量は質を凌駕する

 ~ アウトドアと読書の日記

カテゴリ:●RUN&RIDE > 2016古河はなももマラソン

今日は家族旅行なんで堂々の予約投稿!!
いや、いつもだが。
なんでもブログ村のみんなのアイドル、キクチ君は、
昨日は珍しくネクタイしてたらしい。

こんな感じかな??


キクチヒロシネクタイ


(山下達郎「RIDE ON TIME」みたいw)


立ててんのは中指じゃなくて親指だよ!!
どす黒い感情を秘めてるようには見えんな~(笑)
板橋、ファイッ!!


☆☆



はなもものオレの心の動きを振り返る。

今シーズンはほんといいところがなかった。
まあ、10月の終わりに練習し過ぎたのがいけなかったんだが。
お蔭で帯状疱疹を発症し、以降ずっと体調はイマイチだった。


年末の足立ハーフでは若干盛り返しハーフのPBを出した。
しかしそのあと、また体調は下降曲線。
大会もDNSしまくり。かるりーのさんといい勝負(笑)
まあ、へこむよね。ていうか、それが段々普通になってくる。

そんなわけで、別大では本当は3時間一桁狙うはずだったんだけど、
結局18分台。さえんねえ~。
こう。追い込んでもスピードにキレがない。

でも必要な練習は積めていたから、体調さえ戻れば大丈夫と思ってた。
皇居でも撃沈したが脚は動いていたんですよ。
そうして迎えた古河はなもも。

体調は戻ってきた。あとは本番で脚が動くか。
レポに書いたように当日は万全の脚のキレ。
これでPB出ないほうがおかしい。





正直言うと、ここで日和った。
さすがに今シーズン一桁は無理だろうと。
ここがオレと官九郎クンの違い。
オレは絶対に冒険はしない。というかできない。
苦しいの嫌い。いいか悪いかは置いといて。

撃沈上等とか言ってるけど、本当の意味ではない。
まあ、最初ちょっと突っ込むくらい。
本当の大撃沈って、2004年の荒川市民マラソンくらい。
5時間ギリギリだった。

そのオレの嗅覚が、今日はイケると言っている。
だから最初から4:36をフロアにすることを決めた。
走り終わった後のダメージから考えたら、
今思えば、4:30をフロアにしてもよかった。
でもこういうのはだいたい後の祭り。
事前には絶対わからない。



クソッ。



官九郎クンはこういうことを言っているのだ。
もっといけたんじゃないか、っていう後悔だけはしたくないって。

これがマラソンの面白いところ。
最初に「行ける」と思う以上のペースってなかなか出せない。
スタートした時点で勝負が決まっていると言われるゆえん。

☆☆


でもスタートしたらやっぱりそこそこの調子だった。
最初の5㎞から安定してラップを刻む。
ああ、わりといいかも。

15㎞過ぎたあたりから、今日の調子のよさを確信。
ここで平均ラップが4:33。これなら3時間15分切れる。
もうこの辺からペースアップしようかと一瞬思うがやめておく。
今考えればやっとけばよかった!

ご存知のように、ブログ村のこのゾーンは大激戦だ。
かまかまさんとmotoさんがサブスリーで抜けた今、ここにいるのは
キクチ、ワタナベ、サトさん、メテオデさん、ムネコフさん、みそらさん、たまさん、プロさん、kinさん・・・
(書ききれません、すいません)
このうちのきっと何人かはランナーズアップデートでオレのラップを監視(笑)している。
今日のオレはPBペース。
オレがラップを刻むごとにツイッターでも大騒ぎしてるに違いない!
そいつらをどす黒い気持ちにさせてやる!(笑)

このメンバーの中ではレースごとに抜いたり抜かれたりしてる。
例えばムネコフさんには短い距離ではまったく歯が立たない。
みそらさんにはつくばで負け、足立ハーフで負け、静岡で先に行かれた。

一緒に走ってたら仲間だが、レースを離れるとライバルだ。
みそらさんの静岡速報に対してはどす黒い気持ちになった。つくばでも。
でも今回はどうだ!! ってああ、オレってどす黒い・・・・

今シーズンも彼らの活躍にどれだけ刺激されたか。
それがなかったらもっと早く降りてた。
相手がオトコとかオンナとか関係ない。
そのタイムを出すランナーだっていうだけだ。



