量は質を凌駕する

 ~ アウトドアと読書の日記

カテゴリ: ●RUN&RIDE

筑波連山天空ロード&トレイルという大会をご存じだろうか。そう。あのトヨちんが毎年参加していることで有名な、半分ロード、半分トレイルの大会だ。今年が第5回で自分は4回連続出場中だ。ほんとうは12月のつくばトレランも出たいのだが、そこはいろいろとロードの大会とかち合うので難しくなった。

自分はずっと48kmのミドルに出場していて、コースはだいたい頭に入っている。前半20kmがロードでそのあとトレイルに入り、途中と最後で5km弱ロードがさらに入る。つまり48kmのほぼ半分がロードだ。
つく天高低図
これまではいつもゲルフジトラブコというゴアテックスのごついシューズで走っていたので、ロード部分で結構しんどかった。いつも軽いトレランシューズが欲しいと思っていたものだ。

そして今日、たまたま6時半から秋葉原で宴会だったので早めにオフィスを出て御徒町のアートスポーツに向かう。ゲルフジライトが無いかと思って見に行ったのだが、スタッフの人が色々他のシューズも進めてくれて、その中で「inov」が気になった。
DSC_0135
まあ写真が載っているということはもう買ったわけだが(笑)、これがソールの幅が狭くて実にフィット感が良い。しかもロードが半分を占めるつく天にピッタリな感じで軽い。「X-TARON」というモデルだが、重量を計ったらなんと210g!アディダスのアディゼロジャパンブースト並だ。

ソールはこんな感じなので、岩場とかは無いつく天なら十分だろう。
DSC_0137
いやー、久しぶりにいい買い物をしました。しかも安かったです。

御徒町のアートスポーツの横にモンベルができてましたね。3階建て。
DSC_0113
オフィスから歩いていけるので、これからはここで全部用がたりるということで。

それにしても毎日暑い。特に今日は凄かった。大丈夫か、オレたち!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

昨日の記事に対してはツイッターやブログメッセージやコメントなどで情報をさまざま頂きありがとうございます。以前はろくに探してみなかったのですが、結構あるものですね。

12月頭から1月終わりまで色々情報を頂きましたが、今のところ12月2日のいすみ健康マラソン(ハーフ)には出る予定で、そこから2週間以上離れている大会にしようと思っています。あと、湘南の坂好きBBAから「さの」とかいう情報を頂いたのですが、サイトを見ると予想通り坂だらけ(笑)。一応サブ3を狙うつもりなのでできるだけ平坦でお願いします。

整理していくと、どうやら「加古川」と「はが路」の二つに絞られそう。エントリーはどちらももうすぐなので早めに結論出します。



さて、今日は今月の走行距離をかせぐために帰宅ランやってきた。昨日のやけ酒のせいか30度近い気温のせいか最初の5kmくらいはカラダが妙に重い。それでも体幹の捻りを意識して走っているうちに急に感じるところがあってペースが上がった。
タイトルなし
この絵から一歩も進歩していないが、今日もこの絵で語ります。

どうもこういったランニングエコノミーの議論は着地フォームに話がいきがちで、着地したあとにいかに地面を効率的に推すか、というところにはいかない。少なくとも自分はこれまであまり考えてこなかった。

確かに着地フォームは着地衝撃を推進力に換えたり、着地衝撃を小さくすることで疲労を抑制したりと重要なパートではあるが、なによりもエンジンを効率的に回して効率的に地面に伝えることがランニングでは第一。それを尻から下だけの世界ではなかなか説明しきれない。

最近気にしているのは、右足が着地して後ろに押している時の右上半身の使い方。最初は単に「肩の線を骨盤の線に対して捻ればよい」というまさに上に示した図のことを考えるだけだったが、やっぱり人間のカラダはそんなに単純ではない。

平坦な大地に立っていればあまり意識することは無いが、ランニングは一本足の連続。しかもそのツナギの部分では飛んですらいる。ようするにかなり不安定な状態だ。例えるならば、ボートで岸を離れる時に桟橋を蹴るような動きだ。

この時にボートの上のどこにもつかまらないで片足立ちで岸を蹴ると、バランスをうまくとらないとえらいことになる。下手すると水中にボチャンだ。でも船の上の手すりとかを手でつかめば安定感は全く違う。その時はたぶん蹴る脚とは反対の手で捕まるほうが安定する。

ランニングでもこれと同じで、地面を蹴る(あるいは推す。どっちでもいい)脚と反対の腕を振ることで、安定して脚を使うことができる。腕というよりは体幹の上半分という方が正しいか。

腕を振りながら上半身を安定させて、そこを起点にして下半分の体幹をひねることで脚を押し出す。肩甲骨の下辺りから骨盤までの間を左右逆に捻ることで、結果的に腕と脚を振り回す。脚と腕を振ることを意図するのではなく。

