量は質を凌駕する

 ~ アウトドアと読書の日記

カテゴリ: ●RUN&RIDE

今日で3日連続の在宅勤務。それはそれで結構煮詰まる。しかしオフィスにいても同じなので通勤時間を考えるとやはり在宅の方が満足感は高い。

でも他人から仕事のやり方とかを吸収するには、やっぱり対面の方がいい気がしますね。ああ、こういう話し方で納得させるんだ、とか、こういう優先順位付けで仕事を片付けていくんだ、とか、こういう種類の作業にはこのくらい集中するんだ、とかは目の前で見ないと分からない。

だから在宅勤務は、他人から吸収するだけの謙虚さや柔軟性もない、過去のストックで食っていくしかない老人にしかお勧めできない気もしてきた(笑)



そう考えるとほんの10年ほど前ですが、40代は柔軟だしエネルギッシュに仕事してましたね。何より、ここまでやるんだという到達点のイメージが明確だった。そこに到達するためにあらゆる手段を試すエネルギーがあった。だから柔軟にもなれたともいえるかも。

今はとにかく持てる力の範囲内で最短距離を行こうとしている気がする。無駄なことは一切しない。大量の作業自体はいとわないが、それはその作業をこなせば答えが出ることが見えているから。見えてなければ無駄になるかもしれない作業なんてしない。

かといって、これから新しいやり方を身に付けられる気はしないですね。やっぱりこういうのって老害な気がするな。これ以上速く走れないもんね~って感じ(笑)




月曜日に結構しっかり、くたくたになるまで体幹トレーニングをやったせいか、今日は本当に久しぶりに走り始めからカラダが軽かった。もしかすると1週間前の三浦半島侵攻作戦の疲れが抜けてきたせいかもしれない。

今日は2週間ぶりのインターバルの日。しかし風が強い。風速5m超えるとスピ練にはちょっとキツイ。コースで風を避ける工夫も難しい。しかし台風も迫ってきているので、ここはとりあえずやっておこう。ということで結果。

20191009lap
1本目から3本目は逆風区間。1本目はカラダが暖まっていなかったのでしょうがないが、2本目3本目はそこそこだった。4本目からはイメージ通り。というか俄然余裕があった。5本目から9割くらいの出力で。

6本目も同じ感じだが、たぶん自分としては初めての21秒台が出た。これまでは22秒台が最速。300m過ぎた辺りでも結構余裕があって、そこから加速した。脚が異様に軽くてペースに乗って走るにつれて呼吸がついてこなくなった。

この脚に余裕がある感じは本当に久しぶりだ。これまでもインターバルで1分25秒切ったらそこそこ走っている感じはあったが、結構力入れて走らないとスピードが出なかったのが、今日は軽かった。

まさに昨日あたり、最近はこういう感じが無いなあと思っていたところ。3年くらい前は週に2、3回はこういう感じがあったのに。インターバル終わってジョグしていたらいつの間にか4分半くらいまでペースが上がる感じも久しぶりだ。

本当に久しぶりに軽く4分半で走れる感じ。涼しくなったこともあるが、やはり体幹のお陰だと思いたい。サイドプランクで最後、力尽きで崩れ落ちるまでやったもんな~。今度始めたアダクション(内転筋)の効果かもしれない。

この感じが出てくると、タイムトライアルも俄然やる気になる。来週あたりやってみますか。まずはハーフからか。


本日の走行距離:14.0km
今月の走行距離:78.2km
本日の最低体重:59.9kg
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

かつてはブログ村もタイトルに禁則があったらしく、丸数字とか入れるとはねられたりしてました。最近は無くなったようで枕を高くして予約投稿できるようになりました。むしろOUTポイントは減ったような気もしますが(笑)



今日は1日予定を繰り上げてインターバル。久々の在宅勤務だったので睡眠もたっぷり(笑)

しかし土日に50km走ったばっかりだし昨日体幹トレーニングみっちりやったし不安でいっぱいでスタート。

やっぱりキツかった!
20190924lap

まず最初に一本目がいけない。ウォームアップもキロ4分台にとどめたせいか、まったくスピード感がつかめずキロ4分ちょうど位で入ってしまう。2本目、少し頑張ったが90秒をちょっと切っただけ。

