量は質を凌駕する

 ~ アウトドアと読書の日記

カテゴリ: ●RUN&RIDE

放送作家:
それではそろそろまいりましょう!

キミ姉:
キミ姉の!

キミ姉・放送作家:
日曜サンデー!

テーマ曲:
傷だらけのローラ/西城秀樹


放送作家:
やっぱり今週はこれですね~。ご冥福を祈りましょう。これが紅白初出場で、日本で初めてスモーク使ったと言われてますね。この間奏のあたりのクネクネとか凄いですね

キミ姉:
この映像、うちの母が紅白で「西城秀樹が怪傑ゾロじゃあ」って興奮してたのを思い出したわ。アンタは生で聴いたことないでしょう。もう本当にあのころのヒデキの人気ったら凄かったわよ。ビートルズの時の混乱もたまに映像で見るけど、ヒデキが一番ね

放送作家:
ユヅよりも?

キミ姉:
ヒデキは日本根こそぎ持って行ったからね~
20120520234843196
放送作家:
ちょっ!!なんですかこの写真は!!今なら放送禁止ですよ!

キミ姉:
なんか入れてるのかしらねえ。これでギャランドゥって呼ばれたのかもね(笑)

放送作家:
新御三家ってあったんでしたね

キミ姉:
その中では野口五郎が一番地味だったわね。歌は一番うまかったけど、その分玄人好みだった。郷ひろみはまさにアイドル。そんな中でヒデキはワイルドだったわ~。もっともセクシーとも言えるわね。歌もうまかったのよ。日本のロックはここで始まった!

放送作家:
情熱の嵐、ちぎれた愛、薔薇の鎖、激しい恋、そして傷だらけのローラ。

キミ姉:

君が望むなら命をあげてもいい~
二人だけに~二人だけに~
薔薇のくさりは~

放送作家:
激しい恋は動画を入れときましょう

キミ姉:
もうカッコいい~!!ヒデキ感激!! 髪が短いから80年代以降ね。

放送作家:
この後はやっぱりY・M・C・Aですかね。

キミ姉:
高田みずえと太田裕美がいるわね!! 当時はヒデキにしては品行方正な歌詞ねえ、って思ってたけど、ゲイの歌だったのね。時代を40年くらい先取りしてたわね。

放送作家:
その後はやっぱりこれでしょう!


キミ姉:
なんか西城秀樹追悼トーク番組みたいになってきたわね~。これでヒデキ健在ってことが分かったのよね。やっぱり歌がうまいわよね。それにしても二番で「マラソンしてたら自転車のあの子に抜かれた」「オレはいつだって全力」っていいわよね(笑)

放送作家:
ところでそろそろ本題に行きましょう。この週末は山口に行ってたんですか?

キミ姉:

そなのよ~。鉄道車両製造工場に潜入してきたわよ

放送作家:
潜入じゃないですよね。普通に事業所開放日だったんでしょ

キミ姉:
ネットでは情報が流れてないから東京から行くのは大変よ。多分我が家は遠来賞ね。だいたいは近所に住んでる工場のOBとか地元の人が行くイベントだから

放送作家:
それにしても盛況だったみたいですね

キミ姉:
コースケは興奮してたわね!大きな工場の中に入るのは初めてだから。

放送作家:
大宮のてっぱくよりもですか?

キミ姉:
あれはいわば寿命を終えた電車を標本として見せてるからね。こっちはこれから現役で働く車両だから。まったく意味合いが違うわ。

放送作家:
そういえば新幹線のN700Aも展示されたたんですね

キミ姉:
それよ!もうN700は日本の宝ね!
DSC_0136
放送作家:
確かにカッコイイですよね~

キミ姉:
それだけじゃないのよ。やっぱり時速300kmの高速列車を1時間に最大12本も走らせてるのよ。5分に一本よ、もう異常よ。それをささえているのがこのN700Aの性能なのよ

放送作家:
確かにイタリアのフレッチャロッサとかですらそんな本数は走ってないですね

キミ姉:
単に速いだけじゃなくてスムーズに走らせるためのノウハウが満載なのよね

放送作家:
コースケ君の反応はどうでしたか?

