量は質を凌駕する

 ~ アウトドアと読書の日記

カテゴリ: ●徒然

中学に無事入学したコースケ。今週から授業が始まっている。いきなり巨大なリュックサックを担いで自転車で駅まで通っている。

初日とかは家を出るまでそわそわして地に足が付かない感じで緊張している様子だったが、3日経ってかなり落ち着いてきたようだ。ただ学校の様子とかはまだあまり教えてもらっていない。トモコによれば「1年くらい誰とも口きかなくてもいいくらいのつもりでいる」そうだ。



ふん。なかなかタフじゃないか。友達ができない自分に自信喪失するよりずっといい。無理に人に合わせに行ってもろくなことは無い。かといって人との交わりを避けるわけではないことは小学校の時に見てきたので、そのうち趣味とか趣向があう友人もできるだろう。



中学受験するって言ったら、大学進学を意識しているように思われがちなんだけど、中高一貫だからといって別に予備校ではないので、親としてはこの6年間が充実したものになってくれることをまずは望んでいる。結果として行きたい大学があれば入れるように自分が努力すればいい。

いまのところ、小学校の時よりも1時間近く早く起きてちゃんと着替えてネクタイも自分で結んでいるので親が心配することはなさそうだ。家帰ったらトモコと相変わらずキャーキャー言ってじゃれてるんで大丈夫だろう。ただ単に興味として、そういう学校ではどんな授業をするのかを聞いてみたい。



たまたまらしいのだが、コースケのクラスには帰国子女の子たちが結構いて、休み時間にはお互い英語で話しているらしい。ひえーーー!最近はやりの帰国子女枠ってやつである。そういう環境だったら英語も得意になるだろうな。

よく考えたら自分も英語圏の友人はいるので、これまでサボってたけどたまにはWhatsappで拙いおしゃべりでもしてみようか。タダだし(笑)



自分が中学生のときなんて、1学年30人という本当に田舎の学校で、というか小学1年からずっと一緒で、たぶんあの時のクラスの中で地元の市から離れた奴なんて1割くらいじゃないか。地方都市のさらに田舎だから。

電車とバスで片道2時間かければ通える広島市内の中高一貫校があったということは、高校に入ってから気が付いた。それだけ情報も無かったし、何より関心が無かった。どこで仕事するとかいうイメージも無かった。だから目標に向けて勉強するというのではなく、その時の自分が選べるところに行くという感じ。

もしかしたら都会の大学に行けるかもしれないと思い始めたのは高3の春くらい。真面目に勉強を始めたのが高3の2学期。しかも現役オンリー。今考えてもひどい。というか、そこからの経緯を考えたらいかに自分が運が良かったかとつくづく思う。

ずっと田舎にいることを否定しているわけではなく、選択肢があることを知らなかった。知らなかった割には、結果としては知っていた人とそれほど遜色ない選択ができたんじゃないか。



インターネット時代の今なら調べられるとかそういうことではない。現実的な選択肢になりうるのかどうかが分からなければ調べようもない。身近にそういう人がいるかいないかは大きいですよ。今思い出しても自分がたどってきた細い道のり、というより綱渡りに愕然としますね。

もしかするとコースケも何十年か経って同じことを思うかもしれないけど。



今日はスクワット多め。



本日のスクワット:150回
本日の走行距離:0.0km
今週の走行距離:10.4km
今月の走行距離:94.1km
本日の最低体重:60.5kg
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

今日は昨日に続いてゆるくジョグ。コースに出たところで、昨日20kmの大会だったとくとくさんにばったりあって、10kmばかりお付き合いいただいた。
シューズの話とか自分の体調の話とか子供の話とか。とりとめもない話をするにはゆるいジョグが一番ですね。



昨晩不吉なことを書いてしまったので、今朝は早い時間からマスターズの松山英樹選手が気になってしょうがなかった。テレビを見た瞬間は松山13アンダー、2位の選手が9アンダー。ああ、スタートと同じ4打差かと思った。ところがそのホールをホールアウトした瞬間に画面がそれぞれ12アンダーと10アンダーに変わり2打差に。

見ていなかったが松山は池に落としたらしい。それに対して2位の選手は怒涛の4連続バーディ。ところがまた次のホールではその2位の選手も池に落とし、また4打差に差が開いた。最後は他の選手に1打差まで詰め寄られたが、結局最終日スタート時点の4打差というアドバンテージを存分に活用して逃げ切った。