来シーズンも健全などす黒さをたもちながら行くぜ!
そしてお前らを全員倒す!!
(って、誰に言ってんだ?w)





マラソンほど結果がすべてのものも珍しい。
特に一般ピーポーが日常生活でここまでの厳しさに会うことはマレ。
いくら失速しようが、いくらイーブンで行こうが、
結局実力は最後のゴールしたタイムでしか計ってもらえない。

皆承知のうえでこの競技をやっている。
そういう競技であるマラソンにコミットしてる。
だからみんな、タイムを隠さず堂々とブログに書いている。

「タイム?まあいいじゃない」って教えてくれない人、ブロガーで見たことない。
いや、ブロガーだけじゃなくってランナーはだいたいみんな言ってくれる。
なんか結果至上主義すぎるかもだが、タイム言ってくれないと話しにくい。
(初対面だと絶対聞くし、みんな人のタイムよく知ってるよねw)

これ結構珍しいことだとおもう。
例えばTOEICの点数って、だれしもが口に出すわけじゃないよね。
オレも恥ずかしいから言わない。
でもマラソンだと完走すること自体が凄い。だから言えるのかも。

だからこそ、レース運びについては他人にとやかく言われたくない。
それを言われたら、結果がすべてじゃなくなってしまう。
同じ3時間15分に速いも遅いも偉いもアホもない。
それを人はガチと呼ぶ。
(もちろん遅い人をバカにするってのは論外。それは人間性の問題)









とおもいつつ、ゴール後スマホみたら、
誰もオレのことツイートしてなかったぜ!!!(笑泣)




でもキクチのシーズンベストには1分差、
PBでも5分差まで迫った!(°▽°)
明日すぐに広げられるんだろうが…



にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

ついに、オレを2年間悩ませてきたプロジェクトが終わった!!

フワアッハッハ!!

これからは初老の紳士として、

余生を楽しむぜ!!


いやー。一時はマジでヤバかったんだが、

まさに2年前に投げたボールが、ピタッと目標の上に止まった感じ。

もちろん修正するチャンスはいっぱいあったけど。

ほんと、マラソンプロジェクトだった。

マラソンで培った持久力が役に立った。

みなさん、お疲れさまでした!!

って、見てないか・・・




☆☆


さて、はなももマラソン。今回で第4回とは思えない運営。
朝のシャトルバスも本数十分で、某大会のように駅前で待たされることがない。
特に自分ははっち。さんのアドバイスに従い、
古河の次の木野駅までいったので、降りたらすぐバス停だった。
古河駅は出口がむちゃくちゃ混むので、木野駅がお勧めだ。

それから東京方面から在来線で古河に向かう場合は、
快速ラビットは満員になります。
それよりも各停で来たほうが座れる模様。
時間も10分くらいしか違わないし。
各停なら木野駅にも止まる。
来年はそうしよう。

そうです。来年も出ます。
だってこんないい大会無いもの。
交通も思った以上に便利で、
参加人数は1万人に達しない。
だからスタートロスも最小。


ただし。




トイレだけは改善してほしい。
自分はスタート時間の30分前に小のトイレに並んだんだが、
その時点で30人弱、一つのトイレに並んでいた。
これだと1人1分以内で用を足さないとスタートに間に合わない。
ジリジリしながら一人当たりの時間を測定していた(笑)

そしたら、10分前になってもまだ7人くらい列にいた。
オレに回ってきたのはなんと4分前。
1分で用を足してスタート地点に急ぐ。

幸いなことに1分前に列には入れたんだが。
アナウンスで、「ゼッケン順に並べ」って言ってたんで、
素直に言うことを聞いて自分のゼッケン辺りに割り込んだ。
誰も怖い顔してなかったんで、多分大丈夫だったはず。
別大も同じシステムだったが、これならもめなくていい。

☆☆

ゴール後は古河の駅前でおっとさんが確保してくれた居酒屋へ。
ここで本日のヒーロー、ゆうさんの音頭で乾杯!!
宴会が始まった!!

