量は質を凌駕する

 ~ アウトドアと読書の日記

カテゴリ: ●色んな道具

今日もぶち寒かったですね。(山口弁)
そんな私はネックウォーマーの使い方がようやく分かりました。
image6
去年のつくばの参加賞(笑) 手袋は20年くらい前に買ったシンサレート素材、これ最強。


オレの手元には2足のアディダスのシューズがある。
一つは菜穂子。じゃなくてアディゼロジャパンブースト3。(左)
もう一つは真帆、というかアディゼロtakumi練ブースト3。(右)
IMG_5082
よく比較されるこの2足。たまたま色も同系統。重さはtakumi練ブーストが178g、ジャパンブーストが215g。いずれもサイズは26.5cm。

自分はシューズ比較の記事はほとんど書いたことは無いのだが、同じ色遣いということもあり、自分は明確にこの2足を区別して使い分けているということもあり、ちょっと自分なりのレビューを書いてみたい。



その重さの違いもあって、自分はtakumi練はフルマラソンまたはハーフ以下の本番、あるいはインターバル等のスピード練習でよく使っている。要するにガチの時って事だ。

一方ジャパンブーストは主として練習用で、ペース走から
疲労抜きジョグまで一番よく履くシューズ。もう3か月は履いてるので1000kmはいってるかも。要するに都合のいいシューズってことだ。

この2足はメーカーもサイズも同じだが、上の写真からも分かるようにtakumi練のほうが微妙に幅が細い。実際に履いた感じもジャパンの方がゆったりしている。takumi練の幅の細さはターサージールスリムとほぼ同等で自分の脚にはぴったりフィットする。このこともtakumi練を本番でよく使う理由。

もう一つの理由はこちら。アウターソールの断面形状。どちらもブースト素材が仕込んであるが、その配置が明確に異なる。(左:takumi練、右:ジャパン)
image5
takumi練はちょうと拇指球から爪先にかけての範囲にブーストが入っている。ミッドからヒールにはブーストは入っていない。一方でジャパンは先端からヒールまでくまなくブーストが入っているが、特にヒール側は分厚い。爪先側はむしろ薄い。

ここが色々見方が分かれるところなのだが、ジャパンはヒールが分厚いので、takumi練よりもペースが遅いランナー向けと位置付けられている向きもある。実際、普通にミッド荷重(ミッド着地ではない)で着地すると、柔らかく感じるのはジャパン。



ちなみに「ミッド着地」と「ミッド荷重」の言葉の使い分けだが、自分の走り方って分解写真とかを使うと多分「ヒール着地」になっていると思う。ただ自分の走っている感覚はあくまでも「ミッド荷重」。つまり爪先側とカカト側に均等に体重が乗って着地している。

フォアフット荷重くらいにして初めて外から見てもミッド着地になっているんだと思われる。大迫選手はフルマラソンの最後までカカトを接地させないで走るらしいが、自分はとてもそこまでは。あくまでも力の入れ具合として、前半分に掛かっているという意味でフォアフット荷重だと認識している。



話を戻すと実際、ヒールを後ろから見るとこんな形状。
image1
ご覧のようにジャパンブーストはソールが斜めに削られた形状。これはオレが履きつぶしたわけではなく、最初からこういう形に形成されている。いかにもヒール着地を意識した形状。なので気楽に履けるシューズなのだ。

一方のtakumi練はヒール側は固めなので、気楽にヒール着地とかするとゴツゴツ感がある。ヒールカップも深くて固い。これを履くときはまじめに真下に着地してミッド荷重を意識したほうがよい。そして離地するときにしっかり踏み抜く。するとブーストの効果もあってシューズがスッと地面を離れてくれる。

調子がいい時は、拇指球の真下にブーストの存在を感じて、そのクッションでシューズが地面を離れていくので、ソールの薄さを全く感じない。実際、一昨年の古河はなももでPB出した時は最後まで気持ち良く走れた。3時間10分前後のペースでも全く問題なし。

フォア側が薄いジャパンは同じ踏み方をするとむしろ地面の衝撃がダイレクトに伝わる。簡単に言っちゃうと、takumi練はピッチ型でジャパンはストライド型。それはソールの固さの違いにもなっていて、ジャパンは母指球あたりで簡単に曲がってくれる。
image2
一方でtakumi練はけっこうソール自体が固く簡単には曲がらない。このこともストライド型よりもピッチ型に合っていると思う理由。(ジャパンを無理に曲げているわけではない)
image3
ちなみにアウターソールを裏側から見るとこんな感じ。真ん中になんとかっていう構造が挟まっているのはおんなじだが、それ以外はまったく別物。
image4
そんなわけで素人なりにまとめる。

