量は質を凌駕する

 ~ アウトドアと読書の日記

カテゴリ: ●読書記録(著者別)

しばらく寝かせていたこのネタで書いてみます。

前も書きましたが人気のある作品から翻訳されるというそもそもの経緯があるので、日本の有象無象(失礼)の作品よりは当たりが多く、読むのも気が楽です。疲労抜きジョグのつもりで読んだら完走できなかった、みたいなことはほとんどない。

もちろんガックリすることもあるので海外だからと言って油断はできません。それを避けるためにはできるだけ読み始めたらストーリーと主人公のキャラクターをカテゴライズする事。マッチョ型なのか頭脳型なのか憑依型なのかカリスマ型なのか。

そうすると過去に読んだ同じカテゴリーのヒーローを思い出して「まあこんなもんだな」と思うとか「お。こいつはなかなか凄いぞ」と思うとか、単に内容にがっかりするだけで終わることはなくなります。



前置きはこれくらいにして、多分だれも興味のないランキング、以前紹介したこちらのブログ、全24シリーズの中から厳選しました。一番大事な選定ポイントはシリーズがちゃんと続いている事、手垢が付き過ぎていない事。この観点でボブ・リー・スワガー(極大射程)、ジェイソン・ボーン(ボーンアイデンティティ)、ジャック・ライアン(レッドオクトーバーを追え)、リンカーン・ライム(ボーンコレクター)が対象外となった。

残った候補をマッチョ型と頭脳型に分けてみた。こうして並べてみると前回のブログではマッチョ型に入れていたヴィクター(パーフェクトハンター)が頭脳型に見えてきて、対抗馬がジョージ・スマイリー(寒い国から帰ってきたスパイ)とハンニバル・レクター(羊たちの沈黙)になった。しかしスマイリーとヴィクターなら腕力のあるヴィクターの方が魅力的だが、レクターの悪に染まった感じ、というよりは悪を生み出す感じも魅力だ。

そこで悪役というカテゴリーを作ってレクターとダドリー・スミス(LAコンフィデンシャル)を比べてみた。シリーズ全作を通じて悪をまき散らしたスミスも良いが、やっぱりレクターは散々手垢も付いているがあの魅力には抗しがたい。

マッチョ型の中ではやはりハリー・ボッシュ(ナイトホークス)がピカイチ。マッチョなのに頭脳型。捜査した内容の細かい矛盾点を手掛かりにして真実を明らかにしていく。読めば読むほどその仕事っぷりにほれ込んでしまう。同じ一匹狼のジョー・ピケット(沈黙の森)もいいのだがアメリカのステレオタイプすぎるのが気になる。

そうするともうベスト3はボッシュとレクターとヴィクターで決まりかと思われるが、その全てをぶち壊すほどの破壊力をもつ混乱型の盟主がいた(笑)



そんなわけで1つ増やして第4位!
ハンニバル・レクター!
羊たちの沈黙 (新潮文庫)
トマス ハリス
新潮社
1989-09



第3位!
ヴィクター!



第2位!
ハリー・ボッシュ!
ナイトホークス〈上〉 (扶桑社ミステリー)
マイクル コナリー
扶桑社
1992-10-01



第1位!
ジャック・フロスト!
夜のフロスト (創元推理文庫)
R・D・ウィングフィールド
東京創元社
2001-06-08



とにかくこのウィングフィールドの腕力、筆力。これだけ混乱したストーリーを全く収束する気配も見せないで最後に突然収束する。これが実に鮮やか。作者のウィングフィールドが数年前に逝去してもう続編が読めないのが実に残念だ。

またハリー・ボッシュは劇中でもすでに70歳近い。たぶん続編の出版は厳しいだろう。レクター博士も作者のトマス・ハリスは80歳。こちらもそもそも寡作なので続編は無いな。

ちなみに第3位のパーフェクトハンターシリーズは早川書房から2作目までしか翻訳されていないが、本国英国では第8作まで出版されている。なんでだ!しょうがないので原書で読むか。


本日の走行距離:13.3km
今月の走行距離:124.3km
本日の最低体重:61.7kg
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

だいたい昔から翻訳もの海外ミステリーが大好きで、日本の推理ものよりもついつい手に取ってしまうことが多い。翻訳される時点でフィルターに掛かっているので駄作が少ないということもある。