3本目からカラダが暖まってきた感じがあって87秒。腕振りがそのままストライドにつながる感じ。でも腕振りで走れても息は切れるんだね・・・

4本目からはピッチ上げたつもり。ペースも85秒切れた。しかし今日はこの辺がピークであとはズルズル落ちるだけ。昨日の疲労を考えれば頑張れた方では、2kmと走れなかった先週を考えればずいぶんマシになった。



ここ数日、昨年録画しておいた「西郷どん」を書斎のパソコンで観ております。長い間放置していましたが、Blue-rayに入れたら簡単に観られました。

しかしさすが大河ドラマ、ビックリするような人が配役に入ってたりしますね。生麦事件で英国人にとどめを刺す海江田某がノーサイドゲームのテツだったり、パクースがセインカミユだったり、カッシーの弟の柏原収史が松平容保だったり。でも容保は綾野剛クンがよかったなあ・・・

後半、西郷は慶喜憎しで殺戮の限りを尽くすわけですが、もし鳥羽伏見の戦いが無ければ明治の日本はどうなっていたか。林真理子はしきりにこの辺を突いてきます。ま、フィクションの中での話ですけどね。それにしても南野陽子の幾島が凄すぎる。

家族で晩飯を食べる時はできるだけパパが近現代の歴史の話をすることにしていて、安政の大獄あたりから維新、西南戦争、日清日露戦争、第一次大戦ときて、先週くらいから第二次大戦に差し掛かっている。

一方で最近「いだてん」でオリンピックの歴史にはまっているコースケ。20世紀になるとオリンピックの歴史と世界の歴史が連動し始めて面白いらしい。

やっぱり歴史については学校任せにできないですよね。特に試験があるから両論併記ができない。歴史の見方だけで一つの学問になるというのに。歴史とは現在と過去の対話なんだから。

本日の走行距離:6.8km
今月の走行距離:149.5km
本日の最低体重:60.8kg
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ



スマホのことをスマフォって言うなら、パソコンもパーソコンって言った方がいいって納得(笑)



昨日の練習が2km弱で終わったのはショックだった。確かに前日のサイドプランクでは頑張ったけど、走れないくらいにダメージがあるとは。その反省も込めて今日はEペーススタートで走り始めた。

走り始めは「今日は20kmでもしょうがないか」とも思ったが今週はまだ10kmしか走ってないので、途中から「今日30km走って明日20km走れたら、今シーズンに向けて希望がつなげる」と思い始めた。

2日連続ランって結構大事。自分にどのくらい練習耐性があるのかを見るには2日連続ロングが一番よい。これができればピークに向けて走りこめる自信が持てる。今はタイムよりも、まとめてどのくらい走れるかの方が大事。20kmを余裕をもってキロ4分半で走れることは6月の練習で分かっている。週末に50km走れればペースは勝手に上がっていく。

そのためには土日なら土曜日にまずは30kmをそこそこのペースで走る。翌日は脚がパンパンだと思うが、それに打ち勝ってスローペースでいいので20kmを頑張る。土曜日を20kmでもいいんですが、自分は土曜日30kmの方が気が楽ですね。

でもそのためには、土曜日はそこそこペースに乗って走ることが必要。最初の8kmちょっとはキロ5分20秒オーバーだったが、9km目から思い切ってペースアップしてみる。キロ5分1桁くらい。

これが予想外に昨日の惨状からすれば上手くいったので、そのままカラダが動くままに12km目からキロ5アンダーへ。コース的にはここでちょうど浦安の体育館に差し掛かったので水分を補給してディズニーランドの外周へ。

ここをずっとキロ5アンダーで走った。先週の金曜日もキロ5アンダーで20km走ったが、あれよりもずっと楽。これで少なくとも20kmまで行ければ昨日の精神的ダメージは取り返せる。

20km地点でコンビニでアクエリアスを補給して再スタート。まだ脚は動いている。しかしそのまま23km付近まで行ったところでちょっと脚に限界感が。

ここまでは上半身リードで腰もしっかり入れて走れていたが、脚が付いてこなくなった。ペースがキロ5を超えた。そこもなんとか腕と体幹でしのいだが27km地点でもう無理になった。頑張り過ぎてもう脚が動かない。