キミ姉:
電車作る仕事は相当興味あるみたい。実際に電車作るためには何をやるのかもわかったみたいだし。なによりも作っている人に対するリスペクトは間違いなく増したわね

放送作家:
これまでは完成品の電車しか見てなかったですからね~。工場も見てびっくりしたでしょう

キミ姉:
このデッカいトラバーサーとかは、博物館では絶対にお目にかからないからね。スケール感は伝わったと思う
DSC_0133
放送作家:
なかなかこうして実地で見るチャンスはないですから。わざわざサンライズに乗って行った価値がありましたね

キミ姉:
アタシは以前仕事で見てるからね。家族に見せられるチャンスがあったことに感謝だわ。それよりもうちの父母よ

放送作家:
今回は実家に泊ったんですよね

キミ姉:
そうなんだけど、父によれば事前の準備が大変だったんだって。もう次回は無いなあっていってたから

放送作家:
そうですか。まあもう84歳と82歳ですからね

キミ姉:
次回来た時はもう実家で朝ご飯を食べることもないんだなあって思ってねえ。そう考えるとこれが最後かもしれないわよねえ

放送作家:
確かにねえ・・・

キミ姉:
ホテルとか旅館でしか会わなかったら、帰省したっていう気持ちをどうやって持てばいいのかしらねえ・・・

放送作家:
西城秀樹は63歳ですから

キミ姉:
なるほどねえ。ヒデキ還暦!だったわけね

放送作家:
それは当時色んな人が散々言ってますからもう賞味期限切れです

キミ姉:
ああ、やっぱり。今週はアタシもカラオケの予定があるから、ヒデキ縛りでもいいわねえ

放送作家:
そうですね。それではそろそろ今週もお時間になりました

キミ姉:
また来週!

本日の走行距離:12.0km
今月の走行距離:201.1km
本日の最低体重:61.4kg

20170918ブログ村

火曜日に少しポイント練習まがいのことをやったので、昨日はランオフで今日は帰宅ランにした。明日は旅行に出発するので、今週のウィークデイの走行距離はこれで確定。37kmだ。
201805
今週の目標の70kmに対して37kmなのであと33km走らなければならない。旅先にシューズを持っていくとしてもいいところ10km。日曜の午後には帰ってくるのでそこで頑張ってあと20km。いや、15kmが関の山か。ということは今週は62kmということになりそう。

先週の帰宅ランは秋葉原から小伝馬町、人形町、水天宮を通って木場から湾岸道路に出たのだ。これが思った以上に歩道が混んでいて、かなり余分に時間を費やした。なので今日は靖国通りから両国まで行ってそこから三つ目通りを通って湾岸道路へ。

靖国通りは歩道が広い!三つ目通りも菊川から先は歩道が広くなっていて走りやすい。最近は老人の乗る自転車との接触事故でトラブルになることも多いので、歩道が広いにこしたことはない。
後はいつもの通り、湾岸道路から自宅へ。ちょっとだけマイコースを通ったので結局22km。



昨シーズンは疲労抜きジョグを相当意識して走っていたんだけど、やっぱり休んだ方が回復が早いこともある。今週も月曜日は相当疲労感があったのでランオフ。火曜日に走ってみたら結構走れたので結果的にビルドアップになった。その疲れがあったので水曜日はランオフ。そして今日は帰宅ラン。

ウィークデイの練習は今シーズンは2回から3回くらいに抑えてみようかと思っている。ポイント練習の翌日は休んで、その次の日に疲労抜きジョグを入れる。そんなこんなでウィークデイに30~40㎞。そして週末にロングのペース走を入れる。

やっぱり歳のせいもあるのか、ある程度カラダが復活した状態の方が刺激を入れやすくなっている。そう思えば昨シーズンは毎日毎日よく走ったもんだ。
2017-2018
3月はほとんど走れてない(笑)

ようするに、もう少し練習にメリハリを付けたいということです。少なくとも脚を作る今の季節は、休みを入れるのは良いことはあっても悪いことはないはず。かつ仕事も忙しいので月300kmにはそんなにこだわらずに行こう。

そんなことを考えた1日でした。

本日の走行距離:22.3km
今月の走行距離:180.8km
本日の最低体重:59.6kg
20170918ブログ村
ああ~、明日の今頃は~僕は汽車の中~♪

一昨年の今頃。気持ちイイ苦しいキャンペーンを張っていた。たのくるさんの「楽しい苦しい」の向こうを張ったわけではないが、自分は楽しいよりも気持ちイイかな~と思って。まあ思い切り向こうを張っちゃってるんだが。

「楽しい」というのは感情じゃないですか。それに対して「気持ちイイ」はもっとプリミティブな「感覚」。「熱い」「痛い」と同じレベル。「楽しい」よりもより野生に近い。「楽しい」の方が文化的だともいえるが。