そろそろオフシーズンということもあり、時間に任せて自分が読んだことのある同じ主人公が連続して登場するシリーズ物に絞って、ベスト3を選んでみたい。今日のところはまず候補作を四つのカテゴリーに分類してみた。太字個所は主人公名(舞台となった国・都市:作者)「代表作(独断)」。

【スーパーマン型】
主人公が超絶技巧を有しておりそれが事件解決の決め手になるタイプ。だいたいは格闘能力、戦闘能力。強すぎて作を追うごとに解決方法が見えてしまう欠点がある。またストーリーが膨張して敵もどんどん強大化する傾向あり。
  1. ボブ・リー・スワガー(アメリカ:スティーブン・ハンター)「極大射程」
    主人公は元海兵隊員の凄腕スナイパー。処女作「極大射程」は我々読者の度肝を抜く出来だったが作品を重ねるにつれてストーリーや設定がとんでもなくなり、最近作では47人の自衛隊員を連れて日本刀かついで討ち入りしたりしてファンが離れた。残念。

  2. ガブリエル・アロン(イスラエル:ダニエル・シルヴァ)「ブラックウィドウ」
    イスラエル情報部の諜報員にして絵画修復師。ミュンヘン事件の敵討ちにも参加した経歴あり。ストーリーもさることながら毎回出てくる美術、芸術に関連した背景描写がストーリーに深みを与える。
    ブラック・ウィドウ 上 (ハーパーBOOKS)
  3. コート・ジェントリー(アメリカ:マーク・グリーニー)「暗殺者グレイマン」
    CIAのエージェントである主人公は周囲に溶け込んで活動しまったく目立たないので付いたあだ名が「グレイマン」。とにかく強い。戦闘力ではジェイソンボーンと双璧。そして不意を突かれるということが無い。敵を見極めてひそかに近寄るのが基本戦法なので常に勝つ。目立たないって大事だなあ。ストーリー的には古巣CIAから狙われる立場がどうなるかが注目。
    暗殺者グレイマン (ハヤカワ文庫 NV)
  4. ジャック・リーチャー(アメリカ:リー・チャイルド)「アウトロー」
    トム・クルーズ主演で本作と「ネバーゴーバック」が映画化されているが作中では主人公のジャックは大男なのでちょっとミスマッチ。確かにジャックは強いのだが、ここで取り上げた作品で言えばヴィクターやグレイマンには簡単に負けるだろうな。ジャックの推理力で解決する感じなのでストーリーはそんなに発散しない(笑) 

  5. ヴィクター(アメリカ:トム・ウッド)「パーフェクト・ハンター」
    ファミリーネーム不明の超絶強い、特に銃器の扱いが抜群の主人公が淡々と仕事をこなす。しかし女性には超奥手で人質に取った女性にも優しい。持っているFN5.7という銃が凄いというのはこの小説で知った。ヴィクターとグレイマンが闘ったら多分ヴィクターが勝つ。

  6. ジェイソン・ボーン(アメリカ:ロバート・ラドラム)「暗殺者」
    映画でもおなじみボーン・アイデンティティ。記憶を失った主人公が彼を消しに来る組織と戦う。スーパーマンだが組織と戦うことが目的なのでストーリーが発散しないのが良い。とにかく強い。もし記憶があったらグレイマンと互角だろう。

  7. ジャック・ライアン(アメリカ:トム・クランシー)「レッドオクトーバーを追え」
    著者の好みもあって頭脳型のはずなのにケンカしても強いという主人公が登場。しかも最後は周囲のライバルがどんどん退場して合衆国大統領にまで昇り詰める。本来は次の「腕力情熱型」に区分すべきだが、政治力のスーパーマンとしか思えないのでここに入れてみたら意外とおさまった。ストーリーも膨張し過ぎて収拾がつかなくなった好例。