ジャパンはそのヒールの厚さをうまく利用して、比較的広いレンジのランナーにあうように作ってある。一方でtakumi練はやはりゆっくり走るとそのソールの固さを感じるので、ある程度速いペースで走ったほうが気持ち良く走れるシューズ。

最初はジャパンの方がドロップが大きく、今はやりのヴェイパーフライの先を行っているのかとも思ったが、カタログ上はtakumi練のドロップは9㎜、ジャパンのドロップは10㎜とそれほどの違いは無かった。

もちろんだからといって、ジャパンがゆっくりしたペース専用のシューズだということではありません。爪先側のダイレクト感を活かして超絶ペースで走ることもできるシューズだと思います。(フルマラソンではほとんど履いたことないのであくまで推測)

一説ではジャパンのヒール側の厚さは、このジャパンシリーズを履いて世界記録を出したアフリカ出身選手のリクエストによるものらしい。フォアフット着地で走るには、ヒール側が厚い方がしっくりくるのかもしれない。こうやって見ていると、ヴェイパーフライのヒールの厚さも同じ理由であって、あのドロップ自体があの走りを生んでいるのかどうか。むしろカーボンが入ったソールの固さ・反発力に注目するべきなのでは。ってまだ履いたことないのであくまで想像ですが。




ターサージールとtakumi練の比較も面白そうなんですが、それはまた今度。一言で言うとターサージールは何でもそろう百貨店、takumi練は特定のニーズに絞ったブティックって感じです。

ああ、それ読みたいぞって方はポチッとお願いします。
20170918ブログ村 


成人の日にmotoさん主催で稲毛30kmが予定されてるんですが、自分の練習スケジュールと微妙に合わないのと天気が微妙なので、浦安で前日の日曜日(7日)の午後に30km走をやる予定です。マイコースの脚に優しいゴムチップ舗装を味わいたい方は是非。13:30に新浦安駅改札に集合です。

なお、現地にはシャワーとか着替える場所はありません。強いて言えば多目的トイレで着替えられるくらいでしょうか。そんな塩対応でよろしければ是非。なおクルマでお越しの場合は、マイコース上にある総合公園の無料駐車場を利用可能です。

もし参加ご希望の場合にはコメント欄やツイッター、ライン等でご連絡を。今のところhassyさん、たまさんが4:35で参加予定。それ以外のペースでもオッケーです。ペースがバラバラなら、片道1.5kmのコースを往復してすれ違いの回数を増やすようにします。

アメブロガーのまくはりさんがワタクシの紹介をしてくれています。
大丈夫でしょうか、まくはりさん。強引にサブ3ランナーにぶっ込み(笑)
「おらー、まくはり~、なんでこんなオッサン連れてきたんや~!」
とか、イジメられてないですかね(笑)

ハーイ!アメブロガーのみなさーん、見てる~?
イエーイ!






アメリカ大統領選には驚かされたが、何食わぬ顔でブログを更新したい。
最近思う、ブログ村でoutポイントが増えるタイトルの種類。

①大会速報 ただしタイミングが大事
②村の有名人に会ったレポート(笑)
③シューズとかの道具レビュー

これに加えて、「こんな面白いブログがあった」みたいなのも結構ポイント入ります。
なんとなくこつが分かってきたが、だからといって乱発はしないぞ。

土曜日の30km走で痛風の足指が痛くなったので、思い切って3日ランオフ。
その間、買ったばかりの235Jは主にライフログ用に活躍していた。
こんな感じで。

本当に日中動かない。

20161108lifelog
睡眠の深さも測れたりする。
自分の睡眠は予想通り浅い。
5時間ちょっとの睡眠時間の中で2時間弱しか深い睡眠がない。
これはしばらく付けたままで、どうしたら睡眠が改善するか試してみよう。
20161109lifelog


そして今日ついに走ってきた。
感想。軽い!そしてベルトが頼りない!(笑)
VoMaxを示してくれるんだが、これの読み方が分からない。
VDOTよりは少し高めに出ている。
image1

そして予想タイム。10分くらい走れば計測できるらしい。
必ずしも全力でなくてよいみたい。
image2
これによればフルマラソンの予想タイムは3時間7分!
ほほう。結構正確なんじゃないの?この時計(笑)



画面レイアウトはこうした。1つ目。
ラップペース、距離、アベレージペースは従来通り。
ここに心拍を追加。4つ表示できるのはありがたい。
ご覧のように画面も一回り220から大きくなった気がする。
image3
ちょっとまだ見慣れないので、走りながらだとどこに何があるか探してしまう。

2画面目はこうした。ピッチ、気温、高度、タイマー。
気温の代わりに「直前ラップ」でもいいかもしれない。
image4

で、15㎞Mペースを意識して走った結果。
20161109lap
今日は死ぬほど風が吹き荒れていた。気温も1桁台。
1ラップ目と11,12ラップは脚が完全に止まるほどの向かい風。
多分10m超えていたと思われる。
だからキロ5分半でも心拍は156。(11ラップ目)