キロ5分1桁を保つのは無理だと思い、ここで計測をストップ。ゆっくりジョグで自宅へ向かうものの、本当に脚が限界で1km行ったところで歩き始めた。参った。こんなに脚にダメージがあるとは。
20190921lap
スローダウンしてからの脚のダメージの感じからすると、上半身はまだまだ全然元気だしスタミナもオッケーだが、脚、特に大臀筋からハム、フクラハギといった脚の後ろ側の筋肉が限界に達した模様。

これは・・・ 水曜日のインターバルのダメージでしょうか。

以前から考えていたのは週を通しての練習で、どこでメリハリをつけるか。頑丈な若者であれば週2回のポイント練習でもへっちゃらだろうが、さすがに55歳のカラダには厳しいのではないか、なんて思っている。こうしている今でも脚が攣りそうだし(笑)

一方でフルマラソンを走るにはロング走的要素は不可欠。だとすれば、水曜日のインターバルは続けるとして、週末のロングペース走はちょっと両立するのが厳しいのかもしれない。キロ6くらいで30km走るのがよいのかもしれない。

それでも立派なポイント練習だし、1週間の間にインターバルとキロ6の30km走を繰り返せればそれなりの走力は付くはず。以前から思っていたが、昨年は今くらいの時期からキロ5以上のペースでの30km走を毎週やっていた。そこまでやる必要があるのか。

確かに30km走の効果は認めるものの、毎週の必要はないのでは。特に高齢者には(笑)

とにかく本番で頑張ることを考えるならば、キロ6でもいいから30km走をやるのがいいのではないだろうか。今日感じたような脚の後ろ側の疲労感にはそれで対処できるはず。それよりもダメージを最小限にして、本番にチカラを蓄えた方がいいような気がします。



来週のことよりも、明日20km走ができるかどうかが大事なんですけどね。今日はニューシューズで走りましたがそのインプレはまた明日。

本日の走行距離:28.2km
今月の走行距離:118.3km
本日の最低体重:59.3kg(マジで激落ち)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

山口への出張は朝一番のミーティングで終了。予想外にスムーズだった。14時過ぎの岩国空港の便を予約していたがキャンセルして新幹線で早めに帰る事に。

向こうではいい天気だったのに東京まで戻ってくると結構な雨だった。新幹線のホームへの階段とかで異様なくらい脚が軽く、月曜日の脚のダルさが嘘のよう。おお、これが超回復か、本当は腸も超回復して欲しい、とか思いつつ、今日は走れるかと思ったのに。

しかし家まで戻ってみるとほとんど霧雨になっていた。一滴でも雨が降ったら走らないが、霧は一滴じゃないので走ることにした。今日は久しぶりのインターバル走。前回やったのはいつか調べてみたらなんとつく天直前の8月21日だった。ほとんど1か月ぶりではないか。

つく天の翌週は筋肉痛で走れず、そのまま憩室炎を発症したのでそりゃあインターバルなんてやる余裕なかったですよね。先週金曜日のペース走のダメージもあるかもしれないし。

とりあえず結果。
20190918lap
400m×10のつもりで始めたのだが、7本目から急に脚が重くなり、しかもフクラハギも痛くなってきた。金曜日のペース走の後でちょっとフクラハギ横あたりのシンスプリントの巣の付近に変な張りがあったので用心はしていたが、やはりここにきたか。9本目で切り上げて終了することにした。

しかし6本目までは腕も強く振れて蹴り上げも大きく、足裏の母指球にしっかり乗れている感じがあって良かった。気温が下がったせいもあるけれど、85秒台で走れている。

注目は平均ピッチ。踵が一番上に上がった時の切り返しを意識したらピッチが190を超えた。普段は185前後なので凄い高ピッチ。あとは心拍がその辺から上がってるのが後半バテた原因だと思われる。

しっかり病気のダメージが抜けてきたときが楽しみだ。

本日の走行距離:6.2km
今月の走行距離:88.2km
本日の最低体重:61.6kg
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

未だに脚の筋肉痛が治まる気配がないです。特に階段を降りる時に関しては悪化しているともいえる。やっぱり頑張り過ぎたからなあ。というか、予想以上にスムーズに下れたので何にも考えずにガンガンペースアップしていったというだけですが。