【腕力・情熱型】
スーパーマン型はその技術が問題解決の手段になるが、腕力・情熱型は推進力にはなるものの、それで直接問題を解決しない。当然頭脳的でもあるが事件を解決するのは正義感が原動力だったりする。そして主人公は押しなべて魅力的。このため、カテゴリー的には最大となった。
  1. ハリー・ボッシュ(ロサンゼルス:マイクル・コナリー)「ナイトホークス」
    ロス市警の刑事。子供の頃に母親を殺された傷を引きずる。その時の担当警官だった死刑副本部長とは因縁の仲。暴力には頼らないがとにかく骨太。一匹狼で地道な捜査で敵をあぶりだす。
    ナイトホークス〈上〉 (扶桑社ミステリー)
    ナイトホークス〈上〉 (扶桑社ミステリー) [文庫]

  2. ハリー・ホーレ(ノルウェー:ジョー・ネスボ)「ザ・バット」
    アル中のオスロ市警の刑事。突進型。こちらも常に自我と向き合っていて結構面倒なキャラクター。仲間とか恋人が結構死ぬ。たまに薬を打ったりする破滅型のヒーロー。

  3. ダドリー・スミス(ロサンゼルス:ジェイムズ・エルロイ)「LAコンフィデンシャル」
    「背信の都」「ビッグノーウェア」「LAコンフィデンシャル」「ホワイトジャズ」の4部作。ダドリースミスは悪徳警官だが最初から最後まで登場する唯一のキャラクターなので、実質的に主人公と呼んで差し支えないだろう。動機が邪悪なだけで行動はみな同じ。まさに目的のためには手段を択ばないその暴力性に頭がクラクラすること請け合い。登場人物が多過ぎて3回読まないと意味が分からない。

  4. レオ・デミドフ(ソ連:トム・ロブ・スミス)「チャイルド44」
    スターリン時代のソ連。まるで「1984」のような舞台設定で保安部刑事レオが衝撃の幼児連続殺人事件の真相に迫る。ソ連という特殊な体制の制約をいかに主人公が切り抜けるのかも見どころの一つ。作者は英国人だがよくここまでリアルに描いたな。出版当時はミステリー界が騒然となった1作。

  5. ジョー・ピケット(アメリカ:C.J.ボックス)「沈黙の森」
    さりげなく忍ばせたが、このパワー系情熱系主人公の中でも断トツにNo1の存在感を示すジョー・ピケット。猟区管理官という日本人にはなじみが無い職業だがようするにアウトドアのお巡りさんだ。現代においてはザ・西部を体現する役回り。そしてジョーは不器用で間が抜けた行動が多いが、一たびスイッチが入るとだれにも止められない突進力を持ち全部自分で解決しようとする。まさに保守層アメリカを体現する人物。でも自然保護にも厚いので民主党支持層からも絶大な支持を得ている。アウトドア好きにはたまらないアウトドアクライムノベル。
  6. エーヴェルト・グレーンス(スウェーデン:アンデシュ・ルースルンド)「三秒間の死角」
    一応シリーズ物なのでグレーンスが主人公なんだが、「三秒間の死角」の主人公パウラの活躍が凄すぎて完全にかすんでいる。そしてシリーズの「ボックス21」では理不尽な決断をして書評では散々に叩かれている。浮かばれない主人公なのだ。「三秒間の死角」は必読!

  7. エルヴィス・コール(ロサンゼルス:ロバート・クレイス)「モンキーズレインコート」
    本作のタイトルは芭蕉の句の英訳から来ているらしい。探偵らしい主人公とハイパワーピストルを持つ元特殊部隊の相棒。これは結構多い組み合わせなのか。スタイリッシュではある。

  8. マット・スカダー(ニューヨーク:ローレンス・ブロック)「八百万の死にざま」
    元警官の私立探偵でアル中。狙った獲物は離さないがいつも自分と向き合うことを求められている。事件解決とアル中という事実を背負った自分との対話が並行して進むので深くて重い。ニューヨークの街がどんどん安全で高級な街に変貌するのも見もの。
【頭脳型】
真に頭脳だけで事件を解決しているわけではないが、本人が自分のとりえは頭脳だと思っている節がある。情熱が無くてビジネスライクに仕事を片付ける主人公もここに含まれる(笑)
  1. 殺し屋ケラー(ニューヨーク:ローレンス・ブロック)「殺し屋」
    ニューヨーク在住の殺し屋。ごく自然に地味に相手を殺すのでバレない。情熱的でもないのになぜか面白い。独特の空気感。しかも趣味は切手収集。