総じて150前半までで収まっていた。
ちなみにたのくるさんは、マラソンの時は153平均らしい。
4分半を意識するとちょっと高めかも。
20161109heartrate
最後のラップが跳ね上がっているのは歩道橋を駆け上がったため。
まだ疲れが全体に残っているので、ペース走は今日でおしまい。
あとは土曜日のTT。それから残りはジョグに徹しよう。

ガーミン235はベルトがシリコンになったので、
ランの時はしっかり締めたほうがよさそう。

いよいよ寒さ到来、ランナーの季節!!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村

昨日掲載した1127コッコさんインビテーショナル、すでに何人もの表明を頂いてます。
今のところの参加者はこんな感じ。

motoさん
みゃあこさん
ちゃららさん
いっちさん
かまかまさん
kazuさん
キミ兄

livedoorブログには秘密コメント機能がないので、
もし見られたくないって方はbrotherkim42195@gmail.comに
ご連絡を頂いても結構です。

ゆるゆるで行くぞっ!


☆☆

さて、先日フルマラソンを完走し息絶えたはずの奈穂子。
なんとお色直しもまばゆい感じで再登場!

ジャン!!
b7b2-bd73-4136-b021-067620d3af34-p
(右端の子です)

薄情というなかれ。
ランニングは一日たりとも待ってはくれないのだ!
とりあえず前任者との比較。ソールはこんな感じ。
bef3-6d2f-453a-b2bb-94a53ec0ebf5-p
イボイボが無くなった。

もちろんソールも確認済み。
6db1-84ce-4320-877a-555adfe51423-p
やっぱりオリジナルは薄い(写真左)。

だから差し替えてみた。
9fac-c325-4c09-80c9-193534e5f8a0-p

ここに奈穂子と結衣のコラボ完成!

あしたからガンガン走り込むよっ!


☆☆


以前ここでご紹介したかかあ天下でもサブ3.5目指す ちみのすけ のブログ
覚えておいでだろうか。
最新の更新で、なんとレース中に接近遭遇していたことが判明。
諸事情により声を掛けそびれたらしいです。残念。


そういえば去年の暮。

そらと雲と星と月と
のうめさんと、
萌え太郎さんブログの萌え太郎さんを、
気になってるブログってことでご紹介した。→

うめさんも萌え太郎さんも、来週のぐんまマラソンに挑戦するらしい。
ブログだけで知り合って、そのあとリアルでも交流があるって素晴らしくないですか?
これからも新しい出会いに期待したい!!

明日はこの秋初めてのキャンプなので、かなりウキウキでーす。


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村

この更新は予約投稿なので、これがみなさんの目に触れるころには
私ははなももへのエントリーを完了していると思う。





あれ? 正午からか(笑)



☆☆


最近PV数が凄いことになっている。
もともと1日600くらいしかなかったのが、1500とか。
PV推移を見てみた。
screenshotshare_20161020_203250

凄い!12日なんて1588!たぶん新記録。


ん。そこからだんだん落ちてやしないかい?
ほら、昨日なんて1000に届かなかったよ。
見事に右肩下がりになってますがな。







あ。


これがくろいわ効果およびその剥落か。
スゲー。噂には聞いていたけど、破壊力半端ない。それにその落ち込みも。
一瞬でも実力だって勘違いした自分をまさかりで殴ってやりたい。

いや、それだと死んじゃうのでチョキで。
こんなつまらないネタを垂れ流しても
スーパーブロガーの影響力の足元にも及ばないんですよね・・・・・


☆☆

気を取り直して。

正確には30日前ではなく32日前に我が家に届いたニューウェポン。
これです。


DSC_8481
(この写真撮るの苦労したわー)


これまではいていたのがターサージール2スリム。
今回のはターサージール4スリム。

見た感じも少し変わった。ちょっとテーパードな感じになった。
色はスリムだと選択肢少ない。地味。
もう一色はアマゾングリーンだった。
どっちが良かった?普通こっち選ぶよね?
91c9-525a-4c96-bc3f-c703a7c83676-p
(本当は前のシルエットのほうが好きなんだよな・・・)

先代を買ったのは確か昨年4月。
短い距離を一生懸命走ってた頃。
5kmTTのPBもこれ。

先日の皇居30㎞でターサージールでもフルが走れそうって思って、
そしたら新しいのが欲しくなった。
先代もソールがかなり逝ってたし。

ちなみに新しいソールはこんな形状。
422a-45f7-4cd4-abea-b2b9fd75f074-p
違いは多分走ってみてもわかんないですね(笑)