ゆうさん

ゆうさんとはオレが初めて参加した村のイベント、
たのくるさんのたまリバーでお会いした。
残念ながらその頃ゆうさんは故障していて
走ることはできなかったんだがアフターに来てくれた。
その時に「スッゲービール飲みますね!」って言われたのは忘れないよ(笑)
それ以降なんどもイベントで一緒になってる。
もうオレにとっては村の完全に一部だ。




自分はいわさん、ワタナベさんと三人で、延々くだらない話。
そしたら会場からは別行動だったハンサムネコさんが
勤務先の方たちと一緒に同じ店に登場。

ハンサムネコさん

あーーーー!似てねえーーーーー!!!(笑)
ネコさんすいません。男前はかくのがむつかしい!!
(そう言うと似てるワタナベの立場は無いがw)

ネコさんとはニアミスは何度かあったが、
今回初めてちゃんとお話しできた。
なんていうか、ハニカミ若大将って感じでキュートだった!です!
またゆっくりお話ししたい!


オレたちが三人でクダ巻いてると、
なんとこの方がオレたちのテーブルに!


すーぴーさん

すーぴーさんには一昨年の大田原で写真を撮ってもらったのが最初の接点。
以来何度かこちらもニアミスを繰り返していたが、
今回ようやくしっかりとお話ができた。
三人で人生の先輩の話に聞き入る。
それにしても、このソフトさ、包まれ感っていいわあ~。
また一緒に飲みましょう!!


それからあんまり絡めなかったけど、
この人ほんとうにいいキャラです。
昭和二十年代生まれの噂もあるが実は若い(失礼)

マーマンさん

脚痛いのにナイスランでした!!



帰りはかなり酔っていたオレ。
各駅停車でダベリながら帰る。
ここもいわさんとずっと一緒だった気がする。

すると向こうのほうに。おや?



電車内のミノル




うわー。一人で速報上げてやがる(笑)
遠目にも濃いい!(笑)
そういえばこの日、アオヒゲ接写したんだった!!!




DSC_4155




いやー、充実した1日でした!!!
次回は最終回「オレの心の動き」。



にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

レースの時間軸に沿って全部書くんじゃなくて、
テーマごとにレースを説明するのってどうよ。
と自問自答中。

全部書くよりはまとまりそうだけど、
途中で書き忘れたこととか、
一度に読めたほうが分かりやすかったりはするよね。
(って誰に言ってんだ)

もしかしたら、来週辺り最初から書き直すかも(笑)


☆☆


コース再掲。
折り返しが5か所もあるのでいろんな人にたくさん会える。

map2016

スタートして5㎞くらい行ったところで75Tを見かけた。
ていうのは昨日書いたんだが、
最初の折り返しで多分ほぼ全員に会った。

たのくるさんは速すぎて声掛けそびれた。
いわさんは安定のスマイル。
この後も必ず先に見つけてくれた。

はっち。さんとワタナベさんは最初離れていたけど、
20㎞過ぎくらいで結構差が縮まってたな。
対向車線から見るワタナベ氏は、
とてもあんな必殺技持ってるように見えない(笑)

元気が良かったのは、トガーさんとBJさん。
トガーさんは脚に羽根が生えてるみたい。
トガーさんに気を取られてまたたのくるさんに声掛けそびれる・・・

BJさんは前半はデカい声で「キミ兄!!!」って2回くらい呼んでくれた。
さすがはラテンの兄貴!!(笑)
マジ気合入ったよ!

ゆうさんは安定した走り。
見るたびに同じ様子だったんでこれは調子いいんだなと思った。

一方でスゲーとおもったのはmakiさん。
律儀にすれ違うたびに見つけてもらったんだが、
ちょっとづつダメージ溜まってるように見えた。
あれで初マラソン、サブ4ってすごすぎ!
まあ旦那が規格外だから常識は通用しないんだが(笑)

そういえばミノルさんは結局発見できず。
今回もBK走法を見せつけることができなかった!!(笑)
もうギャラクティカファントムなみに幻の技。

マーマンさんも調子あまりよくないらしいのに、
ちゃんと声掛けてくれた。
こういう姿見ると気合いが入る。

鈍足親父さんも故障抱えてるにもかかわらず、
今回は速かった!!
お面だったので最初気が付かなかったが、
Tシャツでそれと分かりました。




そして9㎞くらいのところで大応援団が!!
噂のmotoさんとDEGさんだ!!

