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

↑このページのトップヘ