あの2位の選手の4連続バーディはきっと何か乗り移ったんでしょうね。その間だけ。それがいつか終わると信じてギリギリで集中力を切らさずに乗り切った松山の粘り勝ちというところでしょう。勝負では相手を打ちのめすだけではなく、打ちのめされない、打たれてもへこたれないのが大事なんだな。

あれがあの大事な場面でできる。テクニックも大事だけどやっぱり精神力なんですね。25年前のグレッグノーマンは最終日明らかに切れた瞬間があった。中盤でパットが決まらないシーンが連続して、我慢できなくなったように見えた。

だから松山は並み居るマスターズチャンピオンと肩を並べる資格を得たわけです。自分でも知っているマスターズチャンピオンといえば、パーマー、ニクラウス、ワトソン、バレステロス、ファルド、ウッズ、ミケルソン。ここに日本人が並ぶなんてねえ。自身が何度も挑戦して何度もはね返されてきた解説の中島常幸が号泣するのも無理はない。



ことさらに日本人だけをひいきするわけではないが、「日本人はメジャーで勝てない」と何十年も言われてそのプレッシャーは年々増すばかりだったわけで、青木尾崎中島がチャレンジした時よりもさらにプレッシャーは増している。それを打ち破ったんだから、日本人という理由で日本ではもっと称賛されてもいいと思う。
なんか、野茂を思い出すよね~。

最近元気のない日本の経済界ですが、是非ともこれを刺激に頑張って欲しい。正面から世界に挑戦している企業なんて今やトヨタとユニクロくらいですからね。



本日のスクワット:0回
本日の走行距離:10.4km
今週の走行距離:10.4km
今月の走行距離:94.1km
本日の最低体重:60.1kg
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

松山英樹は最終日4打差でスタートですか。どうしても96年、6打差で最終日スタートしたグレッグ・ノーマンが頭をかすめる。6打の貯金は午前中に無くなった。ま、それがゴルフの面白いところでもありますが。



やっぱり走れないと心がブラックになると言いますが、本当ですね。でも普段から嫉妬だらけなので区別が付かないようですw
この1か月ほどの不調の中で、特に気になっているのが喉の詰まり。物を食べた時に痛みとか異物感はないのだが、唾を飲んだ時に喉の筋を違えたような違和感があった。

正直ビビった。甲状腺の異常を疑ったのもそのためだし、なんならもっと重い病気の可能性もあるんじゃないかと一生懸命色々と検索した。

ただ、常に違和感があるわけではなく、時間によって出たりでなかったり。どうも疲れてくると出てくるような気がした。それをキーワードにして検索すると、ありました。

症状の名前はなくて、肩こりが重くなると喉に影響することがあるらしい。肩こり!!



試しに肩をセルフでマッサージしてみると、ゴリゴリという感じで筋肉がほぐれていくのを感じた。凝っているかどうかはよく分からないが、血行が良くなくなっているみたいだ。あと、首の筋肉も触ってみると固くなっているところがあった。リンパじゃないですよ。

ここが詰まっていると脳への血液の循環が悪くなって、フワフワ目眩が起きるらしい。肩をほぐしていくとフワフワ目眩がおさまっていった。喉の違和感も薄らいできた。この頭の軽さはこの数週間に無かった感じ。

朝起きても目眩の症状はほとんど無かったので、思い切って走ってみた。今日は午前中に幕張のイオンモールに家族が行きたいというので、ついでに自分はそこから走って幕張アウトレットのモンベルに行くことに。走る格好でクルマで幕張に向かう。



そして久々の幕張のシーサイドランニングコース!
来たのは5年ぶりくらいじゃないだろうか。実に懐かしい。幕張のアウトレットまで往復4kmを久々に気持ちよくキロ5前後で走った。そのあと、家に帰ってからキロ7くらいで走ったり歩いたりで8kmほど。これで今日は合計12km。
さすがに5日間ランオフするとカラダが動かない。しかしこれだけ調子が悪かったところからの復旧なので焦る必要もない。調子を見ながら徐々に上げていこう。いや、上げる必要もないかも。

やっぱり故障したら、焦って無理をする必要は無いけど、方向性が見えない時はいろいろあがいてみるのも必要かも。ほっといて治る故障は無いと思う。



本日のスクワット:50回
本日の走行距離:11.9km
今週の走行距離:33.9km
今月の走行距離:83.7km
本日の最低体重:59.8kg
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