お二人ともいつもいい写真撮ってくれるんだよな~。
これはby DEGさん。

1457938093828

まだまだ元気(笑)

あ、そういえば35㎞で横からのナイス写真を撮ってくれたR2さん。
申し訳ありません。全く気が付きませんでした(笑)
写真送ってもらってびっくり。

さらにはトヨチンさん!
カオナシとは縁浅からぬオレ。
おもわず駆けよってハイタッチ!
感動の瞬間だった。

2dd40c60



35㎞あたりから徐々に苦しくなってきて
ラップも4:40近くまで落ちてきたんだが、
40㎞地点で再度DEGさんとmotoさんに遭遇。

1457938097337


また写真撮ってもらったんだが、
50mくらい前から、二人がなんか大きい声で騒いでる。


「○%#さんがすぐ前にいる!!!」



え、誰だよ!?




でも、実はカラダはしんどかったが、脚は残ってた。
残り2㎞。もう15分切りは確実。
ここからならつぶれても何とかなる!

そう思って、だれか分からないけど思い切り追いかけた。
そんなペースで走ってたら、目の前に見覚えのある紫のランシャツが。
なんと怪盗紳士さんだった!ちょっとゆっくり目のペースで。
なんでかわからないけど、その背中をみたら胸が一杯になった。

ご本人は迷惑かもしれないが、オレは怪盗さんのブログのファンだ。
あの一歩一歩目標に向かって積み上げていく感じが好きだ。
そして決してブレない。

まあオレが説明するより詳しい人はもっといるけど、
過去の記事とか今シーズンの歩みとか読ませてもらったり、
今は少しマラソンから距離を置こうとされてたり。

そういう情景が頭に浮かび、
ゆっくりとしたペースでシーズンを終えようとしている。
その現場に立ち会っていることに異常に興奮した。

おもわず後ろから肩をたたいて声を掛けて、
手をつかんで握手を求めてしまった。
怪盗さんもなんか言ってくれたんだが忘れてしまった。
「突っ込め」とか「ここから!」とかいった感じのことだったと思う。

これでますます舞い上がったオレ。
お蔭で41ラップ目はこの日最速の4:22。
ていうか、生涯最速の4:22。
ありがとう、怪盗紳士さん!!

なんかその感動の余韻で、
残り1.5㎞まで来たときにブワっと感情の波がきた。

(オレはここまで頑張ってきたんだ!)

(今シーズンさえなかったけど最後にマラ神さまからプレゼントだ!)

(それももうすぐ終わるぜ!)



42㎞目も4:36。
そしてトラックに入って静かにゴールした。





ゴールしたのち、帰ってくる仲間たちを応援しようと、
トラックのバックストレートに陣取ってしばし観戦。
そしたら怪盗さんが戻ってきた!

さっきの興奮冷めやらぬオレ。
おもわず駆けだして並走。
少し困った顔の怪盗さん(笑)

さらには戻ってきて座って休んでいる怪盗さんに強引に握手を求め、
さらには陣地に戻ってからも強引にワインを勧めた。






これじゃあストーカーだ!!!





こんなおっさんですいませんでした、怪盗さん。
どうかお幸せに・・・・



そんなわけで異様にテンションの高かったオレ。
陣地に戻ってからもだれかれ構わずワインを勧める。
でもみんなに遠慮がちにされたので、
やむなくナベちゃんと二人でちびちびと。
ま、半分くらいはオレが飲んだか(笑)
陣地は本当に快適でした。
メテオデさん、おっとさん、ありがとうございました。



それにしても、今回のはなももはPBラッシュ。
やっぱ記録が出やすい大会というUkeさんの推薦は
その通りだった!
来年も出ようかな~。


全員書けてない気がするけど、
アフターでご一緒した人は次回。




にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

相変わらず業務超多忙。
12時前に帰ってきて、風呂飯更新w
でも今週で終わる!!

丸二年間もやってきたので、普通の生活に戻れるかなあ・・・・




☆☆

今日はついにどう走ったかの話を書く。
陣地の話とかトイレの話は大会全体の感想で。
これもいろいろあるんだが。

残るテーマは「コース上で会った人たち」「大会総評」
「アフター」「オレの明日」くらいです。
もう少しお付き合いくださいね。


そもそもスタート3分前までトイレに行っていたので、
ろくすっぽアップもしていなかった。
大慌てでスタート地点に行く。
トイレの話も面白いんだが(本人が言うから間違いない)
それはまた明日。

もう朝から階段上るときとかに、
体調が抜群にいいことは分かっていた。

前日は昼にラーメンと餃子でカーボイン。
(オッパイの大きなクルマではない)
そのため晩飯はあまり食べられず。
でもそのおかげで胃もたれもせず寝られた。
胃がもたれると脚が重くなったりするんで。

スタート30分前に軽く流してみたらやっぱりカラダが軽い。
この時点で、キロ4:36以上で行こうと心に決める。
そしてスタート!

