量は質を凌駕する

 ~ アウトドアと読書の日記

カテゴリ:●RUN&RIDE > 2014大田原マラソン

さて、スタートするまでに2回も費やした当ブログ。ようやく大田原マラソン、スタートです。


その1 http://sevenseasofrhye.blog.fc2.com/blog-entry-631.html
その2 http://sevenseasofrhye.blog.fc2.com/blog-entry-632.html





天候はご覧の通り曇り。気温が上がるという予報だったが、スタート時点ではむしろ肌寒い。しかしこの時、風はほとんどなかった。


スタート直後こそ進路が狭くなったりして渋滞することもあったが、1キロ以降は普通の大会と比べてもスムーズな進行。さすがは制限時間4時間だけのことはある。自分のタイムも最初の1キロこそ6分近くかかったが、後は5分前後を淡々と刻んでいく。15キロまでは極めてスムーズだった。


しかし15kmを過ぎたあたりで、何と無く脚に疲労を覚え始める。スピードが落ちるわけではないが、ダルさがある。んー、これで最後まで行けるのか? いや、多分無理。ということで、20キロあたりから意図的にラップを落とそうとする。しかし下りのせいかあまり落ちない。25キロまでのラップはこちら。


- 5km 26:01(5:51, 5:13, 5:03, 4:50, 5:02)
-10km 24:44(4:57, 5:08, 4:48, 4:53, 4:56)
-15km 24:41(4:54, 4:57, 4:55, 4:50, 5:03)
-20km 24:50(4:59, 4:56, 5:07, 4:52, 4:57)
-25km 25:18(4:58, 5:01, 5:00, 4:58, 5:20)


しかし27キロあたりから少しガクッとくる。やっぱり熱が出たら体は疲れてるんだよね。しかもルートは微妙な登り。いや、走っていても全く気付かないし、他のメンバーとも「登りなんて無かったよね」などと話していたのだが、ガーミンは見ていた‼(笑)





まさに大会のホームページに掲載され
ていたのと全く同じ勾配。かまかまさんだけが「いや、微妙にずっと登ってたよ」と冷静なご意見だったが、まさにその通りだった!


その上に、スタート直後から吹きはじめた横風が、この辺りからまともに向かい風に。ここでさすがに心が折れました。タイムはもういいから、とにかく行けるところまでは行こうと。ラップだけ見ると「前半突っ込みすぎ」というご指摘を受けそうですが、前半を5キロ27分くらいに抑えていったとしても、30km以降はやっぱりキロ6になってたと思います。そうすると完走はできなかった。


残りの区間のラップはこちら。


-30km 27:18(5:08, 5:20, 5:29, 5:53, 5:48)
-35km 29:48(5:49, 5:52, 5:53, 6:03, 6:10)
-40km 30:19(5:50, 5:55, 6:02, 6:25, 6:05)
-GOAL 15:38(6:37, 6:42, 2:16)


以前の自分なら完走もおぼつかない体調だったのかもしれませんが、やはりフォームを変えてから、体へのダメージは明らかに減っている。体調が悪いなりに走れるようになったと思います。ご覧の通り、悪いなりにキロ6は維持できた。最後の2キロの落ち込みは、完走を確保した安心感ですね(笑)  


残り4kmで、けいすさんがビデオを撮ってくれてました。そこからのキャプチャー映像。





意外と腰が落ちてない。かなり苦しかったんですけどね。熱が出た後って、関節がギシギシ痛む。今回は特に足の付け根の外側、脹脛靭帯が繋がってるところがひどく痛かった。ついでに右足の親指に刺すような痛みが。あれはなんだったのか。インソールを交換した方が良いのかも。


そんなわけで、最後はフラフラ。もうゴールスプリントなんてとんでもない。いや、アクアラインの時のほうがしんどかったか。でもゴールしてからの立ってられない感じは今回の方がきつかった。でもとにかくゴール!やっと終わった!!本当にフルマラソンってキツイ!!!




でも思えば、前日にはスタート地点に立つことすら叶わないかと思っていたので、完走できて感無量です。やっぱりマラソンは面白い!!




