量は質を凌駕する

 ~ アウトドアと読書の日記

カテゴリ: ●徒然

このDon't knock my heartという曲がドリフの早口言葉の原曲だと言われているそうで、この曲は世界最初のラップとしても有名らしく、そう知ってから早口言葉を聞くとラップにしか聞こえない。

自分がゴスペルへの抵抗感が無いのは少年少女合唱団の影響が大きいことに今さらながら気が付いた。ブルースブラザーズみたときの既視感はこれだったんだな。ダンス映画も大好きだし。
ちなみにジェーン・スーさんからもいいねとリツイートを頂戴しました。



今日は昨日に続いて芝生ラン。しかし外での散歩はむしろ推奨されているので結構家族連れが多い。しかもキャッチボールとかしているので、動きの予測がしづらく、うっかりすると社会的距離を保てなかったりする。うつすのもうつされるのも嫌なんだけどな~。

感染に対する認識のギャップがあるのでこうなるんだけど、これって既視感があると思ったらあれだった。愛犬家とそうでない人。トモコは犬にトラウマがあるらしくはっきり言って嫌犬家なので、3m以内に近づかれると顔が引きつるのが分かる。飼い主の方は、あら、うちの可愛いワンちゃんがごめんなさいね、ってなもんである。意識にギャップがあることで生じる不幸である。

ちなみにオレは愛犬家なのだが愛妻家でもあるのでトモコの肩を持つ。



同じような認識の差を感じるのが、外出を自粛しない人たち。もちろんやむを得ず通勤している人もなかにはいらっしゃることは十二分に理解していますが、たぶん勤務先によってはまだそもそも警戒モードになっていないところもあったり、在宅勤務できる環境が整っているのに出社したがるサラリーマンっていますよね。

自分の勤務先でも知事の自粛要請があるまでは社内的に在宅勤務が推奨されているにもかかわらず、7割以上の社員が出社していた。何でそうなるかは以前も意地悪な分析をしたので省略。簡単に言うと自分が愛しているほどに会社は自分を愛してくれないってこと(笑) にも関わらず出勤し続ける姿はほとんど・・・・に近い。

これに何が似てるって、うちのオヤジなんですよね。もう8X歳なのに相変わらずクルマを運転している。なんどか話し合ったのですが彼はケアマネージャーの仕事をどうしても続けたいらしく、したがってクルマが必要。

いろいろあって辞められないというのが本人の言い訳なんですが、もし本人に何かがあれば突然ケア対象者の方々は取り残されるわけです。クルマの運転も何かあってからでは遅いのですが・・・・

自分もこれまでの人生で、人の気持ちを自分の思い通りに変えられるわけではないということは十分に学習してきたので、強硬策ではない何かいい方法は無いかと探っているところですが、間に合うかどうか。人が自分と違う意見を言ったからと言ってイライラしたらあかんで(笑)

そうそう、こんな感じで。最後の笑顔がステキ。



今日我が家に何か配達物が届いたので、持ってきた運送会社を確認して、受取省略に対応しているかを調べてからトモコに「玄関まできたら、そこに置いといてくださいって言いなよ」って言ったら「だってせっかく来てくれたのにそんなこと言えない」だって。

さてはサガワのセールスドライバーが目当てか(笑)

しょうがないのでオレがインターホンで対応して、直接接触することはせずに置いていってもらった。ちょっと頑張ってできるだけ接触は避けないとね。

さっきトモコのすぐ横でスクワットしてたら、オレの荒い息がかかったらしく「この距離だとうつるね」だと。お、おう、急速に意識が高まったらしいな・・・



本日のスクワット:300回
本日の走行距離:14.2k
今月の走行距離:21.7km
本日の最低体重:61.8kg
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

今日のオンライン飲み会速報。最初。北は埼玉、南は沖縄まで(笑)
SharedScreenshot
左下は沖縄から参加の二人。

そして二時間後。激沈上等(笑)
SharedScreenshot2
長い間外の人と交わらない生活を送っているのですんごい楽しかったです。
またやりましょう!!



