量は質を凌駕する

 ~ アウトドアと読書の日記

カテゴリ:●RUN&RIDE > 2016足立フレンドリー

イエイ。

久々に大会前の登場だぜ。
最近はとんとご無沙汰だったので、オレのこと知らない奴もいるかも知れねえ。

そう。オレがブログ村のダークマター、Brother Kimだ。
もしかすると、Tシャツ申し込みのメールアドレスで、
名前だけはもうおなじみかもな。

じゃあ知らない人のために、オレの想像図を披露するぜ。
ビビってチビるなよ(笑)












ほれ。





(Brother Kim 想像図)
6901bb26
(悶画伯作)


実写(笑)だと一番近いのはコレかな。
IMG_20150712_080213


じ、自分でも怖え・・・・・







今日のタイトルはそんなパンクなオレに合わせて、
最初「Let's Get Crazy」にしようかと思ったんだけどよお。
たまたまラジオでプリンスの名曲が流れていたのでこっちにした。

プリンスのLet's Go Crazy!だとピッチは190ちょい越え。
ハーフマラソンだとちょうどいいかも。
これが心拍数だと、お前らみんな死んでるぜ~。
ま、オレのは鉄の心臓だからこんなの屁でもないけどな!

ちなみにLes't Get Crazyはロジャー・テイラーのソロアルバムの曲。
これだとピッチは220くらい。
さすがのオレの心臓もちょっと追い付けねえ(笑)



さーて。さっき軽く走ってきたんだけどよお。
キミ兄の奴が日曜日に頑張り過ぎたんで、
なんだか今日はオレも足が重いぜ。

ったく。大会前なのになに張り切ってんだか。
だいたいなんで練習で「激沈上等」なんだよ。
美ジョガーに我を忘れやがって。
20161218d

もう大会まで3日なんだから、
こう、体のそこから湧き上がってくる闘志がないとダメなんだよ。
こうさあ、何かが叫び出すみたいなさあ。

やっぱここはこれだな。
Let's Go Crazy!

















間違えて羽生弓弦Verを入れちまった・・・・・


うーし。でもこれで少し気合いが入ってきたぜ。


そう。オレはBrother Kim。


オレは宇宙で最強。いや、最凶。


オレのVo2MAXは60!


なんと予想タイムはハーフで1時間18分!


いや、冗談だろ、ベイベー・・・・
DSC_8744


いや、ガーミンなんかにゃ頼らねえ。

オレはオレの魂が命ずるままに走るぜ!!

そうだ、オレのPBは90分55秒。

これを1秒でも超えるぜ!!!



そう、ケツを固めろ!

ふくらはぎは使うな!

もちろん太腿もだ!

オレにはケツと腹しかない!!


うぉーー、行くぜ!!

理性を捨てろ! Let's Go CRAZY!

等~~!!!













ハアッ、ハアッ、ハアッ・・・









書いてるだけで息が切れてきたぜ・・・・・

Brother Kimも寄る年波には勝てず。








まだ火曜日なんだが。

いや、正確にはもう水曜日なんだが。

金曜日にピークに持っていけるのか、オレ!!!






そう。


激沈Tシャツを買ったベイベーたち!!

足立に出るなら、10時頃にブログ村の陣地に集合だ。

激沈Tシャツで記念写真撮るぜ!!

イエーイ!!



陣地は今年もマーマンちゃんがセッティングしてくれるぜ!

会ったときはみんなでありがと言おうな。

場所はこっちだ!!→フレンドリー陣地と行き方とコースなど 2016ver.