ああ、なんだか文字ばっかりになってしまったが、この拙い表現で読者の皆さんにちゃんとイメージが伝わることを祈るばかりである。この走り方だと体幹により負荷が掛かるので、その分脚への負荷は小さくなるはず。



で、ようやく今日の帰宅ランに話が戻るのだが、当初は体幹の捻るだけを意識して走っていたのだが、6㎞目くらいで脇を締めてコンパクトに腕を振るようにしてみたところ、急に楽に足が前に出るようになった。
20180731lap
なんなんだろう、肩甲骨とかあたりの動きが脇を締めることにより腕にダイレクトに伝わるようになったからか。それで脚が前に出やすくなったのか。これまではあんまりコンパクトにならないようにむしろ脇は緩め気味にして大きく使うようにしていたのだが、なんだか教科書通りの動きになってきた(笑)

たぶん一番調子がいい時にMペースがキロ4分半を切れるくらいの時に、こんなフォームで走っていたような気がする。去年の古河はなももとか。



ていうことで今月は結局228.9km。本格的な故障時を除いてはここ数年で最低レベル。来月はせめて200km台後半には持っていきたい。

明日からさらに暑くなりそうではあるが、試すことがあるのは楽しい。
ではよろしく哀愁(笑)

本日の走行距離:18.0km
今月の走行距離:228.9km
本日の最低体重:59.0kg
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

Brother Kim:
ようみんな、久しぶり

放送作家:
そろそろはじまるよ!


Brother Kim・放送作家:
キミ兄の日曜サンデー!!

テーマ曲:
IN THE SPACE/スペクトラム
 

放送作家:
今週はキミ姉ではなくキム兄ことBrother Kimの登場です。キミ姉になにが?

Brother Kim(以下BK):
あいつが出るとOUTポイントが下がんだよ。やっぱキモいらしい(笑)

放送作家:
マイノリティの地位向上にわがブログも取り組んでいきましょう!

BK:
何言ってやがる。ネタで出してたくせに。

放送作家:
(汗)そんなことはありません・・・
ところでこの曲は?

BK:
お前はブラスロックの先駆者、スペクトラムを知らんのか!
じゃあこれを聴け!


放送作家:
こ、これはスタンハンセン!これがまさか・・・

BK:
YES!スペクトラム!!

放送作家:
今週は暑かったり台風だったり忙しかったですね。今週はどのくらい走りましたか?

BK:
61km。70kmに9㎞足らずだ。今日は25km走るつもりだったんだが・・・

放送作家:
何かあったんですか?まあ夕方まで暑かったですけどね。

BK:
ちょっと聞いてくれ。今日は3年車検でクルマをディーラーに持って行ったんだ。

放送作家:
ああ、抽選やってたんですね。どうでした?

BK:
オレはさあ、物入が欲しかったんだよ。こういう。
DSC_0137
放送作家:
いや、ここに写真があるってことはもう手に入れたんでしょ。

KB:
いやー、クジはトモコが引いたんだけど、これが引きが強くて。なんか変なスピーカーが当たった。DSC_0143
放送作家:
LINEのクマさんじゃないですか。

BK:
ブラウンっていうらしい。これが「ブラウン」って呼びかけたら反応するんだ。

放送作家:
え?スマートスピーカーですか?1万円くらいしますよ!

BK:
そう。だから引きが強い。それに担当の営業氏に「物入がいいな」ってささやいといたら、これも付けてくれた(笑)
DSC_0137
放送作家:
忖度してもらったわけですね。腐ってる。

BK:
なんとでも言え。それで代車を出してもらえたので、トモコと二人でちょっとだけドライブに行った。

放送作家:
このクソ暑いのに。

BK:
マジで。とりあえず江戸川に行って堰を見た。こんなのあったんだな。
DSC_0135
放送作家:
でかい!カッコいい!!

BK:
だろう?ここでオシッコがしたくなったんだけどトモコに止められた。

放送作家:
当たり前です。大人なんですから。

BK:
トモコもトイレに行きたかったらしくて、ここから急いで新浦安駅に戻ってコースケと合流。家に戻ったら1時過ぎてた。

放送作家:
もうお腹ペコペコだったんじゃないですか?

BK:
それだよ。オレ、ちょっとでも昼飯が遅くなるとダメなんだ。血糖値が下がって動けなくなるし、我慢してるとカラダにダメージが残る。

放送作家:
自食作用ですね。

BK:
たぶんそれだ。夕方17時過ぎてから走り始めたらカラダが重かった。6㎞までは頑張れたけど7kmで激沈。8km目まで歩いた。そこからまた復活(笑)
20180729lap
放送作家:
ほうほうのていですね。

BK:
なんとでも言え。それに昨日はこの夏壊れたもののことを書いたけど、これを忘れてた。
DSC_0144
放送作家:
ああ・・・ 大きな傷だけじゃなくてガラスにひびが入ってますね。どうするんですか、これ。

BK:
ちょっと最近散財が過ぎるんで、冬のボーナスまで様子を見よう。

放送作家:
ということは10月16日には買えますね。

BK:
鋭いな。(カードの締めの関係でそこで買ったらボーナス引き落としになるんだ!)