ちなみにこれが私の10回目のフルマラソンで、10回目の完走でした♪
でも次回に向けて、ちょっと練習とか立て直さないと。その話はまた。




いつも読んで頂きありがとうございます♪
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

こちらもポチッとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

実は昨日は我が家の結婚記念日。結婚式を挙げた近所のホテルでディナーです。
そう言えばコースケが小さいときはこういう場所につれてくるのも大変で、個室を取ってました。
今はただのテーブル席(笑) いや、情熱が薄れたわけではありません(キリッ






さて、そもそもスタートするまで2回もかかるなんて当ブログでも前代未聞なのだが、今回は言い訳なのでじっくりとw


ドリンクを忘れるという致命的な失策を犯した私。当然のことながらドリンク以外のレース中のカロリー補給手段は準備していない。どうする?︎ 東京駅での乗換え時間はほとんどない。とりあえず新幹線が着く那須塩原駅付近のコンビニを調べる。駅のそばにセブンがあるようだ。そんなわけで、新幹線車内でも落ち着かない時間を過ごす。


これは今思えば、出走するかどうか朝もまだ迷っていたので、持ち物にまで気が回らなかったせいですね。ドリンク入れたトートバッグを玄関に出しとけばよかったのですが、何となく自分の部屋の棚に置いたのがいかんかった。(写真は帰宅後発見されたトートバッグ内のボトルw)



おかげで我が家には今、1リットルのレッドブルが(笑)
昨日はレッドブルにウォッカいれて飲んでみましたが、なかなかイケました♪



那須塩原駅に着いたら、ダッシュでセブンに向かい、まずは大福を探す。そう、大福は一発でカロリー補給できる強い味方なのだ。しかしよく考えたら、大福が置いてあるのはローソン‼ 不覚‼ 止むを得ずポカリの500mlボトルを4本抱えてレジに向かう。レジにポカリを並べて、ふと後ろを振り返ると、なんとそこにはレ○ド○ルのボトルが‼ まさに地獄で仏‼



えー、このボトルの材質がなんだったかは、ここでは言及しません。賢明な読者諸君は、決してアルミボトルなぞをスペシャルドリンクで持ち込まないように! 確かに大会要綱には「ボトル」としか書いてませんが、「カン・ビン」が禁止なんだから、普通に考えたらわかるよね! もちろん私もやってませんw


同時にマーカーも買って、会場に向かうバスの中でシコシコとボトルにゼッケン番号を記入する。ついでに炭酸を抜くために4本全部栓を開ける、量が多すぎるのでちょっとづつ飲むw わざわざ4本順繰りにチビチビやっている姿、かなり怪しかったと思う(笑)ちなみにコンビニに寄っていたので、バスに乗った時点で時刻はもう8:40。ぼっち練メンバーの集合時間に間に合わない!しかしドリンクも係りの人に9時までに渡さなければ!


会場にバスが着いたのはまさに9:00ジャスト。ドリンク持込み窓口にダッシュする。ボトルの材質で一瞬怪訝な顔をされたものの、こちらの勢いに気圧されたのか、あるいは形状がボトルだったからか、なぜか問題なくOKに。いやー、営業用の笑顔を久々に使いましたw


そこからさらにぼっち練メンバーの集合場所にダッシュ‼ 時刻はすでに9時5分過ぎ。しかし大将指示の場所には誰もいない。でも後で聞いたら場所が違っていたらしいです… そんなわけで、大田原の空にエールはこだましませんでした。待っていただいた皆さん、申し訳ありませんでした。次回は必ず!!


そんなわけでようやくスタートです! 少しだけウォームアップしてみると、存外に体が軽い! それにツマミ呑みしたレ○○○ルが効いてきている感じが。朝ご飯は普通にしか食べなかったし、それ以降何も食べなかった(食べられなかった)のだが、いつの間にかやる気マンマンでスタート地点へと向かったのでした。


いつも読んで頂きありがとうございます♪
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

こちらもポチッとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

勤労感謝の日の翌日。勤労に感謝して今日も勤労している者です(笑)