丁寧にも、道順まで付けてくれてるぜ。




それじゃ。

ベイベーたちも今日は逃げ恥見たんだろ。

感想はまた明日な。

オレは予約投稿だからこれから見るぜ。




歯、磨けよ(笑)


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村


今日は自分でも書いた手前、ロングジョグしようと思ったのだが、
午前中にクルマがあろうことかパンク。
最近のクルマはスペアタイヤなんて積んでないので、ドナドナ状態をお見送り。
82a1-8399-45b2-bacd-7f3eafd0d286-p

そしたらなんとこの運搬車のドライバーのにいちゃん、
オレからカギを受け取らないまま出発。
案の定、整備工場に着いてからオレの携帯に連絡が(笑)

そんなこんなで走り始めたのが午後3時過ぎだったので、
本日は25kmで終了。25kmを平均キロ5:15でした。


☆☆


足立フレンドリー。レース運びとかを先に書くべきなのだが、
タイトルが記憶に引っかかっているのでこの話を先に。

ゴール後、先に快走してゴールした官九郎クンと二言三言、
陣地で会話を交わす。

キミ「今日はあかんかったわ~。疲れが残ってた」

官九「やっぱり前週30㎞はキツいですよね」

キ「やっぱり疲労が抜けにくくなってきたのかも」

官「キミ兄さんの目指す姿ってやっぱりかまかまさんですよね」

キ「そう。壮年のアイドル(笑)」

官「400km以上も走るっていう」

キ「来年か再来年にはそのくらい走れると思う」

官「キミ兄は3時間1桁までは目の前だけど、そこからはイバラの道ですよね」

キ「うん。そう、イバラの道・・・」

官九郎クンはオレに関心がないようなフリはしていても、
押えるべきところはきちんと押さえている。
たぶん言いたいのは、短い距離でのスピードの無さ。

例えばこの秋に初サブ3を量産したアメブロの人たち。
あの面々って5㎞は当たり前のように17分、18分台。
オレのように20分が切れなくて悶々としている人はいない。
そのスピードがあれば、キロ4:15に対して大きな余裕がある。

対するオレ。
5kmのベストとサブ3ペースの間には10秒しか余裕がない。
せめてキロ3:50を切る(つまり18分台)くらいならば30秒近い余裕ができる。

そしてサブ3.5を目指していたころとは違って、
このレベル感でのキロ15秒の改善って相当にハードルが高い。
5kmのタイムなんてもう2年近く更新できてない。
ここにもその辺の事情は書いた。


従って、3時間1桁を達成したあとは、自分はすべての距離を
一からやりなおさなければならない。
全面的な底上げが必要なのだ。

正直、どこから手を付けていいかわからない。
3時間1桁達成してから考えようと思っていたことを、
官九郎クンに先に言われたわけだ。なんの遠慮も無く(笑)

ただ、強がっているわけではないんだけど、
オレもサラリーマン生活もうすぐ30年。
仕事で、私生活で、破れない壁を何年もかけて破った経験は多数。

2年で破れなくて、5年かけたことだってある。
むつかしいことやるんだから時間はかかって当たり前。
イバラの道くらいじゃないと誰も認めてくれない。
その目線があるからオレは強い。オレの心はそう簡単には折れない。






大事なことだから、言い方替えてもう一回言っとこう。

別にオリンピックを目指しているわけではないのだ。
しかも音速の壁とかとは違って、サブ3はそこに物理的な壁があるわけではない。
壁は心の中にある。破れない心の壁はない!













と思う(笑)
(「一瞬の風になれ」読んでテンション上がってるのはナイショw)





オレがサブ3を達成するときに、まだ官九郎クンがマラソンやってるといいな。
年明けにさっさと自分のサブ3達成してやめたりしないでね。
オレは月間400km走れるカラダができれば行ける気がするのだが、
それにはもう少し時間が必要だ。

今回の足立フレンドリーも、最初から4:15で押していったが、
昨年よりも明らかに余裕があった。今回は疲労抜きに失敗しただけ。
4:15でフルを走るのもそれほど夢でもない気がしてきている。
あきらかに速くなっている実感はある。

まあやってから言えよ、とも言うけどな。





そういえば今回、コース上で初めて知らない人に「キミ兄!」って声掛けられた。
知らない人といってもどこかの大会か誰かのブログで顔は見たことがあったんだけど。

第二折り返しの前後で軽く抜かれ、2回目のZ坂でまた追い付いて。
その後ヘロヘロしていたら後ろから「キミ兄、ファイッ!」って言ってもらった。
そこからはキロ4:30に立て直しましたよ(笑)