テレビ東京とTBSがテレビ番組の収録を取りやめたそうですね。確かにテレビ収録は時間のマネジメントが厳しいので、その中でディスタンシングするのも厳しそうですし、ましてドラマの出演者がマスクするわけにもいかないのですからね。

影響はラジオにも及んでいるようで、自分が在宅勤務中に流しっぱなしにしているTBSラジオでは、スタジオの出演者の間にアクリル板を設置して、飛沫感染しないような工夫を今週から始めたそうです。各番組とも番組開始後にまずは刑務所の面会シーン再現がお約束に(笑)

TBSラジオの「ジェーン・スーの生活は踊る」では、ジェーン・スーさんが在宅で放送に参加していました。これなかなか斬新だと思います。アシスタントの堀江美香さんがディスプレイの中のジェーン・スーに向かって話しかけている(笑)
NHKの連ドラと大河も収録が中止になるそうです。収録済みの放送が終わるとそこで放送中断。オリンピックも延期なので、各局とも放送枠が余りまくり。そこでいったい何を放送するんでしょうか。

「麒麟がくる」では自分が是非観たいのは「麒麟がくる(沢尻エリカVer)」ですね。今、川口春奈が好演して染谷翔太のコンビがなかなか見せてくれているのでなおのこと観たい!これで10回分は埋まるはず。

あとは各局のワイドショーの抜粋の再放送。2月中にコロナについてどんなことを言っていたか、検証してくれないですかね。自局のは無理だから相互に検証しあう。そのくらいの牽制が無いとあの無責任な煽りは止まらない気がします。あと、後知恵で批判することしかできてないことも分かるはず。

もちろん半沢直樹も新シリーズの収録は難しそうなので、前シリーズの再放送。最近テレビ見る人も増えているので高視聴率が期待できます。

あとはドリフですかね~。少年少女合唱隊だけ抜き出すとかね。今だったら放送できない内容もいっぱいありそうですが、自分が好きだったのは当時のアイドル歌手とかが志村けんにいじり倒されるのを見るのが楽しかったですね。キャンディーズとか松田聖子とか河合奈保子の素の表情なんて普通見られないですからね。

自分があのネタで一番覚えてるのは、東村山音頭の次に人気があった「おまえ、それはないだろう」という志村けんのギャグなんですが、だれか覚えている人いないでしょうか。潮来の伊太郎の感じでいかりや長介に対して言うんですよね。

気が付いたら全部TBSだな。どんだけ好きなんだ(笑)



今日はスクワットTT100。1回目は3分27秒。これでペースがつかめたので2回目のチャレンジ。
見事サブ3達成(笑)

さすがに500回の翌日はきつかったです。超ロング走の翌日の5000TTみたい。ゆっくりやった方が効果は高いらしいのでタイムトライアルもほどほどにしよう。


本日のスクワット:330回
本日の走行距離:
今月の走行距離:
本日の最低体重:
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ


やはり「エアブラシ」はパワーワードだったようです。
SharedScreenshot
「スクワット」では8000近く行きましたので「エアブラシでスクワット」などというタイトルにしたら。いや、意味が分からんか(笑)



今日は午前中に妙に調子がよく、スイスイやっているうちに一気に300回。
今のようにやり始めた3月頭は1回5秒、1分で12回なので100回やるのに8分くらいかかってました。1回1回よっこいしょって感じで。いかにもトレーニングって感じ。

今は1回3秒くらいで1回ごとというよりは、ジョギングしてる感じです。5kmとか10kmあらかじめ決めて走るように、100回とか300回を延々と上げたり下げたり。完全に持久運動でペース配分できるようになった。1日で1000回とかやる人なんて頭おかしいと思ってましたが、少しだけやり方分かったかも。ま、1000回はやんないけど。