  2. ジョージ・スマイリー(イギリス:ジョン・ル・カレ)「寒い国から帰ってきたスパイ」
    英国MI6のスパイ。策略家。相手を意のままに操るのが芸術的な領域に達している。英国のためな味方を騙すこともいとわない。風采の上がらない外見でコンプレックスにさいなまれているがあまり表には出さない。とにかくストーリーが込み入っていて3回は読まないと理解できない。「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ」も最高に込み入っているけど面白い。

  3. リンカーン・ライム(アメリカ:ジェフリー・ディーヴァー)「ボーン・コレクター」
    映画のデンゼル・ワシントンが有名だが、ジェフリー・ディーバーはこのシリーズ以前は猟奇殺人みたいな作品中心の作家だった人。「Blue Noweher」とかは傑作だけど、このシリーズは手垢付き過ぎ。

  4. チャーリー・マフィン(イギリス:ブライアン・フリーマントル)「消されかけた男」
    ジョン・ル・カレと双璧をなすスパイ物の金字塔と言ってよいチャーリー・マフィンシリーズ。本作でのポイント・チャーリー(東西ベルリンの境界)の緊張感といったら無い。とにかく地味なシーンが続くのだが、そこに緊張感があふれている。いったい何のためにここまでのシビアな仕事を彼らはやっているのか。この描写だけで読む価値十分。

  5. ハンニバル・レクター(アメリカ:トマス・ハリス)「羊たちの沈黙」
    言わずと知れた映画の原作。時系列では「ハンニバルライジング」「レッドドラゴン」「羊たちの沈黙」「ハンニバル」だが、「レッドドラゴン」を最初に読んだ方がいいかも。下品でない程度に残虐です。ある意味、ダドリー・スミスに通じるものがある。
【混乱型】
当人にやる気はあっても色んな事情で当事者能力を喪失している場合が多く、なんとなく周囲が事件を解決してくれる。読者は自分を見ているようで安心するジャンルである。
  1. ピア&オリバー(ドイツ:ネレ・ノイハウス)「白雪姫には死んでもらう」
    貴族の息子オリバーと動物好きのピアのコンビだがお互いに恋愛対象ではない。オリバーは妻に逃げられ毎回うつうつ、メソメソしているが貴族なので結構もてる。ピアは体力勝負猪突猛進。ドイツ固有の事情を背景としたストーリー展開が魅力。

  2. ジャック・フロスト(イギリス:RDウィングフィールド)「夜のフロスト」
    とにかくだらしない刑事フロスト。下品な下ネタを飛ばしまくり被害者の女性の尻を触りそこいら中にたばこの灰をまき散らしいつも捜査のために警官を動員しようとするが残業代予算の縛りで思う通りに行かず、上司とはケンカになり、それでも最後は事件が解決してしまう。これは本人のせいなのか運がいいだけなのか。この大混乱がとにかく魅力。世の中なんてこんなもん。
    夜のフロスト (創元推理文庫)
    夜のフロスト (創元推理文庫) [文庫]

  3. トム・リプリー(フランス:パトリシア・ハイスミス)「太陽がいっぱい」
    映画ではリプリーは捕まってしまうが、小説では見事逃げおおせて、確か5作くらい続編がある。実際のところただの詐欺師で、そして信念も何もなくいかに楽をして生きるかしかないので読んでいてちっともスッキリしない。でもいつの間にかリプリーを応援してしまっている自分がいるという不思議な小説。
    太陽がいっぱい (河出文庫)
    太陽がいっぱい (河出文庫) [文庫]

  4. ヘンリー・パレス(アメリカ)ベン・ウィンタース「地上最後の刑事」
    地球があと半年で滅亡するという状況で治安が乱れる中で殺人事件を追いかける主人公。たぶん地球が滅亡しなければ小説にすらならなかった地味な刑事。シリーズ3作でどんどん空気がすさんでくるのが怖い。

ここまで半日がかりでヨガのレポを書く時間が無くなった(笑)。とりあえずノミネートは終了。「あれが無い」とか「このヒーローの視点はそうじゃない」とかのご意見がある人はコメント欄までお願いします。さて、どうやってベスト3を選ぶのだろう(笑)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

↑このページのトップヘ