今日もランオフでしたが、午前中にいつものランニングコースを歩いてきた。
残念ながらこの程度のウォーキングでもちょっと厳しい感じ。今はとにかく来週木曜日の人間ドックを静かに待っています。



昨年8月から毎月500kmを目処に走り込んできて、それが悪かったとは思いたくないのだが、2月は特に疲労が溜まっていた気がするのでそれが原因だった可能性はあるだろう。でもそれって、腸脛靭帯痛めたとかシンスプリントになったとかと変わらない。何しろ1月末までは数年ぶりの絶好調で走っていたのだから。

あともう少し頑張ればハーフのPBも更新できそうだし、もしかしたらフルのPBも更新できるかも、というつもりで練習を緩めることなく走っていた。オーバーワークを忠告してくれた方もいらっしゃった。無視したわけではないですが、じゃあだからといって練習休めますかって話だと思う。もちろん忠告してくださった方には申し訳ないです。

やっぱりやってみないと分からないですよね。もう一度同じ局面が来たら同じように練習すると思う。もちろん注意深くはなると思うけど。



もしこのまま、例えば10年経って67歳になったとする。その時に、やっぱり10年前にやっておけばよかったと思っても、もう取り返しは付かない。注意深くやればこの歳でもやれることが分かったというのは大きな成果だと思う。

別に57歳という年齢に限らない。47歳でも37歳でも、思った時にやらなかったら10年後では取り返しは付かない。だから、チャレンジするのに遅すぎることは無いと思います。



とか言いながら、風呂にゆっくりと浸かりながら肩をいつもよりかなり強めにもみほぐしてみたら、ビックリするくらいにフワフワ目眩が無くなった。まさか肩こりが原因だったのか?

ちょっとまだ謎は解けないけど、しばらく様子を見たいと思います。確かに血行が凄く悪くなってたもんな。



本日のスクワット:0回
本日の走行距離:12.0km
今週の走行距離:22.0km
今月の走行距離:71.8km
本日の最低体重:60.4kg
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

今日もランオフです。これで4日連続。今日はコースケの入学式だったのでふらふら付いて行って写真だけ撮ってきた。

ツイッターでフォローしているzunzumanさんが最近「ぼくを探しに」というサブタイトル付けてつぶやいているのを見て、ふと記憶がよみがえってきた。とりあえず姉にLINE。
FullSizeRender
そう、オレの姉カヨコはもうすぐ還暦なのだ。
FullSizeRender
ということで現在カヨコ宅捜索中です。

この本は高校の修学旅行が東京で、連れのカワノと一緒に(他数名の女子も一緒に)自由行動で表参道から原宿をぶらぶらしたときに、カワノの案内で行ったクレヨンハウスという絵本屋に行った時に買ったもの。

まずクレヨンハウスというチョイスが凄い。当時は知らなかったけど、クレヨンハウスってあの「スプーン一杯の幸せ」の落合恵子さんが作った絵本屋だということをかなり後になって知った。カワノすげー。

そしてこの絵本。出版されたのが1979年頃。自分の修学旅行が1980年なので、当時はまだそんなにこの絵本は有名ではなかったはず。棚に載っているのを見てなんとなく気になって買って帰った。

買って帰ったものの、この絵本の絵って白黒で線だけで描かれていてそんなに可愛らしいわけでもない。買って帰った当時は、こういうオレのセンスがオレをオレたらしめているんだよなと思って凹んだ(笑)

ただ訴えている内容は今でも通用する。むしろ今の方がこういうストーリーが求められる気がする。それを選んだオレ、ナイスセンス!w




写真にあるように、少し一部が欠けた「僕」が、欠けた部分を探しに行くんだが、ぴったりはまる自分の「かけら」が見付かったからといって本当に幸せになれるんだろうか、というストーリー。

なんか、現代で受けそうだと思いませんか。当時の自分には妙に刺さるストーリーだった。当時は自分探しなんて言う言葉が登場する以前。それが40年前で、買って帰ったら姉とその家族が読んでくれていたとは。

これで絵本が出てきたら本当に美談だな(笑)



本日のスクワット:0回
本日の走行距離:0.0km
今週の走行距離:9.9km
今月の走行距離:59.7km
本日の最低体重:59.5kg
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

↑このページのトップヘ