家族でも毎日やってます。朝は40回。3人で順番に10回づつ数えて最後は3人で一緒に数えると朝から盛り上がります。夜はちょっとけだるい感じで3人で30回。自分はともかくコースケとトモコは運動不足なので、徐々に回数を増やしてもいいかも。これで家族と70回。プラス130回で500回。

そういえば故森光子さんは毎日150回のスクワットを日課にしていたそうですね。みんなもやろう!そしてそのうちにオンラインスクワットグランプリやろう(笑)




本日のスクワット:500回
本日の最低体重:62.4kg(走らないと増える)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

madmadさんも本気を出してきたようだ(笑)

ガンプラって基本的に塗装しなくても十分見られるんですよね。もともと幅広い年齢層が楽しめるように作ってある。それは別に子供向けというわけではなく、子供でも簡単に作れる一方で大人が本気で作っても楽しめる。

一方で自分が作っていたのはスケールモデル(実物が存在する)と言われていて、そもそも実物に似せることが目的。ガンプラに実物が存在しないのとはかなり違う。なにせ写真もないし実物を見た人もいない。

蛇足だがお台場にあったガンダムの立像のことは実物大ではなく等身大と呼ぼう(笑)

スケールモデラーたちは手に入る限りの実機の写真やら図面やらを手に入れて、いかに実物に近づけるかにチカラを注いでいる。人もいる(笑) 凄い人になると実機の写真を見ながら自分で図面を引いて、それに基づいてモデルを修正する。

そこまでやんのかよという気もするが、たしかに出来の悪いモデルだと実物の印象とは違う気がするときもある。実物通りのプロポーションにしてみたらあんまり似てなかったということもある。むしろメーカーの作ってきた姿の方が似ていることがあるわけです。



自分はそもそもそこまでは実機に思い入れがないので、エアブラシ塗装を一通りやったら段々やることが無くなってきた。プラモデルって完成するまでが楽しいんですよ。特にスケールモデルは。完成するとただの置物になる。

収納スペースにも限りがあるので、それを考えると次から次へ作るわけにはいかない。次第に一機入魂みたいになって、なにがしかのテーマを設定したくなる。例えばこれ。左側の銀色の戦闘機ですが、航空自衛隊が初めて導入したジェット戦闘機F86Fセイバーです。
IMG_6453
特にジェット機の時代になってからは機体がのっぺりしてきて、そのままだと腕の見せ所が無くなってきた。そこでみんながよくやるのが、可動部分を動かした状態に作る事。メーカーの方も予め可動部分を作り込んで、それが楽しかったりする。もっともガンダムなんて全ての関節が可動しまくってますね(笑)

このセイバーもこの写真の日の丸のところにあるエアブレーキが動くように作られているので、これは当然作動状態で作りたい。さらにこれ以外に、実機では主翼の前縁部分にあるスポイラーが動く。前にせり出すわけです。これを自分で作ってみた。ようするに改造ですね。
IMG_6473
プラスチック用ののこぎりで前縁を切り取って、内部を作り込んで改めて前縁をセット。もちろんただ貼り付けるのではなく、実機同様に隙間を開けてある。これで機体に動きが出る。

さらにはクリックして拡大してもらうと、機体に打たれたリベットらしきものも見えるはず。これも一つ一つ私が打ち込みました。よく言われるのは「単位面積当たりの情報量が増えるとリアリティが増して見える」。もちろん本物っぽく作らないとダメですが。

一方で上の写真の右にあるのがブルーインパルス塗装のT4という練習機。作っては見たものの、塗装さえしてしまえばそれ以外にあんまり付け加えることがない。ただのプラスチックの塊ですね。



塗装の方でも小細工をいろいろかますようになってきて、前回も書いたように機体のマークはデカールと呼ばれるシールが付いてきて、それを貼るわけですが必ずしもリアルに見えないことがある。すると手描きという挙にでるわけです。

上のセーバーの日の丸などはエアブラシで描いています。国籍マークはだいたいエアブラシでしたね。デカールは貼ること自体は簡単ですが表面で浮いて変に光ったり、場所が決まらなかったりする。迷ってる間に乾いてズレたりする。