なんでわざわざ書くかって、この方が超絶正統派美ジョガーなんですよ。
高校生の頃なら間違いなく遠くから眺めるだけの感じ。あ、今でも(笑)
いやー、嬉しかったです。
ゴール後も軽く手を挙げて互いに合図だけして爽やかさを保った(笑)

この時ほど、「Tシャツ作ってよかった!!」って思ったことはなかった(笑)

8a72-ac2f-41b0-b1f5-f18f2f705979-p

壮観なり。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村

「超絶美ジョガー」なんて書くとコメント入れにくいか(笑)
でもこの日声を掛けてくれたのは1人だけなので、
だいじょうぶですよ~。コメント待ってます♪

昨日の更新が炎上せず胸をなでおろしている者です。




ジョージ・マイケルが亡くなったそうだ。享年53歳。
オレの1歳上だったなんて。
じゃあワム!解散したときってまた20代前半だったわけか!!

じゃあなんですか。ソロアルバム「Faith」出た時もそのくらい?
その年齢で「SEX, SEX!!」言うとったんかい!?



うらやま~(笑)



「I want your SEX」ってエディ・マーフィ主演の「ビバリーヒルズコップ2」の
挿入歌(エロい意味ではない)だったんだけど、
これがトニースコット(トップガンの監督さん)の映像にマッチしてカッコよかった。
そしてジョージが「SEX!」連呼(笑)

当時成人していたにも関わらず、まだ中2病の真っただ中にいたオレ。
「I want your SEX」の意味を真剣に考えてみた。
いくらなんでも「オレはお前とSEXしたい」なんて歌なはずはない。
それに「Your SEX」だから。「お前SEXが欲しい」って変だから。

これは多分、ツイストの「性(さが)」と同じような意味に違いない。
「おまえは性悪オンナ、そんなお前の性(さが)を奪ってやるぜ」
くらいの意味に好意的に解釈。

ところが曲の最後でマイケル、いや、ジョージは(どっちが名前だ)
「I want your SEX」の次に、なんと

「with me!」って歌いやがった!

I want your SEX with me!

それじゃ単に「お前とやりたい」ってだけだろ!!!(笑)









ジョージ・マイケル。恐ろしいオトコ。









でももっと恐ろしかったのは、それから数年後に自分がゲイであることを告白。









じゃああの「your SEX」の「you」はジョージの彼氏のことか!!!









いや。いいんです。

愛にはいろんな形がありますからね。

しかし20代前半で中2病を患っていたオレ。

あの「SEX with me」という歌詞に散々妄想を繰り広げていたオレ。

あの時のオレをグーで殴りたい(笑)




ジョージ・マイケルはフレディ・マーキュリーに相当影響を受けていたようで、
フレディの追悼コンサートでも立派にメインボーカルを務めていた。

このコンサートDVDはいいですよ~。
ゲイだったフレディを追悼しに集まるオトコたち。
ジョージマイケルにエルトンジョン(笑)
georgemichael
アクセルローズからデビッドボウイ、ライザミネリまで登場します。




話が大きくそれた。




足立フレンドリーレポに戻りたい。
といってもまだ始まってもいない(笑)



オレの今シーズンは大きく二つのマラソン大会を軸にしている。
一つは11月下旬のつくばマラソン。もう一つが3月中旬の古河はなももマラソン。
12月にトレランだったり30㎞走だったりを入れていたのは、
後半シーズンの始まりにカラダにカツを入れるためだった。

そういう観点では、足立フレンドリーは特に勝負大会というわけではない。
うまく調子が合えばPB狙うくらいの位置づけ。
それにしても直前の水曜日はあまりの疲労に2㎞でラン中断。

前日木曜日には酸素カプセルにも一応入ったが当日の朝の体調は最悪。
一応脚は動くものの、上半身がこわばっている。
しょうがねえなあと思いながら会場に向かう。

会場に着いたらマーマンさんが既にブルーシートを盛大に広げていた。
いつもありがとうございます。ここにオレもテントを設営。

1時間前に軽くアップしてみたところ、そんなに悪くない。脚は動く。
この時点でスタートはキロ415で行くことにする。
30分前にサブ3軍団+官九郎クンについてスタート地点へ。