大田原の帰りにボッチメンバーが偶然一緒になった八重洲の焼肉屋は、実は「肉の人」の行きつけの店だったそうですw
道理で美味しいわけだ。


さて、今日から何回シリーズになるのかわからないのだけれど、大田原マラソンを振り返ります。スタートするまでにも珍しく色々ありました。言い訳するなら徹底的にw


2週間前のいわい将門マラソンで結構いい感じだったので、実は今回は真剣に自己ベスト狙っていました。1:38でハーフを走れるなら、悪くとも3:35は切れるだろうと。その2週間の間はあまり走れていなかったものの、疲れも取れていい感じでした。しかし、一週間前に息子の幼稚園で感染性胃腸炎が流行。これに妻が罹患したのです。


水曜日に帰宅したら妻が寝込んでいるので「ヤバイな~」と思っていたら、やっぱり自分も少しうつったようで、金曜日の夜に発熱。土曜日はほぼ1日家で過ごしました。しかも少し動くと息が切れる。最悪です。土曜日の夜はかなり回復してきましたが、依然胃が強張った感じ。


でもね、土曜日の夜に見たこの記事。なんでしょうね、この仲間想い。結構ジーンときましたよ。それまではもうブログでDNS宣言しようかと思っていたのですが、この記事で思いとどまりました。これ、ホントです。DNSするにしても、せめて当日の朝決めようと思って、その日は寝ました。


で、日曜日の朝、まだ若干体は重いものの、胃の重さは消えてる。とにかく会場まで行こう、DNSはそれからでもできる!と思って家を出たわけです。前日に準備した荷物を持って…



ん、荷物?︎



東京駅に向かう駅のホームで、手元に何かがない事に気が付いた。そう、大田原はスペシャルドリンク持込みOK。その準備を前日にしたのだが、それを丸ごと家に忘れた‼︎ 材料を買いに行った時にコースケが迷子になるという犠牲を払ったにも関わらず‼︎(笑)





しかし電車はあと数分で来る。もう家に引き返す時間はない。ぐわあー‼︎


ということで、大いに動揺しながら電車に乗ったのでした。


気を持たせながら次回に続く…



いつも読んで頂きありがとうございます♪
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

こちらもポチッとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

クイーンのフレディ・マーキュリーとマイケル・ジャクソンがデュエットしている伝説の楽曲「There must be more to life than this」が収録されたアルバム「Queen Forever」が発売になっている。





この曲はもともとQueenの他のアルバムに入っていたので、フレディのパートは聞いたことがあったのだが、マイケルのボーカルが始まった瞬間にもう全身が鳥肌。決して太くはないその声が産み出す緊張感。そして二人のハーモニー♪
昨日届いてとりあえずBOSE miniで聴いたのだが、もっと強い音で聴いてみたいものである。


それにしてももうすぐフレディが亡くなって23年。なんと命日は我が家の結婚記念日でもあるので絶対忘れない(笑)のだが、自分がQueenファンになったのが1979年の「Crazy little thing called love」からなので、実はフレディ存命期間よりも亡くなってからの方が遥かに長い。一時まったく音楽を聴かなかった時期もあったが、もうファンになって35年ですよ。それにしても飽きない♪
そうそう、そういえば英語縛りカラオケも…(笑)


先日の日曜日は早朝から皇居でつくばと大田原の壮行会があるという、しかもあのぐわぁTシャツのあやたさんも来られるとのことで、行ってきました。ぐわぁTと言えばこちら。五番街でコマネチ!(笑)





今よく見ると、右にいるラテン米人がこっちみて笑ってる(笑)





それはさておき、自分は8時に現地に行ったのだが、かなりの人が7時から走っていたらしい。みんな早起きですね♪


そのうち走っていた人達も戻ってきて、やがて大将も登場。エールは本番でしかやるつもりはなかったけど、つくば出走の方もいらっしゃったので、僭越ながらエールを切らせてもらった。


長々と書いてきたが、とにかく、キヨマロの前は、KKRのビルとか気象庁とかに囲まれているので、びっくりするくらい音響が良い。ちょっと声を出すと、自分の声が目の前で伸びていくので、声を張り上げなくても楽に声が出ます。良い音楽ホールで演奏するとこんな感じなのかも。


もし機会があれば、車の少ない早朝にでも皆さんも試してください。エールでこんなにいい気持ちになったのは久し振りでした。ここでフレディが歌ったら凄いだろうなあ♪


ランの方は皇居2周、ジャスト10kmで49:30くらい。ちょうどいいレースペースでした♪







いつも読んで頂きありがとうございます♪
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

こちらもポチッとお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