放送作家:
意外と細かいんですね。これで今月は何キロですか?

BK:
やっと210km。あと20kmか。

放送作家:
月初め走れなかったことを考えたら、よく持ち直しましたよ。

BK:
そうだな。だいぶコンディションは回復してきた。

放送作家:
酒を抜いた効果は?

BK:
この暑さの中でこれまでのペースで飲んでたらとっくに夏バテしてる。

放送作家:
へえ。えらいですね。

BK:
マジで金土以外は晩酌してねえ。

放送作家:
それは秋が楽しみです。

BK:
おう。よろしく哀愁。

本日の走行距離:17.0km
今月の走行距離:210.9km
本日の最低体重:未計測
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

久々に関東を台風が直撃した土曜日。朝起きた時はまだ雨が降っていなかったので、マンションの管理組合の会の前に5kmだけ走ってきた。昨晩のペース走の疲労抜きが目的だったのでキロ7くらいのつもりだったのだが、なぜかキロ6を切ってしまう。

自慢じゃないス。これまでずっとキロ6分半からキロ7で疲労抜きジョグを続けてきたのに、久々にキロ5分を切って走ったらカラダが速いペースに慣れてしまって勝手にペースが上がった。人体の神秘!

スピード練習の効果って言うのはこういうところにあるんでしょうね。てなことを考えながらマンションの理事会に出席して管理会社の兄ちゃんをとっちめて土曜日の午前中が終わった。

午後は最近お決まりの受験勉強。そして夜は餃子なので、家では久しぶりに餃子を包む。
DjL9Xz-U0AEtJEI
最初の30個はトモコ包、後半の30個はオレ包。差は歴然。まだまだ修行が必要です・・・


さて、その昨日のラン。こんなラップでした。4ラップ目からはほぼキロ5アンダー。最後の4kmくらいは閾値走くらいのしんどさ。涼しいころならこれはMペースよりも緩かったのだが・・・
20180727lap
でもキロ4分半近いペースで走ったこと自体が数か月ぶり。気温は28度弱だったのでこんなところか。10キロを47分20秒、キロ4分44秒で走れた。このペースで一度脚を動かしてしまうと脚がそのリズムでしか動かなくなってしまう。

さて明日は30km走。キロ6くらいで行きますか。

本日の走行距離:5.0km
今月の走行距離:193.8km
本日の最低体重:60.5kg
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

まあそんなたいしたことではないんですよ。


今日は水曜日なので帰宅ランしてきた。先週とおなじコースの靖国通り→京葉道路。気温は今週としては低めで、たぶん秋葉原をスタートした18時前で31度あるかどうか。でも湿度はちょっと高め。
20180725course
スタート当初5kmくらいまではカラダが重かった。暑かったし。でも肩の線と腰の線を意識して捻りをくれるとキロ6くらいで安定してきた。
20180725lap
10km過ぎるとキロ6切れたりして、気持ちよく走って帰れた。距離はちょうど18㎞。

ところが家に帰って風呂を浴びて夕食の席に着いたのだが、並んでいる食事を見た瞬間異変が。

食欲がない!

オレとしたことが!

枝豆すらも!!






ちょっと頑張ってペース上げすぎたか。熱中症とは言わないが暑気あたりくらいかも。でも食べないとカラダがまいる。ここは酒のチカラに頼るしかないか。

てことで節酒の禁を犯してしまいました。ま、いいか。






しかし月曜日のMINATOハーフマラソンの受付騒動、尾を引きそうですね。あの受け付けフォームってRANNET側が提供しているものだと思っていたのですが、参加者側が詳細設定するんだろうか。あるいはフォームそのものを参加者側が作るのか。いや、RUNNETに履歴を連携して残す仕組みだからそれはないですよね。でもテストはしなかったのか。

それにしても受付開始してから山ほど照会が来て焦っただろうなあ。しかも確認しようにもアクセス集中していて主催者と言えども画面にアクセスができない。状況が分からない中ではやり直しという選択しかなかったでしょうね。自分もオンラインサービスには散々かかわってきたので分かりますが、トラブルの最中にはどうしようもない。エントリーできてた人は不満でしょうけど。

主催母体がどういう団体なのかは知りませんが、初回なのでいろいろあるのはやむを得ないと思います。自分も横浜マラソンの第1回に参加しましたが、見事に距離が足りなかった。でも第1回に参加できたのはいい思い出です。今やまほどある大会も初回は色々あったんでしょうねえ。この大会もこれにめげず何回も続く大会になるといいですね。


本日の走行距離:18.0km
今月の走行距離:175.7km
本日の最低体重:60.0kg
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

↑このページのトップヘ