過去最高の最初の1㎞だったと思う。キロ445。
別大ですら447だったのに。
ラップ表再掲。

-5㎞ 23:06(4:37)/23:06(4:37) 4:45,4:33,4:32,4:32,4:26
-10㎞ 45:39(4:33)/22:33(4:31) 4:33,4:33,4:29,4:30,4:27
-15㎞ 1:08:31(4:33)/22:34(4:31) 4:28.4:29,4:30,4:29,4:29
-20㎞ 1:30:54(4:33)/22:41(4:32) 4:30,4:30,4:28,4:31,4:36
-25㎞ 1:54:13(4:34)/23:19(4:40) 4:32.4:34,4:59,4:27,4:34
-30㎞ 2:16:55(4:34)/22:42(4:32) 4:30,4:32,4:32,4:28,4:33
-35km 2:39:42(4:34)/22:47(4:33) 4:34,4:33,4:31,4:30,4:31
-40km 3:02:45(4:34)/23:03(4:37) 4:41,4:35,4:36,4:37,4:26
-Goal 3:12:33(4:34)/09:45(4:28) 4:22,4:33,1:42


最初こそ混雑していたが、道幅もそこそこ広くて
1㎞過ぎからはそれなりのペースに上がる。
さすがDブロック。430前後だ。

この時目の前に75Tが見えていたんだが、
今思えばあれはザキさんだったんだな。
ちょっとだけついていこうと思ったが
微妙に速すぎて断念。
ここからは平平凡凡な感じでラップを刻む。

しかし、我ながら遅い。
1㎞ごとのピッチはこちら。

-5㎞ 181,183,184,182,184
-10㎞ 183,182,184,184,184
-15㎞ 184,185,183,184,184
-20㎞ 184,184,186,183,184
-25㎞ 185,185,167,186,187
-30㎞ 179,182,184,185,184
-35㎞ 184,187,186,182,185
-40㎞ 182,183,183,180,181
-goal 182,179,176

最初の5㎞はちょっとピッチ低すぎ。
8㎞あたりから意識してピッチを上げたら、
ペースも430くらいに上がってきた。

これでペースができてきて20㎞まで行く。
しかし20㎞目はなぜか436にダウン。
ちょっと登りだったこともある。

そうそう。コースだが、平坦だと聞いていたが
ゆるやかにアップダウンを繰り返している感じ。
別大のほうが断然平坦だ。
こっちは野山を駆け巡ってるし。

でも、少し登りで多少ペースが落ちても、
すぐに緩やかに下るのでペースが回復する。
この繰り返しがいいリズムになって、メリハリが付いていた。
完全に平坦なほうがダレるかも。

それに折り返しがいっぱいあるので、
他のランナーとのすれ違い区間も長い。
いまコース図で数えたら5回もある。

map2016

そういえば、sadaさんとは5回すれ違いを確認した(笑)

この日は最大で3mくらいの風速だったらしいが、
走るのに妨げになる風ではない。
天候も曇りで気温は6度くらい。
まさに絶好のマラソン日和。
PB更新が相次いだのもうなずける。


こういう天気と自分の体調がぴったり合ったら、
それだけで相当いい記録が出るんだろうな。



さて、20㎞で若干のスピードダウンを感じ、
そこでたまたま尿意を感じたので、
戦略的トイレタイムを取ることに。
スタート前ギリギリまでトイレで粘ったのに(笑)

でもこれが結果的には実によかった!
給水で歩くことで積極的に休憩を取る
「WALK BRAKE」ってのがあるらしいが、
それって効果ありそう。

トイレの効果が実にここから15㎞続いた。
ハーフの通過が1時間35分。
正直に言うと、この時点で3時間15分切りを確信。
今の自分の調子からして、30㎞からもほとんど落ちないと思った。

やっぱり過去になんども撃沈しているから、
撃沈するときは途中でそれとわかる。
失敗してもこういう時に本当に役に立つ。

そういう意味では、今回の大会は4つのステージがあった。
まずは最初のピッチが上がるまでの8㎞。
ピッチを上げてから20㎞まで。
トイレで立て直して30㎞まで。
フォームをみなおして粘った40㎞まで。

あっ。40㎞からラストスパート決めたんだった。
40㎞でデグさん、motoさんから強烈な応援もらって、
もうこれ以上ないダッシュを決めた。ラップは実に4:22。

実はこのラップ。フルマラソン中では過去最高だ。
40㎞走ったあとのダッシュとは思えないよね(笑)
さらには最後の2.195㎞は9:45と10分切った。
これも多分過去最高。これまでのベストは10:21だから(去年の横浜)。

どうしてこんなダッシュが決まったのか。
それについては次回「コースの上で出会った人たち」
乞うご期待!!