気持ちイイ苦しい。略して「きもくるしい」。いちおうマトリックスまで作っていた。20180515
まああんまり説明はいらないですね。書いてある通りです。最近多用している疲労抜きジョグは右下のEペース10kmに限りなく近い。つまり星1つ。

シーズンが終わってから、というかシーズン後半から、星4つまではなんどかあったんだが、星5つはなかった。それが今日ひさしぶりにできました。2㎞目から9㎞のビルドアップ。心拍はちょっと変。
20180515lap
ついでにいうと、残りの5kmのジョグも脚が軽かった。ようやく10km以上を気持ちよく走る脚ができてきた感じ。これまでは10km以上になると、ペースに関わらず頑張らないと走れなかった。今日は自然に脚が出た。

この感じなら、週に1回15kmくらいのビルドアップかペース走を気持ちよくやれそうである。そしてそれができていれば秋になれば長い距離も速くなるはず。こういう積み上げができるのを待ちかねていた。「きも苦しい」走りができるのを。


☆☆

ちょっと本題からそれる。本当はこっちを本題にしても良かったんだけど、マラソンカテなので。スポーツについて好き勝手なことをほざきます。間違っていたらすいません。



大谷選手の活躍が凄いですね。日本にいると分かりませんが米国でも相当な人気なんでしょうか。まあ今シーズン4勝しているピッチャーは何人もいるし、4本ホームランを打っているバッターもたくさんいるのに、なんで大谷が騒がれるのか。

野球発祥の地のアメリカでは日本よりも早く野手や投手の分業が進んだ。投手も先発完投ではなく最低責任投球回数とかクォリティスタートなんていう考え方ができたし、クローザーだけじゃなくてセットアッパーなんていう役目もできた。そして各々がその役目ごとに数字で評価されている。

野手は投手ほどではないが、単に安打数や打率、打点、本塁打だけではなく、OPSとかのセイバーメトリックスが発達してきた。こちらも分業が進んできたと言える。

じゃあ分業した選手の成績を足したらチームの成績に直結するのかというと、これがそうでも無いから難しい。投手は勝利数が直結するけど、じゃあ勝利数=投手だけのお陰かというとそうでもないし。

個人をきちんと評価しようとしたら、チームの成績との乖離がどうしても出てきているのが現状だと思う。昔よりはましになっていると思うけど。

一方で大谷の二刀流。登板日の前後は休みなので出場試合数はレギュラーの野手には絶対かなわない。つまり打撃成績、例えばホームラン王はかなりしんどい。今後中6日を中5日にすると言っているので、そうしたら登板前日は打席に立つかもしれないが。

つまり大谷は打撃成績を狙う選手ではない。にもかかわらずなぜあんなにバッターとしても騒がれているのか。



奇しくも、江本が「大谷は記憶には残るかもしれないけど記録は残せない」と言っていた。でも大谷がやりたいのはそういうことなのではないか。ピッチャーとしても超一流の活躍をしている選手がバッターとしても超一流の活躍(数字ではない)をしている。このワクワク感といったらない。

試合の中継を見ていると、大谷が出場することでチームが盛り上がっていることが分かる。大谷が打席に立つ試合はなんだか勝てそうな気がする。こんなすごい選手がいるんだから勝てないわけがない、みたいな。

監督にしてみたら大谷をベンチに入れておきたいだろうな。いるだけでチームの雰囲気がまるで違う。特にメジャーにいってからの方が断然それを感じる。お陰で現在ア・リーグ西地区首位だ。ベンチ入りできる試合数が限られても、その効果は絶大なんだろう。数字は追わなくてもチームを勝たせられる選手なのだ。



ここからさらに私見。自分が個人的に思うのは、あのバッティングフォーム。特に打席に入った時のあの構えのデカさ。

あの松井秀樹ですら、メジャーリーグに来てからフォームが小さくなった。グリップの位置がよりカラダの中心に近く、かつ低くなった。メジャーのピッチャーに差し込まれないためには、バットが出やすい位置で構えるしかなかったんだろう。

それに対して大谷。グリップの位置がカラダから遠い。かつ高い。高校野球でもあそこまで大きく構えているバッターはなかなかいない。ブライアントでもグリップの位置はもっと低かった(笑)。普通みんなもっとコンパクトに構えてコンパクトに振っている。ああ、ロッテにいたフランコとかはグリップ位置が異常に高かった(笑)

大谷はあのグリップ位置にも関わらず、インコースで差し込まれることも無く気持ちよくバットを振っているように見える。そしてそのスイングが実に柔らかい。なのにヘッドスピードが異常に速い。よくある白人のメジャーリーガーの力任せのスイングとは全く違う。どっちかというと、これもブライアントとかクロマティ(?)みたいな柔らかさだ。(白人でもバースは柔らかかった。下半身リードで上半身が振れていた)