もう一度つく天のコースをおさらいしておきましょう。
①最初の15kmは平地の舗装路。
②20km過ぎまで吾国山という518mの山に登る。
③28kmあたりの板敷峠まで500m下って400mくらい登る。これは全部林道。
④延々と階段で燕山700mに登る。
⑤400mの一本杉峠に下る。
⑥足尾山に登って下る。
⑦最後の平地。
つく天ルート
スタートは朝5:10。会場に着いたのは4時。この時間だとスタート地点の石岡市役所八郷支所の駐車場はまだ空いている。しかし暗い。
IMG_5325
なんとなくカラダが重いのは前週に150kmも走ったせいか。しかし48kmも走るのにウォームアップでもないので軽くジョグしながらスタートを待つ。
IMG_5326
まず5:00にロングの部がスタート。たぶん一生エントリーすることはないだろう(笑)
10分後にミドルの部スタート。気温は20度。しかし湿度は・・・
IMG_5327
もうこの大会も5回目なのでスタート前に緊張したりしないです。問題はトイレ。10km地点までトイレが無い。一昨年は調子が良かったのにトイレで時間を取った。今年はどうか。

最初の10kmはなんだかんだで平均5分12秒くらい。先週の負荷とか装備の重さを考えると速くもなく遅くもなく。カラダは楽。何しろこの先48kmも走るんだからここで無理してもしょうがない。昨年は50分切っていたのですが。

0-5km 26:40(5:29,5:16,5:18,5:22,5:14)
5-10km 25:35(5:13,5:03,5:05,5:16,4:55)

去年は10km過ぎてから凄いアップダウンがあって去年はここから5kmを26分だった。今年はこんな感じ。トイレに行ったのでロスしました。

10-15km 27:00(6:45,5:08,5:07,5:10,4:48)

距離が伸びるにしたがって前週の疲れが抜けてカラダが軽くなってくる感じ。多少のアップダウンはあるものの普通にジョグしている感じでした。

②吾国山への登り
ここはまだまだ余裕で、2年目なんてここの登りで完全に売り切れたんだけど、山道に入ってもそれなりにスイスイ登って行った。まだ20kmくらいですからね。このコースの特徴はとにかく後半が厳しいこと。20kmなら4割だけどまだ半分も行っていない感じ。そして山としても華が無い(笑)


③板敷峠への下り
今回の最大のポイントはこの下りでしたね。先日も書きましたが4分半を切ることもあったラップ。体幹が強いというのはこんなに下りが楽なんだと初めて痛感。軸受がフレームにしっかり固定されている自動車、みたいな感じ。これが体幹が弱いと、軸受けがフレームの上で暴れて安定して走ることもできない。

ただ、自分でも実力以上にスピードを出し過ぎていて後半にこのつけが回ってくることは十分に分かっていた。分かっていたが止められない。だってトレランで自分が得意なのってこういう舗装路の緩斜面下りしかない。あとはどうでもいいのでとにかく走れ!と思って下った。

④燕山への登り
途中までは舗装路で500m過ぎてから階段。毎回思うんですが、ここで30km過ぎなわけですよ。でもここから先の道のりを考えたらようやく始まった感じしかしない。しかしカラダは30km走ってきているわけでそのギャップが埋まらない。

階段を上り始めたらなんだか頭がクラクラする。去年もここで頭がモヤモヤしてヤバいって思ったけど今年も変だ。マジでこれはヤバい。毎回ここでそう思うんだけど、実はここがスタート地点から一番遠い。しかももう500mまでは登ってるので、ここで引き返すんならもう少し登ってからスタートに近い側に降りた方がいろいろ便利だ。

って、毎年同じことを考えてこの燕山に登っている。そして山頂で写真を撮るのも同じ。
IMG_5328
ここでスタートから4時間10分。目標タイムは6時間半なので約3分の2が経過したことになる。ここまでくるとゴールが少し見えてくる。なんだか気分も良くなってくる。

ここから例年だと少し下ってまた加波山神社の境内を抜けて加波山に登るのだが、今年はなぜか林道に入ってどんどん加波山から離れていく気がする。これはもしかしてコースが変更になってるか?右手に加波山の山頂を見ながら林道をどんどん進む。というか、少しでも登りが入るともう歩く。歩く。歩く。