その点塗装でマーキングすると、場所決めは慎重に行えます。周囲の塗装とも同じ種類の塗料を使うので馴染んで見える。などなど。ただあまり複雑な形のものは難しい。

例えばこのゼロ戦。これは雑誌のおまけだったんですがおまけの割には数あるゼロ戦のプラモデルの中でも最高傑作のキットと言われています。
IMG_6448
もちろん日の丸はエアブラシ。そして尾翼の番号は筆で手描きしてみた。
IMG_6447
ちょっと微妙ですが、実は実機もこんな感じで手描き感満々なんです(笑) 確かフリーハンドで描いたのはこれが初めてで、これをきっかけに色々と色気が増した。

次がこれ。第二次大戦中の米軍の戦闘機P-51ムスタング。連合国側の機体はとにかく派手なマークが描いてあるものが多く、特に欧州戦線の米軍は第8空軍と言われてインベイジョンストライプという白黒の縞々とかチェックを描いていた。これがまたデカールだと貼りにくい。
IMG_6423
そこで自分で描くわけです。これは手描きではなくマスキングしてエアブラシ使いましたが、チェックの数が多いのでとんでもなく面倒だった。アップにすると粗が目立つな。
IMG_6422
根性があったら機首の横のレタリングも手描きしたのに。結局チェッカーと国籍マークだけ自分で描きました。

一番頑張ったのはこれ。同じく米軍の攻撃機P-47サンダーボルト。映画「プライベートライアン」の最後で戦車を吹っ飛ばすあれです。
IMG_6439
これはまずは全体の銀色に工夫が。まずリベットを彫る、エアブラシでシルバーに塗った後で、短く毛先を切った筆でヘアラインと言われる細かい線を入れる。するとリベットもこんなふうにいい感じに目立つ。
IMG_6438
ザ・自己満足(笑) でもなんとなくジュラルミン製に見える。念ずれば!(笑)

しかしこの機体のクライマックスは何と言ってもここ。機首のノーズアート。大きさを実感してください。前の髑髏はマスキングでエアブラシ。後ろのワシがフリーハンド。
IMG_6461
アップだとこんな感じ。
IMG_6457
ワシに見えませんかね・・・・・

こうしてみるとリベットも一応等間隔ですね(自己満)

自分はたぶん当分次を作ることはないですが、エアブラシとか工具とか100色近い塗料は全部保管してあるので、コースケが中学校に行ったらもしかしたら作るかもしれないですね。

一方で、コースケとは鉄道模型やろうって言っていて、トモコ実家の空いている部屋にNゲージのレイアウトを作れないかはかりごとを巡らしています(笑)

引きこもり生活は相変わらず。
以前と違って、職場の他のメンバーも全員が在宅勤務なので刺激が無い(笑)


本日のスクワット:350回
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

最近Motoさんのブログがにぎやかだ。本人はあまり需要が無いと言っているが、ここ浦安と小金井方面には深くて濃いい需要がある(笑)

自分が子供の頃にプラモデルにはまった時はまだガンダム登場前で、作るのはもっぱら戦闘機とか戦車とかの兵器や、F1とかスーパーカーなどの実在した乗り物が中心。城なんて作る奴は少数派だった(笑)

いや、城をバカにしてるわけじゃないんですよ。ただ作ったことが無いのでいったいどこで勝負して良いのか分からなくて。

例えば飛行機だったら何よりも全体の美しさですよね。それとリアルさ。それは塗装だったり仕上げだったりします。ま、戦車もそうですかね。ただ飛行機ほどに美しさにこだわる必要はないかと。



自分が好きなのは第二次大戦中のプロペラ機。特に国にはこだわりませんが、ソ連とかは対象外だな(笑) だいたい男の子は日本かドイツの戦闘機が好きですよね。(こう書くと戦争好きとか言われることがあるがそれは全く別)