あれはピッチャーからしたら嫌だろうな。あんなデカい構えなのに、難しい球をいとも簡単にミートして遠くにぶっ飛ばす。子供のころに隣町のスラッガーと初めて対戦したときみたいな得体知れなさ。そんな感じなんじゃないだろうか。インコースに投げても効き目がないし。左ピッチャーも苦にしない。

もしかすると大谷は、野球で分業はダサい、と思っているのかもしれない。運動能力が凄く高い選手が守りも攻めも全部やって、観客はその能力の高さに痺れる、という昔の面白かった野球を取り戻したいと思っているのかもしれない。それを考えて二刀流を追い求めてきたのだとしたら凄いことだ。

そりゃあそっちの野球の方が絶対面白い。そして投手は先発完投。完投したら2勝あげてもいい(笑)


まあオレはフルマラソンとリレマラの二刀流はできませんけどね。

本日の走行距離:15.3km
今月の走行距離:158.5km
本日の最低体重:59.7kg
20170918ブログ村

あの戦いが昨日だったとは信じられないくらい急激に日常に引き戻された。まだまだ書きたいことはあるのだが、網羅的に書くのは難しいので個人的にツボだったことを書いておこう。



どうでもいいことなんだが、実は最近ピアニカの練習をしている。佐倉マラソンのときのリコーダーの君の演奏に心打たれたこともあり、また奈良のおぐらさんから「ピアニカやりましょうよ」と声掛けられたこともあり、コソ練していた。ああ、しかしおぐらさんといつ一緒に演奏したらいいんだろう。どっちかが演奏のためだけに東京大阪間を移動するってことだよね(笑) 

昨日も思ったんだが、さすがにそこそこの音量なので野外じゃないと演奏は無理。やるならマラソンの応援か、青空宴会の時だろうなあ。葛西セブンは野外だけど、ピアニカで応援って感じじゃないし・・・・。ああでもアフターは青空宴会だな。こうご期待(笑)



【okuさん】
やっぱり振り返ると、アンカーのokuさんの激走が一番印象に残っていて、写真でみても分かるんですが彼はそもそもガタイがいい。1人だけサイズの違う人が走っている感じ。アベンジャーズのハルク?
be3b-6fda-4fc6-8d6c-d1c3d5c58ea9-p
あの巨体で弾丸みたいにすっ飛んで行ったのが強烈に印象に残った。今シーズンのフルマラソン、楽しみですねえ。
98af-e016-4d94-8817-a644de8e005d-p


【船橋のFさん】
アフターの時に、船橋のFさんがわざわざ「こんな機会なんで」って隣に座ってくれた。あれやこれや話したんだけど、一番ツボだったのはこの写真。さあ、どっちがFさんでどっちがオレでしょうか。
9ab4-0391-43aa-adf6-25a8c27538c1-p
Fさんが走っている写真を何かでみて「この人脚細いな~」「これよりはオレ太いな~」って思ったんだけど、いやー、どっこいどっこいでした。ちなみに腕も同じくらい細いです。

しかしFさんとアルスさんが同じ30代って凄い。いや、Fさんもよく見ると若々しい。たぶん面倒くさがりなんだな(笑) 
cabc-7986-4219-814d-3e71be2a3397-p
アルスさんは駅伝は今回限りとのこと、福岡国際、さらにはびわ湖、別大カテ1に向けて頑張って下さい!(確かにブルーノマーズに似ているw)


【Get up, hassy】
昨日のブログの一部訂正なんですが、当初我がチームは4位で、motoさんのときに3位に浮上、hassyさんで2位になったようです。次回はオレも勝利に貢献したい!
d0ef-a844-4516-bb61-c1be0063e4dc-p


【Runと俺と~ちーばランナー物語】
今回はアメブロからマサにぃが参加された。実はオレは個人的にひそかにマサにぃには親近感を感じている。

アメブロやブログ村で、非常に多いハンドルネーム「××ママ」、「○○パパ」。前者はオレの愛するルナママやしゅんママ、まくりくままとか、ちょっと広げると鈍足母さんもこのジャンルに含まれる。パパは言うまでもないがうーぱぱ、えいパパ、たーはるパパなど。「姉さん」も結構このエリアにはいて、ユキねえとかまよねぇとかキミ姉とか(笑)