⑤一本杉峠に下る
そういう意味では完全にペース配分を間違えているのだが、48kmも走る山間コースで冷静にペース配分なんてできるわけないので別に反省もしない。もうしょうがない。やれることをやるしかない。でも舗装路で大した勾配もないのに走れないのは辛かった。

一本杉峠はコースのクライマックス。ここまでくれば後は一山超えればゴールが見えるポイント。大きな風車があるのですぐに分かる。しかしここまで走った感触から言えば、あまりにトレイル区間が短すぎる。ただ以前から、加波山神社の境内は危うい感じの石積みが多くて、これだけの数のランナーが通過するとなんらか影響があるんではないかと思っていた。むしろコースから外れて良かった。
a49f5de6
コース的にはここから階段とかトレイルを下るよりは、舗装路をノロノロでも走れた方がタイムは良いでしょう。でもなあ。これでこのコースの登りは吾国山、燕山、足尾山の3カ所だけになってしまった。トレイルとして面白いのかと言われると正直微妙。いろいろ難しいんでしょうけどねえ。

来年からはこれは基本ロードのコースだと思って参加したほうがいいかもしれない。

⑥足尾山に登る
実質最後のエイドである一本杉峠まで来て、ここで大体完走を確信するんですよね。ここからの登りはせいぜい150m。ゆっくりでも諦めずに登っていけば必ずたどり着ける。さすがに40km走ってきてるんで疲れてはいますが。でも心の中は達成感で一杯ですよ。もうフルマラソンの距離を走っているわけですから。

頂上まで登るとそこはハングライダー、パラグライダーの聖地。
IMG_5329
心なしかオレの顔が白い(笑)

今年はパラグライダーのライダーの方と初めて挨拶を交わしたりして楽しかった。しかしこの先には毎年悩まされる強烈な下りが。気分としては白馬八方の黒菱ゲレンデですよ。なんで俺はこんなところに上がってきてしまったんだ!って感じ。

ぼーっと突っ立ってると後ろからランナーがどんどん来るし、降りようと思ったら立ったままなんて無理だから尻餅ついて降りようかとまで思うし。ただ年々慣れてきているのは確かで、それはシューズのせいもあると思います。きちんとグリップするシューズを履いていれば、そうはいっても土なのでそんなに恐れる必要もない。

でも速い人は速いですよね~。抜かれたと思ったらあっというまに見えなくなります。そしてゴールまで追いつくことはない。これはマネできないよな~。ただ最初にこの大会に参加したときに比べると抜かれる人数は確実に減ってきましたね。

この下りの最後は林道になるんですが、去年までは最後の1kmくらいは川床みたいなところを走らされていたのが今年は道が整備されてました。ただこの時は既にオレの体幹は擦り切れていてとても走ることはできなかったんですけどね。

⑦最後の平地
林道から平地に出てくるところで、自転車乗りの皆さんが私設エイドを開設していらっしゃった。去年も同じ場所でコーラをサービスしてくれてたんですよね。ここから最終エイドまでの約2kmが本当にきついので、ここのエイドは助かります。本当にありがとうございました。

そして平地の気温は30度くらいか。前年の36度に比べるとまるで平熱。それよりも脚が売り切れていてもうサブ4ペースがやっと。しかしそのオレをスイっと追い抜いていく赤いTシャツのランナー。マジで、参加5回目で最後のこの平地で抜かれたのは初めてでした。彼は残り3kmの最終エイドに立ち寄ることもなくそのままゴールへ。すげえ。

最終エイドからゴールまではこれまではずっと田んぼのあぜ道を3kmくらい走っていたのだが、今年から普通の道路を走ることになりました。しかも短くなった。いろいろと距離調整をする中で、最後のこのパートは距離を削ってもいいということになったんでしょう。最後が短くなるのは本当にありがたい。

ゴール直前で女性ランナーに追い付きそうになりましたが、残りわずか500m。ここで順位を上げてもしょうがないので彼女の10mくらい後ろを付いていって、そしてゴール!6時間31分は自分の中では2番目の記録。コースが変更になっているので単純に比較はできないですけどね。

まあ、なんというか疲れているのか疲れてないのかよく分からないゴールでした。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

↑このページのトップヘ