30㎞からフォームをどう見直したのか。
自分でもうまく説明できるかどうか現在考え中です。
ただ、今じゃっかんふくらはぎにダメージを感じていて、
これってその見直しの影響かなあと思ってます。

このフォームですね。

NORI7286

やっぱりふくらはぎに影響あった!?





にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

一昨年からかかわっているプロジェクトがついに終焉へ。
そう、あのオレをNYセントラルパークへといざなったあの仕事。
そんなわけで今週は会議準備のピーク。
今日もさっき帰ってきたので、更新が遅れました。



ま、日曜日の午後くらいからハイテンションが続いているわけです。
こういう時は気を付けないと調子に乗り過ぎちゃうわけですが、
やっぱり今回もやってしまった・・・・・

マルさんとけんいちさんの心の広さに感謝。





☆☆



今シーズン。
とにかく色々さえなかった。
10月の帯状疱疹から始まって、別大前の発熱とか。
とにかく、練習は納得いってなかった。

それを財力でなんとかしようというシューズ購入計画(笑)
いや、ジュエン様のお蔭で、ターサージール正規価格で2足買えましたが。

これまで自分が履いてきたシューズ。
ターサージール、ゲルフェザーグライド、スカイセンサー。

この中で一番相性が良かったのはスカイセンサーだった。
去年の若潮も横浜もこのシューズ。
ただ残念なのはスリムがないこと。
どうしてもシューズの中で足がばたつく。

以前からmotoさん他何人かの方に「アディダス幅狭いよ」と勧められていた。
ただ自分の中では以前買ったトレランシューズのイメージがあって、
ちょっとアッパーが頼りないかな、と。

なのでここまで買わずに来たんだが、
せめて今シーズンを少しでも良くしようと思って買ってみたら、
これがもう凄かった。



今思えば、ターサージールで臨んだ別大も、
30㎞で脚が売り切れたのはシューズのせいだったかも。
去年の横浜の時に比べて練習もできてなかったし。

ターサーとスカイセンサーは重量がほぼ一緒なので、
クッションもそんなに変わらないと思ったんだが。

で、タイトルのRen Boost。略してレンブー。
今回はなももに出た人の中でも結構人気。
トガーさん、sadaさん、はっち。さんがレンブーだった。
知らないだけで他にももっといるかもしれない。



前も書いたが、弾むように走らなくてもその威力は十分発揮される。
というかむしろピッチ走法用だと思う。
脚のストロークを小さく、地面をトン、トンと踏む人のほうが、
恩恵を受けやすいような気がする。
BJさんとかプロさんがそうですよね。

逆にターサーはクッションが硬め。
しっかり踏み込まないとその効果を感じにくい。
あっちのほうがむしろストライド型ではないか。

ちなみに昨日書いたように今回は30㎞からペースアップ。
あのフォームを支えたのはレンブーの軽さとクッションに他ならない。
自分の185spmくらいのピッチとクッションの硬さの釣り合いがちょうどよい。

とにかく脚を接地点に対してまっすぐ降ろす。
そうすると「トンッ」って感じで地面が跳ね返ってくる。
その勢いでピッチをたもっていく。

ターサーだと硬すぎ、ゲルフェザーだと柔らかすぎる。
去年の横浜のゴール後よりも、今回のゴール後のほうが脚が残ってた。
二日後の今日もそれほど筋肉痛が出る気配なし。

ちなみに1週間前に買ったばっかりだが、
フルマラソン走っても靴擦れなし。
爪にも全く影響なし。




ありがとう、レンブー!!
多分あと3年は履き続けるな。
(もちろんすり減ったら同じモデルで買い替えるけどw)


image


ちなみに「アディダスのほうがカッコいいね♪」とのトモココメントw


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