子供の頃は塗装も筆塗だったんですよ。ご存知かどうかあれですが、当時の軍用機はだいたい迷彩塗装しているので、これをきれいに仕上げるにはエアブラシが必須でした。いや、筆でもできるんですが一度はやってみたかったけど小学生には金が無い。

エアブラシってこういう奴です。これはノズルが0.2mmで細かい模様を描くのに向いています。もう一本、0.5mmの奴もありますがそれは大きな面積を塗るとき用。真ん中の下のネジをホースでコンプレッサーにこれをつないで、左上のカップに塗料を入れて、左端のノズルから吹き付ける。
FullSizeRender
12年前に今のマンションに移ってきて、自分の部屋を確保できて40年ぶりくらいプラモデル作りを再開したときも、最初は筆塗りしていました。これとか。
FullSizeRender
でもやっぱり技術が無いのでエアブラシが欲しくなるんですよ。こういうのを作りたかったので。世界初の実用ジェット戦闘機Me262の複座夜間戦闘機バージョン。
IMG_6420
この模様はエアブラシでフリーハンドで描いています。下のマス目で大きさを何となく想像して欲しいのですが、このくらいの細かさになるとフリーハンドで描かざるをえません。
IMG_6421
ついでに言うと、機首のレーダーアンテナのパーツはチェコ製。現地におそるおそるインターネットで申し込んで取り寄せた。届くまではドキドキでした。でもこのお陰で全体がグッと引き締まりました。

そんな旧ドイツ軍機が勢ぞろい。
IMG_6426
奥のJu87スツーカも塗装に相当苦労しています。最初に薄茶を塗って、次に暗緑色を鱗のように塗り、さらに薄茶で境目をはっきりさせる。全部フリーハンドです。いかに不規則なようでいて、かつ均一にバラつかせるかがポイント。
FullSizeRender
この辺でエアブラシ塗装は極めた!と思ったんですが、ここでなぜかF-1に心移り。そう、F-1にもボカシ塗装を求められるものがあったんですよ。

ご存知の方がいるかどうか、ミカハッキネン座乗のマクラーレンMP4/12。
IMG_6466
よーく見るとこの白い部分がボカシになっている。
IMG_6467
ノーズの白い部分もボカシ。というか、全ての色の境目がボカシ塗装なのでした。シルバーと黒の境目とか。
IMG_6468
実はこれはメーカーからはこの色のシール(デカールといいます)が付いてきたのですが、局面が多いのでまずうまく貼れない(デカールは薄い膜なので、ちょっとしたことですぐに破れます)。だったらエアブラシでやってやろうと気持ちに火が付いた。

今も忘れません。大震災の直後、妻と息子は駅前の妻の実家に避難しているのに、オレだけは「家を空けるわけにはいかない」とか言って毎晩家に戻ってはのびのびとこのマクラーレンの塗装をしていました。集中できたお陰でこの出来栄えです(半分冗談半分本当w)。



しかしエアブラシって換気を良くする必要があるんですよね。締め切った状態ではとても無理なので、だいたいは凍えながらベランダで作業していました。しかしある時にこの塗装換気ブースを入手して、家の中で悠々と作業できるように。


たまたま自分の部屋にはエアコンが無かったので、エアコンのダクトにこれをつないで窓を開けなくても排気できるようにしていました。これはまだ取ってある(笑)

このブースのお陰でいっぱい作れました。楽しかった。もうすぐ退役するこれも作りました。航空自衛隊のF4EJ。微妙にコントラストが付いているのがお分かりいただけるでしょうか。
IMG_6440
IMG_6441
汚れた感じはやり過ぎると汚いけど、足りないと気付かれない。実に難しいです。

ちょっと長くなってきたので、続きはまた今度。次は手描きの魅力。ニーズが無くても平気(笑)

本日のスクワット:300回
本日の走行距離:9.7km
今月の走行距離:159.7km
本日の最低体重:61.8kg
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

↑このページのトップヘ