重量は先代とほぼ同じ、166g。
baa1-5e9a-4c61-bf27-fc553cda2644-p
ヒール部分は結構形が変わっている。
新型のほうが深くなっている。
f310-9d6a-46a9-ba54-7009a7eece08-p
今日はランオフ。まだこれで走っていないので、試してみたらまたレポします。
シューレース換えるならイエローかな。赤でもいいけど。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村

アクアラインマラソン、スタート前現地決起大会、
9時スタートポスト前集合でお願いしまーす。
場所はこちら→心臓を捧げよ!アクアライン現地決起大会のお誘い

新しいテントを買ったよ。
これ。色はオレンジだけど。


以前から我が家には4人用のクロノス4というテントがあったんだが、
コットを三人分入れるにはちょっと狭いし、
クロノス4に3っつ入る小さいコットを今さら買うのも無駄だし、
ならばマラソン大会とかでも使える2人用を買おうということになった。
重量も2.6kgので、まあ持ち運べる。

他の候補としては、キャンパルジャパンのピコラと、
おなじモンベルのサンダードーム2

ピコラは重量が1.5kgと登山用並みの軽さだったんだが、
いかんせん値段がクロノスの倍。
毎日使うものならともかく、年間数回しか登場しないものに
そこまでのお金は掛けられない。
サンダードームは重さはクロノスとほぼ同じだが、
なんだか涼しそうな作りだった。
で結局クロノスに。やっぱり安い。

最後、本当に買うのかちょっと躊躇していたが、
この事件があって(
妻が「スマホ買い替えなくて済んだからテント買いなよ」
って言ってくれたのだ(笑)


そしてついに届きました!!
DSC_4732

まずは封を開けて外から眺めてハアハアします(*´Д`)
DSC_4733
「ねえ、どうしたの?」って言われるくらいジラしたら、
やにわに袋から出してまず濡らし・・・・

いや、ポールを立てます。
真ん中で直角に交差しているので、上のほうが膨らんだ形に。
このおかげで圧迫感がかなり軽減される。
DSC_4734
この状態で自立してくれるので、クロノスシリーズは非常に立てやすい。
次にインナーテントをぶら下げる。
ああ、家が散らかっていて、なんとも生活感のあるシーンに(*´Д`)
DSC_4740
中にとりあえず入れて・・・・
いや、入ってみる。身長178㎝でも十分な広さ。
まあ2人用ですからねえ・・・
DSC_4736
ドア部分は丸ごと網戸になりますね。
DSC_4738
さらには反対側もメッシュになるので、風通しはよさそう。
このままタープの下にいれたら、暑い夜も涼しく過ごせそう。
ただ、どんなに真夏でも、夜は全閉にだいたいしてますが。
それで暑かったことはないですね。
ああ、この家には子供がいるのか(笑)
DSC_4739
フライシートを掛けます。
うちの古いクロノスは全面イエローだったけど、
最近のクロノスはどの大きさもツートンらしい。
ちょっとおいしそうな色♪
DSC_4741
斜め前から。横に前室が来るので出入りは楽ちん。
DSC_4742
これ、別に壊れているわけではなく、締め切っていても
風通しのためだけに上からもフライシートを開けられる。
これはなかなかの工夫だ。普通は下から、地面からしか開かない。
DSC_4743


で、先日の成田ゆめ牧場で早速初張りしてきました!
タープとクロ4、クロ2を張った全景。
ティエラを張るより断然サイトがコンパクトに。
DSC_4750
並べるとこんな感じ。
でも出入り口が同じ方向向いてます。
これは安全上はちょっとまずかった。
その話はあとで。
DSC_4758
そして、クロノス2にコットを入れます。
これがドンピシャリ!!
IMG_7456
中はこんな感じ。キャンパーズコレクションのテーブルを入れると
もうカプセルホテルかという(笑)
DSC_4770
妻からも散々突っ込まれたが、これはもう「オレの城」(笑)
お酒とか氷も全部中に入るし、灯りもぶら下げられる。
オレの城の見取り図を描いとく。

マイキャッスル

いやー、家で居場所がなくなったら、ベランダにマイキャッスル。
どうですか、皆さんもおひとつ!!(笑)
てことで、今回はクロ2にオレが、クロ4に妻と息子が寝た。
キャンプ場内別居(笑)

出入り口の設定。
今回はこう置いた。矢印が出入り口。
出入り口1
しかしこれだと、クロノス2からクロノス4の様子を見ようとすると、
クロ2の回りをぐるっと回らないといけない。
夜中にこれは結構めんどくさい。
だから本当はこうすべきだった。
出入り口2
これなら出入り口がお互いのテントで目隠しになるし、
夜中にちょっと這えば相手の中も見られる。

ま、何事も経験ですね。


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村




↑このページのトップヘ