しかし「兄」はオレが知る限り、マサにぃとキミ兄ことオレしかいない。希少価値あり。そんなわけで、韋駄天ランナーズのタトゥシールも苦労していたので貼ってあげた(笑)
93e3-58d4-48b4-ade3-8dae39d00316-p
せっかくなんで激走の写真も。
79b4-5db2-4d73-9deb-4b45f9913c16-p


【激沈Tの似合う可愛い子】
自分の走順も終わって応援の女性陣とお話をしていたらこの後ろ姿を発見。
a710-9ee2-4a0c-8e55-5dea65616256-p
おもわず後ろから「激沈Tシャツの似合う可愛い子はだれかな~?」とスケベオヤジ丸出しで声を掛けたら「りこで~す」だって。たまらんのう。

【次回のリレマラ】
今回、以前からの強豪チームが出場しなかったこともあり、途中から韋駄天チームと激沈チームの独走が続いた。最後は韋駄天チームに周回遅れにされまいと粘る激沈上等チームだったり。Ukeさんと、次回は両チームで均等な戦力になるようにするのも面白いかも、という話をしていた。

確かに、ブログ村とかアメブロで自分と近い走力の人はだいたいわかっている。それが同じ区間で一緒になったりしたら燃えるだろうなあ。プレッシャーも半端ないと思うが。これだけの戦力で2チーム作れるのも珍しいと思うし。

【1区間4.2kmという設定】
フルマラソンの10分の1という設定なので、タイムを考える時に結構面白い。このコースを18分丁度で走ったら、10倍したら180分なので丁度3時間。17分だと2時間50分。キロ4分だと2時間48分だから168分。1区間を16.8分だから、60秒×0.8=48秒。16分48秒でキロ4分ということですね。



現場からは以上です

20170918ブログ村

一昨日のジャパンブースト、4名の方から応募をいただきました。私、うっかりして選考方法を書くのを忘れてましたね。すいませんでした。結果からいうと、偶然にも情熱のリレマラ主催のUkeさんのところにお嫁に行くことになりました。さようなら、真帆!←練習用シューズのローテーション

今週は月・火と雨だったにもかかわらず、ウィークデイの練習はなかなか充実していた。まず水曜日。
20180509lap
最初3kmをTT的に走った後で、時計を見ずにフリーで走って約9㎞。最後はキロ4分半前後。

3kmTTで疲れた脚でMペースで走るというのは、脚を追い込むうえではなかなかいいと思う。しかもこれを平日にやった。まだ脚に疲れが残っている。これを毎週2回、夏までずっとやればマラソン向きの脚ができるだろうなあと感じた次第。後半をずっとゆるいジョグでつなぐのが昨年流行ったが、あれよりも10km程度のMペースの方が効く気がする。

夏まではこれを週2回やって、真夏はスプリント練習、秋から毎週30km走をやれば、けっこう速くなる気がする。



そして今日は、職場が変わってから初めての帰宅ラン。ルートと数字はこんな感じ。
20180511
今の職場は早めの職場離脱にも理解があるので、17:40ごろにそろそろと抜け出す。同じフロアのトイレで着替えてビルの外へ。
2018051101
秋葉原界隈は人通りが多い。国道4号線を小伝馬町に向けて南下する。昭和通りから日比谷線沿いに走る。小伝馬町に到着。
2018051102
この辺から人形町、水天宮辺りは歩道に人通りが多く、まともに走れない。次に走るときは清洲橋通りから三つ目通りに曲がるか。こんな店を見つけたので、ここで小伝馬町青年会をやりたいです!
DSC_0077 (1)
2018051103
深川から三つ目通りに出てからはもう何度も通った帰宅ランのコース。新木場から葛西臨海公園まで来たところで累計の距離が13km。
ここからはだいたい残り7km。もう何度も走っている。今年も葛西セブン出ますよ。

家の前に来てちょうど20㎞に到達。これで今週は38km。できればあと32km走りたいけど、稲毛リレマラでは、ウォーミングアップで5km、本番で4kmだから、あと28km走らないとならない。土曜日に15km走れば、残りは13km。リレマラの後でそんなに走れるんだろうか。もういいからアフターへ!ってならないだろうか。

心配だ。

って、やるのは自分なんですが。月300kmを考えると、今月は出張も多いので今のうちに距離を稼ぎたい。帰宅ランを週に2回できたら理想的だな・・・・

さあ、明後日は灼熱のリレマラ!!


本日の走行距離:20.0km
今月の走行距離:114.8km
本日の最低体重:59.2kg ←帰宅ラン直後計測
20170918ブログ村

↑このページのトップヘ