最初はスタートラインから20mくらい後ろにしか並べなかったが、
「60~69分」「70~79分」のプラカードが来たら
そこにいたランナーたちは蜘蛛の子を散らすように霧消。
オレとはっち。さんは70~79分のところに並ぶ。

二人ともPBは90分以上なので本来なら80~89分に並ぶべきだが、
こういうときはだいたいみんな一つ前のゾーンに並ぶ。
すると80~89分にいるランナーたちは多分430ペースになる。
それではちょっと遅い。もう一つ前の方がスムーズなはず。

そんなこんなですぐにスタート時間が到来。
ま、普通に走ろう。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村

1月3日にフジヤマさんと養老渓谷を走ります。
五井に8時集合、クルマで上総牛久へ移動し、
そこから28kmのコースを養老渓谷まで。
帰りは小湊鉄道で上総牛久まで戻ります。

ペースはキロ6以内、できれば5分半で。
ガチで林道走れるチャンスです。
参加希望の方は是非!

場所がよかったせいか、スタート後の混雑はほとんどなし。
無理に追い越ししなくてもキロ420くらいでスイスイ行ける。

そもそものこの日のオレのプラン、
最初PBペースである418で入り、
余裕があればジリジリ上げるというもの。

実際のラップはこちら。
20161223lap


いきなり2ラップ目が412!
しかもその後、ジリジリ下げてる真逆の展開(笑)
これはこの辺でたかしさん&マーガレットさんを見たせいか。
応援ありがとうございました(写真はない)

正直5kmの第一折り返しですでに「今日はあかん」って思ってたが、
ラップを見ると10kmまでは粘ったんだな。
がっくり来たのは1回目のZ坂。これ以降430が切れなかった。

マーガレットさんが撮ってくれた8km辺りでの写真。
まだまだ元気だが、よくよく見ると後ろにもっと元気な人が!(笑)
image

拡大してみる。
20161223b

大興奮している様がこの距離でも分かる(笑)

応援は認識できた限りで言えば、10kmのこめきちさん。
あそこで応援されるとDNFしにくい(笑)
そのちょっと先にセーラさん。
image


「軟弱もの!」って書いてあるんだからセーラさんでしょ(笑)

Z坂ではウーパパさん、mizoreさん、akiさんが待っててくれた。
そして驚愕の折り返し。黄色いお星さまが!
image


市川パパさんが並走してエビアン手渡し。
箱根駅伝みたいでかっこよかったです。
キロ430超えると紙コップの給水ってとりにくくなるので、
これはありがたかった~。

しかし11kmあたりの拡声器オジさん、
なんで「折り返してからは向かい風だよ!」って、あんなに嬉しそうなんだろう。
ちょっとだけメゲた(笑)

第2折り返しからは他の人も書いてる向かい風。
ただ「そんなに強かったか?」てのが感想。
確かに直前よりキロ10秒は落ちてるが、
普段の練習コースの方がずっと強い印象。

ただ心拍数を見るとここから180前後にグンと上がっている。
風の影響か。はたまたお星さまの影響か(笑)

データを見たら自分が走った時間帯の12時過ぎから12時半は、
瞬間で7m吹いてるけど、後は大体3m程度。
ちょっと風よけを作れば影響なかったんでは。

ここは普段から向かい風を避けないで練習した成果か(プチ自慢)。
慣れると風速が体感でだいたい分かる。
分かればタイムの落ちも分かる。そしたら凹まない。

ま、今回は残り2kmで美ジョガー様に声を掛けてもらった効果の方が大きかったが(笑)
お陰でキロ5分近くまで落ちたラップが、ムクムクと430近くまで復活。

この辺でたしかかずぞーさんに一旦追い付く。
でもすぐに離される(笑)
最後はそこそこ気持ちよくゴール!( ・∇・)

こうしてオレのフレンドリーなハーフは終わりを告げた。


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
 にほんブログ村

↑このページのトップヘ